Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

住宅ローンの金利は今後どうなるのか? ~借り換えと新規購入の両方に言える事~ - 中嶋 よしふみ

年金受給放棄制度はあるのだろうか?

最近の株価の低迷の原因は、アベノミクスの第三の矢がしょぼすぎる

からだと、私は読んでいる。

「これでは、財政再建できない。」

そこで、思いついたのが、年金受給放棄制度。

裕福なお年寄りは、年金受給を望んでいない。

日本は、財政破綻寸前だけど、個人の金融資産は1400兆円。

そのほとんどを65歳以上のお年寄りが所有している。

それに加え、多額の年金が受給されたら迷惑ではないだろうか。

自分はお金持ちになっても、日本が財政破綻したら、

今までのようなサービスは受けられなくなる。

お金が紙くずになりかねない。

私自身も日本が財政破綻するくらいなら、年金の受取を拒否する。

年金の原資を財政再建に当てるなり、若者の負担を減らすようにしたらどうだろうか。

もっと、経済が活性化されて、明るくなるはずだと思う。

年金受給放棄をお年寄りの夢であり、ステータスにすればいい。

そして、現役世代も年金に頼らない経済力をつけることを

目標にすればいい。




住宅ローンの金利は今後どうなるのか? ~借り換えと新規購入の両方に言える事~ - 中嶋 よしふみ


アゴラ 5月31日(金)14時16分配信




















写真を拡大
写真を拡大


住宅ローンの金利は今後どうなるのか? ~借り換えと新規購入の両方に言える事~ - 中嶋 よしふみ



写真を縮小
写真を縮小


住宅ローンの金利は今後どうなるのか? ~借り換えと新規購入の両方に言える事~ - 中嶋 よしふみ

住宅ローンの金利は今後どうなるのか? ~借り換えと新規購入の両方に言える事~




住宅ローン金利の上昇を、昨日報道各社が一斉に伝えた。朝日新聞では朝刊の一面で「住宅ローン金利引き上げ 来月分大手行、2カ月連続」として、10年固定が0.1%~0.2%上昇すると報じている。



すでに6月の住宅ローン金利を公表しているソニー銀行では、10年固定が1.406%から1.692%へ、0.286%も上昇した。この上昇幅についてソニー銀行は「1ヶ月でこれだけ上がる事は滅多に無い」とコメントを出しており、15年~20年超の固定金利も0.1%~0.2%ほど上昇している。■変動から固定へのシフトが一気に始まった。

これを受けてすでに住宅ローンを借りている多くの顧客が変動から固定への乗り換えを検討し、新規にローンを組む購入予定者も一気に固定へ流れていると言う。5月21日のワールドビジネスサテライトでは購入予定者の77.4%が固定金利での購入を検討していると伝えられた。



これらの動きは全て4月4日に公表された日銀の「異次元金融緩和」による金利上昇がきっかけとなっている。金利を引き下げるつもりがかえって上昇してしまったのが、ここ1.2ヶ月の金利の動きだ。



従来、自分は固定金利と変動金利の違いは損得の違いではなくリスクの違いである、将来の金利は事前に分からないと考えれば「固定金利はベストではなくてもベターな選択肢である」と説明してきた。この説明は今後もなんら変わりは無いが、昨今の動きをみていると金利について根本的な誤解もあるように思う。



■変動金利は上がらない。

まずは変動金利について、これはすぐに上がる状況では無い。こんなに金利が上がっているのになぜ?と思われるかもしれないが、以下のシンプルな関係を参考にされたい。



※連動するのは・・・

変動金利 → 短期金利 (原則として日銀がコントロール)

固定金利 → 長期金利 (マーケットで売買される10年国債の価格で金利が決まる)



現在上昇しているのは長期金利だ。住宅ローン金利は何に連動するかというと、変動金利は短期金利に、固定金利は長期金利に連動する。つまり連動する金利が違う。短期金利は上がっていないので、変動金利も上がっていない。



では短期金利と長期金利、それぞれがどのように決まるのか。これは両者で全く異なる。上に書いたとおり、日本銀行(日銀)がコントロールするのが短期金利で、マーケットで決まるのが長期金利だ。現在は金融緩和の真っ最中なので、日銀が短期金利をいきなり上げる事は考えられない。したがって、変動金利が来月とか再来月に急上昇する可能性は極めて低い。ここは多くの人が勘違いしている部分だ。



長期金利は景気変動、物価変動、信用不安など、様々な要因で国債が売買され、それが結果的に金利を上下させる。今の金利上昇は景気回復を織り込んだ「良い金利上昇」だと言われるが、ギリシャのようなデフォルトリスクを織り込んだ信用不安による「悪い金利上昇」だという指摘もある(この話は今回の記事とは関係が無いのでこれ以上言及しない)。



自分は現在のような低金利ならば長期固定の借り入れ・借り替え自体は正しい行動だと思うが、変動金利がいきなり上がるという予想は間違っている。ここはぜひ正確に認識をされたい。



■日銀は金利を引き上げるか?

