Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

欧州市場サマリー(31日)

年金受給放棄制度はあるのだろうか?

最近の株価の低迷の原因は、アベノミクスの第三の矢がしょぼすぎる

からだと、私は読んでいる。

「これでは、財政再建できない。」

そこで、思いついたのが、年金受給放棄制度。

裕福なお年寄りは、年金受給を望んでいない。

日本は、財政破綻寸前だけど、個人の金融資産は1400兆円。

そのほとんどを65歳以上のお年寄りが所有している。

それに加え、多額の年金が受給されたら迷惑ではないだろうか。

自分はお金持ちになっても、日本が財政破綻したら、

今までのようなサービスは受けられなくなる。

お金が紙くずになりかねない。

私自身も日本が財政破綻するくらいなら、年金の受取を拒否する。

年金の原資を財政再建に当てるなり、若者の負担を減らすようにしたらどうだろうか。

もっと、経済が活性化されて、明るくなるはずだと思う。

年金受給放棄をお年寄りの夢であり、ステータスにすればいい。

そして、現役世代も年金に頼らない経済力をつけることを

目標にすればいい。




欧州市場サマリー(31日)


ロイター 6月1日(土)5時7分配信







1456GMT      30日終盤



ユーロ/ドル   1.2967       1.3048



ドル/円    100.74       100.72



ユーロ/円 130.62       131.42



31日終値       前営業日終値



株 FT100  6583.09(‐73.90)  6656.99



クセトラDAX     8348.84(‐51.36) 8400.20



金 現物午後値決め     1394.50        1413.50



先物清算値



3カ月物ユーロ(6月限)   99.81



独連邦債2年物(6月限)  110.64



独連邦債5年物(6月限)  126.03



独連邦債10年物(6月限) 143.71



独連邦債30年物(6月限) 132.14



現物利回り



独連邦債2年物       0.079



独連邦債5年物       0.503



独連邦債10年物      1.480



独連邦債30年物      2.373



<為替> ドルが複数の主要通貨に対し上昇。底堅い米指標が連邦準備理事会(FRB)による量的緩和の早期縮小観測を支える中、ドル/円は月間で8カ月連続の上昇を記録する見通し。



ユーロは対ドル・円で下落。4月のユーロ圏失業率が上昇し過去最悪の水準に達したほか、5月のユーロ圏消費者物価指数(速報値)が前年比1.4%の上昇にとどまったことを受けた動き。



米指標では、4月の個人消費支出が約1年ぶりに減少したものの、5月のミシガン大消費者信頼感指数が約6年ぶりの高水準となったことが注目された。



主要6通貨に対するICEフューチャーズUSドル指数<.DXY>は0.4%上昇し、83.401。5月としては2%上昇する見通し。



ドル/円は0.1%高の100.84円。一時つけていた100.23円の安値から値を戻した。



ロイターのデータによると、ユーロ/ドルは0.6%安の1.2970ドル。月間では約1.6%下落する見通し。



<株式> ロンドン株式市場は急反落。週間ベースでは2週連続で下落した。米連邦準備理事会(FRB)の緩和縮小観測が続くなか利益を確定する動きが広がった。



FT100種総合株価指数<.FTSE>は週間ベースで1.1%下落した。前週つけた13年ぶり高値からは4.3%下げている。



オクトパス・インベストメンツの投資部門ディレクター、オリバー・ウォリン氏は「われわれは利益を確定している。資金は安値を拾うために手元に残しているか、ポートフォリオの別の投資先に回している」と述べ、5%下落したら買い戻しの好機になるのではないかとの見方を示した。



チャートによると、FTSE指数は今週、日中取引時間の高値と下値がともに水準を下げており、買いの勢いが鈍っていることを示している。指数は今後、一段と下落する公算が大きい。



欧州株式市場は反落し、主要株価指数は1カ月ぶり安値で引けた。底堅い米経済指標を受けて、米連邦準備理事会(FRB)による量的緩和の早期縮小観測が再燃したほか、月間で12カ月連続で上昇していることもあり、この日は利食い売りが優勢となった。



FTSEユーロファースト300種指数<.FTEU3>は11.24ポイント(0.92%)安の1216.17と、5月初旬以来の安値で終了した。



5月は1.3%上昇し、月間の連騰記録としては過去16年で最長となった。



DJユーロSTOXX50種指数<.STOXX50E>は29.56ポイント(1.06%)安の2769.64。



5月の米シカゴ地区購買部協会景気指数が予想の50を大きく上回る58.7に上昇したことで、FRBの量的緩和縮小観測が再び高まった。



相場はほぼ全面安の展開で、自動車株<.SXAP>を除くSTOXX欧州600<.STOXX>の全セクターがマイナス圏に沈んだ。



資源株<.SXPP>の下げがきつく1.6%安。食品・飲料<.SX4P>も1.4%下げた。



半面、自動車株は0.9%高。伊フィアット<FIA.MI>が3.3%上昇し、上げをけん引した。



関係筋によると、フィアットは米クライスラーの完全子会社化に向け、25億ドルの既存融資の借り換えについて銀行との協議に着手した。



<ユーロ圏債券> 米連邦準備理事会(FRB)が緩和策の縮小に動く時期をめぐる不透明感が払しょくされず、周辺国国債が売られる展開となった。



リスク資産に利食い売りが出たことで、スペイン、ポルトガル、アイルランドの国債利回りが上昇。



スペイン10年債利回りは4.44%と、9.3ベーシスポイント(bp)上昇。アナリストは、2015年、16年、23年償還債の入札を来週に控えていることも売りを誘発する要因となっているとの見方を示している。



ポルトガル10年債利回りは5.61%と7.5bp上昇、アイルランド10年債利回りは3.73%と、13bp上昇した。



バーナンキFRB議長が前週の議会証言で、景気の勢いが維持されていることが確認できれば「今後数回の会合で(next few meetings)」債券購入ペースの減速を決定することもあり得るとの見方を示して以来、市場では米経済指標に対する注目度が高まっている。



クレディ・アグリコルのグローバル・フィクストインカム部門を統括するデビッド・キーブル氏は、FRBが資産買い入れ規模を縮小させる時期の見通しについて「第3・四半期と第4・四半期の間で揺れている」とし、「前週のバーナンキ議長の議会証言までは大方の予想は第4・四半期だった。今は7月、8月、もしくは9月との議論も出始めている」と述べた。



独連邦債先物は米シカゴ地区購買部協会がまとめた5月の景気指数が予想を上回ったことを受け、一時143.43まで下落。ただこの日発表の経済指標はまちまちとなったため、その後は下げ幅を縮小し、終盤の取引では2ティック安の143.71となった。



その他の米経済指標では、商務省発表の4月の個人消費支出が前月比0.2%減となり、前年5月以来ほぼ1年ぶりに減少に転じた。



ユーロ圏では、4月の失業率が12.2%に高止まりし、5月の欧州連合(EU)基準消費者物価指数(CPI)速報値が前年同月比1.4%上昇と、欧州中央銀行(ECB)の目標を依然として大きく下回っていることが確認された。



これによりECBが来週の理事会で追加措置を決定する公算が大きくなった可能性がある。



[31日 ロイター]










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130601-00000015-reut-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



【2980円】6月末まで販売延長!スイッチポイントFX5通貨ペアセットロープライス版■月間8500pipsが激安■


「激スキャFX」(Violent Scalper)/FX激烈スキャルピングトーレード指南システム


【2980円】6月末まで販売延長!スイッチポイントFX5通貨ペアセットロープライス版■月間8500pipsが激安■




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1007-55a3e6b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)