Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

NY市場サマリー(3日)

年金受給放棄制度はあるのだろうか?

最近の株価の低迷の原因は、アベノミクスの第三の矢がしょぼすぎる

からだと、私は読んでいる。

「これでは、財政再建できない。」

そこで、思いついたのが、年金受給放棄制度。

裕福なお年寄りは、年金受給を望んでいない。

日本は、財政破綻寸前だけど、個人の金融資産は1400兆円。

そのほとんどを65歳以上のお年寄りが所有している。

それに加え、多額の年金が受給されたら迷惑ではないだろうか。

自分はお金持ちになっても、日本が財政破綻したら、

今までのようなサービスは受けられなくなる。

お金が紙くずになりかねない。

私自身も日本が財政破綻するくらいなら、年金の受取を拒否する。

年金の原資を財政再建に当てるなり、若者の負担を減らすようにしたらどうだろうか。

もっと、経済が活性化されて、明るくなるはずだと思う。

年金受給放棄をお年寄りの夢であり、ステータスにすればいい。

そして、現役世代も年金に頼らない経済力をつけることを

目標にすればいい。


NY市場サマリー(3日)


ロイター 6月4日(火)7時11分配信







[4日 ロイター] - (カッコ内は前営業日比、%は利回り)ドル/円    終値    99.52/53



始値   100.26/27



前営業日終値   100.46/50 ユーロ/ドル  終値   1.3075/80



始値   1.3004/05



前営業日終値   1.2993/0030年債



(2105GMT)       92*17.50(+0*06.50)=3.2670%



前営業日終盤      92*11.00(+0*01.50)=3.2782%10年債



(2105GMT)       96*20.00(+0*01.00)=2.1283%



前営業日終盤      96*19.00(‐0*03.50)=2.1317%5年債



(2105GMT)       99*27.00(‐0*01.25)=1.0322%



前営業日終盤      99*28.25(‐0*01.75)=1.0241%2年債



(2105GMT)       99*29.25(+0*00.25)=0.2933%



前営業日終盤      99*29.00( 0*00.00)=0.2972%ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>



終値        15254.03(+138.46)



前営業日終値   15115.57(‐208.96)ナスダック総合<.IXIC>



終値         3465.37(+9.45)



前営業日終値    3455.91(‐35.39)S&P総合500種<.SPX>



終値         1640.42(+9.68)



前営業日終値    1630.74(‐23.67)COMEX金(8月限)(ドル/オンス)



終値 1411.90(+18.90)



前営業日終値 1393.00(‐19.00)COMEX銀(7月限)(セント/オンス)



終値 2272.10(+47.80)



前営業日終値 2224.30(‐44.70)北海ブレント原油先物(7月限)(ドル/バレル)



終値 102.06(+1.67)



前営業日終値 100.39(‐1.80)米WTI原油先物(7月限)(ドル/バレル)



終値 93.45(+1.48)



前営業日終値 91.97(‐1.64)CRB商品指数(ポイント)<.TRJCRB>



終値 284.9032(+3.0509)



前営業日終値 281.8523(‐1.9106)



<為替> ドルが主要通貨に対して下落。米供給管理協会(ISM)が発表した5月の製造業景気指数が弱い内容だったことを受け、米連邦準備理事会(FRB)が資産購入プログラムを早期に縮小するとの観測が後退したため。ドル/円は100円の大台を割り込み、一時98.86円と5月9日以来の安値をつけた。終盤は1.0%安の99.48円。



ユーロ/ドルはこの日の高値となる1.3107ドルまで上昇し、直近は0.6%高の1.3072ドル。ドル指数<.DXY>は0.84%安の82.672。



ISMの5月の製造業景気指数は49.0と、景気を見極めるうえでの分岐点となる50を半年ぶりに下回った。先月の指標では、中国と欧州でも需要が減少する中で製造業は苦戦を強いられており、世界経済は依然として各国中央銀行による支援を必要としている状況が示唆された。



<債券> 国債価格がまちまち。全般的に上下に振れる展開となった。週末の雇用統計を控え警戒感が広がるなか、米製造業統計の予想外に弱い内容を織り込む動きとなった。



ISMが発表した5月の製造業景気指数は49.0と、2009年6月以来約4年ぶりの水準に悪化するとともに、景気を見極めるうえでの分岐点となる50を半年ぶりに下回った。新規受注が落ち込んだほか、輸出もさえなかった。



<株式> 反発。朝方発表された予想を下回る製造業関連指数は、FRBが緩和策を維持するとの見方を支えた。



メルク<MRK.N>が上昇し、医薬品セクター全体を押し上げた。また、インテル<INTC.O>が3.9%上昇したことを手がかりに、ナスダックは一時の下げから切り返した。



相場は終日、不安定な値動きとなった。3指数は上昇して寄り付いた後、S&P総合500とナスダックは午前の取引でマイナス圏に突入。終盤にかけて押し戻され、上げに転じた。



<金先物> 反発。弱い米景気指標や対ユーロのドル上伸が背景。1オンス=1400ドルを回復して取引を終えた。



時間外取引中は、おおむね1400ドル台手前で小動きで推移したものの、ニューヨーク市場に入ると米指標発表直後に急伸した。ISMが発表した5月の製造業景況指数で、米量的緩和の早期縮小をめぐる警戒感が和らぎ、米株式のほか金塊などの商品相場が上伸。インフレヘッジとしての魅力が増したことも金塊相場の追い風となった。



加えて、米長期金利が低下しドル売りが進んだことでドル建ての金塊相場は割安感から安値拾いの買いが誘われたほか、ショートカバーの買いも入った。



<米原油先物> 反発。ドル安・ユーロ高や米国の量的緩和縮小観測が後退したことを受けた。



早朝の時間外取引は比較的軟調に推移。5月のHSBC中国製造業購買担当者景況指数(PMI)確報値などで、需要先細り懸念が相場を圧迫した。



しかし、その後は英金融情報会社マーキットが同日発表した5月のユーロ圏製造業PMI改定値が良好な内容だったことを眺めてプラス圏に浮上した。さらに、ISMの5月の米製造業景況指数を受けて、市場では米の量的緩和継続への期待感が強まったことから相場は上げ幅を拡大。また、外為市場では対ユーロでドル安が進行。このため、ドル建ての原油相場は相対的な割安感からも買い進まれた。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130604-00000024-reut-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



Going Real Win トレーディングシステム Professional [2年利用権]


Going Real Win トレーディングシステム Professional [1年利用権]


Going Real Win トレーディングシステム Professional [6ヶ月利用権]




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1017-fd24d820
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)