日銀は何を基準に短期金利を上下させるかというと、基本的には物価を基準としている。物価上昇を抑えたい時は金利を引き上げ、景気を良くしたい時は金利を引き下げる。結果として金融緩和で物価上昇が起きる可能性がある。



金利の上下はアクセルとブレーキのようなもので、現在はゼロ金利で下限一杯まで金利を引き下げアクセル全開の状態だ。それでもまだ不景気なのでさらなる金融緩和をするにはこれ以上の事をやらなければいけない……という事で、従来から国債や株を大量に購入してきた。この規模を思い切り拡大したのが現在の異次元金融緩和だ。



ただし、総理のブレーンと言われる経済学者の浜田宏一内閣官房参与は海外メディアの取材に、金融政策について従来と大きく異なる発言をしている。「2%のインフレ(物価上昇)は手段であって、目標はあくまで経済成長。1%のインフレで経済成長の目標が達成できるのであればそれに越した事は無い」と、何が何でも2%のインフレを目指すという日銀の目標とは随分異なる内容だ。この発言は今後の金融政策、ひいては金利の動向にも影響を与える可能性は高い。



「インフレ率が2%になるまで日銀は短期金利を上げない、だから変動金利もそんなに簡単に上がらない」と、中途半端に知識がある人ほど誤解しているようだが、そうはならない可能性は十分ある。政策は一度決まっても変更はいくらでもありうるので、注意が必要だ。



では今後金利はどうなっていくのか。これは変動と固定の金利差が拡大するという形になるだろう。



■金利差の拡大で起きる事。

例えば、みずほ銀行の変動金利と固定金利(35年・全期間固定)の金利差は、現在1.175%~1.375%となっている。幅があるのは長期金利が2.25%に対して、変動金利は頭金の割合や審査内容によって0.875%から1.075%まで幅があるからだ。



過去の推移を考えると、現在の金利差はほぼ最低水準だ。この状況は過去1年ほど継続していたが、今後は変わる可能性が高い。つまり金融緩和中なので変動金利は横ばいとなる一方、長期金利が上昇傾向に入ったとすれば固定金利も上がる。結果として金利差が拡大する、という状況だ(他行やフラット35なども併せて考えると、過去には2%程度の金利差があった時期もある)。



以前から言われていた事は「金利が低いうちは変動金利で借りて、金利が上がり始めたら固定金利に乗り換えれば良い」といったテクニックだ。これは一見すると正しそうに見えるが「固定金利と変動金利は同じように動く」という間違った前提がある。株価が景気に先行して動くように、マーケットで決まる長期金利は短期金利に先行して動く。



現状では将来変動金利が動き初めてから固定金利に乗り換えるのでは手遅れとなる可能性がある。ローン残高が大幅に減っていればあまり問題は無いが、物価上昇が急激に進み、早期に短期金利が引き上げられた場合、ローン残高が多ければ利息負担の増加も大きい。その時点で固定へ乗り換えて金利変動リスクから逃げたいと考えても、固定金利は先行してもっと上がっている……という事だ。



変動から固定への乗り換えは「変動金利の上昇」ではなく「固定金利の上昇」を見て決めるべきだ。現在の借り換えブームは変動金利がすぐに上がってしまうという誤解に基づいているようにも思うが、それが固定金利への乗り換えという正しい行動につながっているのは、何とも奇妙な状況だ。



■今後どうすれば良いのか。

変動金利で借りても良い人は、借り入れ額が少ない人、借り入れ期間が短い人、金利上昇で返済額が増えても問題が無い人、つまり金利上昇リスクが少ない人かリスクに耐えられる人だけなので、全体からみれば少数派だろう。また、そういった人でも変動金利で借りた方が必ず得をするわけでもないので、金利変動をヤキモキしながら見ているのが嫌な人は固定金利の方がましだろう。



