Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

ネットワークビジネス研究者16

誰かの資産は誰かの借金。

お金を使えばなくなるのではなく、誰かに渡る。

そのお金が動いたボリュームの合計がGDPになり、経済の大きさの指標となる。

それなら、お金を使ってもグルグル回って戻ってくるのなら、

お金を必要以上に貯め込む必要はないし、お金を使えばGDPは増える。

それがネットワーカーの常識。

国の借金が1000兆円と騒いでいるけど、

その反対側には必ず1000兆円貯め込んでいる人がいる。

それが国民一人あたり、700万円ということ。

実際はそれが一部の富裕層に偏っているだけの話しだ。

富裕層と言っても日本では、そのお金を貯め込んでいるだけで、

使わないから、景気が低迷するだけの話し。

お金を使ったら、二度と戻ってこないのでは。と疑心暗鬼になっているのだろう。

そういった人にお金は使えばグルグル回って戻ってくるんだよ。

と教えてあげるのがネットワークビジネスの仕事であり、

自分の収入だけでなく、経済成長にも貢献することになる。

しかし、ネットワークビジネスが経済成長に貢献するなんて、

誰も教えてくれないだろう。理由はそれを言ったら拒否されるのがわかっているから。

人間は自分の考え方を変えるのを嫌う動物。

それを踏まえた上で、ネットワーカーは活動しているのだ。

ネットワーカーはお金が回れば景気がよくなることを知っている




ネットワークビジネス研究者15

人とのコミュニケーションは苦手だけど、

ネットワークビジネスには興味がある人が最近活動を

広げているのがインターネットを使ったネットワークビジネス。

商品も友達や知人に販売するのではないので、楽ちん。

だから、初心者でも気軽にネットワークビジネスに取り組めるということで、

おすすめ。相手はネットユーザーなのでまったく人種は異なる。

どちらかというとオタク系が多い。

社交家でなくてもビジネスが始められる時代になったわけだ。

成功哲学書を読んで、自分をムリにポジティブにする必要もない。

しかし、インターネット使用を禁止しているネットワークビジネス企業の方が多い。

そういった会社では見つかれば、今までの苦労はパーとなる。

もし、インターネットに興味がある場合、

入会する前にはインターネットが可能なのか確認しておこう。

インターネットを使ったワークビジネスのノウハウ




ネットワークビジネス研究者14

うまいリーダーは悔しさを引き出すのがうまい。

「あいつができるのになぜ、俺はできないんだ。」

それが悔しさだ。

しかし、それを引き出すのは難しい。

理由は、「僕はどうせダメな人間さ。」と諦めているから。

そして、成功者と接触することにもおじけずく。

「どうせ、僕なんか相手にしてくれないさ。」

ネットワークビジネスのセミナーに出席する理由は、

成功者であるスピーカーの話しに酔いしれることではなくて、

「どうして、俺はこっちの席にいるんだよ。なぜ、話しをする側の人間じゃないんだ。」

と悔しくなること。

そして、その悔しさを引き出すのがうまいリーダーだといえる。

悔しさが溢れるネットワークビジネス




ネットワークビジネス研究者13

使い道のないお金を持て余すのが一番よくない。

余分なお金を必要以上に貯め込んでしまうこと。

本人にとっても経済にとっても。

GDPが国レベルの豊かさなので、

個人レベルでも豊かさはお金のストックではなく、フローだと言える。

何もしなくても十分豊かに暮らせるお金が入ってきたらどう人生は変わるだろうか?

お金を貯め込まなくても上手に付き合うことができるようになる?

それを問いかけるのがネットワークビジネスの基本概念だ。

そのための方法を体験を通して学ぶ方法がネットワークビジネス。

貧乏人が経済的豊かさを手に入れる一つの挑戦と言ってもいい。

やることは、消費を抑え投資を増やす。

収入が10万円なら消費は9万円に抑え、1万円を投資に充てる。

消費も投資もGDPの支出にカウントされるので、GDPを落とすこともない。

投資とは将来的にリターンを得られる行為のすべて。

結局、必要のないお金を貯め込むのが悪い理由は、将来的にリターンが得られないから。

国にとってもGDPにカウントされないので、財源が不足する。

財源が不足すれば、政府は消費税増税する。

消費税は貧乏人にも同様に掛かるので、

10万円の収入が9万円となり、投資に回すお金が消滅する。

誰もが投資に回すお金がなくなれば、将来のリターンも消滅する。

GDPを増やすネットワークビジネス




ネットワークビジネス研究者12

GDPとは、何でしょう?

今回の解散総選挙の理由はGDPが予想以上に悪かったから。

なぜ、GDPの悪化が解散総選挙に繋がったのか?

