Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

ドル高、黙認のわけ 「日本機関車論」再び台頭

高年齢者雇用安定法が若者の新規雇用を奪うものなら

高齢者の雇用延長は辞めるべき。

今朝の朝イチで100社面談しても、就職先が決まらないという大卒若者が増えているという。

その原因が高齢者の雇用延長なら、即刻、高齢者の雇用延長は辞めるべき。

なぜなら、高齢者には退職金がある。

それで、年金受給まで凌げるはずだし、退職金で起業してもいい。

あのケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダースも

65歳から起業しました。

もし、高年齢者雇用安定法でカーネル・サンダースが保護されていたら

ケンタッキーフライドチキンは、存在していないかもしれません。

一方、若者には、将来がかかっている。

コンビニのアルバイトなどに着いたら、

何のための大学卒業かわからないし、

職場でスキルを身につけることもできない。

これは、日本にとっても大きな損失だと思う。

そして、高齢者の仕事へのモチベーションについてですが、

雇用延長はされるものの降格になると思います。

その場合、仕事へのやりがい、生きがいが保たれるのか危惧されます。

それより、新規一転、起業するほうがよっぽどいい。

お金もあるし、経験もある。

やりがいもある。

人間土壇場に立たされれば、底力が出ます。

そして、生きがいを持った高齢者は、医療費の軽減にも貢献するはずです。

関連ビジネスも立ち上がります。

経済も活性化するはずなのです。


ドル高、黙認のわけ 「日本機関車論」再び台頭


産経新聞 6月8日(土)11時21分配信







 「日本で起きたリーマン的現象」。日本株が1100円超の急落を演じた5月23日、仏大手銀ソシエテ・ジェネラルは、こんなメールを顧客に一斉配信した。



 「リーマン的現象」とは、相場が急落することで保有する証券の担保価値が低下した投資家や金融機関が急速に売買を縮小し、結果的にさらなる相場低下につながるリスクを指す。2008年に米大手投資銀リーマン・ブラザーズが破綻した際にも、売買の担保となっていた証券化商品の価値が下がることで信用不安が拡散した。「売りが売りを呼ぶ」構図である。



 ◆「出口戦略」検討



 安倍晋三政権が本格的な金融緩和策を打ち出した昨年末から、外資系を中心とする投資家が日本国債などを担保にして低金利の円資金を借り、相対的に利回りの高い外国証券を買う「キャリー・トレード」と呼ばれる取引を活発化させていた。



 23日の株価急落の背景の一つには、日本国債売りがあった。担保となっていた日本国債の価格が急落(金利が上昇)して価格変動リスクが上昇したため、投資家らは追加の担保差し入れ、または売買の縮小を迫られたからだ。「キャリー・トレード」が巻き戻される格好で、日本市場の混乱が米国債売りという形で海外に飛散するシナリオをソシエテ・ジェネラルは恐れたのである。



 現在、米連邦準備制度理事会(FRB)内で一連の量的緩和を徐々に解除する「出口戦略」が議論されている。ウォール街では株価が最高値をつけた5月22日、バーナンキFRB議長が議員との質疑応答で「出口戦略」を検討する時期を示唆すると、米国債が売られて株価も急落した。



 米株式市場では過去20年間、代表的な株価指数であるS&P500が最高値をつけた同じ日に1%以上下げた例はネットバブルの00年3月と金融危機直前だった07年10月の2回しかない。バーナンキ発言をきっかけに、「株式相場が調整して国債利回りも上昇する」との見方が急速に米ウォール街で増えている。



 ◆金利を低位安定



 だが、米国の失業率は依然として高く、企業の売り上げも伸び悩み。急に金利が上昇すれば景気回復の腰を折ってしまう。だからこそ、量的緩和を軸とする日本のアベノミクスが生んだ「キャリー・トレード」や日本の投資家によるドル資産買いが期待されているのだ。



 1970~80年代にかけて、財政赤字に悩む米国に代わって、日本が財政出動や円高誘導を通じて世界経済を牽引(けんいん)する「日本機関車論」が台頭した。今は欧州中央銀行(ECB)が本格的な金融緩和に二の足を踏み、米FRBは「出口戦略」を模索中だ。



 日本発のマネーが海外で国債を買い、世界の金利を低位安定させる。これは「日本機関車論」の再来だ。輸出分野で日本と競合する途上国が円安進行を批判しても、米国が黙認してきたわけだ。バーナンキ発言で始まった世界的な株式相場の調整。昨年までとは逆に、円と米国株は負の相関関係(円高になると米国株が売られる)になった。これも「日本機関車論」に対する期待の裏返しである。(ニューヨーク 松浦肇)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130608-00000520-san-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



東大卒SEの頭脳が開発したFX完全自動売買システム『東大式FX(口座&サポート限定版)』


理論戦略型“完全無裁量”FX攻略システム!【Market Hunt System】


【FXバーザスM10】10分足専用設計!!初心者でも




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1028-2c35d44e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)