Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

スペインのサービス部門PMI、11年半ば以来の高水準=マークイット

高年齢者雇用安定法が若者の新規雇用を奪うものなら

高齢者の雇用延長は辞めるべき。

今朝の朝イチで100社面談しても、就職先が決まらないという大卒若者が増えているという。

その原因が高齢者の雇用延長なら、即刻、高齢者の雇用延長は辞めるべき。

なぜなら、高齢者には退職金がある。

それで、年金受給まで凌げるはずだし、退職金で起業してもいい。

あのケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダースも

65歳から起業しました。

もし、高年齢者雇用安定法でカーネル・サンダースが保護されていたら

ケンタッキーフライドチキンは、存在していないかもしれません。

一方、若者には、将来がかかっている。

コンビニのアルバイトなどに着いたら、

何のための大学卒業かわからないし、

職場でスキルを身につけることもできない。

これは、日本にとっても大きな損失だと思う。

そして、高齢者の仕事へのモチベーションについてですが、

雇用延長はされるものの降格になると思います。

その場合、仕事へのやりがい、生きがいが保たれるのか危惧されます。

それより、新規一転、起業するほうがよっぽどいい。

お金もあるし、経験もある。

やりがいもある。

人間土壇場に立たされれば、底力が出ます。

そして、生きがいを持った高齢者は、医療費の軽減にも貢献するはずです。

関連ビジネスも立ち上がります。

経済も活性化するはずなのです。


スペインのサービス部門PMI、11年半ば以来の高水準=マークイット


ロイター 6月5日(水)18時31分配信







[マドリード 5日 ロイター] - マークイットが5日発表した5月のスペインのサービス部門購買担当者景気指数(PMI)は47.3で、前月の44.4から上昇した。



景気の拡大・縮小の節目となる50は依然下回っているものの、2011年半ば以来の高水準となった。約2年間低迷しているサービス部門に底入れ兆候が示された。



マークイットのエコノミスト、アンドリュー・ハーカー氏は「引き続き50は下回っているものの、楽観的見方への根拠となり得る数字だ。製造業も同様の傾向を示しており、トンネルの先に若干の光が見え始めた」と述べた。



雇用指数は45.2と4月の43.1から上昇し、2011年9月以来の高水準だった。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130605-00000084-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



OCUTOPUS PRO FX


FX シークレットセミナー フルパッケージ


FX投資会社設立による独立起業ノウハウ「年商1億円を達成した儲かるFX新スキーム構築法」




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1022-2bd8d2de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)