Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

FRBに無理難題ふっかけても期待に応えられず-ボルカー氏

年金受給放棄制度はあるのだろうか?

最近の株価の低迷の原因は、アベノミクスの第三の矢がしょぼすぎる

からだと、私は読んでいる。

「これでは、財政再建できない。」

そこで、思いついたのが、年金受給放棄制度。

裕福なお年寄りは、年金受給を望んでいない。

日本は、財政破綻寸前だけど、個人の金融資産は1400兆円。

そのほとんどを65歳以上のお年寄りが所有している。

それに加え、多額の年金が受給されたら迷惑ではないだろうか。

自分はお金持ちになっても、日本が財政破綻したら、

今までのようなサービスは受けられなくなる。

お金が紙くずになりかねない。

私自身も日本が財政破綻するくらいなら、年金の受取を拒否する。

年金の原資を財政再建に当てるなり、若者の負担を減らすようにしたらどうだろうか。

もっと、経済が活性化されて、明るくなるはずだと思う。

年金受給放棄をお年寄りの夢であり、ステータスにすればいい。

そして、現役世代も年金に頼らない経済力をつけることを

目標にすればいい。




FRBに無理難題ふっかけても期待に応えられず-ボルカー氏


Bloomberg 5月30日(木)10時24分配信







  5月29日(ブルームバーグ):元米連邦準備制度理事会(FRB)議長のポール・ボルカー氏は29日、FRBはあまりに多くの行動を求められれば期待に応えられないだろうとの認識を示した。





ボルカー氏はニューヨーク・エコノミック・クラブで「金融政策を何とかして物価安定と完全雇用という2つ目標に向かわせるべきだという2つの責務を語ることが流行している」と述べた上で、「流行であろうがなかろうが、こうした責務は運営上混乱を招きやすく、結局は幻想に終わると思う」と語った。





失業率が前回のリセッション(景気後退)前を上回る7.5%に高止まりしていることから、米連邦公開市場委員会(FOMC)は5月1日、雇用の促進を目指し、月間で住宅ローン担保証券(MBS)を400億ドル、米国債を450億ドル購入するペースを維持することで一致。インフレ率と労働市場の変化に対応しながら毎月の債券購入ペースを加速ないし減速するする方針も示した。





ボルカー氏は「例えば、誤った財政政策の容認や構造的な不均衡への対処、安定と成長と完全雇用の仮想的な円を四角にするような無理難題など、あまりに多くのことを求められ過ぎれば、期待に応えられないのは当然だろう」と指摘。こうした努力によって「物価安定という基本的な責務を見失う」状況に陥りかねないと警告した。





原題:Volcker Says Fed Will ‘Fall Short’ by Being Asked to DoToo Much(抜粋)





記事に関する記者への問い合わせ先:ニューヨーク John Detrixhe jdetrixhe1@bloomberg.net





記事についてのエディターへの問い合わせ先:Chris Wellisz cwellisz@bloomberg.net





John Detrixhe




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130530-00000029-bloom_st-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



Orbit FX Tools


s0310【楽販アフィリオ】最大30日間無料!4つのFXコピートレードが使い放題!PATS-FXサービス


●FX利益が 1200% 増える 73分の秘密、”あげます”(無料)




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1003-3274ba69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)