また、今は問題が無くても、将来収入が減る、住宅とは全く別の問題(病気や怪我、両親の介護など)が発生するなど、どれ位リスクに耐えられるかはその時々で大きく変わる。株式投資ならば失敗したと思えばいつでも逃げられるが、住宅ローンからは簡単に逃げられない。



つまり、金利変動リスクは単体で考えるのではなく、その他のリスクも併せて考えなければいけない。これは他に誰も考えてくれないので完全に自己責任だ。住宅購入を考えている人に、普段のレッスンや相談でこのような話をすると「そこまで考えていませんでした」と言われる事も多い。考え過ぎると買えなくなってしまうという問題もあるが、少なくとも事前にリスクを考えておいて損をする事は無い。



■リスクという視点。

固定金利が変動金利より高い理由は金利変動リスクを避けるためのコストが上乗せされていると考えれば良い。つまり金利の選択は金利変動リスクを貸し手と借り手のどちらが背負うのか?というリスクの問題であって、どちらが得か?という損得の問題ではない。



たまに見かける「変動金利の上がり方がこれ位ならば固定金利よりも変動金利の方が得」といった将来のシミュレーションもほとんど意味が無い。金利は株価と同じで予想出来ないからだ。株価が毎年5%づつ順調に値上がりすれば30年後にあなたはこれ位儲かってますよ、と言われて信じる人は居ないだろう。マーケットで決まる株価や金利が予想通りに動くなら損をする人は居ない。リスクを損得で考えている限り正しい答えは出ない、という典型だ。



住宅販売の現場では変動金利を前提とした返済額を提示して「家賃より低い返済額で持ち家を持てる」というアドバイスをする事は多いようだが、これがいかに間違っているかは「5000万円のマンションは月12万円の支払いで買えるのか?」で説明した。



家を買ってローンを組む事は不動産投資と同様のリスクがある。家を買って自分が住めば持ち家、人に貸せば不動産投資、という事で不動産を保有する事からメリットを得るという意味ではどちらも同じだ。不動産投資のリスクに加えて金利変動リスクまで背負うのは、リスクの取りすぎだろう。



住宅に関する記事はこちらにまとめた。

●住宅購入に関する記事のまとめ。



住宅・経済関連の記事はこちらも参考にされたい。

●持ち家は資産か? 持ち家に関する二つの幻想

●そろそろ決着をつけたい「持ち家と賃貸はどちらが得か?」というくだらない論争

●マイホームは老後に買え! ~人口減少社会へ迅速に対応する「企業活動」のリスク~

●「持ち家と賃貸はどっちが得か?」とか「家賃を払うのはもったいない」とかいまだに言ってる不動産業者やファイナンシャルプランナーは、相当ヤバイ その1  その2

●池上彰さんが心配して、総理大臣が否定するハイパーインフレについて。

●女子大生でも分かる、3年間の育児休暇が最悪な結果をもたらす理由



いずれにせよ一般的な住宅購入で、数千万円の住宅ローンを20年~30年以上の長期で組むのであれば、「固定金利が無難」という結論に変わりは無い。人生には様々なリスクがあり、取らずに済むリスクをあえて取る必要はありませんよ、というのが自分からのアドバイスだ。



中嶋よしふみ

シェアーズカフェ・店長 ファイナンシャルプランナー

シェアーズカフェのブログ

ツイッターアカウント @valuefp  フェイスブックはこちら

※更新情報はSNSで告知しています。



(中嶋 よしふみ)





中嶋 よしふみ







http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130531-00010000-agora-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



ForexAtumRobot 4種類のロジックを搭載したマルチロジック自動売買システム


ForexAtumRobot 4種類のロジックを搭載したマルチロジック自動売買システム


『New Balancer』 EXpansion感知プログラム&強力シグナル機能付きインジケーター




ポルトガル銀行、景気支援へ融資増やす用意=コスタ中銀総裁

年金受給放棄制度はあるのだろうか?

