Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

参院選後、成長戦略着実に 経済同友会が一転「アベノミクス後押し」

アップに依存しないネットワークビジネス

ネットワークビジネスで成功するかしないかは、アップしだいです。

せっかく、リクルートしてティーアップしたのに、

アップがビジネスや商品の宣伝ばかりなら、うんざりします。

期待感と煽りだけで、リクルートできる時代は終わりました。

世の中は、本物を求めているのです。

オーラや成功臭が漂う本物の成功者を求めているのです。

そういった本物になる努力もなしに、成功するはずがありません。

だから、そういったナンチャッテネットワークビジネスに関わった人は、

ネットワークビジネスそのものを否定し、悪い評判が経つのです。

本物のアップを見つけるのは、そう簡単なことではありません。

やはり、ネットワークビジネスは辞めた方がいい。

といった結論に至るのも仕方ないでしょう。

しかし、本物のアップに出会うことさえできれば、

比較的簡単に成功できるのがネットワークビジネスのメリットです。

本物のアップを見つける方法。

それが、インターネットです。
インターネットで本物のアップにあなたがなればいいのです。


参院選後、成長戦略着実に 経済同友会が一転「アベノミクス後押し」


SankeiBiz 7月13日(土)8時15分配信










参院選後、成長戦略着実に 経済同友会が一転「アベノミクス後押し」


経済同友会の夏季セミナーで企業行動の具体策を討議する長谷川閑史代表幹事(左端)ら=12日、福島県いわき市のホテル(写真:フジサンケイビジネスアイ)





 経済同友会の夏季セミナーは12日、福島県いわき市内のホテルで参院選後に成長戦略の着実な実行を求める「東北アピール2013」を採択して閉幕した。昨年まで先鋭的な提言で政治との対峙(たいじ)姿勢を鮮明にしていた同友会だが、今年は一転、アベノミクスを後押しする側に回った。



 「成長と復興への挑戦」をうたった今年のセミナーの討議は対立点が少なく安倍晋三政権の経済政策を評価する声が大勢を占めた。長谷川閑史代表幹事(武田薬品工業社長)は「日本には安定政権が必要だ」と、参院選で与党が勝利し国会のねじれ現象が解消されることに期待感を隠さない。



 長谷川氏と新浪剛史副代表幹事(ローソン最高経営責任者)は産業競争力会議、小林喜光副代表幹事(三菱ケミカルホールディングス社長)は経済財政諮問会議などと、政府の会議に多数が参画している。同友会は成長戦略を策定した当事者側で「表だって政府を批判できない」(幹部)事情がある。



 ただ6月に閣議決定された成長戦略は目標を羅列しただけで、戦略を具現化する法案作成や国会審議も参院選後だ。選挙で与党が大勝すると族議員が増えて改革が進みにくくなる恐れがあるうえ、省庁の抵抗も予想される。



 政治情勢で安倍首相が憲法改正や安全保障問題を優先する可能性もある。



 長谷川氏は「改革をやらないと国民の支持率は下がるし景気に悪影響を与える。国際的な信用も失う」と指摘。「求められればお役にたちたい」と民間議員の再任にも意欲を示し、戦略策定にかかわった側として、抵抗勢力との戦いが予想される秋の臨時国会で現政権を支えていく方針を強調した。(早坂礼子)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130712-00000016-fsi-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FX&BO『ドット・ウィン』3セット


デイトレで30銭から50銭を狙う RSI MT4カスタムインディケーター


Basic FX(ベーシックFX)




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1094-63e203b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)