Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

欧州市場サマリー(12日)

高年齢者雇用安定法が若者の新規雇用を奪うものなら

高齢者の雇用延長は辞めるべき。

今朝の朝イチで100社面談しても、就職先が決まらないという大卒若者が増えているという。

その原因が高齢者の雇用延長なら、即刻、高齢者の雇用延長は辞めるべき。

なぜなら、高齢者には退職金がある。

それで、年金受給まで凌げるはずだし、退職金で起業してもいい。

あのケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダースも

65歳から起業しました。

もし、高年齢者雇用安定法でカーネル・サンダースが保護されていたら

ケンタッキーフライドチキンは、存在していないかもしれません。

一方、若者には、将来がかかっている。

コンビニのアルバイトなどに着いたら、

何のための大学卒業かわからないし、

職場でスキルを身につけることもできない。

これは、日本にとっても大きな損失だと思う。

そして、高齢者の仕事へのモチベーションについてですが、

雇用延長はされるものの降格になると思います。

その場合、仕事へのやりがい、生きがいが保たれるのか危惧されます。

それより、新規一転、起業するほうがよっぽどいい。

お金もあるし、経験もある。

やりがいもある。

人間土壇場に立たされれば、底力が出ます。

そして、生きがいを持った高齢者は、医療費の軽減にも貢献するはずです。

関連ビジネスも立ち上がります。

経済も活性化するはずなのです。


欧州市場サマリー(12日)


ロイター 6月13日(木)6時45分配信







[12日 ロイター] -



1258GMT 11日終盤



ユーロ/ドル   1.3289 1.3314



ドル/円 96.560 96.010



ユーロ/円 128.29 127.84



12日終値 前営業日終値



株 FT100  6299.45(‐40.63)  6340.08



クセトラDAX 8143.27(‐79.19)  8222.46



金 現物午後値決め 1382.75 1374.25



先物清算値



3カ月物ユーロ(9月限)   99.75 (+0.01)



独連邦債2年物(9月限)  110.36 (+0.04)



独連邦債5年物(9月限)  125.67 (+0.08)



独連邦債10年物(9月限) 142.79 (+0.05)



独連邦債30年物(9月限) 130.48 (‐0.12)



現物利回り



独連邦債2年物     0.309 (0.199)



独連邦債5年物     0.632 (0.645)



独連邦債10年物    1.553 (1.556)



独連邦債30年物    2.403 (2.400)



<為替> ドルが前日の急落から対円で値を戻している。



欧州時間序盤の取引では、米連邦準備理事会(FRB)の緩和縮小時期をめぐる不透明感が圧迫材料となり、ドルは対ユーロで3カ月半ぶり安値となる1.3334ドルまで売られる場面もあったが、現在は上げに転じている。



ユーロ圏や日本に比べ、米国の経済回復が進んでいるとの見方から、ニューヨーク時間にかけ安値では買い戻しが入ったという。



<株式> ギリシャ情勢の緊迫化で地合いが悪化して続落、7週間ぶりの安値に近づいた。水処理サービスのセバーン・トレント<SVT.L>が大きく値下がりした。



ギリシャで国営放送のERTを突如閉鎖したことに対する政府への抗議の声が高まり、サマラス首相を支える3党による連立政権にもひびが入りつつあることで、ユーロ圏の問題に再び焦点が当たった。



米連邦準備理事会(FRB)が近く、量的緩和を縮小するとの懸念も根強い。



個別銘柄では、セバーン・トレントが8.9%安と下げが目立った。同社の買収をめぐり、企業連合が撤退したことを嫌気した。



独ケーブル会社カベル・ドイチュランド<KD8Gn.DE>に買収案を提示したボーダフォン・グループ<VOD.L>は5.7%下落した。買収には戦略的な利点があるものの、多額の費用を負担できるかなどを疑問視する見方が聞かれた。



欧州株式市場は自動車株や金融株などの景気敏感株が売られ、続落して終了した。世界主要中銀の緩和縮小に対する不透明感が払しょくされていないことに加え、ギリシャ連立政権の行方に懸念が出ていることが重しとなった。



FTSEユーロファースト300種指数<.FTEU3>終値は4.78ポイント(0.41%)安の1174.79。



DJユーロSTOXX50種指数<.STOXX50E>は16.68ポイント(0.62%)安の2666.52。



この日は売買高が90日平均の88%にとどまるなど、商いは薄かった。主要中銀による緩和措置縮小の観測に加え、ギリシャ政府が緊縮財政措置の一環として国営放送のERTを突如閉鎖し3党による連立政権の先行きが危ぶまれる状態となっていることで、活発な売買が手控えられた。



こうしたなか景気敏感株が売られ、自動車株<.SXAP>は2%、金融株<.SX7P>は1.1%、それぞれ下落した。



一方、ヘルスケア株<.SXDP>や食品・飲料株<.SX3P>などのディフェンシブは逆行高となった。



個別銘柄では、「ザラ」などのブランド持つスペインのアパレル大手、インディテックス<ITX.MC>は3.5%高。



独ケーブル会社カベル・ドイチュランド<KD8Gn.DE>は8.2%高。英ボーダフォン・グループ<VOD.L>が同社に対し買収案を提示したことを明らかにしたことが好感された。



<ユーロ圏債券> 低格付けの周辺国国債が安定的に推移した。ただ、主要中銀の緩和縮小に対する不透明感が払しょくされないなか、当面は不安定な取引が続くと見られている。



米連邦準備理事会(FRB)が近く資産買い入れ規模を縮小するのではないかとの観測からユーロ圏債券は売りにさらされてきた。



こうしたなか、日銀が11日の金融政策決定会合で4月に導入した異次元緩和の継続を決定したものの、長期金利の過度な変動を抑える策として市場で期待されていた長期資金供給については実施を見送ったことで、主要中銀の緩和縮小に対する不安感が高まっていた。



市場関係者は「前日はパニック的な売りが見られたが、この日は売りは収束した。市場心理は回復し、ショートカバーの動きが見られた」としている。



スペイン10年債利回りは4.62%と、4.7ベーシスポイント(bp)低下。ポルトガル10年債利回りは6.44%と、4.2%低下、アイルランド10年債利回りは4.13%と、10bp低下した。



ただ、イタリア10年債利回りは4.37%と、ほぼ横ばい。13日に実施される最大40億ユーロの3年債と15年債の入札では、世界主要中銀による緩和措置が縮小される可能性があるとの観測のなか、落札利回りが上昇すると予想されている。



ギリシャ10年債利回りは10.33%と、32bp上昇した。国有資産売却の一環として実施したガス公社DEPAの入札が10日、期限を迎えても1件の応札もなく失敗に終わったことで、国有資産売却を通した資金調達目標が未達に終わる恐れが出てきたことが嫌気された。



独連邦憲法裁判所で11日に2日間の日程で始まった欧州中央銀行(ECB)の債券買い入れプログラム(OMT)の合憲性に関する審理も市場の注目を集めている。



クレディ・アグリコルのグローバル債券戦略部門責任者、デビッド・キーブル氏は、「同憲法裁判所はその独立性で知られているため、否定的な判決が下される可能性もある」としており、判決は9月の独総選挙以降になると見られているものの、OMTの制限につながる可能性のあるマイナスのコメントに市場は神経質になっている。



独連邦債先物は5ティック高の142.79で清算。ドイツが実施した総額40億4000万ユーロの2年債入札は堅調な需要を集めた。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130613-00000039-reut-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



The Amazing Gift For Forex Trading


The Amazing Gift For Forex Trading


◆【Hyper Click FX 】HyperClickセット◆(EA対応版+インジケーター対応版)




<ランドセル>景気回復反映?売り上げ昨年の倍

高年齢者雇用安定法が若者の新規雇用を奪うものなら

高齢者の雇用延長は辞めるべき。

今朝の朝イチで100社面談しても、就職先が決まらないという大卒若者が増えているという。

その原因が高齢者の雇用延長なら、即刻、高齢者の雇用延長は辞めるべき。

なぜなら、高齢者には退職金がある。

それで、年金受給まで凌げるはずだし、退職金で起業してもいい。

あのケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダースも

65歳から起業しました。

もし、高年齢者雇用安定法でカーネル・サンダースが保護されていたら

ケンタッキーフライドチキンは、存在していないかもしれません。

一方、若者には、将来がかかっている。

コンビニのアルバイトなどに着いたら、

何のための大学卒業かわからないし、

職場でスキルを身につけることもできない。

これは、日本にとっても大きな損失だと思う。

そして、高齢者の仕事へのモチベーションについてですが、

雇用延長はされるものの降格になると思います。

その場合、仕事へのやりがい、生きがいが保たれるのか危惧されます。

それより、新規一転、起業するほうがよっぽどいい。

お金もあるし、経験もある。

やりがいもある。

人間土壇場に立たされれば、底力が出ます。

そして、生きがいを持った高齢者は、医療費の軽減にも貢献するはずです。

関連ビジネスも立ち上がります。

経済も活性化するはずなのです。


<ランドセル>景気回復反映?売り上げ昨年の倍


毎日新聞 6月12日(水)11時55分配信







 西武池袋本店(東京都豊島区)にランドセル専門の売り場が登場、売れ行きが好調だ。



 1日の販売開始からの売り上げが昨年の2倍以上といい、担当の木下善裕さん(40)は「9万円前後のものが早くも売れて、驚きます。アベノミクスの効果を感じます」。



 近年は機能性だけでなくデザインも重視され、高級牛革や刺しゅうを施したランドセル約100種類が売り場に並ぶ。売れ筋は5万円台が中心だが、人気のものはすぐに完売するという。【梅村直承】










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130612-00000035-mai-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



エスカレーターFX製品版


せどり秘伝書


FXの構造的な隙間を狙った方法論 秘密のサービスガイドブック




欧州市場サマリー(11日)

高年齢者雇用安定法が若者の新規雇用を奪うものなら

高齢者の雇用延長は辞めるべき。

今朝の朝イチで100社面談しても、就職先が決まらないという大卒若者が増えているという。

その原因が高齢者の雇用延長なら、即刻、高齢者の雇用延長は辞めるべき。

なぜなら、高齢者には退職金がある。

それで、年金受給まで凌げるはずだし、退職金で起業してもいい。

あのケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダースも

65歳から起業しました。

もし、高年齢者雇用安定法でカーネル・サンダースが保護されていたら

ケンタッキーフライドチキンは、存在していないかもしれません。

一方、若者には、将来がかかっている。

コンビニのアルバイトなどに着いたら、

何のための大学卒業かわからないし、

職場でスキルを身につけることもできない。

これは、日本にとっても大きな損失だと思う。

そして、高齢者の仕事へのモチベーションについてですが、

雇用延長はされるものの降格になると思います。

その場合、仕事へのやりがい、生きがいが保たれるのか危惧されます。

それより、新規一転、起業するほうがよっぽどいい。

お金もあるし、経験もある。

やりがいもある。

人間土壇場に立たされれば、底力が出ます。

そして、生きがいを持った高齢者は、医療費の軽減にも貢献するはずです。

関連ビジネスも立ち上がります。

経済も活性化するはずなのです。


欧州市場サマリー(11日)


ロイター 6月12日(水)4時42分配信







1309 GMT 10日終盤



ユーロ/ドル<EUR=>   1.3245 1.3256



ドル/円<JPY=>    96.990 98.760



ユーロ/円<EURJPY=> 128.45 130.91



<p />11日終値       前営業日終値



株 FT100 6340.08(‐60.37)  6400.45



クセトラDAX     8222.46(‐85.23)  8307.69



<p />金 現物午後値決め      1374.25  1383.25



先物清算値



3カ月物ユーロ(9月限)   99.74 (+0.01) <FEIU3>



独連邦債2年物(9月限)  110.32 (‐0.02) <FGBSU3><0#FGBS:>



独連邦債5年物(9月限)  125.59 (‐0.15) <FGBMU3><0#FGBM:>



独連邦債10年物(9月限) 142.74 (‐0.11) <FGBLU3><0#FGBL:>



独連邦債30年物(9月限) 130.60 (+0.34) <FGBXU3><0#FGBX:>



<p />現物利回り



独連邦債2年物       0.208 (0.189) <DE2YT=TWEB><0#DE2YT=TWEB>



独連邦債5年物       0.653 (0.622) <DE5YT=TWEB><0#DE5YT=TWEB>



独連邦債10年物      1.562 (1.548) <DE10YT=TWEB><0#DE10YT=TWEB>



独連邦債30年物      2.406 (2.413) <DE30YT=TWEB><0#DE30YT=TWEB>



<為替> 日銀が債券市場の大幅な変動を緩和する追加策を講じず、東京株式市場が急落したことを受けて、円がドルとユーロに対して上昇している。



円はドルに対してはオーバーナイトで2%超上昇、96.47円をつける場面があった。直近では1.86%高の96.92円。



ユーロ/円はオーバーナイトで128.12円の安値をつけたが、直近では1.6%安の128.72円。



ユーロ/ドルは小動き。



<株式> ロンドン株式市場は各国中銀による景気支援策縮小観測が払しょくされず、続落して終了した。



日銀は11日の金融政策決定会合で、4月に導入した資金供給量の倍増を目指す異次元緩和の継続を決定。ただ、各国中銀による景気支援策縮小に対する先行き不透明感は払しょくされなかった。



市場では、米連邦準備理事会(FRB)が資産買い入れの規模を現在の月額850億ドルから縮小させるとの観測が再燃。市場関係者によると、18─19日の連邦公開市場委員会(FOMC)後にFRBが資産買い入れ規模縮小を発表する可能性があるとのうわさが出ている。



ただエスピリト・サントのマクロ戦略部門メンバーのマーカス・アッシュワース氏は、「経済指標に裏付けられていないように見えるため、(FRBの緩和規模縮小は)早くても9月になると」との予想を示し、「緩和規模縮小に関する言及があっただけで、投資家がリスクに直面しているとの基本的な認識が出てきたことは問題だ」と述べた。



独連邦憲法裁判所がこの日から2日間の日程で欧州中央銀行(ECB)の債券買い入れプログラム(OMT)合憲性に関する審理を開始したことも、市場が神経質になる要因となっている。



市場が神経質になっているときに売られやすい資産運用銘柄が下落。アバディーン・アセット・マネジメント<ADN.L>は4.4%安となった。



鉄鋼メーカーのエブラズ<EVRE.L>は5.9%安。中国経済への懸念から高級ファッションブランドのバーバリー<BRBY.L>は4.8%下落した。



一方、オンライン食品販売のオカド<OCDO.L>は4.1%高。英小売大手のマークス・アンド・スペンサー(M&S)<MKS.L>が同社に買収を提案する可能性があるとの報道を受け買いが入った。



欧州株式市場は続落し6週間ぶり安値をつけた。日銀が金融政策決定会合で現状の緩和策を維持する決定を下したことに失望感が広がり、中銀は支援に対し慎重になりつつあるのではないかとの懸念が広がった。



FTSEユーロファースト300種指数<.FTEU3>は13.70ポイント(1.15%)安の1179.57。1155をつけた4月22日以来の安値となった。



DJユーロSTOXX50種指数<.STOXX50E>は36.20ポイント(1.33%)安の2683.20。



日銀が11日の会合で、4月に導入した資金供給量の倍増を目指す異次元緩和の継続を決め、長期金利の変動を抑制する策として市場で要望が出ていた長期資金供給の実施を見送ったことが失望視されていると、トレーダーは指摘した。



ユーロ圏諸国の国債利回りは全般的に上昇した。



XBZのマイク・ターナー氏は「利回りがじりじりと上昇しており、これが株価を圧迫している」と話した。



この日は全面安の展開となり、特に鉱山株の下げがきつかった。STOXX欧州600資源株指数<.SXPP>は2.5%下落した。



セントラル・マーケッツ・インベストメント・マネジメントのトレーディング部門責任者、ダレン・コートニー・クック氏は、市場関係者は、7日の米雇用統計を受けて上昇した後、悲観的な見方に転じたと指摘した。ただ、同氏を含め投資家は調整が入っても向こう2カ月間はすぐに上昇基調に戻るとの見方を変えていない。



利回りの低い債券に比べてリターンの良い株式の選好は続くとみられている。



<ユーロ圏債券> ユーロ圏国債が幅広く下落した。今年の金融市場を支えてきた各国中央銀行の刺激策が今後、縮小するとの警戒感が広がった。



日銀が債券市場の変動を阻止する新たな施策を打ち出さず、米連邦準備理事会(FRB)の債券買い入れの見通しに対する投資家不安が一段と強まるなか、より格付けの低い域内債券が独連邦債をアンダーパフォームした。



欧州中央銀行(ECB)の債券買い入れプログラム(OMT)が、ドイツの法律に違反しているかどうかの審理がドイツ連邦憲法裁判所で始まったことも受けて、投資家はより高い利回りの債券へのエクスポージャー拡大に慎重になっている。



日銀は金融政策決定会合で、大方の予想通り金融政策の維持を決めた。ただ、長期金利の過度な変動を抑える策として市場で要望が出ていた長期資金供給については、今回は実施を見送り、一部投資家の失望を誘った。