最近の株価の低迷の原因は、アベノミクスの第三の矢がしょぼすぎる

からだと、私は読んでいる。

「これでは、財政再建できない。」

そこで、思いついたのが、年金受給放棄制度。

裕福なお年寄りは、年金受給を望んでいない。

日本は、財政破綻寸前だけど、個人の金融資産は1400兆円。

そのほとんどを65歳以上のお年寄りが所有している。

それに加え、多額の年金が受給されたら迷惑ではないだろうか。

自分はお金持ちになっても、日本が財政破綻したら、

今までのようなサービスは受けられなくなる。

お金が紙くずになりかねない。

私自身も日本が財政破綻するくらいなら、年金の受取を拒否する。

年金の原資を財政再建に当てるなり、若者の負担を減らすようにしたらどうだろうか。

もっと、経済が活性化されて、明るくなるはずだと思う。

年金受給放棄をお年寄りの夢であり、ステータスにすればいい。

そして、現役世代も年金に頼らない経済力をつけることを

目標にすればいい。




ポルトガル銀行、景気支援へ融資増やす用意=コスタ中銀総裁


ロイター 5月30日(木)23時54分配信







[リスボン 30日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのポルトガル中銀のコスタ総裁は30日、同国の銀行は支払い能力と流動性を改善してきており、低迷する景気を支えるために貸し出しを増やす用意ができていると述べた。



コスタ総裁はロイターとTSFラジオ共催の会議で、「自己資本規制の強化とストレステスト(健全性審査)の実施によって金融システムの安定が向上するばかりでなく、預金者の信頼感が増すことになる」と述べた。



ポルトガルの銀行にとって主要な問題は利益率の低下と不良債権だと指摘しながらも、「今の我々は、より強固な銀行システムを持っており、ポルトガル景気の持続回復のための資金供給能力が高まっている」と語った。



ポルトガルの成長率は今年、マイナス2.3%になると予想されており、1970年代以降最悪のリセッション(景気後退)に見舞われている。



コスタ総裁は、銀行が貸し出しを増やして、信用供給を改善するようになるためにはさらなる措置が必要だと述べた。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130530-00000105-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FXで簡単に稼ぐ裏技!クイックFXで証券会社の乖離を突いて短期間で利益を確定!fxはこんなに簡単なんです!


FX・投資系アフィリエイトサイト自動生成ツール【FXA-Grande】&【フラクタル・アフィリ】


幸せと豊さをもたらすFXトレードストーリー[FX入門&初心者編]




焦点:上昇する米住宅ローン金利、FRBの狙いと逆行

年金受給放棄制度はあるのだろうか?

最近の株価の低迷の原因は、アベノミクスの第三の矢がしょぼすぎる

からだと、私は読んでいる。

「これでは、財政再建できない。」

そこで、思いついたのが、年金受給放棄制度。

裕福なお年寄りは、年金受給を望んでいない。

日本は、財政破綻寸前だけど、個人の金融資産は1400兆円。

そのほとんどを65歳以上のお年寄りが所有している。

それに加え、多額の年金が受給されたら迷惑ではないだろうか。

自分はお金持ちになっても、日本が財政破綻したら、

今までのようなサービスは受けられなくなる。

お金が紙くずになりかねない。

私自身も日本が財政破綻するくらいなら、年金の受取を拒否する。

年金の原資を財政再建に当てるなり、若者の負担を減らすようにしたらどうだろうか。

もっと、経済が活性化されて、明るくなるはずだと思う。

年金受給放棄をお年寄りの夢であり、ステータスにすればいい。

そして、現役世代も年金に頼らない経済力をつけることを

目標にすればいい。




焦点:上昇する米住宅ローン金利、FRBの狙いと逆行


ロイター 5月30日(木)14時6分配信










焦点:上昇する米住宅ローン金利、FRBの狙いと逆行


5月29日、米住宅ローン金利の上昇は、住宅市場の回復をめぐり連邦準備理事会(FRB)に懸念を抱かせかねない。写真はワシントンの住宅前に置かれた「売り出し中」の看板と米国旗。昨年8月撮影(2013年 ロイター/Jonathan Ernst)





[ワシントン 29日 ロイター] - 米住宅ローン金利の上昇は、住宅市場の回復をめぐり連邦準備理事会(FRB)に懸念を抱かせかねないが、今のところFRBが修正に乗り出すようにはみえない。



抵当銀行協会(MBA)が29日発表した24日までの週の30年住宅ローン金利平均(固定、手数料除く)は前週から12ベーシスポイント上昇し3.90%となり、昨年5月以来の高水準となった。上昇幅は14カ月ぶりの大きさだった。



住宅市場に詳しいセントルイス地区連銀のエコノミスト、ビル・エモンズ氏は「大規模な資産購入は一般的に、そうした長期金利の低下を促すためだ。長期金利の上昇は、彼ら(FRB)の狙いと逆行している」と指摘する。



