Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

ポルトガル銀行、景気支援へ融資増やす用意=コスタ中銀総裁

年金受給放棄制度はあるのだろうか?

最近の株価の低迷の原因は、アベノミクスの第三の矢がしょぼすぎる

からだと、私は読んでいる。

「これでは、財政再建できない。」

そこで、思いついたのが、年金受給放棄制度。

裕福なお年寄りは、年金受給を望んでいない。

日本は、財政破綻寸前だけど、個人の金融資産は1400兆円。

そのほとんどを65歳以上のお年寄りが所有している。

それに加え、多額の年金が受給されたら迷惑ではないだろうか。

自分はお金持ちになっても、日本が財政破綻したら、

今までのようなサービスは受けられなくなる。

お金が紙くずになりかねない。

私自身も日本が財政破綻するくらいなら、年金の受取を拒否する。

年金の原資を財政再建に当てるなり、若者の負担を減らすようにしたらどうだろうか。

もっと、経済が活性化されて、明るくなるはずだと思う。

年金受給放棄をお年寄りの夢であり、ステータスにすればいい。

そして、現役世代も年金に頼らない経済力をつけることを

目標にすればいい。




ポルトガル銀行、景気支援へ融資増やす用意=コスタ中銀総裁


ロイター 5月30日(木)23時54分配信







[リスボン 30日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのポルトガル中銀のコスタ総裁は30日、同国の銀行は支払い能力と流動性を改善してきており、低迷する景気を支えるために貸し出しを増やす用意ができていると述べた。



コスタ総裁はロイターとTSFラジオ共催の会議で、「自己資本規制の強化とストレステスト(健全性審査)の実施によって金融システムの安定が向上するばかりでなく、預金者の信頼感が増すことになる」と述べた。



ポルトガルの銀行にとって主要な問題は利益率の低下と不良債権だと指摘しながらも、「今の我々は、より強固な銀行システムを持っており、ポルトガル景気の持続回復のための資金供給能力が高まっている」と語った。



ポルトガルの成長率は今年、マイナス2.3%になると予想されており、1970年代以降最悪のリセッション(景気後退)に見舞われている。



コスタ総裁は、銀行が貸し出しを増やして、信用供給を改善するようになるためにはさらなる措置が必要だと述べた。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130530-00000105-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FXで簡単に稼ぐ裏技!クイックFXで証券会社の乖離を突いて短期間で利益を確定!fxはこんなに簡単なんです!


FX・投資系アフィリエイトサイト自動生成ツール【FXA-Grande】&【フラクタル・アフィリ】


幸せと豊さをもたらすFXトレードストーリー[FX入門&初心者編]




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1005-ea300097
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)