Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

焦点:上昇する米住宅ローン金利、FRBの狙いと逆行

年金受給放棄制度はあるのだろうか?

最近の株価の低迷の原因は、アベノミクスの第三の矢がしょぼすぎる

からだと、私は読んでいる。

「これでは、財政再建できない。」

そこで、思いついたのが、年金受給放棄制度。

裕福なお年寄りは、年金受給を望んでいない。

日本は、財政破綻寸前だけど、個人の金融資産は1400兆円。

そのほとんどを65歳以上のお年寄りが所有している。

それに加え、多額の年金が受給されたら迷惑ではないだろうか。

自分はお金持ちになっても、日本が財政破綻したら、

今までのようなサービスは受けられなくなる。

お金が紙くずになりかねない。

私自身も日本が財政破綻するくらいなら、年金の受取を拒否する。

年金の原資を財政再建に当てるなり、若者の負担を減らすようにしたらどうだろうか。

もっと、経済が活性化されて、明るくなるはずだと思う。

年金受給放棄をお年寄りの夢であり、ステータスにすればいい。

そして、現役世代も年金に頼らない経済力をつけることを

目標にすればいい。




焦点:上昇する米住宅ローン金利、FRBの狙いと逆行


ロイター 5月30日(木)14時6分配信










焦点:上昇する米住宅ローン金利、FRBの狙いと逆行


5月29日、米住宅ローン金利の上昇は、住宅市場の回復をめぐり連邦準備理事会(FRB)に懸念を抱かせかねない。写真はワシントンの住宅前に置かれた「売り出し中」の看板と米国旗。昨年8月撮影(2013年 ロイター/Jonathan Ernst)





[ワシントン 29日 ロイター] - 米住宅ローン金利の上昇は、住宅市場の回復をめぐり連邦準備理事会(FRB)に懸念を抱かせかねないが、今のところFRBが修正に乗り出すようにはみえない。



抵当銀行協会(MBA)が29日発表した24日までの週の30年住宅ローン金利平均(固定、手数料除く)は前週から12ベーシスポイント上昇し3.90%となり、昨年5月以来の高水準となった。上昇幅は14カ月ぶりの大きさだった。



住宅市場に詳しいセントルイス地区連銀のエコノミスト、ビル・エモンズ氏は「大規模な資産購入は一般的に、そうした長期金利の低下を促すためだ。長期金利の上昇は、彼ら(FRB)の狙いと逆行している」と指摘する。



FRBは借り入れコストの低下を狙い、月額で国債を450億ドル、住宅ローン担保証券(MBS)を400億ドル買い入れている。



ただ、債券利回りは、バーナンキFRB議長が先週、米経済が一段と健全な道のりをたどっているとみられれば、今後数回以内の会合で資産買い入れペースの減速を開始することもあり得ると発言して以降、急速に上昇している。



こうした(資産買い入れを縮小する)考えは、ハト派とされるボストン地区連銀のローゼングレン総裁が29日に「労働市場と経済全般の成長率が徐々に回復する状態があと数カ月続いた場合、資産買い入れペースの若干の緩和を検討することが理にかなうかもしれない」と発言したことで、一層注目を集めている。



FRBの超緩和的な金融政策の大部分は、住宅需要の刺激を狙ったものだ。住宅需要を押し上げることで雇用と投資に直接つながる建設業界を潤すだけでなく、住宅価格の上昇も図ることができる。



住宅価格上昇に伴う資産効果で、モノやサービスへの支出が増えることが期待され、それがさらなる雇用につながる。



家計が低金利環境下で既存住宅ローンの借り換えを行い、浮いたキャッシュを支出に回せば、景気にもプラスとなる。



ただ、MBAによると、住宅ローン金利の上昇を受け、先週の借り換え向けローン申請指数は12.3%急低下し、今年最大の下げを記録した。



<依然として歴史的には低水準>



JPモルガンのエコノミスト、マイク・フェロリ氏は、FRBはおそらく低水準の住宅ローン金利を望んでいるのだろうとしつつ、「彼ら(FRB)がそれほど住宅ローン金利を低くしたいと考えているとは思えない」と指摘する。



住宅市場の回復でFRBは自信を強めており、FRBは債券買い入れプログラム、量的緩和(QE)が功を奏している証拠だと指摘している。



S&P/ケース・シラー住宅価格指数によると、3月の米住宅価格は前年同月比10.3%上昇した。



ただ、2006年のピークは依然として大きく下回っており、カリフォルニアといった地域が突出して堅調だったことも3月の指数上昇につながっている。こうした事情が、住宅市場の回復が本物なのかどうかをめぐり疑念も生じさせている。



一方で、市場のファンダメンタルズがしっかりしていれば、住宅ローン金利の上昇はとりあえず、住宅価格の上昇に自信を感じている住宅購入者による需要を反映したものだといえる。



不動産専門家のウィスコンシン大学マディソン校のモリス・デービス准教授(経済学)は「住宅ローン金利がたとえ(上昇方向に)戻しても、金利は依然として歴史的低水準にあるとの雰囲気がある」と指摘。「(住宅ローン)金利が5.5か6.0%に上昇すれば、おそらく『待てよ。今は買い時でも建て時でもないのではないか』との声が出てくるのではないか」と話した。



( Alister Bull記者;翻訳 川上健一;編集 内田慎一)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130530-00000055-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



アフィリエイトサイト・ブログ記事自動生成ツール【FXA-Grande】&【FXA-Master】 -FX・投資系-


普遍的且つパワフルなFXトレード戦略Multi tradeFX(マルチトレードFX) NEO


滑舌矯正書




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1004-4ea3329c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)