Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

日経平均は小反落、円安好感も中国リスクが重し

アップに依存しないネットワークビジネス

ネットワークビジネスで成功するかしないかは、アップしだいです。

せっかく、リクルートしてティーアップしたのに、

アップがビジネスや商品の宣伝ばかりなら、うんざりします。

期待感と煽りだけで、リクルートできる時代は終わりました。

世の中は、本物を求めているのです。

オーラや成功臭が漂う本物の成功者を求めているのです。

そういった本物になる努力もなしに、成功するはずがありません。

だから、そういったナンチャッテネットワークビジネスに関わった人は、

ネットワークビジネスそのものを否定し、悪い評判が経つのです。

本物のアップを見つけるのは、そう簡単なことではありません。

やはり、ネットワークビジネスは辞めた方がいい。

といった結論に至るのも仕方ないでしょう。

しかし、本物のアップに出会うことさえできれば、

比較的簡単に成功できるのがネットワークビジネスのメリットです。

本物のアップを見つける方法。

それが、インターネットです。
インターネットで本物のアップにあなたがなればいいのです。


日経平均は小反落、円安好感も中国リスクが重し


ロイター 6月24日(月)11時47分配信










日経平均は小反落、円安好感も中国リスクが重し


6月24日、前場の東京株式市場で日経平均は小反落となった。都内で21日撮影(2013年 ロイター/Issei Kato)





[東京 24日 ロイター] - 前場の東京株式市場で日経平均は小反落となった。朝方は1ドル98円台前半まで進んだ円安を好感、輸出株や金融株を中心に買いが先行。取引時間中としては6月11日以来、約2週間ぶりに一時1万3400円台を回復した。



7月の参院選の前哨戦とされた東京都議会議員選挙で自公が全員当選の圧勝となり、参院選後の衆参ねじれ解消、安定政権への期待も高まった。ただ、米量的緩和縮小観測が世界の投資マネーに与える影響が依然不透明なほか、中国リスクへの警戒感も根強いことから次第に上値の重い展開となった。



先物にややまとまった売りが出たことに加え、コマツ<6301.T>などの機械株や商社、非鉄などの中国関連株が売られて日経平均は下げに転じた。中国の短期金融市場の混乱や景気減速が懸念されている。市場では「先行きリスクのある中国関連株などを外し、アベノミクスの成長戦略関連銘柄を買うなど下値でリバランスの動きが出ている。指数全体を大きく売り込む展開にはなっていない」(岩井コスモ証券本店法人営業部副部長の中島肇氏)との声が出ていた。



個別銘柄では、ソフトバンク<9984.T>が続伸。米衛星放送サービスのディッシュ・ネットワーク<DISH.O>が、米スプリント・ネクステル<S.N>の買収を断念したことが判明し材料視された。スプリントが25日に開く予定の株主総会で、ソフトバンクの買収提案が承認される見通しとなった。アークランドサカモト<9842.T>は反落。21日に発表した2014年2月期第1四半期(2―5月期)決算で、連結営業利益が前年同期比7.6%減の21億7500万円と低調だったことが嫌気された。



東証1部の騰落数は、値上がり905銘柄に対し、値下がりが677銘柄、変わらずが125銘柄だった。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130624-00000028-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



生き残る投資家の道標~眼から鱗のトレードテクニック~


Max System FX - Revolution -


一億FXエキスパート




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1059-6542bf8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)