それは、GDPが何なのか知らなければわからない。

ところが、GDPが何なのか知っている人は以外と少ない。

GDPは国内総生産という。

ある期間内にどれだけ、物やサービスを国内で生産したかを集計した数値。

それがGDP。GDPが増えれば、景気がよくなっているし、

GDPが減れば、景気が悪くなったことを示している。

今回その数値が予想以上に悪かった。

生産は消費と財政出動と民間投資で支出され、それは一致する。

ここでのポイントはお金をいくら貯め込んでもGDPとは無関係。

GDPを増やすためには消費か財政出動か民間投資を増やす必要がある。

まず消費、現在3割の人が貯金ゼロ。

そういった人は消費税増税でそれを負担するので、消費を減らすことになる。

財政出動は、国の財政面からこれ以上増やすには、消費税増税ということで、

消費を減らすので難しい。

最後に民間投資、大企業の余剰金や国民の貯金が投資に回ればいい。

これは、かなり期待できる。

しかし、投資といっても株式投資はGDPには貢献しない。

生産に結びつくものが本来の投資でGDPに貢献する。

個人が消費以外で少しでもGDPに貢献しようと思えば、

ネットワークビジネスという選択肢があるわけだ。

GDPを増やすネットワークビジネス




ネットワークビジネス研究者11

まず、克服するのは恐怖心。

そして、恐怖心を克服する方法が知ること。

それも、誰かからのいい加減で無責任な意見に惑わされず、

自分の頭で考える。

考えてわからなければ行動する。

そうやって、世界が広がるたびに恐怖心は消えていく。

人間はもともと、現状を変えたくない生き物。

しかし、環境がどんどん変わっているのに、それに適合しなければ、

淘汰される。

だから、恐怖心を克服して好奇心に変えるのは生きていくための必須のスキルといっていい。

そのチャンスをネットワークビジネスは提供してくれる。

思い切って飛び込んでみよう。

世の中には恐怖心をあおる情報が溢れている。そして、思考停止で動けなくなるのだ。

思い切って飛び込んでみよう




ネットワークビジネス研究者10

ジャパニーズドリームに何回も騙される。

結局、日本は貧富の差が拡大していて、底辺にいても努力して報われればいいけど、

ほとんどの場合、裏切られることになる。

そして、意気消沈して人生の負け組と化す。

しかし、それでいいのだろうかと考えることがある。

世の中には底辺層をターゲットにジャパニーズドリームを描かせて、

底辺層を食い物にしている詐欺師も存在する。

ネットワークビジネスの世界もまっとうなものばかりではない。

悪質なビジネスに嵌れれば、自己破産、どうせ俺は貧乏のままだよ。と

自暴自棄になることもある。

だけど、そこから立ち上がって何かに挑戦し続けたい。

それが人生の醍醐味かもしれないね。

人生の醍醐味を僕はネットワークビジネスで知った




ネットワークビジネス研究者9

ネットワークビジネスに必要な能力は何だろうと考えたとき、

最も必要な能力はリーダーシップではないだろうか。

ネットワークビジネスはその性格上、ダウンを成功させないと自分も成功しない。

そのダウンを成功させる能力がリーダーシップ。

ぶれない精神力と根拠のない自信、高倉健のようなオーラ。

それで、始めからリーダーシップを持っている人はいない。

しかし、ネットワークビジネスでリーダーシップは身に付く。

リーダーシップが身に付かないと成功しないので、

成功者と言われるようになって、リーダーシップが身に付いていることに気づく。

だから、能力的には総理大臣と変わらないレベルになる。

もしかしたら安倍総理より上のレベルになるかもしれない。

解散宣言をしてからの安倍総理にはリーダーシップがない。

まさかGDPが落ち込んだくらいでびびって解散するとは思わなかった。

アベノミクスに自信があるのなら、そもそも消費増税は必要ない。

経済成長すれば税収が増えて、財政再建も達成できる。

日本は消費税増税に頼らず、経済成長で財政再建を達成する。

そう世界に宣言すればいいだけの話しだ。

ということで、リーダーシップを身につけるのは総理大臣でも難しい。

それに挑戦するだけでもやる価値があると思うけど、どうだろう。

ネットワークビジネスでリーダーシップに挑戦しよう




ネットワークビジネス研究者8

なぜ、消費税がよくないかというと、消費税は消費に課税されるから。

それだったらお金を使わない方が特じゃんということになる。

それで、物が売れなくなってデフレになった。

アベノミクスはデフレからの脱却を目指しているのに、消費増税8%を強行してしまった。

それで、国民に消費税増税8%の信を問うと思っていたら、

消費税増税8%はそのままで、10%への延期をしただけ。

これで、アベノミクスの失敗は決定的となった。

消費増税8%を強行して、経済がおかしくなったのだから、

普通、消費税を5%に戻すのが先だろう。

