Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

欧州市場サマリー(28日)

アップに依存しないネットワークビジネス

ネットワークビジネスで成功するかしないかは、アップしだいです。

せっかく、リクルートしてティーアップしたのに、

アップがビジネスや商品の宣伝ばかりなら、うんざりします。

期待感と煽りだけで、リクルートできる時代は終わりました。

世の中は、本物を求めているのです。

オーラや成功臭が漂う本物の成功者を求めているのです。

そういった本物になる努力もなしに、成功するはずがありません。

だから、そういったナンチャッテネットワークビジネスに関わった人は、

ネットワークビジネスそのものを否定し、悪い評判が経つのです。

本物のアップを見つけるのは、そう簡単なことではありません。

やはり、ネットワークビジネスは辞めた方がいい。

といった結論に至るのも仕方ないでしょう。

しかし、本物のアップに出会うことさえできれば、

比較的簡単に成功できるのがネットワークビジネスのメリットです。

本物のアップを見つける方法。

それが、インターネットです。
インターネットで本物のアップにあなたがなればいいのです。


欧州市場サマリー(28日)


ロイター 6月29日(土)4時52分配信







[28日 ロイター] -



1801GMT 27日終盤



ユーロ/ドル<EUR=> 1.3014      1.3035



ドル/円<JPY=>       99.250      98.340



ユーロ/円<EURJPY=> 129.18       128.20



<p />28日終値 前営業日終値



株 FT100   6215.47(‐27.93)  6243.40



クセトラDAX 7959.22(‐31.53)  7990.75



<p />金 現物午後値決め   1192.00        1232.75



<p />先物清算値



3カ月物ユーロ(9月限)   99.73 (‐0.00) <FEIU3>



独連邦債2年物(9月限)  110.36 (+0.00) <FGBSU3><0#FGBS:>



独連邦債5年物(9月限)  125.20 (+0.08) <FGBMU3><0#FGBM:>



独連邦債10年物(9月限) 141.52 (+0.06) <FGBLU3><0#FGBL:>



独連邦債30年物(9月限) 128.54 (+0.14) <FGBXU3><0#FGBX:>



<p />現物利回り



独連邦債2年物       0.192 (0.193) <DE2YT=TWEB><0#DE2YT=TWEB>



独連邦債5年物       0.735 (0.740) <DE5YT=TWEB><0#DE5YT=TWEB>



独連邦債10年物      1.734 (1.727) <DE10YT=TWEB><0#DE10YT=TWEB>



独連邦債30年物      2.488 (2.488) <DE30YT=TWEB><0#DE30YT=TWEB>



<為替> ドルが円とユーロに対して上昇した。米連邦準備理事会(FRB)が早ければ9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で資産買い入れ規模の縮小開始を決定するとの可能性が織り込まれ始めたことが背景。



ドル/円は0.9%高の99.25円、ユーロ/ドルは0.3%安の1.300ドルとなっている。



この日はFRBのスタイン理事が講演のなかで、量的緩和第3弾(QE3)の開始以降労働市場が改善したと指摘し、FRBが9月のFOMCで量的緩和の縮小を検討する可能性があるとの考えを表明。



JPモルガンのエコノミスト、マイケル・フェローリ氏は、「スタイン理事の発言は軽く受け止められるものではない。一部FOMCメンバーが9月に緩和縮小に着手するとすでに基本的に決めている可能性もある」と述べている。



<株式> ロンドン株式市場は反落、月間では1年1カ月ぶりの下落となった。市場関係者の間では、短期トレンドが今後も下向きになると示す転換点に差し掛かったとの声も聞かれる。



FT100種総合株価指数<.FTSE>は先月は13年ぶりの高値水準となる6875.62まで上昇したが、米金融緩和の縮小観測が相場を圧迫した。



年初来では約5%上昇しているが、5月の高値水準からは約10%、今月は5%下落した。



5月までは、月間の連続上昇期間として1990年代半ば以来の長さとなる13カ月連続で上昇していたが、今月は下落で終わった。年初来の上昇を受けて利益確定売りが相次ぎ、慎重なムードが広がった。



月間で下落となったことについて、市場関係者の1人は、ここ2─3日の相場上昇は下降トレンドでの修正局面に過ぎない可能性があるとの見方を示した。



別の市場関係者は、中期的に見れば相場は依然として下がり気味だが、一時的に反発する可能性もあると予想した。



欧州株式市場は反落。米国など各国中銀の量的緩和見通しをめぐる懸念を背景に、四半期としては1年ぶり、月間ベースでは昨年5月以来の下落となった。



FTSEユーロファースト300種指数<.FTEU3>は5.25ポイント(0.45%)安の1152.17。6月全体では5.3%下落した。



JユーロSTOXX50種指数<.STOXX50E>は17.27ポイント(0.66%)安の2602.59。



前日は、ダドリー・ニューヨーク連銀総裁など複数の連邦準備理事会(FRB)当局者の発言を受けてFRBによる量的緩和の早期縮小を懸念する見方が後退していたが、この日はスタインFRB理事の発言を受けて早期縮小懸念が再燃した。同理事は、緩和縮小を検討するにあたり全般的な景気回復を検証する必要があると指摘。9月の連邦公開市場委員会(FOMC)では、直近の雇用関連統計が失望する内容だったとしても長期的にみて労働市場が改善していることを踏まえて判断していく必要があるとの考えを示唆し、夏が終わるまでに緩和策が縮小されるのではないかとの懸念が強まった。



四半期末を迎えて明確なポジションをとることに消極的な姿勢が広がり薄商いとなったこともあり、相場の振れが増幅された。



STOXX欧州600ハイテク株指数<.SX8P>が1.6%下落した。ノキア<NOK1V.HE>が3.8%安となり指数全体を押し下げた。カナダのスマートフォン(多機能携帯電話)メーカー、ブラックベリー<BB.TO><BBRY.O>がさえない決算を嫌気して急落したことに圧迫された。



<ユーロ圏債券> 周辺国国債が買われた。欧州中央銀行(ECB)が来週の理事会で予見できる将来は緩和的な金融政策を維持するとあらためて表明するとの観測が出ていることから、周辺国債への買いは来週も続くと見られている。



今週は中銀当局者から連邦準備理事会(FRB)の緩和縮小懸念を和らげる発言が相次いたことで、ユーロ圏債券は全般的に下げ幅を縮小しつつある。



こうしたなか、ECBが今週、非標準的な金融政策の引き揚げは先のことになるとの見解を示したことを受け、一部周辺国国債に買いが入った。



コメルツ銀行のストラテジスト、デビッド・キーブル氏は、今後発表される経済指標がECBの予想を下回る可能性があり、これにより「ECBは若干の追加政策を導入する可能性を残しておくと見られる」と予想。「このところの一部ECB高官の発言にもかかわらず、ドラギECB総裁はハト派傾向に傾き、緩和策の引き揚げはまだ先の話となるとの認識を示す可能性がある。これは周辺国国債の支援材料となる」と述べた。



イタリア10年債利回りは3ベーシスポイント(bp)低下の4.55%、スペイン10年債利回りは2bp低下の4.73%となった。



ただアナリストの間では、周辺国国債利回りの低下余地は限られているとの見方も出ている。



独連邦債先物は6ティック安の141.52。独10年債利回りは若干上上昇し1.74%となった。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130629-00000022-reut-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



「225デイトレNavi」Nikkei225 Day Trade Navigation System


「225デイトレNavi」Nikkei225 Day Trade Navigation System


新世代 FX王 No.1




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1070-2b7649e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)