ECBのドラギ総裁も先週、追加措置を近く導入するかについては手がかりを示さなかった。



BNPパリバのストラテジスト、パトリック・ジャック氏は「日銀が施策を講じず、市場に失望が広がった。向こう数カ月間にわたり、市場で利用可能な流動性が低下していると見られているのは事実だ」と指摘。周辺国国債が打撃を受け、中核国市場にも影響が及んでいると分析した。



ギリシャ国債の不振が目立ち、10年債利回りは43ベーシスポイント(bp)上昇して10.02%。一時、5月初め以来の高水準となる10.65%をつけた。ギリシャ政府が実施したガス公社DEPAの入札が失敗に終わり、今年の国有資産売却を通した資金調達目標が未達に終わる恐れも出てきたことも、売りを加速させた。



アイルランドの10年債利回りは15bp上昇して4.23%、ポルトガル10年債利回りも24bp上がって6.49%。



スペインの10年債利回りは7bp上昇して4.66%、イタリア10年債利回りも8bp上がって4.36%だった。



独連邦債先物は11ティック安の142.74で清算した。一時、2月中旬以来の安値となる142.02をつける場面もあった。



独10年債利回りは1.2bp上昇して1.56%。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130612-00000033-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



生き残る投資家の道標~眼から鱗のトレードテクニック


秘密の完全自動売買 シリーズ第8弾 FX24時間完全自動売買 FX業者指定なし WallStreet FOREX Robot(ウォールストリートフォレックスロボット)攻略マニュアル


FXリスク限定オプション用インディゲーター パワー投資ACTION




日銀金融政策決定会合 異次元の金融緩和継続を全員一致で決定

高年齢者雇用安定法が若者の新規雇用を奪うものなら

高齢者の雇用延長は辞めるべき。

今朝の朝イチで100社面談しても、就職先が決まらないという大卒若者が増えているという。

その原因が高齢者の雇用延長なら、即刻、高齢者の雇用延長は辞めるべき。

なぜなら、高齢者には退職金がある。

それで、年金受給まで凌げるはずだし、退職金で起業してもいい。

あのケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダースも

65歳から起業しました。

もし、高年齢者雇用安定法でカーネル・サンダースが保護されていたら

ケンタッキーフライドチキンは、存在していないかもしれません。

一方、若者には、将来がかかっている。

コンビニのアルバイトなどに着いたら、

何のための大学卒業かわからないし、

職場でスキルを身につけることもできない。

これは、日本にとっても大きな損失だと思う。

そして、高齢者の仕事へのモチベーションについてですが、

雇用延長はされるものの降格になると思います。

その場合、仕事へのやりがい、生きがいが保たれるのか危惧されます。

それより、新規一転、起業するほうがよっぽどいい。

お金もあるし、経験もある。

やりがいもある。

人間土壇場に立たされれば、底力が出ます。

そして、生きがいを持った高齢者は、医療費の軽減にも貢献するはずです。

関連ビジネスも立ち上がります。

経済も活性化するはずなのです。

日銀は、金融政策決定会合を開き、4月に導入した「異次元の金融緩和」を継続することを全員一致で決めた。一方で、長期金利の上昇を抑えるための、新たな措置の導入は見送った。
日銀は、2日間の日程で開いた金融政策決定会合で、国内の景気判断について、「持ち直している」と、6カ月連続で上方修正した。
また、景気の先行きについては、金融緩和や経済対策の効果もあり、緩やかに回復していくとし、4月に導入した異次元の金融緩和は、そのまま続けることを全員一致で決めた。
一方で、長期金利の上昇を抑えるための新たな措置の導入は、見送っている。
黒田総裁は、11日午後3時半から記者会見し、決定の背景や理由を説明する予定。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20130611-00000780-fnn-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



s0421【楽販アフィリオ】FXコア-小笠原が遂にFX自動売買システムを公開!!


爆裂プロフィットファクターFX-裁量×オートマチックコラボレーションマジック-


FXテクニカルマスター




NY株、3営業日ぶり反落=米量的緩和の不透明感で〔米株式〕(10日)

高年齢者雇用安定法が若者の新規雇用を奪うものなら

高齢者の雇用延長は辞めるべき。

今朝の朝イチで100社面談しても、就職先が決まらないという大卒若者が増えているという。

その原因が高齢者の雇用延長なら、即刻、高齢者の雇用延長は辞めるべき。

なぜなら、高齢者には退職金がある。

それで、年金受給まで凌げるはずだし、退職金で起業してもいい。

あのケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダースも

65歳から起業しました。

もし、高年齢者雇用安定法でカーネル・サンダースが保護されていたら

ケンタッキーフライドチキンは、存在していないかもしれません。

一方、若者には、将来がかかっている。

コンビニのアルバイトなどに着いたら、

何のための大学卒業かわからないし、

職場でスキルを身につけることもできない。

これは、日本にとっても大きな損失だと思う。

そして、高齢者の仕事へのモチベーションについてですが、

雇用延長はされるものの降格になると思います。

その場合、仕事へのやりがい、生きがいが保たれるのか危惧されます。

それより、新規一転、起業するほうがよっぽどいい。

お金もあるし、経験もある。

やりがいもある。

人間土壇場に立たされれば、底力が出ます。

そして、生きがいを持った高齢者は、医療費の軽減にも貢献するはずです。

関連ビジネスも立ち上がります。

経済も活性化するはずなのです。


NY株、3営業日ぶり反落=米量的緩和の不透明感で〔米株式〕(10日)


時事通信 6月11日(火)6時0分配信







 【ニューヨーク時事】週明け10日のニューヨーク株式市場は、米連邦準備制度理事会(FRB)の量的金融緩和策をめぐる不透明感から売り買いが交錯する中、優良株で構成するダウ工業株30種平均が3営業日ぶりに小幅下落、前週末終値比9.53ドル安の1万5238.59ドルで終了した。一方、ハイテク株中心のナスダック総合指数は4.55ポイント高の3473.77と3営業日続伸した。

 ニューヨーク証券取引所の出来高は前週末比1億3358万株減の5億9454万株(暫定値)。

 この日は緩和策をめぐり、米セントルイス連銀のブラード総裁が、資産購入プログラムを継続する可能性があると発言した。ただ市場は、先週末に発表された米雇用統計で緩やかな労働市場の回復が確認できたとして、緩和策からの出口を模索する動きが進展すると予想。「FRBは景気指標次第で、どこかのタイミングで縮小する」(日系証券)との指摘があった。

 雇用統計では、就業者数が大きく伸びた一方、失業率が上昇。これを受けて、早期に緩和策が縮小されるとの懸念が後退し、ダウは200ドル超上昇した。

 米格付け大手スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)はこの日、米国の信用格付け見通しを「安定的」に上方修正したが、株価への影響は限定的だった。

 個別では、アップルが0.7%安。インターネット経由の新たな音楽サービスなどを発表したが、織り込み済みと受け止められた。(了)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130611-00000002-jijc-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



【5月期受講生募集中】EAプログラミング初心者でも思い通りのEAが作成できるようになる、全編5時間超の解説動画配信講座《EA作成パーフェクトマスタースクール》4ヵ月コース


【5月期受講生募集中】EAプログラミング初心者でも思い通りのEAが作成できるようになる、全編5時間超の解説動画配信講座《EA作成パーフェクトマスタースクール》2ヵ月コース


【5月期受講生募集中】EAプログラミング初心者でも思い通りのEAが作成できるようになる、全編5時間超の解説動画配信講座《EA作成パーフェクトマスタースクール》1ヶ月コース




ジョージ・ソロスが日本株買いを再開!日本株は「2番天井」形成へ

高年齢者雇用安定法が若者の新規雇用を奪うものなら

高齢者の雇用延長は辞めるべき。

今朝の朝イチで100社面談しても、就職先が決まらないという大卒若者が増えているという。

その原因が高齢者の雇用延長なら、即刻、高齢者の雇用延長は辞めるべき。

なぜなら、高齢者には退職金がある。

それで、年金受給まで凌げるはずだし、退職金で起業してもいい。

あのケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダースも

65歳から起業しました。

もし、高年齢者雇用安定法でカーネル・サンダースが保護されていたら

ケンタッキーフライドチキンは、存在していないかもしれません。

一方、若者には、将来がかかっている。

コンビニのアルバイトなどに着いたら、

何のための大学卒業かわからないし、

職場でスキルを身につけることもできない。

これは、日本にとっても大きな損失だと思う。

そして、高齢者の仕事へのモチベーションについてですが、

雇用延長はされるものの降格になると思います。

その場合、仕事へのやりがい、生きがいが保たれるのか危惧されます。

それより、新規一転、起業するほうがよっぽどいい。

お金もあるし、経験もある。

やりがいもある。

人間土壇場に立たされれば、底力が出ます。

そして、生きがいを持った高齢者は、医療費の軽減にも貢献するはずです。

関連ビジネスも立ち上がります。

経済も活性化するはずなのです。


ジョージ・ソロスが日本株買いを再開!日本株は「2番天井」形成へ


ダイヤモンド・オンライン 6月10日(月)14時0分配信




















写真を拡大
写真を拡大


ジョージ・ソロスが日本株買いを再開!日本株は「2番天井」形成へ



写真を縮小
写真を縮小


ジョージ・ソロスが日本株買いを再開!日本株は「2番天井」形成へ

日経平均の日足チャート(6カ月)。緑が5日、赤が25日、青が75日の移動平均線(出所:株マップ)




 前回の当欄で「5月23日が「1番天井」、今週から来週にかけて「ネックライン」を形成、その後、5月23日に対する「2番天井」形成へ。2番天井形成後は、本格的な調整が始まり、その調整は時間的には11月まで続くというものです。」としましたが、その見通しにまったく変更はありません。



 ところで7日、日経平均のネックライン形成に対する、ポジティブニュースが飛び出しました。



 ジョージ・ソロス氏が再び円売り・日本株買いを再開したと伝わったことです。ソロス氏が日本市場への投資を再開したのは「日本の債券市場が安定を取り戻したことを確認した」ことが理由だということです。ソロス氏は昨年秋からの円安局面で円売りの持ち高を膨らませ、5月に円安・株高が一服するまでに持ち高を解消していたとされています。つまり、ソロス氏は「当たり屋」です。



 よって、「当たり屋につけ! 」という相場格言を想起するべき局面に入っとみてよいでしょう(笑)



● 米国経済と米国株は順調



 ところで、7日の米国株式市場は大幅続伸です。NYダウは前日比207.50ドル高の1万5248.12ドルで、上昇幅は1月2日以来、約5カ月ぶりの大きさでした。5月雇用統計では、非農業部門の雇用者数の伸びが前月比17万5000人増と、16万~17万人増との市場予想を上回りました。その一方、失業率は7.6%と前月から0.1ポイント悪化しました。市場予想は7.5%でした。



 雇用の増加基調が確認できたうえ、失業率が小幅に悪化し米連邦準備理事会(FRB)による量的金融緩和策の一部縮小に対する警戒感が和らいだ結果、米国株は大幅続伸したのです。今回の雇用統計は、強過ぎれば量的金融緩和策の縮小・廃止懸念が強まり、弱過ぎれば、先行き景気悪化懸念が強まるということが危惧されていました。



 しかし、実際の発表数値はまさに絶妙のバランスで、米国株式市場にとっては、ほぼ最高のものでした。



 ちなみに今週は6月のメジャーSQ週ですが、7日までの相場急落過程で、デルタをロングに傾けた投資家のデルタ調整は一巡した可能性が高いと考えます。







前へ12


2ページ中1ページ目を表示





http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130610-00037235-diamond-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



【再販!】トレンドハンターFX 世界最高レベル、年利12,000%の驚きのトレード手法!トレハンFX


【再販!】トレンドハンターFX 世界最高レベル、年利12,000%の驚きのトレード手法!トレハンFX


Basic FX(ベーシックFX)




株価下落で円高の“特異現象”投機勢も恐れなす相場乱高下

高年齢者雇用安定法が若者の新規雇用を奪うものなら

高齢者の雇用延長は辞めるべき。

今朝の朝イチで100社面談しても、就職先が決まらないという大卒若者が増えているという。

その原因が高齢者の雇用延長なら、即刻、高齢者の雇用延長は辞めるべき。

なぜなら、高齢者には退職金がある。

それで、年金受給まで凌げるはずだし、退職金で起業してもいい。

あのケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダースも

65歳から起業しました。

もし、高年齢者雇用安定法でカーネル・サンダースが保護されていたら

ケンタッキーフライドチキンは、存在していないかもしれません。

一方、若者には、将来がかかっている。

コンビニのアルバイトなどに着いたら、

何のための大学卒業かわからないし、

職場でスキルを身につけることもできない。

これは、日本にとっても大きな損失だと思う。

そして、高齢者の仕事へのモチベーションについてですが、

雇用延長はされるものの降格になると思います。

その場合、仕事へのやりがい、生きがいが保たれるのか危惧されます。

それより、新規一転、起業するほうがよっぽどいい。

お金もあるし、経験もある。

やりがいもある。

人間土壇場に立たされれば、底力が出ます。

そして、生きがいを持った高齢者は、医療費の軽減にも貢献するはずです。

関連ビジネスも立ち上がります。

経済も活性化するはずなのです。


株価下落で円高の“特異現象”投機勢も恐れなす相場乱高下


ダイヤモンド・オンライン 6月10日(月)7時0分配信







 株式相場の乱高下に伴い、円高圧力が高まっている。対ドルの為替レートは、5月22日に1ドル103円まで円安が進んだが、23日の日経平均株価の暴落とともに反転した。



 足元の為替相場で特徴的なのは、株価との相関が高まっていることだ。株価が下落すると、円高が進む。6月3日には、日経平均の513円の下落を受け、ニューヨーク市場で1ドル98円台にまで入った。その後いったん円安方向に戻したものの、5日にはまたもや日経平均が519円下落。ドル円レートも一時98円台となった。



 だがこれは、一見すると奇妙な動きである。円高が株価の下落をもたらすということはしばしばあるが、逆はこれまであまり見られなかった現象だ。



 株式相場に変調をもたらした最大の要因は、米連邦準備制度理事会(FRB)の量的緩和(QE3)の縮小観測が高まったこととされる。投資家の懸念を反映して、5月22日には米10年債の利回りが2%を突破。28日以降は2.1%台で推移している。



 しかし、米国の金利上昇は、通常ならばドル買いを促し、ドル高円安圧力となるはずだ。



 一つの要因は、海外投資家の為替ヘッジだ。日本の株価高騰を主導した海外投資家の一部は、為替リスクの回避のために、日本株買いの際に、同時に円売りの為替ヘッジをかけていた。これが株価の上昇に並行して、円安の加速をもたらしていた一因だが、その流れが逆転した。





● 100円を挟んだ攻防



 市場関係者がそろって指摘するのは、株価ボラティリティ(変動率)の高まりによる、投資家のポジション縮小だ。要は、株式、為替を問わず、相場の乱高下に恐れをなした投資家が、資金を引き揚げているのだ。



 またボラティリティの高まりを受けて、6月3日以降、株価先物の証拠金率が大幅に引き上げられており、「これが投資家のリスク許容度低下・ポジション縮小を招いているという技術的な要因も大きい」(高島修・シティグループ証券チーフFXストラテジスト)という。「ヘッジファンドが資産配分の調整を行うため、月末は円高に進む傾向がある。また6月はヘッジファンドの解約、日本の対外直接投資の利払いの時期でもあるため、円高に振れやすい」(星野昭・三菱東京UFJ銀行金融市場部副部長)という季節要因もある。



 今のところは、ドル円相場は“調整”の範囲内であり、世界的にリスクオフに転じたわけではないとの見方が大勢だ。世界の経済指標は強弱がまだら模様となっているものの、ことさら悲観すべき状況でもない。5月31日以降、日本のみならず米国を筆頭に世界の株価が下落に転じたのが気がかりだが、年後半の世界景気回復と米国の金利上昇が確認されれば、縮小された円売りのポジションは、いずれ再構築されるとの観測が多い。



 中長期的にはドル高円安というトレンドは、変わっていない。個人投資家の押し目買いもあり、100円を挟んだ攻防が続きそうだ。



 (「週刊ダイヤモンド」編集部 河野拓郎)





週刊ダイヤモンド編集部







http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130610-00037153-diamond-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



スタートフリーバイナリーメジャー MT4


FX&BO『ドット・ウィン』3セット


デイトレで30銭から50銭を狙う RSI MT4カスタムインディケーター




【今週の注目銘柄】コンビニの好調期待でわらべや日洋を狙う

高年齢者雇用安定法が若者の新規雇用を奪うものなら

高齢者の雇用延長は辞めるべき。

今朝の朝イチで100社面談しても、就職先が決まらないという大卒若者が増えているという。

その原因が高齢者の雇用延長なら、即刻、高齢者の雇用延長は辞めるべき。

なぜなら、高齢者には退職金がある。

それで、年金受給まで凌げるはずだし、退職金で起業してもいい。

あのケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダースも

65歳から起業しました。

もし、高年齢者雇用安定法でカーネル・サンダースが保護されていたら

ケンタッキーフライドチキンは、存在していないかもしれません。

一方、若者には、将来がかかっている。

コンビニのアルバイトなどに着いたら、

何のための大学卒業かわからないし、

職場でスキルを身につけることもできない。

これは、日本にとっても大きな損失だと思う。

そして、高齢者の仕事へのモチベーションについてですが、

雇用延長はされるものの降格になると思います。

その場合、仕事へのやりがい、生きがいが保たれるのか危惧されます。

それより、新規一転、起業するほうがよっぽどいい。

お金もあるし、経験もある。

やりがいもある。

人間土壇場に立たされれば、底力が出ます。

そして、生きがいを持った高齢者は、医療費の軽減にも貢献するはずです。

関連ビジネスも立ち上がります。

経済も活性化するはずなのです。


【今週の注目銘柄】コンビニの好調期待でわらべや日洋を狙う


サーチナ 6月9日(日)10時28分配信







 「アベノミクス効果」の歓迎ムードが吹っ飛び、悲観論が急速に台頭しつつある日本株市場。とはいえ、欧州危機や中国の景気低迷が警戒されていた昨年と比べれば、相場のムードはまだ明るいままだ。



