Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

マック高級バーガーに込めた狙いは 業績回復へ方針転換

高年齢者雇用安定法が若者の新規雇用を奪うものなら

高齢者の雇用延長は辞めるべき。

今朝の朝イチで100社面談しても、就職先が決まらないという大卒若者が増えているという。

その原因が高齢者の雇用延長なら、即刻、高齢者の雇用延長は辞めるべき。

なぜなら、高齢者には退職金がある。

それで、年金受給まで凌げるはずだし、退職金で起業してもいい。

あのケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダースも

65歳から起業しました。

もし、高年齢者雇用安定法でカーネル・サンダースが保護されていたら

ケンタッキーフライドチキンは、存在していないかもしれません。

一方、若者には、将来がかかっている。

コンビニのアルバイトなどに着いたら、

何のための大学卒業かわからないし、

職場でスキルを身につけることもできない。

これは、日本にとっても大きな損失だと思う。

そして、高齢者の仕事へのモチベーションについてですが、

雇用延長はされるものの降格になると思います。

その場合、仕事へのやりがい、生きがいが保たれるのか危惧されます。

それより、新規一転、起業するほうがよっぽどいい。

お金もあるし、経験もある。

やりがいもある。

人間土壇場に立たされれば、底力が出ます。

そして、生きがいを持った高齢者は、医療費の軽減にも貢献するはずです。

関連ビジネスも立ち上がります。

経済も活性化するはずなのです。


マック高級バーガーに込めた狙いは 業績回復へ方針転換


朝日新聞デジタル 6月18日(火)5時15分配信










マック高級バーガーに込めた狙いは 業績回復へ方針転換


新商品を発表する日本マクドナルドの原田泳幸会長兼社長(右)





 【生田大介】日本マクドナルドは17日、夏限定で新発売するハンバーガー2商品を発表した。「クォーターパウンダー BLT」は単品で520~570円(地域によって価格が違う)と、これまで発売したハンバーガーの中で最も高い。景気回復の兆しを受けて、「少しぜいたく」な路線で業績回復を図る。



 原田泳幸会長兼社長はこの日の会見で、「(アベノミクス効果で)消費者の財布のひもが緩んでいる。消費者は今までにない経験、驚きを求めており、そこにヒットするのが今回の新商品だ」と狙いを語った。



 マクドナルドは昨年、9年ぶりに売上高と営業利益が同時に減るなど、業績が悪化。「ビッグマック」など定番商品を値下げして一時的な売上高を得る従来の戦略が、「結果的に商品の価値を下げてきた」(原田氏)のが一因だ。そこで今年から方針転換し、値下げに頼らない戦略を進める。





朝日新聞社







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130618-00000006-asahi-ind
※この記事の著作権は配信元に帰属します



『世界基準FX~New Balancer PRO』米国トップトレーダーたちが絶賛したロジック!マーケットに対し圧倒的な優位性を持ったロジックで、今すぐあなたも最上級のトレードをマスターしてみませんか?


ポンド円5分足 MT4EAとカスタムインディケーターセットRSIと移動平均 OptimFX


『世界基準FX~New Balancer PRO』米国トップトレーダーたちが絶賛したロジック!マーケットに対し圧倒的な優位性を持ったロジックで、今すぐあなたも最上級のトレードをマスターしてみませんか?




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1048-cf978d45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)