Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

地道にコツコツ

寝る間も惜しんで、トコトンやり続ける。

そして、挫折から何かを掴んで更にやり続ける。

それでも、結果が出るかどうかは運次第。

それがわかっていて、それでもやり続けた人だけがたどり着けるのが「成功」という二文字。

対象はなんでも構わない。スポーツだろうと、音楽だろうと、ビジネスだろうと。

そう考えるとチャンスはいくらでも転がっていて、

どんな世界にも成功者は存在するのだから、なんでもいい。

インターネットの世界には簡単に稼げるとか、簡単にダイエットできるとか、

なんの努力もなく、成功できそうな情報が転がっている。

結局、人間はなまけもので楽したい生き物だから、どうしても

そういった情報を探し求めてしまう。

でも、実際は凄くシンプルで、成功のコツはシンプルなことを地道にコツコツ。

それを寝る間も惜しんで、やり続けるだけ。

その過程が人生というか、生きる目的なのかもしれないね。

メールセミナーはこちらをクリック










これだと違法になる。ネズミ講という。

どんなビジネスでも共通するのは、

「お金を稼ぐ」その裏には必ずお金を支払ってくれる人が存在する。

だから、その存在がよくわからないビジネスは辞めたほうがいい。

それで、ネットワークビジネスでお金を支払ってくれるのは誰か?

それは、「お金を稼ぎたい人。」

そこにネットワークビジネスの胡散臭さがあると同時に楽な面がある。

胡散臭い点はお金を稼ぐために、お金を稼ぎたい人をリクルートする点。

お金を稼ぎたいのになぜか、商品を購入しなくてはいけない点。

「商品はいらないから、参加費を安くしてくれ!」

これだと違法になる。ネズミ講という。

合法化するために、わざわざ商品を介在させていると言ってもいい。

一方、楽な面。

リサーチがいらないこと。

化粧品や高級車、高級マンションが欲しい人の気持ちはわからないけど、

お金を稼ぎたい人の気持ちはよくわかる。理由は自分がそうだから。

だから、ネットワークビジネスが胡散臭いのがわかっていて、

参加する人が存在するのも知っている。自分がそうだから。

そして、最初は欲しくなかった商品が使っているうちに、

気に入ってしまうことも楽な面かもしれないね。

メールセミナーはこちらをクリック










損得勘定を捨てる

お金儲けを忘れない限り成功できない。

それがネットワークビジネスの真実。

最初にネットワークビジネスをやる動機はもちろんお金儲け。

だから、リクルートするときはお金が欲しい人に

「お金儲けできるよ。」といって誘う。

だけど、誘う側の心理として「この人をリクルートしたらいくら入ってくる。」

なんて考えてはいけない。

「この人を経済的にも時間的にも自由にして、幸せになって欲しい。」

本気でそう考えていなければ100%成功できない。

それが無理なら「自分を磨くために俺はネットワークビジネスやる。」

それでもいい。

だから「ネットワークビジネスで簡単に儲かるよ。」というのは、

あくまでもマーケティング戦略の一コマ。

まったくネットワークビジネスに関わっていない人をリクルートする戦略。

しかし、実際にネットワークビジネスに携わったら、お金儲けは忘れること。

それがたった一つの成功法則かもしれないね。

メールセミナーはこちらをクリック