 国内の消費意欲も衰える気配はなく、なかでもコンビニ消費の拡大は今後の注目となりそうだ。4月度のコンビニ売上高は既存店ベースでは前年同月比マイナスとなったものの、全店ベースでは同2.5%増と2カ月連続のプラス。4月は天候不順があった一方、5月は好天が続いたこともあり、5月度の売上高は好調が期待される。



 今回の注目銘柄であるわらべや日洋 <2918> は、コンビニ最大手のセブン-イレブンなどに弁当や惣菜など加工食品を納入している。セブン-イレブンは四国や東北地区への積極進出を図っており、わらべやも12月に四国工場を新規に稼動する予定。東北地区への工場設置も検討中である。



 また、2月にはセブン-イレブン・ジャパンを引き受け先として約15億円の増資を実施し、関係を強化。今後も店舗拡大に合わせて、わらべやの業績も拡大していくことが見込まれる。



 同社の今2月期営業利益は前期比2.1%増の40億円を計画。米価上昇の影響で小幅増益にとどまっているものの、保守的な計画との見方もある。今夏は国内レジャーの回復が予想され、レジャー施設・観光施設周辺のコンビニ売上増も見込まれるだけに、同社も業績上積みが期待できる。



 株価は前週(3-7日)に急落したものの、昨秋からの上昇のスタートラインに戻っており、切り返すには絶好の水準。5月17日に付けた年初来高値762円を当面の目標としたい。(編集担当:片岡利文)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130609-00000002-scn-biz
※この記事の著作権は配信元に帰属します



ヤフーメール・アメブロ半自動取得ツール「ヤフアメ」


アフィリエイトサイト・ブログ記事自動生成ツール【Sk-Grande】&【Sk-Master】-美容スキンケア系-&【フラクタル・アフィリ】


CROOZブログバックアップツール「CrewZBacker」




女性役員がいると“勝ち組”企業になれる?〈週刊朝日〉

高年齢者雇用安定法が若者の新規雇用を奪うものなら

高齢者の雇用延長は辞めるべき。

今朝の朝イチで100社面談しても、就職先が決まらないという大卒若者が増えているという。

その原因が高齢者の雇用延長なら、即刻、高齢者の雇用延長は辞めるべき。

なぜなら、高齢者には退職金がある。

それで、年金受給まで凌げるはずだし、退職金で起業してもいい。

あのケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダースも

65歳から起業しました。

もし、高年齢者雇用安定法でカーネル・サンダースが保護されていたら

ケンタッキーフライドチキンは、存在していないかもしれません。

一方、若者には、将来がかかっている。

コンビニのアルバイトなどに着いたら、

何のための大学卒業かわからないし、

職場でスキルを身につけることもできない。

これは、日本にとっても大きな損失だと思う。

そして、高齢者の仕事へのモチベーションについてですが、

雇用延長はされるものの降格になると思います。

その場合、仕事へのやりがい、生きがいが保たれるのか危惧されます。

それより、新規一転、起業するほうがよっぽどいい。

お金もあるし、経験もある。

やりがいもある。

人間土壇場に立たされれば、底力が出ます。

そして、生きがいを持った高齢者は、医療費の軽減にも貢献するはずです。

関連ビジネスも立ち上がります。

経済も活性化するはずなのです。


女性役員がいると“勝ち組”企業になれる?〈週刊朝日〉


dot. 6月9日(日)11時40分配信







 雇用における男女の均等が広まるなか、いまだに役員への女性雇用は少ない日本。女性の役員登用がどう影響するのか、経営ジャーナリストの渡邉正裕氏が分析した。



*  *  *

 安倍首相は今年4月、「成長戦略の柱」として女性の活用を掲げ、経済3団体に「全上場企業で、役員のうち1人は女性に」と要請した。その根拠として内閣府男女共同参画局のウェブサイトでも紹介されているのが、「組織の上位役職への女性の参画が高い組織はパフォーマンスが高い」という海外の調査結果である。これは「カタリスト」という、女性の活躍を促進するためのNPOが調査したものだ。「フォーチュン500」(米・フォーチュン誌が年1回編集・発行する企業リスト)を対象に、女性が役員に登用されている比率が高い上位4分の1と、下位4分の1を比べた結果、前者のほうが、売上高利益率が42%上回るなど、各種業績指標が優れていた、という結果だった。



 ただ、この調査は明確な目的(女性登用)を持つNPOが行っているため、中立とは言い難い。そこで、日本の東証1部上場企業を母数にして同様の調査を行おうと考えたが、そもそも女性役員が1人以上いる企業が、驚くべきことに71社しかないことが判明した(全体の4%)。そのため、上位4分の1に全く達しておらず断念。この71社と、残り(役員が男性だけ)1535社との間で、どのような差がみられるのか、を検証した。



 まず、カタリスト調査と同様、売上高経常利益率で比べると(2012年)、女性役員がいる会社が9.1%であるのに対し、いない会社は、景気が良かった07年でも、いる会社9.0%に対して、いない会社6.9%だった。



 カタリスト調査(42%)どころではなく、東証1部では12年、利益率が78%も上回っていたのだ。9%台の利益率を保った点で、女性役員がいる会社は不況にも強かった。



 それでは、この5年間での売り上げ、経常利益、時価総額などの変化率ではどうか。なお、「女性役員がいる」といっても、2人以上いる会社は8社だけで、残り63社は1人だけ。最多は4人のニチイ学館、続いて3人のツクイで、いずれも介護関連だった。



 女性役員がいる会社は突出して業績がよく、オーナー企業よりも、さらに上だった。売上高は15%伸び(全体平均は▲7%)、経常利益は17%伸びた(同▲30%)。平均給与も、「女性役員なし」が3%減らしたのに対し、2%増やしていたのである。



 それでは具体的に、どの企業が業績を伸ばしたのか。南場智子氏が創業したディー・エヌ・エーがダントツの伸びを見せた。主力事業の「モバゲー」がブレークするまで約10年の迷走があった会社だ。



「以前は、日銭稼ぎで『フレッツ光』の代理店までやっていたこともある。人脈を駆使して、いかに食い扶持を探すか、が南場さんの役割でした。そして、現社長の守安(功)さんが上り調子をつくっていった」(元社員)



 南場氏は女性創業者として、急成長企業のカルチャーや人材などの「土台」を粘り強くつくり上げた点で、他の女性役員がいる企業とは圧倒的に異質で、他に類する存在が全く見当たらない。その他は、通常の社内登用組と、オーナー一族(男性社長の親族など)組がほとんどだ。



 全体の傾向として、71社中、66%を占める47社がオーナー企業である点に大きな特徴があった。これは、血縁による登用のほか、オーナー社長の一存により実力主義で性別に関係なく登用しやすいことが背景にあるとみられる。



 業種の特徴としては、ゲーム・エンターテイメント・介護系が上位に目立つ。給与については、ニチイ学館(平均所得294万円)をはじめ、介護など給与水準が低い業種に女性役員が多く、逆に商社やマスコミといった賃金の高い業種には女性役員がほぼゼロであることから、全体の平均でも、女性役員がいる会社(71社平均)は、いない会社に比べ、社員の平均給与が87万円も低い550万円(12年)であった。



 一方、外国人役員がいる企業は、52社だけだった。今回の調査結果からは、外国人役員については、「いようがいまいが、ほぼ関係ナシ」という結果で、ほとんど差はなかった。



 売り上げはまったく同じ93%(つまり5年で7%減)である。経常利益が90%と高め(といっても5年で1割減らしているわけだが)なのは、ソフトバンクに外国人役員がいるためで、わずか52社しかない中の1社なので影響が大きく出たにすぎない。



※週刊朝日 2013年6月14日号



    










http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130609-00000002-sasahi-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



【最新ロジック搭載】アキュレートバイナリー


【最新ロジック搭載】アキュレートバイナリー


s0119【楽販アフィリオ】Forward FX 自動売買システム「フォワードFX」




「黒田発言」市場注視 NY乱高下97円台 あすから決定会合

高年齢者雇用安定法が若者の新規雇用を奪うものなら

高齢者の雇用延長は辞めるべき。

今朝の朝イチで100社面談しても、就職先が決まらないという大卒若者が増えているという。

その原因が高齢者の雇用延長なら、即刻、高齢者の雇用延長は辞めるべき。

なぜなら、高齢者には退職金がある。

それで、年金受給まで凌げるはずだし、退職金で起業してもいい。

あのケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダースも

65歳から起業しました。

もし、高年齢者雇用安定法でカーネル・サンダースが保護されていたら

ケンタッキーフライドチキンは、存在していないかもしれません。

一方、若者には、将来がかかっている。

コンビニのアルバイトなどに着いたら、

何のための大学卒業かわからないし、

職場でスキルを身につけることもできない。

これは、日本にとっても大きな損失だと思う。

そして、高齢者の仕事へのモチベーションについてですが、

雇用延長はされるものの降格になると思います。

その場合、仕事へのやりがい、生きがいが保たれるのか危惧されます。

それより、新規一転、起業するほうがよっぽどいい。

お金もあるし、経験もある。

やりがいもある。

人間土壇場に立たされれば、底力が出ます。

そして、生きがいを持った高齢者は、医療費の軽減にも貢献するはずです。

関連ビジネスも立ち上がります。

経済も活性化するはずなのです。


「黒田発言」市場注視 NY乱高下97円台 あすから決定会合


産経新聞 6月9日(日)7時55分配信







 米国の景気と金融政策の先行きをめぐり、金融市場の不安定な動きが続いている。7日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、同日発表された5月の米雇用統計に対する投資家の評価が分かれ、1ドル94円台を付けた後に一転し下落。午後5時現在、前日比63銭円安ドル高の1ドル=97円54~64銭で大方の取引を終え、3円もの幅で値動きが上下する荒れた展開となった。これを受けた週明けの東京市場は波乱も見込まれ、10日から始まる日銀の金融政策決定会合が市場の安定にどう動くか、注目される。



 「日銀にとって相当な圧力になっている」(ニッセイ基礎研究所の矢嶋康次チーフエコノミスト)。市場関係者は、株式市場や円相場の最近の乱高下の影響で2%の物価上昇率目標に向けた日銀のシナリオが狂う恐れがあると指摘する。



 金融市場で荒い値動きが続く背景には、米国の金融緩和の縮小時期をめぐる思惑が交錯していることがある。7日のニューヨーク市場も、5月の雇用統計で失業率が4カ月ぶりに悪化したことから、ドルを売って比較的安全とされる円を買う動きが強まり、一時は円高が加速。しかし、雇用者数など雇用統計全体は緩やかな改善を示す内容だったため、その後は米連邦準備制度理事会(FRB)が金融緩和を当面継続するとの期待感が拡大。ドルは買い戻され、ダウ工業株30種平均も前日比207・50ドル高の1万5248・12ドルで取引を終えた。



 米国の金融緩和縮小が遠のいたとの思惑から、週明けの東京では「急激な株安と円高は落ち着く方向に向かう」(大和総研の熊谷亮丸チーフエコノミスト)との見方もあるが、13日発表の5月小売売上高など米景気指標次第では再び相場は荒れるとの見方も根強い。



 日銀は決定会合で、0・1%の低利資金を金融機関に供給する期間を現行の最長1年から2年以上に延長することを検討。銀行などが国債を買いやすくし株価の乱高下に伴って不安定化している長期金利の安定を図る方向だが、市場では11日の決定会合後の黒田東彦総裁の会見で踏み込んだ相場安定へのメッセージを求める声も出ている。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130609-00000063-san-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FX相場無双


■改訂版・THEグローバルFX(動画・テキスト)■sarah×RANIXコラボレーション企画・トレコミュ


モニター全員が勝った奇跡のFX自動売買システム「WinningFX~ウイニングFX~」




アベノミクス“不況”? 増える低所得/貯蓄ゼロ家庭、スーパー/コンビニ売上減

高年齢者雇用安定法が若者の新規雇用を奪うものなら

高齢者の雇用延長は辞めるべき。

今朝の朝イチで100社面談しても、就職先が決まらないという大卒若者が増えているという。

その原因が高齢者の雇用延長なら、即刻、高齢者の雇用延長は辞めるべき。

なぜなら、高齢者には退職金がある。

それで、年金受給まで凌げるはずだし、退職金で起業してもいい。

あのケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダースも

65歳から起業しました。

もし、高年齢者雇用安定法でカーネル・サンダースが保護されていたら

ケンタッキーフライドチキンは、存在していないかもしれません。

一方、若者には、将来がかかっている。

コンビニのアルバイトなどに着いたら、

何のための大学卒業かわからないし、

職場でスキルを身につけることもできない。

これは、日本にとっても大きな損失だと思う。

そして、高齢者の仕事へのモチベーションについてですが、

雇用延長はされるものの降格になると思います。

その場合、仕事へのやりがい、生きがいが保たれるのか危惧されます。

それより、新規一転、起業するほうがよっぽどいい。

お金もあるし、経験もある。

やりがいもある。

人間土壇場に立たされれば、底力が出ます。

そして、生きがいを持った高齢者は、医療費の軽減にも貢献するはずです。

関連ビジネスも立ち上がります。

経済も活性化するはずなのです。


アベノミクス“不況”? 増える低所得/貯蓄ゼロ家庭、スーパー/コンビニ売上減


Business Journal 6月9日(日)1時40分配信




















写真を拡大
写真を拡大


アベノミクス“不況”? 増える低所得/貯蓄ゼロ家庭、スーパー/コンビニ売上減



写真を縮小
写真を縮小


アベノミクス“不況”? 増える低所得/貯蓄ゼロ家庭、スーパー/コンビニ売上減

「図表1:各小売り業の既存店売上の推移(対前年同月比ベース)」(筆者作成)




 アベノミクスによる円安と株高で、日本経済が活気づいている。今年に入り、日経平均株価は一時5割以上も上昇。そうした株高=富裕層の出動というわけで、消費市場にもその波及効果が出てきた。



 例えば図表1にもあるように、百貨店高額品部門(美術、宝飾、貴金属)の既存店売上は、昨年9月以降8カ月連続の対前年同月比プラスとなり、特に今年3月15.6%増、4月18.8%増と、尻上がりの好調ぶりを見せている。



 もっともこの高額品部門の売上シェアは、百貨店売上全体の5.5%を占めるにとどまり、さほど大きなインパクトを持つわけではない。実際、4月の百貨店の全体売上は対前年同月比0.5%減となり、4カ月ぶりにマイナスへと逆戻りした。



 一方、国民の生活購買意欲を示す全国スーパーの既存店売上は、4月で同1.9%減。前月の3月を除いて13カ月連続の対前年同月比割れである。コンビニエンスストアのそれも2.6%減で、こちらは11カ月連続の前年割れとなっている。このように、スーパーもコンビニも「アベノミクス景気どこ吹く風」といった、さえない低迷状況が続いているのだ。



●円安で潤うのは一部のみ?



