Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

NY市場サマリー(31日)

年金受給放棄制度はあるのだろうか?

最近の株価の低迷の原因は、アベノミクスの第三の矢がしょぼすぎる

からだと、私は読んでいる。

「これでは、財政再建できない。」

そこで、思いついたのが、年金受給放棄制度。

裕福なお年寄りは、年金受給を望んでいない。

日本は、財政破綻寸前だけど、個人の金融資産は1400兆円。

そのほとんどを65歳以上のお年寄りが所有している。

それに加え、多額の年金が受給されたら迷惑ではないだろうか。

自分はお金持ちになっても、日本が財政破綻したら、

今までのようなサービスは受けられなくなる。

お金が紙くずになりかねない。

私自身も日本が財政破綻するくらいなら、年金の受取を拒否する。

年金の原資を財政再建に当てるなり、若者の負担を減らすようにしたらどうだろうか。

もっと、経済が活性化されて、明るくなるはずだと思う。

年金受給放棄をお年寄りの夢であり、ステータスにすればいい。

そして、現役世代も年金に頼らない経済力をつけることを

目標にすればいい。




NY市場サマリー(31日)


ロイター 6月1日(土)8時51分配信







[31日 ロイター] - (カッコ内は前営業日比、%は利回り)



ドル/円    終値   100.46/50



始値   100.46/47



前営業日終値   100.71/73



ユーロ/ドル  終値   1.2993/00



始値   1.2999/00



前営業日終値   1.3047/48



30年債<US30YT=RR>



(2105GMT)     92*11.00(+0*01.50)=3.2782%



前営業日終盤       92*09.50(‐0*08.50)=3.2808%



10年債<US10YT=RR>



(2105GMT)     96*19.00(‐0*03.50)=2.1317%



前営業日終盤       96*22.50( 0*00.00)=2.1190%



5年債<US5YT=RR>



(2105GMT)     99*28.25(‐0*01.75)=1.0241%



前営業日終盤       99*30.00( N/A )=1.0129%



2年債<US2YT=RR>



(2105GMT)     99*29.00( 0*00.00)=0.2972%



前営業日終盤       99*29.00( 0*00.00)=0.2970%



ダウ工業株30種(ドル) .DJI



終値         15115.57(‐208.96)



前営業日終値    15324.53(+21.73)



ナスダック総合 .IXIC



終値         3455.91(‐35.39)



前営業日終値    3491.30(+23.78)



S&P総合500種 .SPX



終値         1630.74(‐23.67)



前営業日終値    1654.41(+6.05)



COMEX金(8月限)(ドル/オンス)<2GCQ3><GCQ3><0#GC:>



終値 1393.00(‐19.00)



前営業日終値 1412.00(+20.20)



COMEX銀(7月限)(セント/オンス)<2SIN3><SIN3><SIcv1><0#SI:>



終値 2224.30(‐44.70)



前営業日終値 2269.00(+23.70)



北海ブレント原油先物(7月限)(ドル/バレル)<LCON3><LCOc1><0#LCO:>



終値 100.39(‐1.80)



前営業日終値 102.19(‐0.24)



米WTI原油先物(7月限)(ドル/バレル)<2CLN3><CLN3><CLc1><0#CL:>



終値 91.97(‐1.64)



前営業日終値 93.61(+0.48)



CRB商品指数(ポイント)<.TRJCRB>



終値 281.8523(‐1.9106)



前営業日終値 283.7629(‐0.5096)



<為替> ドルが対円で下落し100円台前半となった。一方、ユーロ圏の4月の失業率が統計開始以来最悪となったことや、5月の消費者物価指数が低い伸びにとどまったことからユーロはドルと円に対して値を下げた。



株式市場が不安定になっており安全資産とされる円が買い戻されるとの観測から、市場では円は短期的に一段高となる可能性があるとの声が聞かれた。ただ日銀による積極的な金融緩和期待を背景とした円安基調に変化はないという。



<債券> 国債価格が下落した。朝方発表されたシカゴ地区購買部協会の5月の景気指数が予想を上回って上昇したことで、米連邦準備理事会(FRB)が年内に資産買い入れ規模を縮小させるとの観測が強まったことが背景。



米商務省発表の4月の個人消費支出は前月比0.2%減と昨年5月以来ほぼ1年ぶりに減少に転じたものの、国債価格は下落した。



FRBが資産買い入れ規模を縮小させれば長期金利が上昇し、FRBが2008年末に導入に踏み切った量的緩和が終了に向けて動き出すとの観測から、債券市場では米国債の持ち高を減らす動きが出ている。



<株式> 大幅安。引けにかけて売りが膨らみ、ダウ平均は200ドルを超える下げとなった。過去7カ月間の値上がりを受け、投資家の間で利食い売り姿勢が強まっていると見られている。



S&P500は月間で2.1%上昇。これで7カ月連続での値上がりとなり、値上がりの期間としては2009年以降で最長。年初以降では14.3%高。1─5月期の成績としては1997年以降で最高を記録した。過去7カ月間の値上がり率は15.5%。



この日発表された経済指標は全体的にさえない内容となったものの、市場では米連邦準備理事会(FRB)が早期に金融緩和を縮小するのではないかとの懸念が根強い。



<金先物> 対ユーロのドル高や米経済指標を眺めた売りに反落し、1オンス=1400ドルを割り込んで終了した。中心限月の8月物の終値は前日比19.00ドル安の1オンス=1393.00ドル。金は前日、中心限月ベースで約2週間ぶりに1400ドル台で引けたが、大台を維持できなかった。



<米原油先物> 需給緩和懸念やドル高に押されて反落した。米国産標準油種WTIの中心限月7月物は、前日終値比1.64ドル(1.75%)安の1バレル=91.97ドルで終了。これは中心限月の終値としては1日(91.03ドル)以来約1カ月ぶりの低水準。8月物は1.59ドル(1.70%)安の92.21ドルで引けた。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130601-00000024-reut-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



システム堅【KEN】安定型FX自動売買の究極。


初心者だからスンナリ出来る!副収入への最短ルート【トレンドナビゲーションFX】


逆転発想の革命的なEA! VPS提供会社のクラウドトレーダーが長年の年月をかけて開発したFX自動売買ソフトウェアを 満を持してリリース!!




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1008-82428064
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)