Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

NY市場サマリー(25日)

アップに依存しないネットワークビジネス

ネットワークビジネスで成功するかしないかは、アップしだいです。

せっかく、リクルートしてティーアップしたのに、

アップがビジネスや商品の宣伝ばかりなら、うんざりします。

期待感と煽りだけで、リクルートできる時代は終わりました。

世の中は、本物を求めているのです。

オーラや成功臭が漂う本物の成功者を求めているのです。

そういった本物になる努力もなしに、成功するはずがありません。

だから、そういったナンチャッテネットワークビジネスに関わった人は、

ネットワークビジネスそのものを否定し、悪い評判が経つのです。

本物のアップを見つけるのは、そう簡単なことではありません。

やはり、ネットワークビジネスは辞めた方がいい。

といった結論に至るのも仕方ないでしょう。

しかし、本物のアップに出会うことさえできれば、

比較的簡単に成功できるのがネットワークビジネスのメリットです。

本物のアップを見つける方法。

それが、インターネットです。
インターネットで本物のアップにあなたがなればいいのです。


NY市場サマリー(25日)


ロイター 6月26日(水)8時39分配信







[25日 ロイター] - (カッコ内は前営業日比、%は利回り)



ドル/円    終値    97.85/87



始値    97.38/43



前営業日終値    97.69/76



ユーロ/ドル  終値   1.3082/83



始値   1.3120/23



前営業日終値   1.3118/19



30年債



(2105GMT)      86*10.00(‐1*06.50)=3.6290%



前営業日終盤      87*16.50(+0*20.50)=3.5566%



10年債



(2105GMT)      92*17.00(‐0*18.00)=2.6120%



前営業日終盤      93*03.00(‐0*00.50)=2.5442%



5年債



(2105GMT)      97*21.50(‐0*05.75)=1.4916%



前営業日終盤      97*27.25(‐0*03.50)=1.4530%



2年債



(2105GMT)      99*22.25(‐0*00.75)=0.4087%



前営業日終盤      99*23.00(‐0*01.50)=0.3963%



ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>



終値          14760.31(+100.75)



前営業日終値    14659.56(‐139.84)



ナスダック総合<.IXIC>



終値          3347.89(+27.13)



前営業日終値    3320.76(‐36.49)



S&P総合500種<.SPX>



終値          1588.03(+14.94)



前営業日終値    1573.09(‐19.34)



COMEX金(8月限)(ドル/オンス)



終値    1275.10(‐2.00)



前営業日終値    1277.10(‐14.90)



COMEX銀(7月限)(セント/オンス)



終値    1952.60(+3.30)



前営業日終値    1949.30(‐46.60)



北海ブレント原油先物(8月限)(ドル/バレル)



終値    101.26(+0.10)



前営業日終値    101.16(+0.25)



米WTI原油先物(8月限)(ドル/バレル)



終値    95.32(+0.14)



前営業日終値    95.18(+1.49)



CRB商品指数(ポイント)<.TRJCRB>



終値    278.0191(+0.5416)



前営業日終値    277.4775(‐0.6028)



<為替> ドルが主要通貨に対し5営業日連続で上昇した。明るい米経済指標の発表が相次いだことで米景気回復をめぐる楽観論が強まり、米連邦準備理事会(FRB)が金融緩和策を縮小するとの観測が高まったことが背景。強い経済指標を背景に米国株と米国債利回りが上昇したこともドル相場を支えた。



<債券> 翌日に5年債入札を控え国債価格が低下した。この日の2年債入札で落札利回りが約2年ぶりの高水準となったことを受け、市場では5年債入札で需要を引きつけるには、価格がさらに低下する必要があるとの見方が広がった。



<株式> 反発。朝方発表された耐久財受注と新築一戸建て住宅販売データが堅調な内容となったことで、米連邦準備理事会(FRB)による資産買い入れ縮小を懸念する投資家に安心材料を提供した。S&P総合500の上昇率は6月13日以来の大きさ。同指数を構成する全10セクターがプラス圏で取引を終えた。



<金先物> 堅調な米経済指標を受けたドル高を背景に売り優勢となり、小幅続落して終了した。



<米原油先物> 良好な内容の米経済指標や堅調な米株価を背景に小幅続伸した。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130626-00000044-reut-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FX MT4用 便利EAセット Triple-X(トリプルX)


FX運用システム【アレキサンドリアトレーディング】


ポリバレントFX




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1063-e2d0f188
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)