 よく考えてみれば、結局円安で潤うのは、トヨタやホンダ、パナソニックやキヤノンなど一部の輸出関連企業、そしてそうした企業の大株主である、外資ファンドや大手金融機関、(もともと富裕な)個人資産家たちだけである。



 一方、日本の内需関連企業と一般の国民の生活にとって、資源・エネルギーと輸入商材の高騰を招く円安は、明らかにデメリットである。もちろん株高による資産効果も、庶民は“蚊帳の外”だ。それどころか、来年4月には消費増税の実施が待ち受けている。今のようなデフレ下の増税は、さらなる消費不振の悪循環へと誘う。



 よしんば、「異次元の金融緩和」で、日本経済がインフレ方向に振れたとしても、それは世界的原燃料高に伴う物価高を円安が助長して、全体景気は冷えたままの悪いインフレ(スタグフレーション)となる可能性も高く、いずれにせよ日本の一般国民は、以前にも増して生活防衛意識を強めていくに違いない。



●減り続ける世帯所得と格差の拡大

 

 ところで、厚生労働省「国民生活基礎調査」によれば、日本国民の平均世帯年収は1994年の664万円をピークに減少を続け、2010年は538万円と、なんと126万円も減少している。毎年10万円以上もの大幅な所得ダウンだ。



 さらに、平均所得(538万円)以下の世帯が6割を超え、その比率は年々増加傾向にある。例えば300万円以下の世帯は、10年前の27.2%から32.9%に増えている。今やわが国では、3割以上の世帯が300万円以下の低所得に甘んじているのだ。



 一方、日本は1980年代まで「一億総中流社会」と呼ばれたが、そうした言葉はもはや死語に等しい。60~80年代において日本の貧困率(年収が全国民の年収の中央値の半分に満たない国民の割合)は5~10%程度だったが、今や先進国の中では米国に次ぐ16.0%(09年)に達している(米国は17.1%)。



 さらに「貯蓄ゼロ家庭」は11年で28.6%と過去最高となり、生活保護受給者も今年2月時点で215.5万人と、10カ月連続で過去最多記録を更新中である。このように、すぐにも生活困窮を来すような低所得世帯層が、わが国で燎原の火のごとく広がっているのだ。



 こうした格差を急拡大させたのは、01年以降の小泉政権による、規制緩和を主体にした米国型の新自由経済主義政策にあると指摘されている。そして現・安倍政権も、小泉路線の正統な継承者だ。いずれにせよ、わが国が今後、さらなる大格差社会に向かうのは明らかである。それに伴い、消費市場は上と下に、露骨に2極化するだろう。



 すなわち、今後有望な流通ビジネスは、真の富裕層をターゲットとする欧米型のVIP市場と、圧倒的多数のロワーミドル(低所得者)を対象とするハードディスカウント市場だ。そして後者の市場を押さえた者が、わが国流通界の覇者となろう。言うまでもなくその先行例が、世界最大の小売業・米ウォルマートストアーズである。





月泉博/シーズ代表取締役







http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130609-00010001-bjournal-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



新世代版FX自動売買ソフト  『EA Raming』  - 過去4年間で負けた月がありません -


利益を加速させるハイパフォーマンススキャルピングノウハウ


世界初!BPP搭載 FX Professional trader 自動売買システムYOU NAVI




ドル高、黙認のわけ 「日本機関車論」再び台頭

高年齢者雇用安定法が若者の新規雇用を奪うものなら

高齢者の雇用延長は辞めるべき。

今朝の朝イチで100社面談しても、就職先が決まらないという大卒若者が増えているという。

その原因が高齢者の雇用延長なら、即刻、高齢者の雇用延長は辞めるべき。

なぜなら、高齢者には退職金がある。

それで、年金受給まで凌げるはずだし、退職金で起業してもいい。

あのケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダースも

65歳から起業しました。

もし、高年齢者雇用安定法でカーネル・サンダースが保護されていたら

ケンタッキーフライドチキンは、存在していないかもしれません。

一方、若者には、将来がかかっている。

コンビニのアルバイトなどに着いたら、

何のための大学卒業かわからないし、

職場でスキルを身につけることもできない。

これは、日本にとっても大きな損失だと思う。

そして、高齢者の仕事へのモチベーションについてですが、

雇用延長はされるものの降格になると思います。

その場合、仕事へのやりがい、生きがいが保たれるのか危惧されます。

それより、新規一転、起業するほうがよっぽどいい。

お金もあるし、経験もある。

やりがいもある。

人間土壇場に立たされれば、底力が出ます。

そして、生きがいを持った高齢者は、医療費の軽減にも貢献するはずです。

関連ビジネスも立ち上がります。

経済も活性化するはずなのです。


ドル高、黙認のわけ 「日本機関車論」再び台頭


産経新聞 6月8日(土)11時21分配信







 「日本で起きたリーマン的現象」。日本株が1100円超の急落を演じた5月23日、仏大手銀ソシエテ・ジェネラルは、こんなメールを顧客に一斉配信した。



 「リーマン的現象」とは、相場が急落することで保有する証券の担保価値が低下した投資家や金融機関が急速に売買を縮小し、結果的にさらなる相場低下につながるリスクを指す。2008年に米大手投資銀リーマン・ブラザーズが破綻した際にも、売買の担保となっていた証券化商品の価値が下がることで信用不安が拡散した。「売りが売りを呼ぶ」構図である。



 ◆「出口戦略」検討



 安倍晋三政権が本格的な金融緩和策を打ち出した昨年末から、外資系を中心とする投資家が日本国債などを担保にして低金利の円資金を借り、相対的に利回りの高い外国証券を買う「キャリー・トレード」と呼ばれる取引を活発化させていた。



 23日の株価急落の背景の一つには、日本国債売りがあった。担保となっていた日本国債の価格が急落(金利が上昇)して価格変動リスクが上昇したため、投資家らは追加の担保差し入れ、または売買の縮小を迫られたからだ。「キャリー・トレード」が巻き戻される格好で、日本市場の混乱が米国債売りという形で海外に飛散するシナリオをソシエテ・ジェネラルは恐れたのである。



 現在、米連邦準備制度理事会(FRB)内で一連の量的緩和を徐々に解除する「出口戦略」が議論されている。ウォール街では株価が最高値をつけた5月22日、バーナンキFRB議長が議員との質疑応答で「出口戦略」を検討する時期を示唆すると、米国債が売られて株価も急落した。



 米株式市場では過去20年間、代表的な株価指数であるS&P500が最高値をつけた同じ日に1%以上下げた例はネットバブルの00年3月と金融危機直前だった07年10月の2回しかない。バーナンキ発言をきっかけに、「株式相場が調整して国債利回りも上昇する」との見方が急速に米ウォール街で増えている。



 ◆金利を低位安定



 だが、米国の失業率は依然として高く、企業の売り上げも伸び悩み。急に金利が上昇すれば景気回復の腰を折ってしまう。だからこそ、量的緩和を軸とする日本のアベノミクスが生んだ「キャリー・トレード」や日本の投資家によるドル資産買いが期待されているのだ。



 1970~80年代にかけて、財政赤字に悩む米国に代わって、日本が財政出動や円高誘導を通じて世界経済を牽引(けんいん)する「日本機関車論」が台頭した。今は欧州中央銀行(ECB)が本格的な金融緩和に二の足を踏み、米FRBは「出口戦略」を模索中だ。



 日本発のマネーが海外で国債を買い、世界の金利を低位安定させる。これは「日本機関車論」の再来だ。輸出分野で日本と競合する途上国が円安進行を批判しても、米国が黙認してきたわけだ。バーナンキ発言で始まった世界的な株式相場の調整。昨年までとは逆に、円と米国株は負の相関関係(円高になると米国株が売られる)になった。これも「日本機関車論」に対する期待の裏返しである。(ニューヨーク 松浦肇)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130608-00000520-san-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



東大卒SEの頭脳が開発したFX完全自動売買システム『東大式FX(口座&サポート限定版)』


理論戦略型“完全無裁量”FX攻略システム!【Market Hunt System】


【FXバーザスM10】10分足専用設計!!初心者でも




<NY円>急騰後反落97円台 米雇用統計の評価揺れ

高年齢者雇用安定法が若者の新規雇用を奪うものなら

高齢者の雇用延長は辞めるべき。

今朝の朝イチで100社面談しても、就職先が決まらないという大卒若者が増えているという。

その原因が高齢者の雇用延長なら、即刻、高齢者の雇用延長は辞めるべき。

なぜなら、高齢者には退職金がある。

それで、年金受給まで凌げるはずだし、退職金で起業してもいい。

あのケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダースも

65歳から起業しました。

もし、高年齢者雇用安定法でカーネル・サンダースが保護されていたら

ケンタッキーフライドチキンは、存在していないかもしれません。

一方、若者には、将来がかかっている。

コンビニのアルバイトなどに着いたら、

何のための大学卒業かわからないし、

職場でスキルを身につけることもできない。

これは、日本にとっても大きな損失だと思う。

そして、高齢者の仕事へのモチベーションについてですが、

雇用延長はされるものの降格になると思います。

その場合、仕事へのやりがい、生きがいが保たれるのか危惧されます。

それより、新規一転、起業するほうがよっぽどいい。

お金もあるし、経験もある。

やりがいもある。

人間土壇場に立たされれば、底力が出ます。

そして、生きがいを持った高齢者は、医療費の軽減にも貢献するはずです。

関連ビジネスも立ち上がります。

経済も活性化するはずなのです。


<NY円>急騰後反落97円台 米雇用統計の評価揺れ


毎日新聞 6月8日(土)11時29分配信







 【ワシントン平地修】週末7日のニューヨーク外国為替市場は、同日朝発表された米5月雇用統計に対する評価や米量的緩和策縮小への思惑が交錯、乱高下する展開となった。雇用統計発表直後にはドル売りが広がり、円相場は一時、1ドル=94円98銭と約2カ月ぶりの円高水準を付けた。しかし、ニューヨーク株式相場が大幅に上昇すると、一転して円売り・ドル買いが強まり、円相場は一時、1ドル=97円80銭まで円安に振れた。午後5時時点は前日比63銭円安・ドル高の1ドル=97円54~64銭。



 5月の米雇用統計は、景気の動向を敏感に反映する非農業部門の就業者数が前月比17万5000人増と前月に比べ増加幅が拡大。一方、失業率は7.6%と0.1ポイント悪化した。発表直後は失業率悪化も嫌気しドル売り・円買いが活発化。円相場は一気に1ドル=94円台に突入した。



 しかし、その後、5月統計について「米雇用は緩やかながら回復基調が続く一方、米連邦準備制度理事会(FRB)が量的緩和を早期に縮小するほど強い内容ではない」との見方が強まった。この見方を反映し、同日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均が200ドル超上昇したこともあり、外為市場でもドルを買い戻す動きが急速に拡大。円相場は一時1ドル=97円80銭まで値を下げた。ダウ平均の終値は前日比207.50ドル高の1万5248.12ドル。ハイテク銘柄主体のナスダック総合指数は45.17ポイント高の3469.22。



 米金融市場では、株価上昇や低金利を演出してきたFRBの量的緩和の縮小時期に関心が集中。5月雇用統計は就業者数の増加幅が前月より拡大したものの、雇用の本格改善に必要とされる20万人増の水準には達せず、市場は結局「FRBが緩和縮小を前倒しするような内容ではない」と見て、株高に動いた。一方で、投資家の間には「このまま雇用改善ペースが順調に進めば、FRBは9月にも緩和縮小に動く」との見方も出ている。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130608-00000031-mai-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



8年連続勝利中 3つの条件が揃うとシグナルを出すインジケーターとEAのセット OptimFX


8年連続勝利中 3つの条件が揃うとシグナルを出すインジケーターとEAのセット OptimFX


東大卒SEの頭脳が開発したFX完全自動売買システム『東大式FX(フルセット版アップグレード)』




夏のボーナス支給額は「自動車」がダントツ ! 製造業を牽引へ !

高年齢者雇用安定法が若者の新規雇用を奪うものなら

高齢者の雇用延長は辞めるべき。

今朝の朝イチで100社面談しても、就職先が決まらないという大卒若者が増えているという。

その原因が高齢者の雇用延長なら、即刻、高齢者の雇用延長は辞めるべき。

なぜなら、高齢者には退職金がある。

それで、年金受給まで凌げるはずだし、退職金で起業してもいい。

あのケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダースも

65歳から起業しました。

もし、高年齢者雇用安定法でカーネル・サンダースが保護されていたら

ケンタッキーフライドチキンは、存在していないかもしれません。

一方、若者には、将来がかかっている。

コンビニのアルバイトなどに着いたら、

何のための大学卒業かわからないし、

職場でスキルを身につけることもできない。

これは、日本にとっても大きな損失だと思う。

そして、高齢者の仕事へのモチベーションについてですが、

雇用延長はされるものの降格になると思います。

その場合、仕事へのやりがい、生きがいが保たれるのか危惧されます。

それより、新規一転、起業するほうがよっぽどいい。

お金もあるし、経験もある。

やりがいもある。

人間土壇場に立たされれば、底力が出ます。

そして、生きがいを持った高齢者は、医療費の軽減にも貢献するはずです。

関連ビジネスも立ち上がります。

経済も活性化するはずなのです。


夏のボーナス支給額は「自動車」がダントツ ! 製造業を牽引へ !


clicccar 6月7日(金)10時23分配信




















写真を拡大
写真を拡大


夏のボーナス支給額は「自動車」がダントツ ! 製造業を牽引へ !



写真を縮小
写真を縮小


夏のボーナス支給額は「自動車」がダントツ ! 製造業を牽引へ !

今後の業績推移に注目




経団連(日本経済団体連合会)のまとめによると、大手企業64社の夏季賞与・一時金の平均妥結額は「アベノミクス」による経済復興政策が効いたようで、84.6万円と2年ぶりに約5.8万円(昨年比+7.4%)上昇。

画像を表示

その増加率はバブル期の1990年以来、2番目とされています。







これを製造業で見ると平均84.4万円(同+7.2%)、非製造業で平均85.8万円(同+8%)となっており、共に昨年を上回る形に。



製造業では円安の恩恵を色濃く受けた「自動車」が昨年比で約14%増となる平均92.6万円で突出しており、唯一2ケタ台の伸びで製造業全体を強力に牽引。



「セメント」も東日本大震災の復興需要に伴い、約5%増となる平均68.2万円。



一方、「繊維」や「紙・パルプ」は円安化による原材料や燃料費などの高騰で、逆に約5%前後の減となっています。また「電機」は76.9万円(同+0.3%)と微増。





出展 日本経済団体連合会

このように自動車各社の夏ボーナスで上昇傾向が見られる反面、景気動向を示す日経平均株価は5月22日の15,627円を頂点に6月3日時点で13,261円まで約2400円近く急激に値を下げるなど、不安定な動きを見せており、それに連動して自動車各社の株価も下落中で、まだ今後の先行きは見通せない状況。





日経平均株価推移 (出展 Yahoo)

経団連も7月下旬の最終集計について「どうなるかはまだ不透明」としています。



ボーナス一時金はあくまで半年に一度支給される慰労金の位置付けであり、また業種によってバラつきも存在する為、アベノミクスが掲げる「賃金(基本給)向上」への効果が現れるにはもう少し時間が必要なのかもしれません。



今後の自動車各社の年末にかけての業績推移が注目されます。



■日本経済団体連合会 Webサイト

 http://www.keidanren.or.jp/



(Avanti Yasunori)





Avanti Yasunori







http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130607-00010001-clicccarz-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FX孔明 東北太平洋沖地震に関して生活支援募金のお知らせ


FXソルジャー2


凪(Nagi)・ヴォイスコム版




増量ブーム「もう少しあると、ハッピー」がポイントと識者

高年齢者雇用安定法が若者の新規雇用を奪うものなら

高齢者の雇用延長は辞めるべき。

今朝の朝イチで100社面談しても、就職先が決まらないという大卒若者が増えているという。

その原因が高齢者の雇用延長なら、即刻、高齢者の雇用延長は辞めるべき。

なぜなら、高齢者には退職金がある。

それで、年金受給まで凌げるはずだし、退職金で起業してもいい。

あのケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダースも

65歳から起業しました。

もし、高年齢者雇用安定法でカーネル・サンダースが保護されていたら

ケンタッキーフライドチキンは、存在していないかもしれません。

一方、若者には、将来がかかっている。

コンビニのアルバイトなどに着いたら、

何のための大学卒業かわからないし、

職場でスキルを身につけることもできない。

これは、日本にとっても大きな損失だと思う。

そして、高齢者の仕事へのモチベーションについてですが、

雇用延長はされるものの降格になると思います。

その場合、仕事へのやりがい、生きがいが保たれるのか危惧されます。

それより、新規一転、起業するほうがよっぽどいい。

お金もあるし、経験もある。

やりがいもある。

人間土壇場に立たされれば、底力が出ます。

そして、生きがいを持った高齢者は、医療費の軽減にも貢献するはずです。

関連ビジネスも立ち上がります。

経済も活性化するはずなのです。


増量ブーム「もう少しあると、ハッピー」がポイントと識者


NEWS ポストセブン 6月7日(金)7時6分配信




















写真を拡大
写真を拡大


増量ブーム「もう少しあると、ハッピー」がポイントと識者



写真を縮小
写真を縮小


増量ブーム「もう少しあると、ハッピー」がポイントと識者

増量化アイテムのポイントは“もう少しあると、ちょっとハッピー”




 最近スーパーやコンビニ・ドラッグストア、飲食店などで、定番商品の「今だけ○○増量」「○○増量お買得パック」などが目につく。こうした「増量」は昔からあるものの、ここ数年ちょっとした“増量化ブーム”が起きているようなのだ。



 2010年、ニチレイは家庭用調理冷凍食品において「えびピラフ」「本格炒め炒飯」など値ごろ感のある増量アイテムが好調で、前年比で増収増益を記録。2012年8月の日経POSデータ「紙おむつの売れ筋ベスト10」では、P&Gの「パンパース やわらかコットンケアパンツ クラブパック 8枚増量」が、Lサイズ1位、Mサイズ6位を獲得した。その他にもキャンペーンを含め、こうした増量を行なっている商品は、飲み物や菓子類・調味料、洗剤・シャンプー・洗顔料、ペット用品など多岐にわたる。



 慶應義塾大学名誉教授で日本マーケティング協会理事長の嶋口充輝氏は、こうした増量アイテムの拡大について「まず消費期限が短くなく、日常的に使ったり、口にする商品であること。食べきり・飲みきりのものでは、例えばスナック菓子など“もう少しあると、ちょっとハッピー”な気持ちになるものは、増量されることで購入モチベーションが上がるでしょうね」と分析する。