ということで、アベノミクスには期待できなくなったので、

貧乏人は自分の身は自分で守らなくてはいけない。

その手段の一つがネットワークビジネス。

普通に一生懸命働いても、正社員になれないし、給料も上がらない。

それでも、必要最小限の消費は生きていくためには必要なので、

消費税が重くのしかかることになる。

そのまま、人生が終わってしまっていいのだろうか。

老後破産というキーワードも気になる。

豊かな人はますます豊かになり、貧しい人はますます貧しくなる。

日本が消費税を選んだ時点で決定的になった現実だ。

そこから這い上がるには、考え方を変え行動すること。

ネットワークビジネスはどうしようもない人生に光を当てる




ネットワークビジネス成功者7

まず、与えること。

これは、どんな成功哲学書やビジネス書にも書いてある常識。

ギブ&テイクではなく、ギブ・ギブ・ギブ。

とにかく、徹底的に与える。

それは、お金だけではなくて、お金を持っている人はお金を与えればいいけど、

持っていない人は、自分のして欲しいことや出来ることをまず、与える。

そうすると宇宙の法則でようやくリターンが得られるということ。

ポイントはリターンは絶対、期待してはいけないということ。

見返りを求めながらの奉仕は失敗する。

ネットワークビジネスも同じで、失敗者の共通点はリターンを求めている。

先ほど、安倍総理の解散総選挙の記者会見があった。

僕が不思議に思ったのは、消費税増税8%でアベノミクスが失敗しかけたのだから、

消費税を5%に戻すのを安倍総理は宣言すると思いきや。10%増税を延期を宣言しただけ。

これで、消費税8%を安倍総理は追認してしまったわけだ。

政治の世界も同じで、税収が必要ならまず、景気を良くして税収が増えるのを待つこと。

それが鉄則だ。

アベノミクスだけやって、インフレでGDPが増えて税収が増えるのを待てば良かっただけ。

消費税増税8%で先に庶民から奪って、失敗しかけたのだから5%に戻すのが普通の判断だろう。

それをせずして、国民の信を問うなんて、まったく説得力がない。

財務省の罠にはまったと見ていいだろう。

ネットワークビジネスでは、こういった間違いに気づいたら改善すること。

まずはリターンを期待せずに与えること




ネットワークビジネス研究者6

お金はフローで考えよう。

宝くじで3億円当たった人が破産するのは、お金をフローで考えていないから。

フローというのはお金の流れで、ストックで3億円持っていても貧乏人という概念。

実際、景気を計るGDPも1年間で作った付加価値。

お金を出資して、その出資以上のリターンが付加価値。

労働者の賃金も付加価値に含まれている。

だから、出来るだけ高賃金で働くことはGDPに貢献していることになる。

一方、宝くじで3億円当たっても、お金を上手に運用しなければ、

お金を殺すことになって、必ず制裁を受けることになる。

なぜ、そんな危険なものを売っているのか、よくわからない。

それで、キャッシュフローゲームというのがあって、

ネットワークビジネスをやる必要性が理解できるゲーム。

ネットワークビジネスはお金が入ってくる仕組み作りを個人レベルで体験できる。

結局、仕事といってもその仕事の成果に対して、

最終的にお金を支払ってくれる人の存在が必ず必要で、

存在しなければ仕事そのものも、消滅することになる。

どんなに難易度が高くて、訓練を要する仕事でもロボットで代替え可能なら安心できない。

それより、お金が入ってくる仕組みづくりにお金と時間を投資したら、

そういった仕組みづくりが理解できれば、お金にも困らないし、

経済にも貢献できるわけだ。

というわけで、ネットワークビジネスに参加することは有意義なことだと思う。

宝くじにお金を使うならネットワークビジネスのがまし




ネットワークビジネス研究者5

物事の本質を理解するには歴史を振り返るのが一番よくて、

ネットワークビジネスも例外ではない。

もともとの始まりは生産者と売り手と買い手が明確に分かれていた経済構造に

誰かが疑問を持ったこと。

生産者はどれだけ作ったらいいのかわからないし、

売り手もどれだけ仕入れたらいいのかわからない。

結果、見込生産で作ってはみたものの、売れなくて、

生産者や売り手が死蔵在庫を抱えたり、叩き売りで価格を下げて処分したりする。

生産量が不足すれば、販売の機会を逃したりする。

買い手の方もほしい時に買えなかったり、誰かが転売して高く買わされたりする。

当時は当たり前の光景だったけど、当たり前に疑問を持つことはクリエイティブの始まり。

販売量が安定していたら、解決する問題ではないだろうか。

確実に売れる分だけ作ればいい。

それがネットワークビジネスの始まり。

最初はちょこっとだけ作って口コミで販売量が徐々に増えていけばいい。

そして、生産量が増えれば、規模の経済が働くからコストも下げることができる。

その分を口コミしてくれた人に還元できるではないか。

