Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

日銀、デフレ脱却シナリオ維持 6月企業物価指数 1.2%プラス

アップに依存しないネットワークビジネス

ネットワークビジネスで成功するかしないかは、アップしだいです。

せっかく、リクルートしてティーアップしたのに、

アップがビジネスや商品の宣伝ばかりなら、うんざりします。

期待感と煽りだけで、リクルートできる時代は終わりました。

世の中は、本物を求めているのです。

オーラや成功臭が漂う本物の成功者を求めているのです。

そういった本物になる努力もなしに、成功するはずがありません。

だから、そういったナンチャッテネットワークビジネスに関わった人は、

ネットワークビジネスそのものを否定し、悪い評判が経つのです。

本物のアップを見つけるのは、そう簡単なことではありません。

やはり、ネットワークビジネスは辞めた方がいい。

といった結論に至るのも仕方ないでしょう。

しかし、本物のアップに出会うことさえできれば、

比較的簡単に成功できるのがネットワークビジネスのメリットです。

本物のアップを見つける方法。

それが、インターネットです。
インターネットで本物のアップにあなたがなればいいのです。


日銀、デフレ脱却シナリオ維持 6月企業物価指数 1.2%プラス


SankeiBiz 7月11日(木)8時15分配信







 円安に伴う輸入価格の上昇で、企業が取引するモノの価格(企業物価)が値上がりしている。日銀が10日発表した6月の国内企業物価指数は前年同月比1.2%のプラスと、1年7カ月ぶりの高い伸び率だった。6月の全国企業短期経済観測調査(短観)で企業の販売価格の判断が改善されるなど、最終商品への価格転嫁も徐々に進みつつある。このため日銀は11日に開く金融政策決定会合で、「2年程度で2%」の消費者物価上昇率を達成するデフレ脱却のシナリオを維持する方針だ。



 日銀によると、円安による燃料や原材料価格の上昇で、企業向け電気料金や食料品などが値上がりし、6月の国内企業物価指数(2010年平均=100、速報)は1.2%プラスの101.6となった。前年同月比での上昇は3カ月連続だ。



 企業物価の上昇が、最終商品の価格にも影響しつつある。6月の短観によると、販売価格が「上昇」から「下落」を差し引いた判断指数は製造業、非製造業とも3月の前回調査よりもプラスだった。日銀は「円安に伴い顧客に値上げを通しやすい状況にある」と分析している。実際、5月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く)は7カ月ぶりにマイナス圏から脱し、6月はプラスに転じることが確実視されている。



 企業物価の上昇が幅広く小売価格に反映されるには、購入する消費者の心理動向にも左右される。



 10日に内閣府が発表した消費者心理を表す6月の消費者態度指数(2人以上の世帯、季節調整値)は前月比1.4ポイント低下の44.3と、6カ月ぶりに前月を下回った。調査を行った6月中旬時点での株価急落や円高への巻き戻しが消費者心理を冷やしたためだ。



 それでも先行きの物価上昇を予想する声は、消費者の間でも根強い。1年後の物価が「上昇する」と予測する回答の割合は前月比0.8ポイント上昇の83.9%と6カ月連続で増加した。



 物価上昇が企業業績の改善を通じ、賃金や雇用の拡大につながれば、経済成長を押し上げる。民間エコノミストによる市場予測では、今年4~6月期の実質国内総生産(GDP)成長率は3%程度と、来年4月の消費税率引き上げの前提条件の一つとなる実質2%を上回る公算が大きい。



 ただ、ニッセイ基礎研究所の矢嶋康次チーフエコノミストは「消費者への価格転嫁が遅れれば、企業収益を圧迫し景気にはマイナスとなる」と指摘する。企業物価の上昇を、いかに迅速に最終商品の値上げにつなげられるかが課題となる。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130710-00000014-fsi-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



【最新ロジック搭載】アキュレートバイナリー


ForexAtumRobot 4種類のロジックを搭載したマルチロジック自動売買システム


【最新ロジック搭載】アキュレートバイナリー




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1090-e239e619
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)