Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

欧州市場サマリー(25日)

アップに依存しないネットワークビジネス

ネットワークビジネスで成功するかしないかは、アップしだいです。

せっかく、リクルートしてティーアップしたのに、

アップがビジネスや商品の宣伝ばかりなら、うんざりします。

期待感と煽りだけで、リクルートできる時代は終わりました。

世の中は、本物を求めているのです。

オーラや成功臭が漂う本物の成功者を求めているのです。

そういった本物になる努力もなしに、成功するはずがありません。

だから、そういったナンチャッテネットワークビジネスに関わった人は、

ネットワークビジネスそのものを否定し、悪い評判が経つのです。

本物のアップを見つけるのは、そう簡単なことではありません。

やはり、ネットワークビジネスは辞めた方がいい。

といった結論に至るのも仕方ないでしょう。

しかし、本物のアップに出会うことさえできれば、

比較的簡単に成功できるのがネットワークビジネスのメリットです。

本物のアップを見つける方法。

それが、インターネットです。
インターネットで本物のアップにあなたがなればいいのです。


欧州市場サマリー(25日)


ロイター 6月26日(水)4時33分配信







[25日 ロイター] -



<p />1325 GMT 24日終盤



ユーロ/ドル<EUR=> 1.3108      1.3117



ドル/円<JPY=>       97.580     97.720



ユーロ/円<EURJPY=> 127.87     128.22



<p />25日終値 前営業日終値



株 FT100 6101.91(+72.81)  6029.10



クセトラDAX      7811.30(+118.85)   7692.45



<p />金 現物午後値決め    1279.00       1286.75



<p />先物清算値



3カ月物ユーロ(9月限)   99.68 (+0.05) <FEIU3>



独連邦債2年物(9月限)  110.26 (+0.09) <FGBSU3><0#FGBS:>



独連邦債5年物(9月限)  124.63 (+0.33) <FGBMU3><0#FGBM:>



独連邦債10年物(9月限) 140.54 (+0.23) <FGBLU3><0#FGBL:>



独連邦債30年物(9月限) 127.68 (+0.24) <FGBXU3><0#FGBX:>



<p />現物利回り



独連邦債2年物       0.243 (0.277) <DE2YT=TWEB><0#DE2YT=TWEB>



独連邦債5年物       0.829 (0.876) <DE5YT=TWEB><0#DE5YT=TWEB>



独連邦債10年物      1.806 (1.820) <DE10YT=TWEB><0#DE10YT=TWEB>



独連邦債30年物      2.524 (2.540) <DE30YT=TWEB><0#DE30YT=TWEB>



<p /><為替> ドルが対ユーロで上昇。朝方発表された5月の米耐久財新規受注が市場予想を上回り、設備投資計画の先行指標とされる項目も3カ月連続で増加したことが支援材料となった。



4月のS&P/ケース・シラー主要20都市圏住宅価格指数が前年比で約7年ぶりの大幅上昇となったこともドルを一段と支援した。



ユーロ/ドルは0.1%安の1.3108ドル。



ドルは対円では下落し、直近で0.2%安の97.56円。



<株式> ロンドン株式市場は前日つけていた約5カ月半ぶりの安値から反発。中国人民銀行(中央銀行)が必要に応じ銀行に資金を供給し、市場金利を妥当な水準に誘導する方針を示したことを受け、市場の地合いが改善した。クルーズ船運航のカーニバル<CCL.L>が上昇を主導した。



FT100種総合株価指数<.FTSE>は72.81ポイント(1.21%)高の6101.91。終値が6100を上回ったことを受け、アナリストの間では、短期的に6250まで上昇する可能性があるとの見方が出ている。



カーニバルは5.3%高。新最高経営責任者(CEO)を起用する計画や、予想を上回る第2・四半期利益を好感した。インベステックのアナリストは、同銘柄の投資判断を「買い」で維持した。