FRBは借り入れコストの低下を狙い、月額で国債を450億ドル、住宅ローン担保証券(MBS)を400億ドル買い入れている。



ただ、債券利回りは、バーナンキFRB議長が先週、米経済が一段と健全な道のりをたどっているとみられれば、今後数回以内の会合で資産買い入れペースの減速を開始することもあり得ると発言して以降、急速に上昇している。



こうした(資産買い入れを縮小する)考えは、ハト派とされるボストン地区連銀のローゼングレン総裁が29日に「労働市場と経済全般の成長率が徐々に回復する状態があと数カ月続いた場合、資産買い入れペースの若干の緩和を検討することが理にかなうかもしれない」と発言したことで、一層注目を集めている。



FRBの超緩和的な金融政策の大部分は、住宅需要の刺激を狙ったものだ。住宅需要を押し上げることで雇用と投資に直接つながる建設業界を潤すだけでなく、住宅価格の上昇も図ることができる。



住宅価格上昇に伴う資産効果で、モノやサービスへの支出が増えることが期待され、それがさらなる雇用につながる。



家計が低金利環境下で既存住宅ローンの借り換えを行い、浮いたキャッシュを支出に回せば、景気にもプラスとなる。



ただ、MBAによると、住宅ローン金利の上昇を受け、先週の借り換え向けローン申請指数は12.3%急低下し、今年最大の下げを記録した。



<依然として歴史的には低水準>



JPモルガンのエコノミスト、マイク・フェロリ氏は、FRBはおそらく低水準の住宅ローン金利を望んでいるのだろうとしつつ、「彼ら(FRB)がそれほど住宅ローン金利を低くしたいと考えているとは思えない」と指摘する。



住宅市場の回復でFRBは自信を強めており、FRBは債券買い入れプログラム、量的緩和(QE)が功を奏している証拠だと指摘している。



S&P/ケース・シラー住宅価格指数によると、3月の米住宅価格は前年同月比10.3%上昇した。



ただ、2006年のピークは依然として大きく下回っており、カリフォルニアといった地域が突出して堅調だったことも3月の指数上昇につながっている。こうした事情が、住宅市場の回復が本物なのかどうかをめぐり疑念も生じさせている。



一方で、市場のファンダメンタルズがしっかりしていれば、住宅ローン金利の上昇はとりあえず、住宅価格の上昇に自信を感じている住宅購入者による需要を反映したものだといえる。



不動産専門家のウィスコンシン大学マディソン校のモリス・デービス准教授(経済学)は「住宅ローン金利がたとえ(上昇方向に)戻しても、金利は依然として歴史的低水準にあるとの雰囲気がある」と指摘。「(住宅ローン)金利が5.5か6.0%に上昇すれば、おそらく『待てよ。今は買い時でも建て時でもないのではないか』との声が出てくるのではないか」と話した。



( Alister Bull記者;翻訳 川上健一;編集 内田慎一)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130530-00000055-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



アフィリエイトサイト・ブログ記事自動生成ツール【FXA-Grande】&【FXA-Master】 -FX・投資系-


普遍的且つパワフルなFXトレード戦略Multi tradeFX(マルチトレードFX) NEO


滑舌矯正書




FRBに無理難題ふっかけても期待に応えられず-ボルカー氏

年金受給放棄制度はあるのだろうか?

最近の株価の低迷の原因は、アベノミクスの第三の矢がしょぼすぎる

からだと、私は読んでいる。

「これでは、財政再建できない。」

そこで、思いついたのが、年金受給放棄制度。

裕福なお年寄りは、年金受給を望んでいない。

日本は、財政破綻寸前だけど、個人の金融資産は1400兆円。

そのほとんどを65歳以上のお年寄りが所有している。

それに加え、多額の年金が受給されたら迷惑ではないだろうか。

自分はお金持ちになっても、日本が財政破綻したら、

今までのようなサービスは受けられなくなる。

お金が紙くずになりかねない。

私自身も日本が財政破綻するくらいなら、年金の受取を拒否する。

年金の原資を財政再建に当てるなり、若者の負担を減らすようにしたらどうだろうか。

もっと、経済が活性化されて、明るくなるはずだと思う。

年金受給放棄をお年寄りの夢であり、ステータスにすればいい。

そして、現役世代も年金に頼らない経済力をつけることを

目標にすればいい。




FRBに無理難題ふっかけても期待に応えられず-ボルカー氏


Bloomberg 5月30日(木)10時24分配信







  5月29日(ブルームバーグ):元米連邦準備制度理事会(FRB)議長のポール・ボルカー氏は29日、FRBはあまりに多くの行動を求められれば期待に応えられないだろうとの認識を示した。