 アベノミクスや好景気への期待感はあるものの、消費行動は引き続き堅実といった状況を背景に、価格は据え置きでも“おトク”が感じられる増量アイテム。単純な値下げとは異なる取り組みは、消費者だけでなくメーカー側にもメリットがあるという。



「すでに確立されたブランドの場合、値引きや安売りはブランド価値を毀損する上に、利潤にもさほど貢献しません。そこで多くの場合、ブランド確立後はその延長上にラインを拡張して売り上げ増を狙いますが、その場合も生産ラインの変更や成分の一部変更は、追加広告、在庫増などでコストアップになります。



 しかし定番アイテムの1割程度の増量は、それほどコスト増にならず、すでに愛好してくれている購入対象者に、おトクな印象やサイズバリエーションといった多様性の効果を与えるだけでなく、会社の量産効果にも繋がりますから、収益貢献も期待できると思います」(嶋口氏)



 増量アイテムは「堅実な消費者」に“おトク”を提供しつつ、企業の業績にも貢献し得る「堅実な戦術」といえそうだ。そうした増量化で伸びた特徴的な商品としては、これから気温の上昇と共に飲容量が増え、“もう少しあると、ちょっとハッピー”が当てはまる「十六茶」(アサヒ飲料)が挙げられる。1993年に発売された代表的なブレンド茶のひとつ「十六茶」は、2012年2月に従来の500mlペットボトルを600mlに増量し、12年ぶりに2000万ケースの大台に達し、パーソナル容器(500~600mlペットボトル)が前年比124%を記録した。



 また増量化は小売商品だけでなく、外食産業でも広がっている。トンカツ専門店・かつやが「カツ丼(竹)」や「ロースカツ定食」の豚ロースを110gから120gへ増量。長崎ちゃんぽんのリンガーハットは、看板メニュー「長崎ちゃんぽん」で価格はそのまま、麺の量を「普通:200g、1.5倍:300g、2倍:400g」から選べる。



「たくさん提供するというのは、ひとつの“おもてなし”の形で、外食ではデカ盛りも流行っています。ただ量が多いことだけが、価値を生む――とは、一概に言えない。相手に喜ばれるもの、“ちょっと多いが嬉しい”といった『ほど良さ』など、購入者の気持ちにフィットするか? が、増量が成功するかどうかのポイントでしょうね」(嶋口氏)










http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130607-00000000-pseven-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



Beginner Win FX


X-Day FX【6月15日販売終了!!】


FX【カラクリシークレットセミナー】動画




焦点:日銀会合は市場変動の影響議論、資金供給の期間延長検討へ

高年齢者雇用安定法が若者の新規雇用を奪うものなら

高齢者の雇用延長は辞めるべき。

今朝の朝イチで100社面談しても、就職先が決まらないという大卒若者が増えているという。

その原因が高齢者の雇用延長なら、即刻、高齢者の雇用延長は辞めるべき。

なぜなら、高齢者には退職金がある。

それで、年金受給まで凌げるはずだし、退職金で起業してもいい。

あのケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダースも

65歳から起業しました。

もし、高年齢者雇用安定法でカーネル・サンダースが保護されていたら

ケンタッキーフライドチキンは、存在していないかもしれません。

一方、若者には、将来がかかっている。

コンビニのアルバイトなどに着いたら、

何のための大学卒業かわからないし、

職場でスキルを身につけることもできない。

これは、日本にとっても大きな損失だと思う。

そして、高齢者の仕事へのモチベーションについてですが、

雇用延長はされるものの降格になると思います。

その場合、仕事へのやりがい、生きがいが保たれるのか危惧されます。

それより、新規一転、起業するほうがよっぽどいい。

お金もあるし、経験もある。

やりがいもある。

人間土壇場に立たされれば、底力が出ます。

そして、生きがいを持った高齢者は、医療費の軽減にも貢献するはずです。

関連ビジネスも立ち上がります。

経済も活性化するはずなのです。


焦点:日銀会合は市場変動の影響議論、資金供給の期間延長検討へ


ロイター 6月6日(木)14時52分配信










焦点:日銀会合は市場変動の影響議論、資金供給の期間延長検討へ


6月6日、日銀は10、11日に開く金融政策決定会合で、上下に大きな変動を繰り返す金融・資本市場の動向とその影響、対応策などについて幅広く議論を進めると予想される。写真は先月24日、都内で開催された会議で発言する黒田東彦日銀総裁(2013年 ロイター/Toru Hanai)





[東京 6日 ロイター] - 日銀は10、11日に開く金融政策決定会合で、上下に大きな変動を繰り返す金融・資本市場の動向とその影響、対応策などについて幅広く議論を進めると予想される。



中でも長期金利の急速な上昇は「量的・質的緩和」の効果を削ぐ可能性があり、その対応策として資金供給オペの期間を2年以上に延長することを検討するとみられている。また、輸出と生産の増勢を踏まえ、景気判断を小幅引き上げる可能性が大きい。「黒田緩和」の骨格は変えないものの、効果の浸透具合とその障害要因について、どのような議論が展開されるのか、この先の金融政策の展開を推し量る意味でも注目される。



<不安定化する市場>



足元の金融・資本市場は不安定化する様相を強めている。株式市場では、1万6000円目前まで上昇していた日経平均<.N225>が6日に一時、1万3000円を割り込んだ。また、外為市場ではドル/円が5日に98円後半まで下落し、一時的な円高傾向への警戒感も出てきている。



政府・日銀では、これまで急ピッチで株高・円安が進行してきたことによる調整の範囲内とみているが、市場変動が長期化すれば、好転している家計や企業のマインドを冷やし、実体経済回復の妨げになることから、経済・物価への影響を入念に点検する。



<過度な金利上昇、緩和効果減殺させる恐れ>



中でも、日銀が注視しているのが長期金利(10年最長期国債利回り)の動向だ。5月に入って一時1.0%に上昇した後、足元では株安などを受けて0.8%台に低下している。



しかし、株価や米金利の動向、コア消費者物価指数(CPI)のプラス圏への浮上など先行きの波乱要因は多く、急激な金利変動や過度な金利上昇は金融緩和効果を減殺する恐れがある。



このため会合では、金利形成の起点となる中短期ゾーンのボラティリティ(変動率)の上昇を抑えることを狙って、債券市場安定化措置として年0.1%の固定金利オペの資金供給期間を現行の1年以内から2年以上に延長することを検討する。



「量的・質的金融緩和」は国債から他資産への運用シフトを促すことを目的の1つとしており、政策意図との整合性の観点などからも慎重に議論する。



< REIT増額、副作用大きくする懸念>



資産買い入れでは、不動産投資信託(J─REIT)の残高が5月末時点で1370億円程度となり、2013年末の計画である1400億円程度に迫っている。しかし、市場規模やリスク量などを踏まえれば、一段の増額は副作用を大きくする懸念がある。



黒田東彦総裁は、異次元緩和によって2%の物価目標を2年程度で達成するために必要な措置はすべて講じたとの見解を示しており、長期国債や指数連動型上場投資信託(ETF)などを含めて現行の資産買い入れ枠を維持する方針だ。J─REITは2014年末には1700億円程度まで残高を積み上げる計画となっている。



<輸出・生産が増勢>



一方、直近で発表された4月分のデータでは、輸出が米国向けを中心に前年比3.8%増と2カ月連続で増加。数量ベースでも減少幅が縮小してきており、海外経済の復調につれて輸出の下げ止まりが明確になっている。



また、鉱工業生産も北米・国内向けの輸送機械がけん引役となり、市場予想を上回る前月比1.7%上昇と5カ月連続の伸びを示した。こうした輸出と生産の改善を主因に、日銀は景気判断の小幅引き上げを検討するとみられる



(ロイターニュース 伊藤純夫 竹本能文 編集:田巻 一彦)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130606-00000073-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



ヒルズFX


収益用FXサイトオーナーシステム


s0202【楽販アフィリオ】【FXバーザスM10】10分足専用設計!!初心者でも 色と音で優位性の高いFXトレードを実現★プロトレツールシリーズ第一弾!!




台湾行政院:5月製造業PMI55.3%(2013)

高年齢者雇用安定法が若者の新規雇用を奪うものなら

高齢者の雇用延長は辞めるべき。

今朝の朝イチで100社面談しても、就職先が決まらないという大卒若者が増えているという。

その原因が高齢者の雇用延長なら、即刻、高齢者の雇用延長は辞めるべき。

なぜなら、高齢者には退職金がある。

それで、年金受給まで凌げるはずだし、退職金で起業してもいい。

あのケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダースも

65歳から起業しました。

もし、高年齢者雇用安定法でカーネル・サンダースが保護されていたら

ケンタッキーフライドチキンは、存在していないかもしれません。

一方、若者には、将来がかかっている。

コンビニのアルバイトなどに着いたら、

何のための大学卒業かわからないし、

職場でスキルを身につけることもできない。

これは、日本にとっても大きな損失だと思う。

そして、高齢者の仕事へのモチベーションについてですが、

雇用延長はされるものの降格になると思います。

その場合、仕事へのやりがい、生きがいが保たれるのか危惧されます。

それより、新規一転、起業するほうがよっぽどいい。

お金もあるし、経験もある。

やりがいもある。

人間土壇場に立たされれば、底力が出ます。

そして、生きがいを持った高齢者は、医療費の軽減にも貢献するはずです。

関連ビジネスも立ち上がります。

経済も活性化するはずなのです。

2013年6月4日、台湾行政院と中華経済研究院が共同で、2013年5月の台湾製造業購買担当者景気指数(PMI)を発表した。

 発表されたデータによると、台湾2013年5月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は、4月データから1.5ポイント下落し、55.3ポイントとなった。
 PMIは50を標準ラインとして、51以上なら経済が拡大、49以下なら萎縮していることを示す。

 なお、香港上海銀行(HSBC)が発表したデータでは、台湾2013年5月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は47.1%と評価され、50%を割り込んでいる。

http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20130606-00010002-cnpress-nb
※この記事の著作権は配信元に帰属します



【三角関係セミナー動画】BBFカウンタートレードフォローアップセミナー


【FX変態セミナー動画】BBFカウンタートレードマニュアル付き


FX【変態】セミナー動画|京都旅行中のわずか52時間で22万円以上の利益を出した「順張り裁量トレード」と「勝者の習慣」を手に入れる方法




スペインのサービス部門PMI、11年半ば以来の高水準=マークイット

高年齢者雇用安定法が若者の新規雇用を奪うものなら

高齢者の雇用延長は辞めるべき。

今朝の朝イチで100社面談しても、就職先が決まらないという大卒若者が増えているという。

その原因が高齢者の雇用延長なら、即刻、高齢者の雇用延長は辞めるべき。

なぜなら、高齢者には退職金がある。

それで、年金受給まで凌げるはずだし、退職金で起業してもいい。

あのケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダースも

65歳から起業しました。

もし、高年齢者雇用安定法でカーネル・サンダースが保護されていたら

ケンタッキーフライドチキンは、存在していないかもしれません。

一方、若者には、将来がかかっている。

コンビニのアルバイトなどに着いたら、

何のための大学卒業かわからないし、

職場でスキルを身につけることもできない。

これは、日本にとっても大きな損失だと思う。

そして、高齢者の仕事へのモチベーションについてですが、

雇用延長はされるものの降格になると思います。

その場合、仕事へのやりがい、生きがいが保たれるのか危惧されます。

それより、新規一転、起業するほうがよっぽどいい。

お金もあるし、経験もある。

やりがいもある。

人間土壇場に立たされれば、底力が出ます。

そして、生きがいを持った高齢者は、医療費の軽減にも貢献するはずです。

関連ビジネスも立ち上がります。

経済も活性化するはずなのです。


スペインのサービス部門PMI、11年半ば以来の高水準=マークイット


ロイター 6月5日(水)18時31分配信







[マドリード 5日 ロイター] - マークイットが5日発表した5月のスペインのサービス部門購買担当者景気指数(PMI)は47.3で、前月の44.4から上昇した。



景気の拡大・縮小の節目となる50は依然下回っているものの、2011年半ば以来の高水準となった。約2年間低迷しているサービス部門に底入れ兆候が示された。



マークイットのエコノミスト、アンドリュー・ハーカー氏は「引き続き50は下回っているものの、楽観的見方への根拠となり得る数字だ。製造業も同様の傾向を示しており、トンネルの先に若干の光が見え始めた」と述べた。



雇用指数は45.2と4月の43.1から上昇し、2011年9月以来の高水準だった。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130605-00000084-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



OCUTOPUS PRO FX


FX シークレットセミナー フルパッケージ


FX投資会社設立による独立起業ノウハウ「年商1億円を達成した儲かるFX新スキーム構築法」




円軟化、100円近辺〔NY外為〕(4日)

高年齢者雇用安定法が若者の新規雇用を奪うものなら

高齢者の雇用延長は辞めるべき。

今朝の朝イチで100社面談しても、就職先が決まらないという大卒若者が増えているという。

その原因が高齢者の雇用延長なら、即刻、高齢者の雇用延長は辞めるべき。

なぜなら、高齢者には退職金がある。

それで、年金受給まで凌げるはずだし、退職金で起業してもいい。

あのケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダースも

65歳から起業しました。

もし、高年齢者雇用安定法でカーネル・サンダースが保護されていたら

ケンタッキーフライドチキンは、存在していないかもしれません。

一方、若者には、将来がかかっている。

コンビニのアルバイトなどに着いたら、

何のための大学卒業かわからないし、

職場でスキルを身につけることもできない。

これは、日本にとっても大きな損失だと思う。

そして、高齢者の仕事へのモチベーションについてですが、

雇用延長はされるものの降格になると思います。

その場合、仕事へのやりがい、生きがいが保たれるのか危惧されます。

それより、新規一転、起業するほうがよっほどいい。

お金もあるし、経験もある。

やりがいもある。

人間土壇場に立たされれば、底力が出ます。

そして、生きがいを持った高齢者は、医療費の軽減にも貢献するはずです。

関連ビジネスも立ち上がります。

経済も活性化するはずなのです。



円軟化、100円近辺〔NY外為〕(4日)


時事通信 6月5日(水)6時30分配信







 【ニューヨーク時事】4日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、安寄りした後、週後半の米雇用関連指標待ちで手控えムードが強まる中、1ドル=100円台前半を中心に方向感に乏しい商いとなった。午後5時現在は100円00~10銭と、前日同時刻(99円48~58銭)比52銭の円安・ドル高。

 日経平均株価の持ち直しを眺め、海外市場では前日のリスク回避目的の円買いが一服。円の対ドル相場は99円台半ばからじりじりと軟化し、ニューヨーク市場は100円18銭で寄り付いた。米商務省が早朝発表した4月の貿易赤字は約403億ドルとほぼ市場予想通り。このため、手掛かり材料不足の中で相場はもみ合いに終始した。

 目先の焦点は週末7日の米雇用統計。景気動向を反映する非農業部門就業者数の伸びは17万人(ロイター通信調べ)と、前月実績(16万5000人)を若干上回る規模が見込まれている。これに先立ち、5日にオートマティック・データ・プロセッシング(ADP)の全米雇用報告、6日に週間新規失業保険申請件数と雇用関連指標の発表が相次ぐことから、この日は持ち高調整の動きが中心となった。

 ユーロは、欧州中央銀行(ECB)の定例理事会を6日に控えて小動き。同時刻現在は、対ドルで1ユーロ=1.3076~3086ドル(前日午後5時は1.3073~3083ドル)、対円では同130円95銭~131円05銭(同130円09~19銭)。(了)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130605-00000005-jijc-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



【中級者以上向け】異色のFXプロトレーダ直伝 『Million Cross(ミリオンクロス)改』


異色のFXプロトレーダ直伝 『Million Cross(ミリオンクロス)』


投資系アフィリサイト自動生成プログラム【FXA-Grande】




ロイターサミット:日本株に強気、香港などの不動産には慎重

年金受給放棄制度はあるのだろうか?

