Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

いずれ「サラリーマン」は消滅。プロフェッショナルを目指す第一歩を踏み出せ -橘玲

高年齢者雇用安定法が若者の新規雇用を奪うものなら

高齢者の雇用延長は辞めるべき。

今朝の朝イチで100社面談しても、就職先が決まらないという大卒若者が増えているという。

その原因が高齢者の雇用延長なら、即刻、高齢者の雇用延長は辞めるべき。

なぜなら、高齢者には退職金がある。

それで、年金受給まで凌げるはずだし、退職金で起業してもいい。

あのケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダースも

65歳から起業しました。

もし、高年齢者雇用安定法でカーネル・サンダースが保護されていたら

ケンタッキーフライドチキンは、存在していないかもしれません。

一方、若者には、将来がかかっている。

コンビニのアルバイトなどに着いたら、

何のための大学卒業かわからないし、

職場でスキルを身につけることもできない。

これは、日本にとっても大きな損失だと思う。

そして、高齢者の仕事へのモチベーションについてですが、

雇用延長はされるものの降格になると思います。

その場合、仕事へのやりがい、生きがいが保たれるのか危惧されます。

それより、新規一転、起業するほうがよっぽどいい。

お金もあるし、経験もある。

やりがいもある。

人間土壇場に立たされれば、底力が出ます。

そして、生きがいを持った高齢者は、医療費の軽減にも貢献するはずです。

関連ビジネスも立ち上がります。

経済も活性化するはずなのです。


いずれ「サラリーマン」は消滅。プロフェッショナルを目指す第一歩を踏み出せ -橘玲


プレジデント 6月14日(金)13時15分配信







 新年になっても、依然情勢は不安定で将来への不安は多い。そんな中、この1年をどう過ごすべきか。今の自分の価値がどこにあるのかを自覚するだけでも10年後は大きく違ってくるはずだ。



 会社に所属して会社のために働き、対価として給料を受け取る「サラリーマン」という働き方は、どの国にも存在する“グローバルスタンダード”のように見える。だが日本のサラリーマンは、実はかなり特殊だ。



 外国人に「あなたの仕事は? 」と聞くと「会計をしている」と専門分野を述べ、「どこでその仕事をしているのか? 」と聞いて初めて会社名を答える。自分のプロフェッション(専門分野)がまずあって、会社はプロフェッションを活かす場所なのだ。



 日本のサラリーマンはプロフェッショナル(専門家)ではなく、それぞれの会社に最適化されたジェネラリスト(総合職)で、その技能や経験は会社を離れるとなんの価値もなくなる。そんな働き方が成立していたのは、年功序列終身雇用が前提にあったからだ。



 しかし今、日本的な雇用制度は崩壊しつつあり、いずれは「サラリーマン」という職業も存在しなくなるだろう。そんな目の前の未来に備えて、13年は、「サラリーマンという生き方」を見直す年にしたい。



 あまり知られていないが、グローバル化に最適化した社会システムを構築しているのは、アメリカではなく北欧だ。たとえばスウェーデンでは、40歳になって「自分のキャリアはもう先がない」と判断したら、会社を辞めて大学に再入学し、修士や博士を取得して専門性を高めて再就職する。国も後押しするために、大学の学費を無料にしたり、就学中は低利の融資で生活費が賄えるようにしている。



 もちろん、スウェーデンの社会がなにもかもうまくいっているわけではない。ドロップアウトしていく若者たちが問題になっているし、形式的には男女は完全に平等だが、実態は女性の仕事の大半を医療や介護のような公共部門が提供している。







前へ1234


4ページ中1ページ目を表示





http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130614-00009648-president-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



逆転FX「Multi Getter KIWAMI」(マルチゲッター「極」)


レンジをとらえてトレンドも追う!月間7000pipsの実力を確認せよ!■シンプルフォースFX GBP/USDペア用■


レンジをとらえてトレンドも追う!月間7000pipsの実力を確認せよ!■シンプルフォースFX EUR/USDペア用■




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1043-968d0ae4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)