Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

サラリーマンという働き方を考える

高年齢者雇用安定法が若者の新規雇用を奪うものなら

高齢者の雇用延長は辞めるべき。

今朝の朝イチで100社面談しても、就職先が決まらないという大卒若者が増えているという。

その原因が高齢者の雇用延長なら、即刻、高齢者の雇用延長は辞めるべき。

なぜなら、高齢者には退職金がある。

それで、年金受給まで凌げるはずだし、退職金で起業してもいい。

あのケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダースも

65歳から起業しました。

もし、高年齢者雇用安定法でカーネル・サンダースが保護されていたら

ケンタッキーフライドチキンは、存在していないかもしれません。

一方、若者には、将来がかかっている。

コンビニのアルバイトなどに着いたら、

何のための大学卒業かわからないし、

職場でスキルを身につけることもできない。

これは、日本にとっても大きな損失だと思う。

そして、高齢者の仕事へのモチベーションについてですが、

雇用延長はされるものの降格になると思います。

その場合、仕事へのやりがい、生きがいが保たれるのか危惧されます。

それより、新規一転、起業するほうがよっぽどいい。

お金もあるし、経験もある。

やりがいもある。

人間土壇場に立たされれば、底力が出ます。

そして、生きがいを持った高齢者は、医療費の軽減にも貢献するはずです。

関連ビジネスも立ち上がります。

経済も活性化するはずなのです。


サラリーマンという働き方を考える


プレジデント 6月13日(木)14時15分配信







 今年は激動の年になる――ここ数年、年の初めに繰り返し使われてきた言葉だ。厳しい表現ながらも今まではまだ、激動の向こうには希望があった。だが2013年の激動はどうも様相が違う。



 作家の橘玲氏は「世界金融危機以降の欧米の姿を見れば先進国の成長が止まったのは明らか」と指摘する。欧米が過去に例を見ない金融緩和を行っても景気が回復しないのは「構造的な要因」としか説明できず、それは日本も例外ではない。



 自民党の安倍晋三総裁は大規模な財政出動と大胆な金融緩和を約束したが「それが景気回復の逆転満塁ホームランになることは、たぶんない」(橘氏)。



 なぜなら日本経済の屋台骨である製造業の成長が限界に達しているからで、巨額の赤字を垂れ流しているシャープやパナソニックと絶好調なサムスンやLGを比較すればわかるように、日本型モノづくりが韓国企業にキャッチアップされてしまったからだ。「韓国にできるなら当然中国にだってできるし、東南アジア諸国にもできる。インド、もしかしたらミャンマーででもできるかもしれない」(橘氏)。仮に韓国との競争に勝ったとしても、挑戦者は続々現れる。



 自民党政権の公約である大胆な金融緩和が行われて円安が進行すれば、日本の製造業はひと息つけるという見方もあるが「多少の円安では製造業が復活することはない」と、橘氏はそれも否定する。



 お金の専門家である本田健氏も同意見。



 「世界的にビジネスモデルが変わってしまったのです」。その代表が価格破壊どころか、「無料」というビジネスモデルの出現。とりわけネットの世界では多くのものが無料で提供されている。ニュースも地図もスケジュール管理もデータ保存も無料――。



 それは企業の収入源を断ち、息の根を止める。「突然降ってきた隕石に潰されるような形で産業が突然死することが起こるでしょうね」(本田氏)。国家も例外ではない。「外電が国家破綻を伝えて世界に激震が走るということが起こるかもしれない」(本田氏)。



 加えて本田氏は「政治的な制裁は世界経済の破綻よりも怖い」と政治リスクの高まりを憂慮する。覇権主義の色彩を強めている中国。習近平体制の初年度となる13年も従来の強硬姿勢を踏襲し、領土問題がエスカレートすれば、日本企業に対して強烈な制裁を加えるだろう。







前へ12


2ページ中1ページ目を表示





http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130613-00009647-president-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FXデイトレチャンス


★フォワードで証明!【1年版】FX為替予想GIMMIC リスク分散型自動売買システムーGIMMICAUTO付き!2012年よりフォワード成績で実力を証明!★NEW!!!フォワード6ヶ月にてシステム利用の費用対効果 【 ★+ 2,800%★ 】達成!!!


FX Professional Trading




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1041-25333df2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)