最近の株価の低迷の原因は、アベノミクスの第三の矢がしょぼすぎる

からだと、私は読んでいる。

「これでは、財政再建できない。」

そこで、思いついたのが、年金受給放棄制度。

裕福なお年寄りは、年金受給を望んでいない。

日本は、財政破綻寸前だけど、個人の金融資産は1400兆円。

そのほとんどを65歳以上のお年寄りが所有している。

それに加え、多額の年金が受給されたら迷惑ではないだろうか。

自分はお金持ちになっても、日本が財政破綻したら、

今までのようなサービスは受けられなくなる。

お金が紙くずになりかねない。

私自身も日本が財政破綻するくらいなら、年金の受取を拒否する。

年金の原資を財政再建に当てるなり、若者の負担を減らすようにしたらどうだろうか。

もっと、経済が活性化されて、明るくなるはずだと思う。

年金受給放棄をお年寄りの夢であり、ステータスにすればいい。

そして、現役世代も年金に頼らない経済力をつけることを

目標にすればいい。


ロイターサミット:日本株に強気、香港などの不動産には慎重


ロイター 6月4日(火)13時28分配信










ロイターサミット:日本株に強気、香港などの不動産には慎重


6月3日、英ロイヤルバンク・オブ・スコットランドのプライベート・バンキング部門であるクーツの最高投資責任者(CIO)、ゲーリー・ドゥーガン氏は、20年間の長期景気低迷からの回復過程にある日本の株式は魅力的だと語った。5月撮影(2013年 ロイター/Toru Hanai)





[シンガポール 3日 ロイター] - 英ロイヤルバンク・オブ・スコットランド<RBS.L>のプライベート・バンキング部門であるクーツの最高投資責任者(CIO)、ゲーリー・ドゥーガン氏は3日、20年間の長期景気低迷からの回復過程にある日本の株式は魅力的であり、投資家は先週の株価の急落を恐れるべきではないとの見解を示した。



シンガポールで開かれたロイター・ウエルス・マネジメント・サミットでの発言。



ドゥーガン氏は「日本で中期投資を行う上で不安を抱く多くの点について基本的パターンをみると、ポジティブなストーリーを腰折れさせるものは何もない」とした上で、物価の上昇が経済に魂を吹き込み、企業の景況感や鉱工業生産も上向いていると分析した。



3日の日経平均株価<.N225>は米国の株安が日本株の不安定なセンチメントを一段と冷え込ませ、ほぼ6週間ぶりの安値に急落。先月の5年半ぶりの高値水準からの下落率は15.5%に達した。



しかしドゥーガン氏はクーツの日本に対する強気な見方を繰り返し強調し、安倍晋三首相が約束した改革は幅広い支持を得ているとした。



クーツは日経平均の目標値は示していない。同社は先週の顧客向けのメモの中でゴールドマン・サックスの予測を引用し、日本株の1株当たり利益(EPS)伸び率はことしが68%、来年が18%となり、米国株のそれぞれ11%、8%を大幅に上回る増益ペースが見込まれるとしている。



<居住用不動産>



一方、ドゥーガン氏は、アジアの富裕層に非常に人気の高い香港とシンガポールの居住用不動産には弱気な見方を示した。多くの投資家はリスクについて「現実から目を背けて」おり、購入ペースが鈍化すればそれは価格下落を意味すると説明した。



同氏は、銀行が売却を勧めたりキャッシュフローの問題に直面するまでは、誰もがすべてがうまく行っていると言うが、実際にその価格に到達した時には今より著しく低下している可能性があるとした。



アジアの不動産投資信託(REIT)は先週、すでに価格が大幅に下落している。



ドゥーガン氏は「最低の金利水準のときに変動金利方式で資金を借りると、1─2年のうちに金利が100─200ベーシスポイント(bp)上昇する可能性があることに人々は気づいている」と話した。



*脱字を補って再送します。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130604-00000074-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FX・投資系アフィリエイトブログ記事自動生成ツール【FXA-Master】&【フラクタル・アフィリ】


賢者のFX投資戦略(DVD3枚組)


【お得なセット】異色のFXプロトレーダ直伝 『Million Cross』+ 『Million Cross 改』




円高・株安は急変動の調整局面、今後は実体伴って動く=再生相

年金受給放棄制度はあるのだろうか?

最近の株価の低迷の原因は、アベノミクスの第三の矢がしょぼすぎる

からだと、私は読んでいる。

「これでは、財政再建できない。」

そこで、思いついたのが、年金受給放棄制度。

裕福なお年寄りは、年金受給を望んでいない。

日本は、財政破綻寸前だけど、個人の金融資産は1400兆円。

そのほとんどを65歳以上のお年寄りが所有している。

それに加え、多額の年金が受給されたら迷惑ではないだろうか。

自分はお金持ちになっても、日本が財政破綻したら、

今までのようなサービスは受けられなくなる。

お金が紙くずになりかねない。

私自身も日本が財政破綻するくらいなら、年金の受取を拒否する。

年金の原資を財政再建に当てるなり、若者の負担を減らすようにしたらどうだろうか。

もっと、経済が活性化されて、明るくなるはずだと思う。

年金受給放棄をお年寄りの夢であり、ステータスにすればいい。

そして、現役世代も年金に頼らない経済力をつけることを

目標にすればいい。


円高・株安は急変動の調整局面、今後は実体伴って動く=再生相


ロイター 6月4日(火)10時20分配信










円高・株安は急変動の調整局面、今後は実体伴って動く=再生相


6月4日、甘利経済再生担当相は、前日海外の外国為替市場で一時1ドル=98円台まで円高が進んだことについて、これまで進んだ円安の調整局面にあるとして、今後は実体経済に沿った動きになるとの見方を示した。都内で2月撮影(2013年 ロイター/Issei Kato)





[東京 4日 ロイター] - 甘利明経済再生担当相は4日朝の閣議後会見で、前日海外の外国為替市場で一時1ドル=98円台まで円高が進んだことについて、これまで進んだ円安の調整局面にあるとして、今後は実体経済に沿った動きになるとの見方を示した。



再生相は前日の市場動向について、米供給管理協会(ISM)が発表した5月の製造業景気指数が予想を下回ったことで、米国の金融緩和が長期化するとの見方が市場で広がるなど「複雑な動きになっている」と分析。「円安も株高も非常に急激に推移してきた。当然、調整局面はあると思う」との見方を示した。



今後は「不安定な要素の中で、揺れが収れんしていく。これからは実体経済に伴って、各市場が動いていくということだと思う」と見通し、政府が全体像の策定を進めている成長戦略の「取りまとめや実施が市場から注視されるところだ」と話した。



政府の社会保障制度改革国民会議が3日、公的年金の支給開始年齢引き上げを検討することを決めたことには「いま国民会議の有識者に取りまとめをお願いしているところ。議論の収れんを見守っている」と述べるにとどめた。



共同通信によると、国民会議会長の清家篤・慶応義塾長は記者会見で「少なくとも67、68歳への引き上げはあってしかるべきだ」と述べた。



(ロイターニュース 基太村真司:編集 内田慎一)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130604-00000041-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



テキスト全セット・動画DVD版  FXプロトレーダーの実力をめざす「勝ち組FX道場」の必勝テキスト


テキスト全セット  FXプロトレーダーの実力をめざす「勝ち組FX道場」の必勝テキスト


【4/26募集終了!】トレンドハンターFX 世界最高レベル、年利12,000%の驚きのトレード手法!トレハンFX




NY市場サマリー(3日)

年金受給放棄制度はあるのだろうか?

最近の株価の低迷の原因は、アベノミクスの第三の矢がしょぼすぎる

からだと、私は読んでいる。

「これでは、財政再建できない。」

そこで、思いついたのが、年金受給放棄制度。

裕福なお年寄りは、年金受給を望んでいない。

日本は、財政破綻寸前だけど、個人の金融資産は1400兆円。

そのほとんどを65歳以上のお年寄りが所有している。

それに加え、多額の年金が受給されたら迷惑ではないだろうか。

自分はお金持ちになっても、日本が財政破綻したら、

今までのようなサービスは受けられなくなる。

お金が紙くずになりかねない。

私自身も日本が財政破綻するくらいなら、年金の受取を拒否する。

年金の原資を財政再建に当てるなり、若者の負担を減らすようにしたらどうだろうか。

もっと、経済が活性化されて、明るくなるはずだと思う。

年金受給放棄をお年寄りの夢であり、ステータスにすればいい。

そして、現役世代も年金に頼らない経済力をつけることを

目標にすればいい。


NY市場サマリー(3日)


ロイター 6月4日(火)7時11分配信







[4日 ロイター] - (カッコ内は前営業日比、%は利回り)ドル/円    終値    99.52/53



始値   100.26/27



前営業日終値   100.46/50 ユーロ/ドル  終値   1.3075/80



始値   1.3004/05



前営業日終値   1.2993/0030年債



(2105GMT)       92*17.50(+0*06.50)=3.2670%



前営業日終盤      92*11.00(+0*01.50)=3.2782%10年債



(2105GMT)       96*20.00(+0*01.00)=2.1283%



前営業日終盤      96*19.00(‐0*03.50)=2.1317%5年債



(2105GMT)       99*27.00(‐0*01.25)=1.0322%



前営業日終盤      99*28.25(‐0*01.75)=1.0241%2年債



(2105GMT)       99*29.25(+0*00.25)=0.2933%



前営業日終盤      99*29.00( 0*00.00)=0.2972%ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>



終値        15254.03(+138.46)



前営業日終値   15115.57(‐208.96)ナスダック総合<.IXIC>



終値         3465.37(+9.45)



前営業日終値    3455.91(‐35.39)S&P総合500種<.SPX>



終値         1640.42(+9.68)



前営業日終値    1630.74(‐23.67)COMEX金(8月限)(ドル/オンス)



終値 1411.90(+18.90)



前営業日終値 1393.00(‐19.00)COMEX銀(7月限)(セント/オンス)



終値 2272.10(+47.80)



前営業日終値 2224.30(‐44.70)北海ブレント原油先物(7月限)(ドル/バレル)



終値 102.06(+1.67)



前営業日終値 100.39(‐1.80)米WTI原油先物(7月限)(ドル/バレル)



終値 93.45(+1.48)



前営業日終値 91.97(‐1.64)CRB商品指数(ポイント)<.TRJCRB>



終値 284.9032(+3.0509)



前営業日終値 281.8523(‐1.9106)



<為替> ドルが主要通貨に対して下落。米供給管理協会(ISM)が発表した5月の製造業景気指数が弱い内容だったことを受け、米連邦準備理事会(FRB)が資産購入プログラムを早期に縮小するとの観測が後退したため。ドル/円は100円の大台を割り込み、一時98.86円と5月9日以来の安値をつけた。終盤は1.0%安の99.48円。



ユーロ/ドルはこの日の高値となる1.3107ドルまで上昇し、直近は0.6%高の1.3072ドル。ドル指数<.DXY>は0.84%安の82.672。



ISMの5月の製造業景気指数は49.0と、景気を見極めるうえでの分岐点となる50を半年ぶりに下回った。先月の指標では、中国と欧州でも需要が減少する中で製造業は苦戦を強いられており、世界経済は依然として各国中央銀行による支援を必要としている状況が示唆された。



<債券> 国債価格がまちまち。全般的に上下に振れる展開となった。週末の雇用統計を控え警戒感が広がるなか、米製造業統計の予想外に弱い内容を織り込む動きとなった。



ISMが発表した5月の製造業景気指数は49.0と、2009年6月以来約4年ぶりの水準に悪化するとともに、景気を見極めるうえでの分岐点となる50を半年ぶりに下回った。新規受注が落ち込んだほか、輸出もさえなかった。



<株式> 反発。朝方発表された予想を下回る製造業関連指数は、FRBが緩和策を維持するとの見方を支えた。



メルク<MRK.N>が上昇し、医薬品セクター全体を押し上げた。また、インテル<INTC.O>が3.9%上昇したことを手がかりに、ナスダックは一時の下げから切り返した。



相場は終日、不安定な値動きとなった。3指数は上昇して寄り付いた後、S&P総合500とナスダックは午前の取引でマイナス圏に突入。終盤にかけて押し戻され、上げに転じた。



<金先物> 反発。弱い米景気指標や対ユーロのドル上伸が背景。1オンス=1400ドルを回復して取引を終えた。



時間外取引中は、おおむね1400ドル台手前で小動きで推移したものの、ニューヨーク市場に入ると米指標発表直後に急伸した。ISMが発表した5月の製造業景況指数で、米量的緩和の早期縮小をめぐる警戒感が和らぎ、米株式のほか金塊などの商品相場が上伸。インフレヘッジとしての魅力が増したことも金塊相場の追い風となった。



加えて、米長期金利が低下しドル売りが進んだことでドル建ての金塊相場は割安感から安値拾いの買いが誘われたほか、ショートカバーの買いも入った。



<米原油先物> 反発。ドル安・ユーロ高や米国の量的緩和縮小観測が後退したことを受けた。



早朝の時間外取引は比較的軟調に推移。5月のHSBC中国製造業購買担当者景況指数(PMI)確報値などで、需要先細り懸念が相場を圧迫した。



しかし、その後は英金融情報会社マーキットが同日発表した5月のユーロ圏製造業PMI改定値が良好な内容だったことを眺めてプラス圏に浮上した。さらに、ISMの5月の米製造業景況指数を受けて、市場では米の量的緩和継続への期待感が強まったことから相場は上げ幅を拡大。また、外為市場では対ユーロでドル安が進行。このため、ドル建ての原油相場は相対的な割安感からも買い進まれた。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130604-00000024-reut-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



Going Real Win トレーディングシステム Professional [2年利用権]


Going Real Win トレーディングシステム Professional [1年利用権]


Going Real Win トレーディングシステム Professional [6ヶ月利用権]




日経平均大幅反落、先物売りに押され下げ幅500円超

年金受給放棄制度はあるのだろうか?

最近の株価の低迷の原因は、アベノミクスの第三の矢がしょぼすぎる

からだと、私は読んでいる。

「これでは、財政再建できない。」

そこで、思いついたのが、年金受給放棄制度。

裕福なお年寄りは、年金受給を望んでいない。

日本は、財政破綻寸前だけど、個人の金融資産は1400兆円。

そのほとんどを65歳以上のお年寄りが所有している。

それに加え、多額の年金が受給されたら迷惑ではないだろうか。

自分はお金持ちになっても、日本が財政破綻したら、

今までのようなサービスは受けられなくなる。

お金が紙くずになりかねない。

私自身も日本が財政破綻するくらいなら、年金の受取を拒否する。

年金の原資を財政再建に当てるなり、若者の負担を減らすようにしたらどうだろうか。

もっと、経済が活性化されて、明るくなるはずだと思う。

年金受給放棄をお年寄りの夢であり、ステータスにすればいい。

そして、現役世代も年金に頼らない経済力をつけることを

目標にすればいい。


日経平均大幅反落、先物売りに押され下げ幅500円超


ロイター 6月3日(月)16時21分配信










日経平均大幅反落、先物売りに押され下げ幅500円超


6月3日、東京株式市場で日経平均は大幅反落。下げ幅は500円を超え、終値では4月18日以来約1カ月半ぶりの安値水準となった。写真は5月、都内で撮影(2013年 ロイター/Toru Hanai)





[東京 3日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は大幅反落。下げ幅は500円を超え、終値では4月18日以来約1カ月半ぶりの安値水準となった。



前週末の米国株が、金融緩和策の縮小観測を背景に200ドルを超す大幅な下げとなったことを嫌気し、朝方から売りが先行。為替もやや円高に振れたことでリスク回避姿勢が強まり、主力輸出株や金融株を中心に売られ、東証1部全体の9割以上が値下がりする全面安となった。後場には短期筋による断続的な先物売りで一段安となり、日経平均はこの日の安値で引けた。



東証1部の売買代金が3兆0286億円と5月7日以来の低水準にとどまり、先物売買の影響を受けやすくなっているという。3日の米ISM製造業景気指数、7日の米雇用統計など米重要指標の発表を控えていることも手控えムードにつながった。SMBCフレンド証券シニアストラテジストの松野利彦氏は「バリュエーション的に割高感が解消され、テクニカル指標でも売られ過ぎの水準まで下がったが、下げ止まりのポイントが分かりづらい」と指摘しており、買い方の勢いを鈍らせているとみられている。



「ファンダメンタルズやバリュエーションからみれば、買い場であることに変わりはない」(東海東京調査センター・チーフストラテジストの隅谷俊夫氏)との声が根強い一方、足元では下値不安が払しょくされず、一段の下げを警戒する声も多い。目先の下値めどとしては、中期上昇トレンドの起点となった11月14日から5月23日高値までの上げ幅の38.2%押し水準である1万3162円や75日移動平均線(1万3034円39銭=3日時点)、節目1万3000円などが意識されやすいとの見方が出ていた。



個別銘柄では、ファーストリテイリング<9983.T>やソフトバンク<9984.T>、ファナック<6954.T>など指数寄与度の大きい銘柄の下げが目立ち、3銘柄で日経平均を約140円押し下げた。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>や三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>、野村ホールディングス<8604.T>などの大手金融株も大幅安となった。



半面、オーイズミ<6428.T>や日本金銭機械<6418.T>などカジノ関連の一角が買われた。



東証1部騰落数は、値上がり107銘柄に対し、値下がりが1585銘柄、変わらずが25銘柄だった。



(杉山容俊)



日経平均<.N225>



終値      13261.82 -512.72



寄り付き    13551.36



安値/高値   13261.82─13562.87



東証出来高(万株) 409044



<p />TOPIX<.TOPX>



終値       1096.95 -38.83



寄り付き     1122.1



安値/高値    1095.22─1122.53



東証売買代金(億円) 30286.37










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130603-00000068-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



8/21@東京 FX自動売買をメタトレーダー4で始めようセミナー


8/27@東京 FX自動売買をメタトレーダー4で始めようセミナー


FX Innovator (エフエックス・イノベーター)




イタリア、失業問題対策で労働コスト削減進めるべき=OECD

年金受給放棄制度はあるのだろうか?