ネットワークビジネスの会社は環境にも力を入れているけど、

消費される分だけしか作らなくて、余った商品を廃棄しないのだから、

環境にもやさしいというコンセプトも自然と生まれたわけだ。

常識に疑問を持つこと、物事の本質を考えること




ネットワークビジネス研究者4

経営陣に入らないと、仕事がなくなる時代と言われている。

ただ、言われたことをやるだけなら、ロボットに置き換えられていく。

人間でやってもらうか、ロボットに置き換えるか選択するのは、

経営者の仕事。

ロボットに置き換えても生産性が変わらず、コストが安ければ、

人間にこだわる必要はない。

企業は自社のことしか考えていないことが、最近、よくわかってきた。

アベノミクスの円安で大企業は企業業績を伸ばしている。

本来ならその業績向上分を従業員なり下請けに還元していれば、

消費税増税8%強行しても、景気は落ち込まなかったかもしれない。

単純に3割円安になれば、従業員の給料を3割上げて、

下請けへの支払いも3割上げればいい。

そうすれば、消費税増税分3%と円安での原材料のコスト増で多少値上げしても、

消費は落ち込みことはない。お金は回り回って、デフレからも軽く脱出できただろう。

だけど、企業はそういったマクロ視点では見ていない。

自社の業績がよくなって株価が上がりさえすればいい。

その延長線にあるのが、人間の仕事をロボットに置き換えていくことだろう。

企業経営者がそういった考えなら、それはそれで庶民はなんとか対抗しなくてはいけない。

そして、ゲリラ的に庶民が賢く生きる手段の一つがネットワークビジネスといっても、

言い過ぎではないだろう。

庶民はもっと賢くならなければ生きていけない




ネットワークビジネス研究者3

なぜ、ネットワークビジネスに参加する人は10%しか存在しないのだろうか?

おそらくネットワークビジネスに参加する人の考えと、

参加しない人の考えは違うのだろう。

ネットワークビジネスをすると多くの拒絶を経験することになる。

そして、その拒絶される理由がわからない。

リクルートに成功する確率は10%。

4人リクルートするには、確率的に40人に伝える必要がある。

9割の拒絶を恐れず40人にきちんと伝えることができれば、

確率的に100%成功するはず。

しかし、実際はそうならない。

ネットワークビジネスに参加する人でも9割の拒絶を恐れて行動できなくなる。

だから、拒絶の恐怖を回避するにはインターネットで情報発信するしかない。

そして、昔はインターネットはマニアックな世界だったけど、

今はスマホの普及もあって、情報の受け手も増えている。

だけど、参加する人は10%。

おそらく、自分のことは自分でやらないと気が済まないタイプなのだろうか。

どちらかといえば、政治なんかどうでもいいし、

大企業の正社員とか既得権益にも守られたくないタイプ。

自分の実力が素直に報酬に反映されることに満足を感じるタイプ。

そういったタイプの人が10%しか存在しないから、

ネットワークビジネスに参加する人も10%なのだろう。

確立10%の世界を覗いてみたい人はこちらから




ネットワークビジネス研究者2

インターネットを使ったビジネスにアフィリエイトというのがあって、

おそらくブログをやっている人で知らない人はいないだろう。

アフィリエイトのいいところは、お金がいらないところ。

必要なのは自制心。

なぜ、自制心が必要かというとアフィリエイトをやろうと思って、

対象商品を探す。すると、対象商品が欲しくなる。

実はアフィリエイターが欲しくなって、まず、購入するだろうと見込んでいる業者は多い。

そして、買ってしまう。

アフィリエイトの紹介報酬より商品を買う金額の方が大きくなる。

それが、アフィリエイト最大のリスクではないだろうか。

個人で稼ぐのはたかが知れている。

もし、個人で大金が稼げるのなら誰も会社勤めはしない。

アフィリエイトに挑戦してみたものの挫折した人は多い。

ネットワークビジネスにもリスクがあって、

ダウンがつくまでは、ひたすら化粧品やらサプリメントを買い続けなければいけない。

最近、物価が上がっているので、消費する物に優先順位をつけて消費する傾向がある。

お米や野菜などの食料品。人間生きていく上で食料は欠かせないだろう。

ガソリン。徒歩圏内に何もなければ自動車を動かすために必要になる。

トイレットペーパー。これは、ウォシュレットを使って乾くまで待てば必要ない。

そうやって、買わなくてはいけないもの、買わなくていいものを絞り込んでいく。

そのときに、化粧品やサプリメントはどちらに属するのだろうか。

もし、買わなくてはいけないものなら、ネットワークビジネスをやった方がお得。

なぜなら、アメリカと違って日本ではまだ、普及率10%。

ほとんどの市場が飽和状態にある中で、ネットワークビジネスはまだ、未開拓地と言っていいだろう。

ランディングページが新しくなりました。