Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

越の消費者 景気に楽観論 信頼感指数、過去1年間で最高

アップに依存しないネットワークビジネス

ネットワークビジネスで成功するかしないかは、アップしだいです。

せっかく、リクルートしてティーアップしたのに、

アップがビジネスや商品の宣伝ばかりなら、うんざりします。

期待感と煽りだけで、リクルートできる時代は終わりました。

世の中は、本物を求めているのです。

オーラや成功臭が漂う本物の成功者を求めているのです。

そういった本物になる努力もなしに、成功するはずがありません。

だから、そういったナンチャッテネットワークビジネスに関わった人は、

ネットワークビジネスそのものを否定し、悪い評判が経つのです。

本物のアップを見つけるのは、そう簡単なことではありません。

やはり、ネットワークビジネスは辞めた方がいい。

といった結論に至るのも仕方ないでしょう。

しかし、本物のアップに出会うことさえできれば、

比較的簡単に成功できるのがネットワークビジネスのメリットです。

本物のアップを見つける方法。

それが、インターネットです。
インターネットで本物のアップにあなたがなればいいのです。


越の消費者 景気に楽観論 信頼感指数、過去1年間で最高


SankeiBiz 7月3日(水)8時15分配信







 ベトナムの消費者の間で景気に対する楽観的な見方が広がっている。米調査会社ニールセンの調べによると、今年第1四半期(1~3月期)の消費者信頼感指数は96で、過去1年間で最高となった。同指数は1985年を100として消費者心理を指数化したもので、今回の数値は前期比で8ポイント、前年同期比では2ポイントの上昇となった。現地紙ベトナム・インベストメント・レビューが報じた。



 ニールセンのリポートによると、今年第1四半期の消費者信頼感指数はアジア太平洋地域全体で高水準となった。まず、雇用について、ベトナムでは楽観視する向きが強まっている。今後の見通しについて「良い」と答えた人は39%で、2012年第4四半期の34%から上昇した。



 ただ、アジア太平洋地域の平均値(61%)を下回った。同地域では、第1四半期に多くの国々で雇用への信頼感が改善し、楽観的な見方が継続している。雇用見通しが「良い」と答えた人は、タイが前期比2ポイント増の72%、マレーシアが同4ポイント増の67%、シンガポールが同4ポイント増の50%、インドが同12ポイント増の76%だった。



 家計の見通しについては、ベトナムでは「良い」との回答が50%を占め、前期比で9ポイント改善した。ただ、この数字もアジア太平洋地域の平均値(62%)には及ばない。



 購買行動については、ベトナムでは約3分の1が1年以内に必要または欲しいものを買う予定があると答えた。これは前期比で4%増、前年同期比で7%増の上昇だ。



 生活必需品の購入費を差し引いた余剰金の使い道に関する複数選択式の質問に対しては、ベトナムの消費者は「貯蓄に回す」との回答が71%と多数を占め、前期の60%から大きく伸びた。その他、自宅インテリアへの支出が前期比3ポイント増の33%、電子機器の購入が同1ポイント増の31%、新しい服の購入が同3ポイント増の30%だった。また、株式や投資信託への投資も、同5ポイント増の11%と伸びた。(シンガポール支局)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130702-00000016-fsi-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



ホームページベンディータ【HP転売】 今まで何をやっても稼げなかった人へ。


【2980円】6月末まで販売延長!スイッチポイントFX5通貨ペアセットロープライス版■月間8500pipsが激安■


ホームページベンディータ【HP転売】 今まで何をやっても稼げなかった人へ。




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1077-49dd3f20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)