最近の株価の低迷の原因は、アベノミクスの第三の矢がしょぼすぎる

からだと、私は読んでいる。

「これでは、財政再建できない。」

そこで、思いついたのが、年金受給放棄制度。

裕福なお年寄りは、年金受給を望んでいない。

日本は、財政破綻寸前だけど、個人の金融資産は1400兆円。

そのほとんどを65歳以上のお年寄りが所有している。

それに加え、多額の年金が受給されたら迷惑ではないだろうか。

自分はお金持ちになっても、日本が財政破綻したら、

今までのようなサービスは受けられなくなる。

お金が紙くずになりかねない。

私自身も日本が財政破綻するくらいなら、年金の受取を拒否する。

年金の原資を財政再建に当てるなり、若者の負担を減らすようにしたらどうだろうか。

もっと、経済が活性化されて、明るくなるはずだと思う。

年金受給放棄をお年寄りの夢であり、ステータスにすればいい。

そして、現役世代も年金に頼らない経済力をつけることを

目標にすればいい。


イタリア、失業問題対策で労働コスト削減進めるべき=OECD


ロイター 6月3日(月)13時50分配信







[トレント(イタリア) 2日 ロイター] - 経済協力開発機構(OECD)のチーフエコノミストは2日、イタリアのリセッション(景気後退)からの脱却には、雇用関連の税の引き下げや若者の就職を後押しする措置が必要との認識を示した。



トレントで開催されたイベントに参加したピエール・カルロ・パドアン氏は、ロイターに対し、米国や一部の新興市場でみられる回復の兆しに、イタリアを含むユーロ圏諸国もついていかなければならないとし、「現在のデリケートな段階においては、政府が企業の販売や採用を支援し適切な状況を作りだすことが必要だ」と述べた。



OECDは先週、イタリアのリセッションは年末まで続くと予想。2014年は0.4%の成長を見込んでいる。今年の成長率予想はマイナス1.8%。



同氏は政府に対し、労働コストの削減と失業者や初めて職を得ようとする若者に対する職業訓練の改善を提言。雇用支援の政策を支援するため、欧州委員会はイタリアや他のユーロ圏国に対し財政面での猶予を与えるべきとの考えを示した。



欧州連合(EU)は、27─28日の首脳会議で失業率の上昇と若者の失業問題について協議する見通し。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130603-00000044-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



『チリ積もFX』~負けないことに特化した堅実投資法~


FXアズマ次世代型オートトレードシステム NEXSTAR(ネクスター)


【支持されて二周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版




中国非製造業PMI、5月は54.3に低下

年金受給放棄制度はあるのだろうか?

最近の株価の低迷の原因は、アベノミクスの第三の矢がしょぼすぎる

からだと、私は読んでいる。

「これでは、財政再建できない。」

そこで、思いついたのが、年金受給放棄制度。

裕福なお年寄りは、年金受給を望んでいない。

日本は、財政破綻寸前だけど、個人の金融資産は1400兆円。

そのほとんどを65歳以上のお年寄りが所有している。

それに加え、多額の年金が受給されたら迷惑ではないだろうか。

自分はお金持ちになっても、日本が財政破綻したら、

今までのようなサービスは受けられなくなる。

お金が紙くずになりかねない。

私自身も日本が財政破綻するくらいなら、年金の受取を拒否する。

年金の原資を財政再建に当てるなり、若者の負担を減らすようにしたらどうだろうか。

もっと、経済が活性化されて、明るくなるはずだと思う。

年金受給放棄をお年寄りの夢であり、ステータスにすればいい。

そして、現役世代も年金に頼らない経済力をつけることを

目標にすればいい。


中国非製造業PMI、5月は54.3に低下


ロイター 6月3日(月)10時36分配信







[北京 3日 ロイター] - 中国国家統計局が3日発表した5月の中国非製造業購買担当者景気指数(PMI)は54.3となり、4月の54.5から低下した。



PMIは50を上回ると景況の改善、下回ると景況の悪化を示す。



1日に発表された5月の製造業PMIは50.8となり、前月の50.6から上昇した。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130603-00000017-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FX-navi ~スキャルピング&デイトレ~


返金保証付!裁量トレード自動売買システムDROP FX


FXバイナリーオプション・シグナルツール【FXトレジャーシップ】




【日経平均】来週の展望

年金受給放棄制度はあるのだろうか?

最近の株価の低迷の原因は、アベノミクスの第三の矢がしょぼすぎる

からだと、私は読んでいる。

「これでは、財政再建できない。」

そこで、思いついたのが、年金受給放棄制度。

裕福なお年寄りは、年金受給を望んでいない。

日本は、財政破綻寸前だけど、個人の金融資産は1400兆円。

そのほとんどを65歳以上のお年寄りが所有している。

それに加え、多額の年金が受給されたら迷惑ではないだろうか。

自分はお金持ちになっても、日本が財政破綻したら、

今までのようなサービスは受けられなくなる。

お金が紙くずになりかねない。

私自身も日本が財政破綻するくらいなら、年金の受取を拒否する。

年金の原資を財政再建に当てるなり、若者の負担を減らすようにしたらどうだろうか。

もっと、経済が活性化されて、明るくなるはずだと思う。

年金受給放棄をお年寄りの夢であり、ステータスにすればいい。

そして、現役世代も年金に頼らない経済力をつけることを

目標にすればいい。


【日経平均】来週の展望


エコノミックニュース 6月2日(日)20時29分配信







 ポジティブサプライズが日本株を明るくする



 6月第1週(3~7日)は5日間の取引。5月はさんざんな目にあい、「月が変わればツキも変わる」と多くの投資家が期待しながらの6月相場入りになる。



 国内の経済指標は、3日は1~3月期の法人企業統計、5月の新車販売台数、百貨店販売額、4日は5月のマネタリーベース、毎月勤労統計調査、6日は5月の東京都心部オフィス空室率、7日は4月の景気動向指数速報値、5月の携帯電話各社の契約件数が、それぞれ発表される。なお、債券先物市場が不安定な中、4日には10年国債、6日には30年国債の入札が行われる。



 主要企業の決算発表は、3日に伊藤園 <2593> の4月期本決算、ピジョン <7956> の第1四半期、6日にクミアイ化学 <4996> の第2四半期、積水ハウス <1928> の第1四半期、7日にエイチ・アイ・エス <9603> の第2四半期、カナモト <9678> の第2四半期、クックパッド <2193> の4月本決算、SUMCO <3436> の第1四半期が、それぞれ発表される予定。4日には毎月注目のファーストリテイリング <9983> の5月の国内ユニクロ既存店売上高が発表される。

 

 政治日程では5日、安倍首相が成長戦略第3弾を発表する。6日から8日までフランスのオランド大統領が来日し、7日に日仏首脳会談が行われる予定。原発の再稼働やインフラ輸出に関係する声明内容が注目される。

 

 海外の経済指標は、3日は中国の5月のHSBC製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値、ユーロ圏の5月の製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値、アメリカの5月のISM製造業景況指数、4月の建設支出、5月の新車販売台数が、4日はユーロ圏の4月の卸売物価指数(PPI)、アメリカの4月の貿易収支が、5日はユーロ圏の5月のサービス部門購買担当者景気指数(PMI)、1~3月の域内GDP成長率改定値、4月の小売売上高、アメリカの5月のADP雇用統計、4月の製造業新規受注、5月のISM非製造業景況感指数、1~3月期の非農業部門労働生産性改定値、地区連銀の経済報告「ベージュブック」が、6日はアメリカの5月の小売各社の既存店売上高が、7日はアメリカの5月の失業率、非農業部門雇用者数、4月の消費者信用残高が、それぞれ発表される。土曜、日曜も中国では経済指標の発表があり、8日に5月の貿易統計、9日に5月の消費者物価指数(CPI)、卸売物価指数(PPI)、工業生産高、小売売上高が発表される予定である。

 

 経済指標で最大の注目は言うまでもなく7日のアメリカの雇用統計で、悪すぎればもちろんのこと、良すぎてもFRBの量的緩和政策の縮小が早まりそうだとNYダウの下落要因になるというデリケートさがある。

 

 ヨーロッパでは5日から6日までイングランド銀行金融政策委員会が開かれるほか、6日にドイツのフランクフルトでECB理事会が開催され、終了後ドラギ総裁が記者会見を行う。イングランド銀行は7月に総裁が交代するので利下げなど大きな動きはないとみられ、ECBは5月に利下げしたばかりなので焦点は銀行への流動性供給になりそうだ。

 

 7~8日には、アメリカのカリフォルニア州でオバマ大統領と習近平国家主席が米中首脳会談を行う。日仏首脳会談ともども、16~18日のロックアーンG8サミットに向けて国際政治が動きそうだ。



 5月23日の「日本株・暗黒の木曜日」の引き金は、中国の5月のHSBC製造業購買担当者景気指数(PMI)の速報値が49.6で、好・不況の境目といわれる50を7ヵ月ぶりに割り込んだことだった。これが「中国の景気はそこまで悪いのか」と、16000円寸前に迫っていた日経平均を押し下げた。1143円安の暴落にまで至った原因はそれだけではないが、無理して伸びきったゴムを、絶妙のタイミングの悪さでネガティブサプライズが切断した、と言えそうだ。



 ネガティブサプライズと言えば、4月5日に発表された3月のアメリカの雇用統計の非農業部門雇用者数の増加数「8万8000人」もそうだった。2月の26万8000人の3分の1以下、市場予測平均19万人の半分以下という衝撃でNYダウは一時170ドルを超える下落を喫したが、アメリカの労働省はこの数字を5月3日、悪びれもせず13万8000人に修正している。



 6月1日、物流購入連合会のほうの中国の5月の製造業購買担当者景況指数(PMI)が発表され、50.8で50を割っていないばかりか、4月の数値を0.2上回った。50超えは8ヵ月連続になる。これで、問題のHSBC製造業購買担当者景況指数(PMI)の改定値が6月3日の午前10時45分(日本時間)に発表される際、50を超える数字に直される可能性が高まった。もしそうなったらHSBCは「5月23日に発表したのはあくまでも速報値です」とシレっと言い訳しそうだが、その東京支店は、「暗黒の木曜日」に大きな損失を被った投資家から、「HSBCは不正確な統計数字で東京株式市場をかく乱した」と恨まれて石を投げられてもしかたない。



 中国のPMIにしてもアメリカの雇用統計にしても、経済指標のネガティブサプライズの正体とはそんなものなのだ。でも、起きてしまったことや、そこから連鎖して起こったことはもう、元には戻らない。



 そんな嫌な流れを断ち切って、弱気に支配された市場の停滞感、投資家心理のモヤモヤ感を一掃してくれるものは何か。それはネガティブサプライズとは正反対の「ポジティブサプライズ」なのではないか。



 4日の夜にサッカー日本代表がオーストラリア代表を破ってワールドカップ・ブラジル大会への出場を決めて、若者が深夜まで祝勝ムードで大騒ぎをしても、それはそれなりにインパクトがある。だが、4回連続出場の日本代表はアジア予選を勝ち抜ける十分な実力があるので、サプライズと言ったら代表選手に失礼だろう。



 ポジティブサプライズとは、もっと世間を驚かせ、喜ばせるような出来事である。経済の分野にとどまらず、国際政治でも、スポーツの快挙でも、皇室の慶事でも、日本人が芸術や科学の分野で賞を取ることでも、何でもかまわない。たとえば、山中伸弥教授のノーベル賞受賞のニュースがもし今、もたらされたら、まさにポジティブサプライズで、市場の停滞感を吹き飛ばしてくれたはず。もし、あの北朝鮮が改心してミャンマーのような経済開放政策に踏み切る決断をしたら、それはスーパー級のサプライズになることだろう。



 アベノミクス相場も、11月14日の大引け後に国会の党首討論で、野田首相(当時)が安倍自民党総裁(当時)に向かって「解散・総選挙しましょう」と言い放った政界のサプライズから始まった。4月上旬に短い低迷期に入った時も、黒田新総裁率いる日銀の異次元金融緩和というサプライズで息を吹き返した。今、切れかけている相場のエネルギーを補給するには、ポジティブサプライズが起きるのが一番いい。



 こんなことを言うと、「『何か、いいことないかな~』と言っている子どもと一緒だ」「サプライズ待ちとは世も末だ」などと批判されそうだが、市場とは、サプライズをきっかけに次のフェーズに入り、サプライズに刺激されて新しい風が入り、サプライズを境に投資家の気分が一変するもの。市場は常にポジティブサプライズを待望している。



 ということで、ビッグなネガティブサプライズに振り回された5月が終わって、6月の株式市場では、ポジティブサプライズで日本株が明るくなることにぜひ期待したい。



 とはいえ市場の現状は、呼吸数や血圧や脈拍や脳波が突然乱れる症状にようやく改善の兆しが出て、病院の集中治療室から一般病棟に移ったばかりの患者のようなもの。来週は、1ヵ月に1000円上昇するペースで5月7日に到達していた14000円台を早期に回復するために「リハビリ」を開始する週になる。それには取引時間中の為替レート、債券先物市場、長期金利などの安定が前提。もし来週もそれらの「急変」が頻繁に起きるようなら、リハビリどころではなくなり集中治療室に逆戻りだ。週前半の3日か4日に終値で14000円を回復できれば安心感がひろがりそうだが、それでもしばらくは急変に注意なので、来週の日経平均のレンジは13300~14300円とみる。5月下旬の「急性期」の症状が相当ひどかったので、15000円台回復は6月いっぱい、かかるかもしれない。(編集担当:寺尾淳)





Economic News







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130602-00000043-economic-biz
※この記事の著作権は配信元に帰属します



【 限定特別価格でご提供中】+15pipsスキャルFX ~帰宅後・家事の合間の限られた時間で何度か+15pipsを狙うやさしいスキャルピング手法~


s0443【楽販アフィリオ】FXシステムポートフォリオ


【 限定特別価格でご提供中】+15pipsスキャルFX ~帰宅後・家事の合間の限られた時間で何度か+15pipsを狙うやさしいスキャルピング手法~




男性のプロポーズ予算にもアベノミクスの影響が

年金受給放棄制度はあるのだろうか?

最近の株価の低迷の原因は、アベノミクスの第三の矢がしょぼすぎる

からだと、私は読んでいる。

「これでは、財政再建できない。」

そこで、思いついたのが、年金受給放棄制度。

裕福なお年寄りは、年金受給を望んでいない。

日本は、財政破綻寸前だけど、個人の金融資産は1400兆円。

そのほとんどを65歳以上のお年寄りが所有している。

それに加え、多額の年金が受給されたら迷惑ではないだろうか。

自分はお金持ちになっても、日本が財政破綻したら、

今までのようなサービスは受けられなくなる。

お金が紙くずになりかねない。

私自身も日本が財政破綻するくらいなら、年金の受取を拒否する。

年金の原資を財政再建に当てるなり、若者の負担を減らすようにしたらどうだろうか。

もっと、経済が活性化されて、明るくなるはずだと思う。

年金受給放棄をお年寄りの夢であり、ステータスにすればいい。

そして、現役世代も年金に頼らない経済力をつけることを

目標にすればいい。


男性のプロポーズ予算にもアベノミクスの影響が


@DIME 6月1日(土)17時8分配信







プリモ・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表:澤野直樹)が運営するブライダルリング専門店「アイプリモ」は、20・30代の男女516名を対象にインターネットによる「プロポーズについてのアンケート」を2013年5月に実施し、調査結果を発表した。「プロポーズ」に関する意識調査は2008年より毎年発表しており、今回の調査で6回目。今回は、未婚・既婚男女のプロポーズに関する意識調査を実施致した。



■プロポーズにかける予算を「20万円以上」と回答した男性が、2008年に比べ20%増加



プロポーズの予算(指輪を含む)の上限はいくら位が理想だと思うか聞いたところ、同質問をした2008年の調査結果に比べ20%高い、男性の60%が 「20万円以上が理想」と回答。2008年の調査では「20万円未満が理想」と答えた男性が過半数を超えていたが、今年はアベノミクスの経済施策の影響を受け、経済に回復の兆しがみられ、男性にとってプロポーズに対する金銭面での価値が上昇したのではないかと考えられる。



■男性ひとりで婚約指輪を購入する人の割合が全体の1/4以上を占める



婚約指輪(エンゲージリング)は誰と買いに行きましたか?という問に対し、「自分だけで(1人で)」と回答した人が、昨年度2012年の調査結果に比べ7%増加し、男性全体の25%強を占めるまでになった。近年の海外・国内の感動的なプロポーズ動画等の影響から、徐々に男性によるサプライズ・プロポーズへの人気が再燃してきている可能性が考えられる。



■景気がよくなれば結婚(プロポーズ)する!?景気に左右される男性の実態が明らかに



結婚(プロポーズ)のきっかけとなるのはどのようなできごとですか?という問に対し、「景気がよくなったら」と回答した人は、女性は全体の15%だったのに対し、男性は全体の31%を占める結果となった。男性がプロポーズをするきっかけは、自身の気持ちだけではなく、世の中の経済状況によって左右されやすいことが明らかに。



■男性の4割が結婚を意識してから3か月以内にプロポーズ



結婚を意識してからプロポーズするまでに、どのくらいの期間がありましたか?という質問に対し、既婚男性の約40%が、結婚を意識してから「3か月以内にプロポーズ」をしたとの結果が得られた。多くの男性が女性にプロポーズをするまでの準備期間は3か月程度ということが明らかになった。



■プロポーズされたい男性に福山雅治が3年ぶりの1位に返り咲き!向井理も3年連続1位(同率)

フジテレビの連続ドラマ「ガリレオ」が高視聴率で話題になったのに加え、6/29に主演映画の公開を控えている福山雅治さんが3年ぶりに1位(同率)を獲得。また、向井理さんも3年連続1位を獲得している。女性にとっての理想の男性像は、時代の変化によってどう現れるか、今のところは大きな変化はないようだ。



■プロポーズは『3S』が重要!「はっきり(Straight)」「サプライズ(Surprise)」「特別(Special)」が揃うプロポーズが人気の結果に



あなたはプロポーズをどのようにしたい(されたい)ですかという質問に対し、「はっきりと言いたい(言われたい)」と回答した人が全体の半分以上を占め、次いで「突然(サプライズ)したい(されたい)」、「特別なシチュエーションを重視していたい(されたい)」がそれぞれ全体の約20%を占める結果となった。特に、「突然(サプライズ)したい(されたい)」を選んだ女性は27%を占めたのに対し、男性は19%と、約10%近く差があることが明らかに。女性が理想とするプロポーズにはサプライズ感が重要であることがわかる。





※本調査は2013年5月にインターネット上で実施。調査対象は、20・30代の未婚・既婚男女516名。










http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130601-00000304-dime-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



9/9@東京 FX自動売買をメタトレーダー4で始めようセミナー


ReccenoteFX(レッキノートFX)


FX孔明トレンドハイ~どんな相場もものともしないFX自動売買システム”カリスマトレーダーFX孔明”氏の第3弾プロジェクト!