一方、飲料缶メーカーのレクサム<REX.L>は2.5%安。利益に関する警告が嫌気された。



欧州株式市場は反発。中国人民銀行(中央銀行)や米連邦準備理事会(FRB)当局者の発言を受け安心感が広がり、市場の地合いが改善した。



中国人民銀行は25日、一時的に資金不足に陥った銀行に対し、必要なら資金を供給する考えを表明。既に一部の金融機関に資金を供給したことも明らかにし、短期金融市場の動揺を抑える姿勢を打ち出した。また人民銀幹部は、市場金利を妥当な水準に誘導する方針を示した。



また、前日には、米連邦準備理事会(FRB)の当局者2人が、米金融刺激策が即座に終了するとの観測をけん制した。



FTSEユーロファースト300種指数<.FTEU3>は16.18ポイント(1.45%)高の1130.37。



DJユーロSTOXX50種指数<.STOXX50E>は31.54ポイント(1.26%)高の2543.37。



FRBが年内にも資産買い入れの縮小に着手するとの観測や中国での信用収縮をめぐる懸念から、FTSEユーロファースト300種指数は前日、昨年11月末以来の安値で引けていた。



この日は、公益事業セクターを除く全てのセクターが上昇。公益事業株も小幅な下落にとどまった。



半導体設計大手ARMホールディングス<ARM.L>は3.6%高。インベステック証券が投資判断を「ホールド」から「バイ」に引き上げたことを好感した。



エクスペリアン<EXPN.L>も4%上昇した。



クルーズ船運航のカーニバル<CCL.L>は5.3%上昇。ミッキー・アリソン最高経営責任者(CEO)の退任が事業好転につながるとの期待が広がった。



石油サービス関連株は売られ、ペトロファク<PFC.L>は1.2%安となった。



<ユーロ圏債券> 独連邦債が序盤の高値から押し戻された。米経済指標が市場予想を上回り、米連邦準備理事会(FRB)が年内に緩和縮小に踏み切るとの観測が強まった。



FRBが前週、今後の政策見通しは景気の動向次第との見方を示したことで、市場では経済指標発表前に一段と警戒感が高まり、独連邦債は序盤の取引で値を上げていた。



しかし、その後米国で耐久財受注や消費者信頼感、住宅関連統計が発表されると、序盤の上昇分はほぼすべて消失した。



独連邦債先物は終盤の取引で14ティック高の140.45。一時は141.01まで上昇していた。



独10年債利回りは横ばいの1.81%。市場関係者は、米経済指標が引き続き強い内容となれば、独10年債利回りは今後数カ月で2.4%まで上昇する可能性もあるとの見方を示した。



一方で、ユーロ圏経済の見通しが米国の状況とは異なることを踏まえると、独連邦債利回りは低水準にとどまる可能性があるとの声も出ている。



欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁はこの日、ECBにとって緩和的な金融政策が依然として適切だとし、出口はなお遠いとの認識を示した。また、クーレECB専務理事は、FRBの緩和縮小計画がユーロ圏債券に打撃を及ぼさないよう留意する必要があると指摘した。



ラボバンクの市場エコノミスト、エルウィン・デグルート氏は「米国債から欧州債券へとほぼ同様の影響波及が見られた」とした上で、「ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)に目を向ければ、これほどの影響が及ぶべきではない。ある時点でECBから対応があるかもしれない」と述べた。



イタリア10年債利回りは4ベーシスポイント(bp)上昇。序盤は低下していたものの、2年債入札で利回りが昨年9月以来の高水準となったことを受けて上昇に転じた。市場関係者によれば、27日に行われる中長期債入札に備えたポジション調整も圧迫材料となった。



スペイン10年債利回りは2bp低下の5.03%。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130626-00000027-reut-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



天使の聖剣(エクスカリバー)  ~世界に一つだけのEAを、5分で作れるとしたら・・~


天使の聖剣(エクスカリバー)  ~世界に一つだけのEAを、5分で作れるとしたら・・~


ボラティリティ計測テクニカル搭載でレンジ相場でのトレードを回避する『禅-FX』




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1062-4738de0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)