ボルカー氏はニューヨーク・エコノミック・クラブで「金融政策を何とかして物価安定と完全雇用という2つ目標に向かわせるべきだという2つの責務を語ることが流行している」と述べた上で、「流行であろうがなかろうが、こうした責務は運営上混乱を招きやすく、結局は幻想に終わると思う」と語った。





失業率が前回のリセッション(景気後退)前を上回る7.5%に高止まりしていることから、米連邦公開市場委員会(FOMC)は5月1日、雇用の促進を目指し、月間で住宅ローン担保証券(MBS)を400億ドル、米国債を450億ドル購入するペースを維持することで一致。インフレ率と労働市場の変化に対応しながら毎月の債券購入ペースを加速ないし減速するする方針も示した。





ボルカー氏は「例えば、誤った財政政策の容認や構造的な不均衡への対処、安定と成長と完全雇用の仮想的な円を四角にするような無理難題など、あまりに多くのことを求められ過ぎれば、期待に応えられないのは当然だろう」と指摘。こうした努力によって「物価安定という基本的な責務を見失う」状況に陥りかねないと警告した。





原題:Volcker Says Fed Will ‘Fall Short’ by Being Asked to DoToo Much(抜粋)





記事に関する記者への問い合わせ先:ニューヨーク John Detrixhe jdetrixhe1@bloomberg.net





記事についてのエディターへの問い合わせ先:Chris Wellisz cwellisz@bloomberg.net





John Detrixhe




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130530-00000029-bloom_st-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



Orbit FX Tools


s0310【楽販アフィリオ】最大30日間無料!4つのFXコピートレードが使い放題!PATS-FXサービス


●FX利益が 1200% 増える 73分の秘密、”あげます”(無料)




中元商戦“プラスワン”喚起 特産品や高級食品など目玉

年金受給放棄制度はあるのだろうか?

最近の株価の低迷の原因は、アベノミクスの第三の矢がしょぼすぎる

からだと、私は読んでいる。

「これでは、財政再建できない。」

そこで、思いついたのが、年金受給放棄制度。

裕福なお年寄りは、年金受給を望んでいない。

日本は、財政破綻寸前だけど、個人の金融資産は1400兆円。

そのほとんどを65歳以上のお年寄りが所有している。

それに加え、多額の年金が受給されたら迷惑ではないだろうか。

自分はお金持ちになっても、日本が財政破綻したら、

今までのようなサービスは受けられなくなる。

お金が紙くずになりかねない。

私自身も日本が財政破綻するくらいなら、年金の受取を拒否する。

年金の原資を財政再建に当てるなり、若者の負担を減らすようにしたらどうだろうか。

もっと、経済が活性化されて、明るくなるはずだと思う。

年金受給放棄をお年寄りの夢であり、ステータスにすればいい。

そして、現役世代も年金に頼らない経済力をつけることを

目標にすればいい。




中元商戦“プラスワン”喚起 特産品や高級食品など目玉


SankeiBiz 5月30日(木)8時15分配信










中元商戦“プラスワン”喚起 特産品や高級食品など目玉


日本橋高島屋には振分親方(元小結・高見盛)も応援に駆けつけた=29日、東京都中央区(写真:フジサンケイビジネスアイ)





 大手百貨店の中元商戦が29日、本格スタートした。安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」効果の恩恵を真っ先に受けて宝飾品などの販売好調に活気付く中、各社はえりすぐりの特産品や数量限定の高級食品など、贈る以外にも「自宅へ取り寄せたくなる品」を集めて“プラスワン需要”を喚起し、8月上旬までのシーズン中に前年を上回る売り上げを目指す。



 日本橋高島屋(東京都中央区)は決起集会を開き、そろいの法被(はっぴ)を着た店員や一日店長を務める大相撲の振分親方(元高見盛)ら約100人が「頑張ろう」と気勢を上げた。



 中元・歳暮需要は景気変動の波を受けにくいとされ、同店も今シーズンの平均単価は約4500円と例年並みだが、売り場には2万円台の輸入ワインや国産フルーツ詰め合わせといった高級品も集めた。インターネット販売も含めた商品数は、過去最大の約4500品目を準備し、売上高全体で前年比3%増を目指す。



 開店と同時に訪れた千葉県船橋市の主婦(63)は「毎年贈る相手なので、品物や価格帯はあまり変えられない」としつつも「景気回復ムードに乗って、今年は自宅にも取り寄せようかしら」と目移りしていた。