あふれかえる「アベノミクス」 市場は第3の矢を待っている

年金受給放棄制度はあるのだろうか?

最近の株価の低迷の原因は、アベノミクスの第三の矢がしょぼすぎる

からだと、私は読んでいる。

「これでは、財政再建できない。」

そこで、思いついたのが、年金受給放棄制度。

裕福なお年寄りは、年金受給を望んでいない。

日本は、財政破綻寸前だけど、個人の金融資産は1400兆円。

そのほとんどを65歳以上のお年寄りが所有している。

それに加え、多額の年金が受給されたら迷惑ではないだろうか。

自分はお金持ちになっても、日本が財政破綻したら、

今までのようなサービスは受けられなくなる。

お金が紙くずになりかねない。

私自身も日本が財政破綻するくらいなら、年金の受取を拒否する。

年金の原資を財政再建に当てるなり、若者の負担を減らすようにしたらどうだろうか。

もっと、経済が活性化されて、明るくなるはずだと思う。

年金受給放棄をお年寄りの夢であり、ステータスにすればいい。

そして、現役世代も年金に頼らない経済力をつけることを

目標にすればいい。


あふれかえる「アベノミクス」 市場は第3の矢を待っている


SankeiBiz 6月2日(日)7時0分配信










あふれかえる「アベノミクス」  市場は第3の矢を待っている


安倍晋三首相(写真:フジサンケイビジネスアイ)





 本屋にいくと経済書のコーナーは「アベノミクス」関連の本であふれかえっている。日本銀行の黒田東彦(はるひこ)総裁や岩田規久男副総裁をはじめリフレ派と呼ばれる経済学者や評論家たちの本や、一方ではそれに対抗する反リフレ派の本も同時に積み上げられている。



 「アベノミクス」の真相から真実まで、あるいは『リフレは正しい』から『リフレはヤバい』まで、特に同じ著者が同じような本を何冊も出版しているのが特徴だ。ある本屋では、書店員はきれいに両派を分けたつもりだろうが、反リフレ派であるはずの東大大学院の吉川洋教授の『デフレーション』が、岩田副総裁などの『アベノミクス』本の間に鎮座していた。多分に感覚的ではあるが、売り場に占める面積比では7対3でリフレ本が優勢というところだろう。



 現在までのアベノミクスの成功は多分に株式市場の急上昇に支えられてきたところがある。「リフレは危ない」と警告する経済学者や評論家、あるいはジャーナリズムも昨年11月から上昇を続ける株式市場の前では、その反論もむなしく響いていた。しかし株式市場というものは果てしなく上昇し続けるものでもない、急上昇にはしかるべき速度調整が伴うものなのだ。



 5月23日の日経平均は大暴落を演じた。前日比マイナスの1143円28銭安の1万4483円98銭で、この日の下落率の7.32%は1日の下落としては1971年のニクソン・ショックに次ぐ市場第10位の下げだったのである。この日は国債利回りの1%乗せも伴ったことから、財政ファイナンスの危険を伴うアベノミクスはいよいよ危ないとの意見が新聞紙上をにぎわすことになったがこれもまたこれで早計である。



 1949年からの日経平均月次収益率データでは、実は暴落前日の22日までの5月の月間収益率は768カ月の月間中、史上第4位だったのである。つまり5月は「史上まれに見る」大暴騰をしていた。だからこそ大暴落が生じたのである。



 しかしながらここからは、これまでのような一本調子の上昇相場は難しいだろう。(1)FRB(米連邦準備制度理事会)による金融緩和に支えられてきた米国市場で緩和姿勢に達成感が出始めたこと(2)インフレ目標の2%の達成度に対して、株価上昇のペースが早すぎ、好況感の持続が懸念されること(3)同様に国債利回りの上昇ペースに市場が神経質になっていること(4)23日に発表があった中国製造業PMI(購買担当者景気指数)速報値の7カ月ぶり50割れは、アジア株式市場全体を売りとした。



 急激な円安は中国、韓国経済にマイナスの影響を与え、結局は日本の株式市場にフィードバックされることがわかった。本屋の「アベノミクス」本の異常な盛況は市場参加者の政策の未消化も示唆していたのだ。いずれにせよ当面の市場は注目の第3の矢の評価待ちなのである。ここからは金融政策だけでは不安定な市場が続くことになるだろう。(作家 板谷敏彦)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130602-00000500-fsi-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



SUNSET FX ~ウェーブトレード~


秘密の完全自動売買 シリーズ第7弾 FX24時間完全自動売買【大和FX(yamato-fx)(自動売買ソフト付)】


勝率96.6%!のドル円マスター!! “完全武装のフルオート売買プログラム・ドルエリオンFX”




「大人の運動会」増加 飲み会より一体感出ると30代男性社員

年金受給放棄制度はあるのだろうか?

最近の株価の低迷の原因は、アベノミクスの第三の矢がしょぼすぎる

からだと、私は読んでいる。

「これでは、財政再建できない。」

そこで、思いついたのが、年金受給放棄制度。

裕福なお年寄りは、年金受給を望んでいない。

日本は、財政破綻寸前だけど、個人の金融資産は1400兆円。

そのほとんどを65歳以上のお年寄りが所有している。

それに加え、多額の年金が受給されたら迷惑ではないだろうか。

自分はお金持ちになっても、日本が財政破綻したら、

今までのようなサービスは受けられなくなる。

お金が紙くずになりかねない。

私自身も日本が財政破綻するくらいなら、年金の受取を拒否する。

年金の原資を財政再建に当てるなり、若者の負担を減らすようにしたらどうだろうか。

もっと、経済が活性化されて、明るくなるはずだと思う。

年金受給放棄をお年寄りの夢であり、ステータスにすればいい。

そして、現役世代も年金に頼らない経済力をつけることを

目標にすればいい。


「大人の運動会」増加 飲み会より一体感出ると30代男性社員


NEWS ポストセブン 6月2日(日)7時6分配信







 秋の風物詩だった学校の運動会が、春にも行われるようになって久しい。文化祭をはじめとする、秋に集中しがちだった学校行事を分散させるため、あるいは猛暑を避けるため、受験に配慮してなど、地区や学校ごとにその要因は様々のようだが、5~6月を中心とした「春の運動会」が根付きつつある。そしてもう一つ、いま広がっているのが「大人の運動会」だ。



「運動会を実施する企業は、ここ数年、確実に増えています」



 そう語るのは、企業などの運動会の企画・運営をおこなう「運動会屋」(運営:NPO法人ジャパンスポーツコミュニケーションズ)の代表、米司隆明さんだ。「運動会屋」は、会場の確保から種目のアレンジ、種目が決まれば綱引きの綱や玉入れの玉など用具を貸し出し、当日は審判から弁当の手配までを行う。そのほか、社員のケガを防ぐために準備運動を啓蒙し、スポーツ保険などの保険を案内するなど、プランに応じて運動会にまつわるすべてを演出・実行する。



 会社の運動会と言えば、かつては日本企業の伝統行事だったが、バブル崩壊後、時代の変化とともに90年代に激減した。なぜ、最近になって、見直されつつあるのか。米沢さんはここ数年の流れを、こう分析する。



「まず、4、5年前から、成果主義や職場のIT化の反動が起こり始めました。コミュニケーション不足や社員のうつ病などが社会問題になり、会社の行事が見直されるようになったんです。でも、そんな矢先に、リーマン・ショックが起きた。景気が悪くなると、福利厚生の予算は圧縮されます。でも、行事をゼロにはできない。じゃあ、一泊二日の社員旅行をやめて、一日で終わる運動会にしようという企業が増えました。その後、震災などの影響で、人間関係やつながりがさらに重要視されるようなりました。今年は景気も良くなってきて、大企業さんからの問い合わせも増えていますね」



 とはいえなぜ、他のリクリエーションではなく、運動会なのか。米沢さんは運動会の“参加のしやすさ”を挙げる。



「組織の全員で、例えば球技をするのは難しい。野球やサッカーだと、チームの人数が限られますし、できる人とできない人の差が大きいんです。その点、運動会の種目は、小中学校で一度はやったことのあるものですし、多くの人が参加しやすいんですね」



 ちなみに人気種目は、リレーや玉入れ、大縄跳びや綱引きなど、懐かしさを誘う定番のものだという。昨年から運動会を始めたIT企業の30代男性社員はこう語る。「体を動かすことは純粋に自分のためにもなるので、楽しかったです。飲み会で、つまらないなと思いながら上司の話を聞いているより、皆で何かに取り組むことで一体感も出るので、良いイベントだと思います」



 さらに昨今は、企業に限らず、フェイスブックなどのSNSなどを使って参加者を募集する、市民発案型の「大人の運動会」も増えているという。“ゲンキをリレーしよう”を合言葉にした「大人の運動会」(東京・板橋区で開催)には、昨年、約250名が参加したという。運動や出会いの場として、若者を中心に、運動会の人気が高まっているようだ。



 こうした状況について、スポーツ社会学が専門の関西大学・杉本厚夫教授は、スポーツのあり方が変化していると指摘する。



「運動会には団体種目が多いですから、必然的に、“支え合う”ことになります。震災以降、支え合いが様々な局面で求められるようになり、スポーツのあり方も変わってきました。たとえばマラソン大会には、ペアやグループでエントリーする人が増えています。勝負や運動といった側面だけではなく、支え合う実感に、比重が置かれるようになっているんですね。日常生活で支え合うのは照れくさくても、童心に戻るスポーツを通してならやりやすい。企業や市民の運動会が増加している背景には、こうした流れがあると考えられます」



 今年は早くも梅雨入りしてしまったが、今後は季節を問わず、大人の運動会の号砲が鳴り響くようになるかもしれない。










http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130602-00000007-pseven-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FXトレンドレーダー


■スイッチポイントFX5通貨ペアセット通常版■月間8500pipsを見よ!


FXトレンドレーダー




異次元緩和策はキャッシュを増やさない政策だった!

年金受給放棄制度はあるのだろうか?

最近の株価の低迷の原因は、アベノミクスの第三の矢がしょぼすぎる

からだと、私は読んでいる。

「これでは、財政再建できない。」

そこで、思いついたのが、年金受給放棄制度。

裕福なお年寄りは、年金受給を望んでいない。

日本は、財政破綻寸前だけど、個人の金融資産は1400兆円。

そのほとんどを65歳以上のお年寄りが所有している。

それに加え、多額の年金が受給されたら迷惑ではないだろうか。

自分はお金持ちになっても、日本が財政破綻したら、

今までのようなサービスは受けられなくなる。

お金が紙くずになりかねない。

私自身も日本が財政破綻するくらいなら、年金の受取を拒否する。

年金の原資を財政再建に当てるなり、若者の負担を減らすようにしたらどうだろうか。

もっと、経済が活性化されて、明るくなるはずだと思う。

年金受給放棄をお年寄りの夢であり、ステータスにすればいい。

そして、現役世代も年金に頼らない経済力をつけることを

目標にすればいい。



アベノミクスは最高!なのか、それとも再考した方がいいのか? どう思います?

ご承知のように、アベノミクスに関しては絶賛する声もあれば、とんでもない政策だと批判する声もあるのです。

なかには、アホノミクスだなんて言う人もいる!

いずれにしても経済学に疎い人は、否、経済学を一通り学んだ人でも、どう判断したらいいのか分からないかもしれません。

何故ならば、ノーベル経済学賞を受賞した学者の中にも、アベノミクスを支持する人がいる一方で、アベノミクスを批判する学者も多い。それに、そもそもインフレを起こしたら何故経済が復活するのか、そのメカニズムがよく分からない。確かに物価が低下するような状況よりはいいかもしれないが、インフレが起きただけで全てが解決するのか、と。それは甘いのではないのか、と。

さらに、アベノミクスを支持する人々のなかにも、インフレを起こすことに成功すれば、景気が回復するという人もいれば、そうではなく、景気が回復するとともにインフレが起きるという人もいる。或いは、景気がよくなるから賃金が上り、インフレになるという人もいれば、賃金が上らないとインフレは起きないという人もいる。

つまり、アベノミクスを支持する人の意見といっても、千差万別!

で、結局、何故今までのところアベノミクスを支持する人が多かったかと言えば‥株価が上がっていたから、というだけの話ではないでしょうか?

しかし、その株価が、ご承知のように調整局面を迎えているので、改めてアベノミクスの効能が問われているのです。

再び問います、アベノミクスは最高なのか?

仮に5月23日以降の株価の乱高下が起きていなかったとするならば、今でもアベノミクス最高というムードが続いていたかもしれません。

しかし、現実には株価が暴落した。だから、アベノミクスを再考しなければいけない、というムードも出てきている。

例えば、アベノミクスはマイルドなインフレを起こして景気を良くするものであるというのが、そもそものリフレ派の主張だったと思うのですが、今のところ、前年同月比で見る限り物価はマイナスを続けており、その意味で効果は出ているとはまだ言えないのです。

その一方で、アベノミクスが急ピッチで円安をもたらしたのは事実。そして、そのお蔭で株価の上昇をもたらしたのも事実。

しかし、冷静になってみれば、幾ら円安が起きても輸出数量はまだ減少を続けているという恐ろしい現実がある。

結局、麻生財務相などがよく言うとおり、「景気は気から」ということで、気分を変えることに成功し、その結果、実際に景気がよくなっている、或いはそのように感じられる、というだけの話ではないのでしょうか?

しかし、そうやって主に気分によって支えられている景気だからこそ、逆にもろさもある。何かのきっかけで株価が低下すれば、今までの株価の上がり方が急ピッチすぎたから、と言い訳を言いたくなる。

結局、この5か月間ほどの景気回復の真相はそんなものでしかないのです。

これが、例えば、出生率が再び急速に上向いてきているとか、日本の企業の、海外を驚かせるような新商品の開発が続いているとか、というのであれば、話は全然違います。

現実は、黒田総裁が、マネタリーベースを2年で2倍にするという異次元の緩和策を採用しただけのことなのですから。

それだけのことで、実体経済をかくも急速に変えることができるのか、と。

それに、その異次元の緩和策についてなのですが‥マネタリーベースを2年間で2倍に増やすと日銀の黒田総裁は断言している訳ですが‥

だったら、今世の中に出回るお札が着実に増えているのでしょうか?

その辺のことをアベノミクスを支持する人々はどのように考えているのでしょうか?

マネタリーベースは着実に増えているが、お札の量が増える訳ではない、と思っている人がどれだけいるのでしょうか?

黒田氏のデビューはあれほど華々しかったのですが‥いずれにしてもこの2~3カ月間ほどにどれほど世の中に出回っているお札の量が増えていると思いますか?

次のグラフをご覧ください。


日銀券の量は横ばいだ!さあ、如何でしょう?日銀券は増えていると言うのか?

はっきり言って、横ばいでしょう!

確かに、日銀が大量に国債の保有量を増やしているために、日銀当座預金は着実に増えています。しかし、日銀券は、横ばいなのです。

これでどうやってインフレが実現できると言うのか?

もちろん、景気は気からと言うことで、そのような事実に人々が無頓着であれば、ひょっとしてインフレが起きるかもしれない。しかし、多くの人々が、日銀券は全然増えていないぞ、という認識を持ち始めたら、それこそ人々の気持ちはまた元の状態に戻ってしまうのではないでしょうか?

以上

http://bylines.news.yahoo.co.jp/ogasawaraseiji/20130601-00025380/
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FXの値動きを予想!ニューロFXPro版 最新のニューラルネットワークシステム搭載!


FXの値動きを予想!ニューロFX通常版 最新のニューラルネットワークシステム搭載!fxで堅実な資金運用を!


【BBF Advance】相場の「カベ」を捉え、トレードの精度を飛躍的に高めるFXトレード技術




前のページ 次のページ