Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

イタリア、失業問題対策で労働コスト削減進めるべき=OECD

年金受給放棄制度はあるのだろうか?

最近の株価の低迷の原因は、アベノミクスの第三の矢がしょぼすぎる

からだと、私は読んでいる。

「これでは、財政再建できない。」

そこで、思いついたのが、年金受給放棄制度。

裕福なお年寄りは、年金受給を望んでいない。

日本は、財政破綻寸前だけど、個人の金融資産は1400兆円。

そのほとんどを65歳以上のお年寄りが所有している。

それに加え、多額の年金が受給されたら迷惑ではないだろうか。

自分はお金持ちになっても、日本が財政破綻したら、

今までのようなサービスは受けられなくなる。

お金が紙くずになりかねない。

私自身も日本が財政破綻するくらいなら、年金の受取を拒否する。

年金の原資を財政再建に当てるなり、若者の負担を減らすようにしたらどうだろうか。

もっと、経済が活性化されて、明るくなるはずだと思う。

年金受給放棄をお年寄りの夢であり、ステータスにすればいい。

そして、現役世代も年金に頼らない経済力をつけることを

目標にすればいい。


イタリア、失業問題対策で労働コスト削減進めるべき=OECD


ロイター 6月3日(月)13時50分配信







[トレント(イタリア) 2日 ロイター] - 経済協力開発機構(OECD)のチーフエコノミストは2日、イタリアのリセッション(景気後退)からの脱却には、雇用関連の税の引き下げや若者の就職を後押しする措置が必要との認識を示した。



トレントで開催されたイベントに参加したピエール・カルロ・パドアン氏は、ロイターに対し、米国や一部の新興市場でみられる回復の兆しに、イタリアを含むユーロ圏諸国もついていかなければならないとし、「現在のデリケートな段階においては、政府が企業の販売や採用を支援し適切な状況を作りだすことが必要だ」と述べた。



OECDは先週、イタリアのリセッションは年末まで続くと予想。2014年は0.4%の成長を見込んでいる。今年の成長率予想はマイナス1.8%。



同氏は政府に対し、労働コストの削減と失業者や初めて職を得ようとする若者に対する職業訓練の改善を提言。雇用支援の政策を支援するため、欧州委員会はイタリアや他のユーロ圏国に対し財政面での猶予を与えるべきとの考えを示した。



欧州連合(EU)は、27─28日の首脳会議で失業率の上昇と若者の失業問題について協議する見通し。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130603-00000044-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



『チリ積もFX』~負けないことに特化した堅実投資法~


FXアズマ次世代型オートトレードシステム NEXSTAR(ネクスター)


【支持されて二周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1015-cfe654e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)