Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

円高・株安は急変動の調整局面、今後は実体伴って動く=再生相

年金受給放棄制度はあるのだろうか?

最近の株価の低迷の原因は、アベノミクスの第三の矢がしょぼすぎる

からだと、私は読んでいる。

「これでは、財政再建できない。」

そこで、思いついたのが、年金受給放棄制度。

裕福なお年寄りは、年金受給を望んでいない。

日本は、財政破綻寸前だけど、個人の金融資産は1400兆円。

そのほとんどを65歳以上のお年寄りが所有している。

それに加え、多額の年金が受給されたら迷惑ではないだろうか。

自分はお金持ちになっても、日本が財政破綻したら、

今までのようなサービスは受けられなくなる。

お金が紙くずになりかねない。

私自身も日本が財政破綻するくらいなら、年金の受取を拒否する。

年金の原資を財政再建に当てるなり、若者の負担を減らすようにしたらどうだろうか。

もっと、経済が活性化されて、明るくなるはずだと思う。

年金受給放棄をお年寄りの夢であり、ステータスにすればいい。

そして、現役世代も年金に頼らない経済力をつけることを

目標にすればいい。


円高・株安は急変動の調整局面、今後は実体伴って動く=再生相


ロイター 6月4日(火)10時20分配信










円高・株安は急変動の調整局面、今後は実体伴って動く=再生相


6月4日、甘利経済再生担当相は、前日海外の外国為替市場で一時1ドル=98円台まで円高が進んだことについて、これまで進んだ円安の調整局面にあるとして、今後は実体経済に沿った動きになるとの見方を示した。都内で2月撮影(2013年 ロイター/Issei Kato)





[東京 4日 ロイター] - 甘利明経済再生担当相は4日朝の閣議後会見で、前日海外の外国為替市場で一時1ドル=98円台まで円高が進んだことについて、これまで進んだ円安の調整局面にあるとして、今後は実体経済に沿った動きになるとの見方を示した。



再生相は前日の市場動向について、米供給管理協会(ISM)が発表した5月の製造業景気指数が予想を下回ったことで、米国の金融緩和が長期化するとの見方が市場で広がるなど「複雑な動きになっている」と分析。「円安も株高も非常に急激に推移してきた。当然、調整局面はあると思う」との見方を示した。



今後は「不安定な要素の中で、揺れが収れんしていく。これからは実体経済に伴って、各市場が動いていくということだと思う」と見通し、政府が全体像の策定を進めている成長戦略の「取りまとめや実施が市場から注視されるところだ」と話した。



政府の社会保障制度改革国民会議が3日、公的年金の支給開始年齢引き上げを検討することを決めたことには「いま国民会議の有識者に取りまとめをお願いしているところ。議論の収れんを見守っている」と述べるにとどめた。



共同通信によると、国民会議会長の清家篤・慶応義塾長は記者会見で「少なくとも67、68歳への引き上げはあってしかるべきだ」と述べた。



(ロイターニュース 基太村真司:編集 内田慎一)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130604-00000041-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



テキスト全セット・動画DVD版  FXプロトレーダーの実力をめざす「勝ち組FX道場」の必勝テキスト


テキスト全セット  FXプロトレーダーの実力をめざす「勝ち組FX道場」の必勝テキスト


【4/26募集終了!】トレンドハンターFX 世界最高レベル、年利12,000%の驚きのトレード手法!トレハンFX




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1018-70923f3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)