Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

市場の声:14年3月期第1四半期の好決算企業に狙い=三菱UFJモルガン・三浦氏

アップに依存しないネットワークビジネス

ネットワークビジネスで成功するかしないかは、アップしだいです。

せっかく、リクルートしてティーアップしたのに、

アップがビジネスや商品の宣伝ばかりなら、うんざりします。

期待感と煽りだけで、リクルートできる時代は終わりました。

世の中は、本物を求めているのです。

オーラや成功臭が漂う本物の成功者を求めているのです。

そういった本物になる努力もなしに、成功するはずがありません。

だから、そういったナンチャッテネットワークビジネスに関わった人は、

ネットワークビジネスそのものを否定し、悪い評判が経つのです。

本物のアップを見つけるのは、そう簡単なことではありません。

やはり、ネットワークビジネスは辞めた方がいい。

といった結論に至るのも仕方ないでしょう。

しかし、本物のアップに出会うことさえできれば、

比較的簡単に成功できるのがネットワークビジネスのメリットです。

本物のアップを見つける方法。

それが、インターネットです。
インターネットで本物のアップにあなたがなればいいのです。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券 投資ストラテジストの三浦誠一氏――円高の流れに歯止めが掛かるかどうかが今後の日経平均株価を占ううえで重要なポイントだ。

 前日のバーナンキFRB(米連邦準備制度理事会)議長講演では、「しばらくは非常に緩和的な金融政策が必要」とし、円が買われた。QE3(量的金融金融緩和第3弾)による資産購入を減らすことは大前提としながらも、アクセルをやや緩めるとの見方が市場で広がり、朝方の日経平均株価は下落幅を縮小させた。

 正午ごろ内容が公表された日銀が金融政策決定会合では、国内の景気判断を上方修正したが、金融政策については変更がなかった。追加的な緩和を見込んでポジションを組んでいた投資家の巻き戻しの動きに拍車が掛かり、円高、株安につながっている。

 今後の動向はどうか。米国の金融政策を読みながら、為替や金利状況によって、日経平均株価の水準も変わってくるが、年初来高値(1万5627円26銭、5月22日)を奪回するには、14年3月期の中間決算で増額ラッシュが不可欠。その前に、今月末から本格化する3月決算企業の第1四半期決算で、好調な決算を出してきそうな企業は狙い目となるだろう。

 日野自動車<7205>、いすず自動車<7202>など東南アジアで稼ぐ企業のほか、富士重工業<7270>やブリヂストン<5108>、信越化学工業<4063>など米景気の恩恵を受けそうな企業には注目したい。
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20130712-00010000-biz_mos-nb
※この記事の著作権は配信元に帰属します



8月外貨を稼ぐセミナー(札幌)


8月外貨を稼ぐセミナー(仙台)


7月外貨を稼ぐセミナー(香川)




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1092-67f41316
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)