 同日ギフトセンターを開いた三越日本橋本店(同区)は「味覚の冒険」と題し、秋田県産のじゅんさい鍋セット(5250円)など夏ならではの企画商品を打ち出す。老舗の名品を集めた数量限定ギフトは、昨年より4割多い98品目に強化、商戦前半の販売拡大を図る。



 そごう・西武は、食品ギフト「食源探訪」シリーズを少ないサイズと価格で販売する「お試しギフト」を導入。贈り物と同じ商品を自宅でも楽しんでもらい、売り上げ増につなげる。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130529-00000011-fsi-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



【FXTRADEフィナンシャル・ロンナルフォレック対応】アキュレートバイナリー


【FXTRADEフィナンシャル・ロンナルフォレック対応】アキュレートバイナリー


逆張りを恐怖から安心したトレードに変えるドラゴンアタックFX(Dragon Attack FX) NEO




今後10年間を「回復の10年」と位置づける方針 経済財政諮問会議

年金受給放棄制度はあるのだろうか?

最近の株価の低迷の原因は、アベノミクスの第三の矢がしょぼすぎる

からだと、私は読んでいる。

「これでは、財政再建できない。」

そこで、思いついたのが、年金受給放棄制度。

裕福なお年寄りは、年金受給を望んでいない。

日本は、財政破綻寸前だけど、個人の金融資産は1400兆円。

そのほとんどを65歳以上のお年寄りが所有している。

それに加え、多額の年金が受給されたら迷惑ではないだろうか。

自分はお金持ちになっても、日本が財政破綻したら、

今までのようなサービスは受けられなくなる。

お金が紙くずになりかねない。

私自身も日本が財政破綻するくらいなら、年金の受取を拒否する。

年金の原資を財政再建に当てるなり、若者の負担を減らすようにしたらどうだろうか。

もっと、経済が活性化されて、明るくなるはずだと思う。

年金受給放棄をお年寄りの夢であり、ステータスにすればいい。

そして、現役世代も年金に頼らない経済力をつけることを

目標にすればいい。


政府の経済財政諮問会議は、中長期の経済財政運営の指針となる「骨太の方針」について議論した。今後10年間を「回復の10年」と位置づける方針。
安倍首相は「経済再生と財政健全化の両立を図ることを、明確にしていただきたいと思う」と述べた。
会議では、民間議員が今後10年間を「回復の10年」と位置づけ、アベノミクスの「3本の矢」の効果を国民が感じられるよう、実質賃金の上昇、雇用拡大に向けた取り組みを求めた。
また、輸入物価の上昇や金利動向への配慮、消費税率を引き上げたあとに景気が落ち込まないように、住宅ローン減税の拡充などを提言した。
一方、予算編成では、社会保障や地方財政の見直しで、財政健全化に取り組むよう求めている。
政府は、6月14日に「骨太の方針」を閣議決定する方針。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20130529-00000929-fnn-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



経済指標ターゲット 全自動トレードシステム「ハンターFX」


経済指標ターゲット 全自動トレードシステム「ハンターFX」


VictoryFX_ZERO(ビクトリーFXゼロ)過去10年間無敗のFX自動売買プログラム




(地域発・企業発)縮む京葉コンビナート 大手相次ぎ生産縮小発表、工場海外移設続く

年金受給放棄制度はあるのだろうか?

最近の株価の低迷の原因は、アベノミクスの第三の矢がしょぼすぎる

からだと、私は読んでいる。

「これでは、財政再建できない。」

そこで、思いついたのが、年金受給放棄制度。

裕福なお年寄りは、年金受給を望んでいない。

日本は、財政破綻寸前だけど、個人の金融資産は1400兆円。

そのほとんどを65歳以上のお年寄りが所有している。

それに加え、多額の年金が受給されたら迷惑ではないだろうか。

自分はお金持ちになっても、日本が財政破綻したら、

今までのようなサービスは受けられなくなる。

お金が紙くずになりかねない。

私自身も日本が財政破綻するくらいなら、年金の受取を拒否する。

年金の原資を財政再建に当てるなり、若者の負担を減らすようにしたらどうだろうか。

もっと、経済が活性化されて、明るくなるはずだと思う。

年金受給放棄をお年寄りの夢であり、ステータスにすればいい。

そして、現役世代も年金に頼らない経済力をつけることを

目標にすればいい。



(地域発・企業発)縮む京葉コンビナート 大手相次ぎ生産縮小発表、工場海外移設続く


朝日新聞デジタル 5月28日(火)16時0分配信
(有料記事)











