Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

豪ドル、下落=豪企業景気信頼感さえず〔シドニー外為・債券〕(9日午前)

アップに依存しないネットワークビジネス

ネットワークビジネスで成功するかしないかは、アップしだいです。

せっかく、リクルートしてティーアップしたのに、

アップがビジネスや商品の宣伝ばかりなら、うんざりします。

期待感と煽りだけで、リクルートできる時代は終わりました。

世の中は、本物を求めているのです。

オーラや成功臭が漂う本物の成功者を求めているのです。

そういった本物になる努力もなしに、成功するはずがありません。

だから、そういったナンチャッテネットワークビジネスに関わった人は、

ネットワークビジネスそのものを否定し、悪い評判が経つのです。

本物のアップを見つけるのは、そう簡単なことではありません。

やはり、ネットワークビジネスは辞めた方がいい。

といった結論に至るのも仕方ないでしょう。

しかし、本物のアップに出会うことさえできれば、

比較的簡単に成功できるのがネットワークビジネスのメリットです。

本物のアップを見つける方法。

それが、インターネットです。
インターネットで本物のアップにあなたがなればいいのです。

【シドニー、ウェリントン・ロイターES=時事】9日午前のオセアニア外国為替市場では、豪ドルが対米ドルで海外市場での値上がりを打ち消し、下落している。6月の豪企業景気信頼感指数が引き続き厳しい状況で、一段の利下げ観測が高まっている。
 中国の6月の消費者物価指数(CPI)の上昇率が前月より加速したものの、投資家らは材料視しなかった。一方で、10日の6月の中国貿易統計発表待ちの姿勢となっている。
 豪ドルはこの日、対米ドルで0.4%安の1豪ドル=0.9103米ドルと、前日の上げ幅の約半分を打ち消した。前日は0.9145米ドルまで上昇していた。需要不足から販売、利益とも低迷し、6月の企業景気信頼感が低下したことが背景。
 TD証券のストラテジスト、アルビン・ポント氏は、「改善しなかったことは懸念材料で、最大限認めなければならない。企業景気信頼感の結果から、予想より早い豪準備銀行(RBA、中央銀行)による利下げの可能性が高まった。ただ、24日に予定されるCPIの発表を待つ中で、われわれは引き続き11月の利下げを見込んでいる」と話した。
 3年ぶり安値となる0.9036米ドルを下抜けした場合、次は0.90米ドルを試す展開となる。豪ドルは、対円、ユーロでも値を下げた。
 米連邦準備制度理事会(FRB)は、金融緩和の段階的縮小の道筋を示唆した一方、RBAは依然として緩和姿勢を保っており、市場は少なくとももう一段の利下げを織り込んでいる。
 ニュージーランド(NZ)ドルも圧力を受けており、対米ドルで0.3%安の1NZドル=0.7788米ドルに下落した。国内投資家が海外市場で0.7820米ドルまで上昇したことを受けて利益確定の動きとなった。
 対円では1NZドル=78円79銭と、前日に付けた約1カ月ぶり高値となる79円00銭付近を維持している。
 豪債券先物は米国債に追随。3年債先物は7ティック高の97.180、10年債先物は4ティック高の96.125。(了)
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20130709-00000057-jijnb_st-nb
※この記事の著作権は配信元に帰属します



■ウェーブキャッチFX 全5通貨ペア コンプリートセット■月間獲得約8000pips!爆発的利益の連続を覚悟できますか?ナンピン・リペイントなし!取引数量指定なし!検証結果で爆益を確認!メール&サウンド通知機能付


マルチヒットバイナリーBO_FX


FX THE -RULE- Pro




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1087-2e605b7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)