Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

【今週の注目銘柄】コンビニの好調期待でわらべや日洋を狙う

高年齢者雇用安定法が若者の新規雇用を奪うものなら

高齢者の雇用延長は辞めるべき。

今朝の朝イチで100社面談しても、就職先が決まらないという大卒若者が増えているという。

その原因が高齢者の雇用延長なら、即刻、高齢者の雇用延長は辞めるべき。

なぜなら、高齢者には退職金がある。

それで、年金受給まで凌げるはずだし、退職金で起業してもいい。

あのケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダースも

65歳から起業しました。

もし、高年齢者雇用安定法でカーネル・サンダースが保護されていたら

ケンタッキーフライドチキンは、存在していないかもしれません。

一方、若者には、将来がかかっている。

コンビニのアルバイトなどに着いたら、

何のための大学卒業かわからないし、

職場でスキルを身につけることもできない。

これは、日本にとっても大きな損失だと思う。

そして、高齢者の仕事へのモチベーションについてですが、

雇用延長はされるものの降格になると思います。

その場合、仕事へのやりがい、生きがいが保たれるのか危惧されます。

それより、新規一転、起業するほうがよっぽどいい。

お金もあるし、経験もある。

やりがいもある。

人間土壇場に立たされれば、底力が出ます。

そして、生きがいを持った高齢者は、医療費の軽減にも貢献するはずです。

関連ビジネスも立ち上がります。

経済も活性化するはずなのです。


【今週の注目銘柄】コンビニの好調期待でわらべや日洋を狙う


サーチナ 6月9日(日)10時28分配信







 「アベノミクス効果」の歓迎ムードが吹っ飛び、悲観論が急速に台頭しつつある日本株市場。とはいえ、欧州危機や中国の景気低迷が警戒されていた昨年と比べれば、相場のムードはまだ明るいままだ。



 国内の消費意欲も衰える気配はなく、なかでもコンビニ消費の拡大は今後の注目となりそうだ。4月度のコンビニ売上高は既存店ベースでは前年同月比マイナスとなったものの、全店ベースでは同2.5%増と2カ月連続のプラス。4月は天候不順があった一方、5月は好天が続いたこともあり、5月度の売上高は好調が期待される。



 今回の注目銘柄であるわらべや日洋 <2918> は、コンビニ最大手のセブン-イレブンなどに弁当や惣菜など加工食品を納入している。セブン-イレブンは四国や東北地区への積極進出を図っており、わらべやも12月に四国工場を新規に稼動する予定。東北地区への工場設置も検討中である。



 また、2月にはセブン-イレブン・ジャパンを引き受け先として約15億円の増資を実施し、関係を強化。今後も店舗拡大に合わせて、わらべやの業績も拡大していくことが見込まれる。



 同社の今2月期営業利益は前期比2.1%増の40億円を計画。米価上昇の影響で小幅増益にとどまっているものの、保守的な計画との見方もある。今夏は国内レジャーの回復が予想され、レジャー施設・観光施設周辺のコンビニ売上増も見込まれるだけに、同社も業績上積みが期待できる。



 株価は前週(3-7日)に急落したものの、昨秋からの上昇のスタートラインに戻っており、切り返すには絶好の水準。5月17日に付けた年初来高値762円を当面の目標としたい。(編集担当:片岡利文)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130609-00000002-scn-biz
※この記事の著作権は配信元に帰属します



ヤフーメール・アメブロ半自動取得ツール「ヤフアメ」


アフィリエイトサイト・ブログ記事自動生成ツール【Sk-Grande】&【Sk-Master】-美容スキンケア系-&【フラクタル・アフィリ】


CROOZブログバックアップツール「CrewZBacker」




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1032-eed066e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)