Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

5月のイタリア失業率は12.2%に上昇、集計開始以来最悪

アップに依存しないネットワークビジネス

ネットワークビジネスで成功するかしないかは、アップしだいです。

せっかく、リクルートしてティーアップしたのに、

アップがビジネスや商品の宣伝ばかりなら、うんざりします。

期待感と煽りだけで、リクルートできる時代は終わりました。

世の中は、本物を求めているのです。

オーラや成功臭が漂う本物の成功者を求めているのです。

そういった本物になる努力もなしに、成功するはずがありません。

だから、そういったナンチャッテネットワークビジネスに関わった人は、

ネットワークビジネスそのものを否定し、悪い評判が経つのです。

本物のアップを見つけるのは、そう簡単なことではありません。

やはり、ネットワークビジネスは辞めた方がいい。

といった結論に至るのも仕方ないでしょう。

しかし、本物のアップに出会うことさえできれば、

比較的簡単に成功できるのがネットワークビジネスのメリットです。

本物のアップを見つける方法。

それが、インターネットです。
インターネットで本物のアップにあなたがなればいいのです。


5月のイタリア失業率は12.2%に上昇、集計開始以来最悪


ロイター 7月1日(月)18時7分配信










5月のイタリア失業率は12.2%に上昇、集計開始以来最悪


7月1日、イタリア国立統計研究所が発表した5月の失業率(季節調整済)は12.2%と前月の12.0%から上昇し、過去最悪となった。写真は2011年11月、ローマで撮影(2013年 ロイター/Tony Gentile)





[ローマ 1日 ロイター] - イタリア国立統計研究所(ISTAT)が1日発表した5月の失業率(季節調整済)は12.2%と前月の12.0%から上昇し、過去最悪となった。



ISTATによると、5月の失業率は、1977年の集計開始以降で最悪。ロイターがまとめた市場予想の中央値12.1%よりも悪い数字だった。



5月の若年失業率は38.5%で4月の39.9%(改定値)から低下した。



人口に対する働いている人の割合を示す就業率は56.0%で前月から変わらずだった。



イタリア経済は2011年半ば以降すべての四半期でマイナス成長を記録、戦後最長のリセッション(景気後退)に陥っており、企業の人員削減が続いている。



レッタ首相は若年層の雇用対策を最優先課題に掲げており、先週には失業中の若者を採用する企業への新たな税優遇措置を明らかにした。



アナリストは、慢性的に低水準となっている就業率の押し上げがイタリアにとって真の課題だと指摘している。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130701-00000075-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



経済指標ターゲット 全自動トレードシステム「ハンターFX」


「Venus」※EA教本付き【プログラマー&トレーダー相互支援スキーム協賛システム】


「Venus」※EA教本無し【プログラマー&トレーダー相互支援スキーム協賛システム】




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1073-9a9e88fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)