Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

中元商戦“プラスワン”喚起 特産品や高級食品など目玉

年金受給放棄制度はあるのだろうか?

最近の株価の低迷の原因は、アベノミクスの第三の矢がしょぼすぎる

からだと、私は読んでいる。

「これでは、財政再建できない。」

そこで、思いついたのが、年金受給放棄制度。

裕福なお年寄りは、年金受給を望んでいない。

日本は、財政破綻寸前だけど、個人の金融資産は1400兆円。

そのほとんどを65歳以上のお年寄りが所有している。

それに加え、多額の年金が受給されたら迷惑ではないだろうか。

自分はお金持ちになっても、日本が財政破綻したら、

今までのようなサービスは受けられなくなる。

お金が紙くずになりかねない。

私自身も日本が財政破綻するくらいなら、年金の受取を拒否する。

年金の原資を財政再建に当てるなり、若者の負担を減らすようにしたらどうだろうか。

もっと、経済が活性化されて、明るくなるはずだと思う。

年金受給放棄をお年寄りの夢であり、ステータスにすればいい。

そして、現役世代も年金に頼らない経済力をつけることを

目標にすればいい。




中元商戦“プラスワン”喚起 特産品や高級食品など目玉


SankeiBiz 5月30日(木)8時15分配信










中元商戦“プラスワン”喚起 特産品や高級食品など目玉


日本橋高島屋には振分親方(元小結・高見盛)も応援に駆けつけた=29日、東京都中央区(写真:フジサンケイビジネスアイ)





 大手百貨店の中元商戦が29日、本格スタートした。安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」効果の恩恵を真っ先に受けて宝飾品などの販売好調に活気付く中、各社はえりすぐりの特産品や数量限定の高級食品など、贈る以外にも「自宅へ取り寄せたくなる品」を集めて“プラスワン需要”を喚起し、8月上旬までのシーズン中に前年を上回る売り上げを目指す。



 日本橋高島屋(東京都中央区)は決起集会を開き、そろいの法被(はっぴ)を着た店員や一日店長を務める大相撲の振分親方(元高見盛)ら約100人が「頑張ろう」と気勢を上げた。



 中元・歳暮需要は景気変動の波を受けにくいとされ、同店も今シーズンの平均単価は約4500円と例年並みだが、売り場には2万円台の輸入ワインや国産フルーツ詰め合わせといった高級品も集めた。インターネット販売も含めた商品数は、過去最大の約4500品目を準備し、売上高全体で前年比3%増を目指す。



 開店と同時に訪れた千葉県船橋市の主婦(63)は「毎年贈る相手なので、品物や価格帯はあまり変えられない」としつつも「景気回復ムードに乗って、今年は自宅にも取り寄せようかしら」と目移りしていた。



 同日ギフトセンターを開いた三越日本橋本店(同区)は「味覚の冒険」と題し、秋田県産のじゅんさい鍋セット(5250円)など夏ならではの企画商品を打ち出す。老舗の名品を集めた数量限定ギフトは、昨年より4割多い98品目に強化、商戦前半の販売拡大を図る。



 そごう・西武は、食品ギフト「食源探訪」シリーズを少ないサイズと価格で販売する「お試しギフト」を導入。贈り物と同じ商品を自宅でも楽しんでもらい、売り上げ増につなげる。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130529-00000011-fsi-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



【FXTRADEフィナンシャル・ロンナルフォレック対応】アキュレートバイナリー


【FXTRADEフィナンシャル・ロンナルフォレック対応】アキュレートバイナリー


逆張りを恐怖から安心したトレードに変えるドラゴンアタックFX(Dragon Attack FX) NEO




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://robakiyo.blog.fc2.com/tb.php/1002-fd9d9994
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)