Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

景気判断を上方修正し「回復」復活 日銀決定会合、異次元緩和は継続

アップに依存しないネットワークビジネス

ネットワークビジネスで成功するかしないかは、アップしだいです。

せっかく、リクルートしてティーアップしたのに、

アップがビジネスや商品の宣伝ばかりなら、うんざりします。

期待感と煽りだけで、リクルートできる時代は終わりました。

世の中は、本物を求めているのです。

オーラや成功臭が漂う本物の成功者を求めているのです。

そういった本物になる努力もなしに、成功するはずがありません。

だから、そういったナンチャッテネットワークビジネスに関わった人は、

ネットワークビジネスそのものを否定し、悪い評判が経つのです。

本物のアップを見つけるのは、そう簡単なことではありません。

やはり、ネットワークビジネスは辞めた方がいい。

といった結論に至るのも仕方ないでしょう。

しかし、本物のアップに出会うことさえできれば、

比較的簡単に成功できるのがネットワークビジネスのメリットです。

本物のアップを見つける方法。

それが、インターネットです。
インターネットで本物のアップにあなたがなればいいのです。


景気判断を上方修正し「回復」復活 日銀決定会合、異次元緩和は継続


産経新聞 7月11日(木)12時31分配信







 日銀は11日、金融政策決定会合を開き、景気判断を7カ月連続で上方修正し、2年半ぶりに「回復」という表現を復活させた。6月の企業短期経済観測調査(短観)で企業の景況感が改善され、今年度の設備投資計画も上方修正されるなど、景気の回復傾向が強まっていると判断した。日銀が市場に流すお金の量を2年で2倍にする「異次元」の金融緩和は継続する。



 前回の6月の決定会合では、景気の現状判断を「持ち直している」としていたが、判断を引き上げ、「緩やかに回復しつつある」と、より力強い表現を盛り込んだ。「回復」の表現の復活は平成23年1月以来、2年半ぶりとなる。



 4月に公表した景気や物価の見通しを示す「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」の内容についても点検した。展望リポートは、消費税率引き上げの影響を除く物価上昇率を平成27年度で1・9%と見通していた。5月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く)が前年同月比で横ばいと物価が下がらず、今後も上昇が見込めるため、27年度の物価見通しは維持した。ただ、26年度の見通しはプラス1・3%と4月の見通しから0・1ポイント下方修正した。



 また、先行きについては中国を含めた新興国経済の減速で輸出の伸び悩みが懸念されることなどから、27年度の実質国内総生産(GDP)の伸び率の予想を1・5%と、4月時点から0・1ポイント下方修正した。黒田東彦総裁が11日午後に記者会見し、決定の背景や趣旨を説明する。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130711-00000534-san-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



Will Power FX


【限定価格】鬼ヶ島FX


HeartsCry-FX




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1091-b8f9f7e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)