Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

住宅購入に最大30万円給付 消費増税負担軽減策で与党合意

アップに依存しないネットワークビジネス

ネットワークビジネスで成功するかしないかは、アップしだいです。

せっかく、リクルートしてティーアップしたのに、

アップがビジネスや商品の宣伝ばかりなら、うんざりします。

期待感と煽りだけで、リクルートできる時代は終わりました。

世の中は、本物を求めているのです。

オーラや成功臭が漂う本物の成功者を求めているのです。

そういった本物になる努力もなしに、成功するはずがありません。

だから、そういったナンチャッテネットワークビジネスに関わった人は、

ネットワークビジネスそのものを否定し、悪い評判が経つのです。

本物のアップを見つけるのは、そう簡単なことではありません。

やはり、ネットワークビジネスは辞めた方がいい。

といった結論に至るのも仕方ないでしょう。

しかし、本物のアップに出会うことさえできれば、

比較的簡単に成功できるのがネットワークビジネスのメリットです。

本物のアップを見つける方法。

それが、インターネットです。
インターネットで本物のアップにあなたがなればいいのです。


住宅購入に最大30万円給付 消費増税負担軽減策で与党合意


SankeiBiz 6月27日(木)8時15分配信







 自民・公明の与党は26日、2014年4月の消費税増税時に導入を検討していた住宅購入者向けの負担軽減策を決めた。住宅ローン減税を使う場合は、年収510万円以下の人に最大30万円を、ローンを組まずに現金で一括購入する場合は、50歳以上で年収650万円以下の人に最大30万円を、それぞれ給付する。中低所得者層や定年退職者に配慮。増税前の駆け込み需要の反動による住宅市場の冷え込みとそれに伴う景気低迷を抑える狙いがある。



 消費税率が15年10月に10%に上がった際には、ローン減税利用者で、年収775万円以下を対象に最大50万円を給付する。



 17年末まで延長された住宅ローン減税は、14年4月~17年12月に入居する場合、年間で最大40万円を所得税や住民税から差し引く。ただ納税額が少ない低所得者層は、住宅ローン減税の税額控除枠を使い切れず、恩恵を十分に受けられない。その上、同時期に予定される消費増税で負担増となる問題があった。



 負担軽減策の策定では、手厚い支援策を要望する住宅業界や与党、国土交通省と、財政難から給付額を抑えたい財務省が対立したが、年齢制限の導入などで折り合った。政府・与党で近く財源確保の調整に入る。



 今回の措置に住宅業界からは「現金給付は画期的」(住宅生産団体連合会の樋口武男会長)、「負担軽減に効果がある」(不動産協会の木村惠司理事長)といった歓迎の声が上がっている。ただ最近の金利上昇で「増税後に市場が冷え込む」との懸念も出ている。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130626-00000021-fsi-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



マナブ式FX完全マスタープログラム


初心者でも一目瞭然!サインと音声のお知らせにより売買タイミングに悩む必要なし。不死鳥FXセミナーパック


ここでしか聞けない秘密の技と製作裏話が満載!ジャスミン吉村直伝の不死鳥-FXセミナー




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1065-b32f691e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)