(地域発・企業発)縮む京葉コンビナート 大手相次ぎ生産縮小発表、工場海外移設続く


2015年度末までに休止する高炉=新日鉄住金の君津製鉄所







 日本有数の工業地帯「京葉臨海コンビナート」(千葉県)が縮みはじめた。生産を支えてきた新日鉄住金と住友化学が今年、相次いで主力設備の停止を決めたからだ。地元自治体は雇用や地域経済への影響を心配し、商業施設の誘致に活路を見いだそうとしている。



 東京湾岸の君津、富津、木更津の3市にまたがる新日鉄住金の君津製鉄所。東京ドーム約220個分の敷地に、高さ約100メートルの高炉3基がそびえたつ。鉄をつくる主力設備で、24時間休まずに動く。

 だが今年3月、3基のうち1基を2015年度末までに止めると発表した。製鉄所の社員は約3600人、関係会社では約1万5千人が働く。……

本文:1,548文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。








  • 通常価格:

    月額380円(初月無料)


  • プレミアム会員価格プレミアム会員価格:
    月額315円(初月無料)




サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。



Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額399円)






朝日新聞社




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130528-00000014-asahik-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



【驚愕!】アキュレートバイナリー


【驚愕!】アキュレートバイナリー


FX風林火山 5万円で始めるFX起業 FX風林火山




消費税引き上げの先送り許されない 経団連提言

年金受給放棄制度はあるのだろうか?

最近の株価の低迷の原因は、アベノミクスの第三の矢がしょぼすぎる

からだと、私は読んでいる。

「これでは、財政再建できない。」

そこで、思いついたのが、年金受給放棄制度。

裕福なお年寄りは、年金受給を望んでいない。

日本は、財政破綻寸前だけど、個人の金融資産は1400兆円。

そのほとんどを65歳以上のお年寄りが所有している。

それに加え、多額の年金が受給されたら迷惑ではないだろうか。

自分はお金持ちになっても、日本が財政破綻したら、

今までのようなサービスは受けられなくなる。

お金が紙くずになりかねない。

私自身も日本が財政破綻するくらいなら、年金の受取を拒否する。

年金の原資を財政再建に当てるなり、若者の負担を減らすようにしたらどうだろうか。

もっと、経済が活性化されて、明るくなるはずだと思う。

年金受給放棄をお年寄りの夢であり、ステータスにすればいい。

そして、現役世代も年金に頼らない経済力をつけることを

目標にすればいい。



消費税引き上げの先送り許されない 経団連提言


エコノミックニュース 5月28日(火)8時20分配信







 日本経済団体連合会は27日、「わが国財政への内外からの信認維持のためにも消費税率の引き上げを先送りすることは許されない」などとした財政健全化と効率的な財政運営に向けた提言をまとめた。



 消費税率引き上げを着実なものにするために、景気回復を確実なものとすべきとし、成長戦略の実行と消費税率10%までの着実な引き上げを提言した。



 また財政健全化目標達成までの道筋を明確にすべきとし、2020年度までにプライマリーバランス黒字化達成への新たな財政フレームの再構築を求め、毎年度の収支改善の見える化や本格的な歳出抑制の実行を求めている。特に公務員人件費の適正化など国民の期待に応える取り組みの重要性もあげた。



 経済団体連合会は「財政健全化への取り組みは現世代の大きな責任」とし「経済界としても民主導の持続可能な経済成長を実現し、政府の財政再建に向けた取り組みに貢献する」姿勢を示した。(編集担当:森高龍二)





Economic News







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130528-00000012-economic-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



【本日終了!】トレンドハンターFX 世界最高レベル、年利12,000%の驚きのトレード手法!トレハンFX


【本日終了!】トレンドハンターFX 世界最高レベル、年利12,000%の驚きのトレード手法!トレハンFX


ソーシャルFX




通常の15倍カネ貰える美術品運送 「休みない」と嬉しい悲鳴

年金受給放棄制度はあるのだろうか?

最近の株価の低迷の原因は、アベノミクスの第三の矢がしょぼすぎる

からだと、私は読んでいる。

「これでは、財政再建できない。」

そこで、思いついたのが、年金受給放棄制度。

裕福なお年寄りは、年金受給を望んでいない。

日本は、財政破綻寸前だけど、個人の金融資産は1400兆円。

そのほとんどを65歳以上のお年寄りが所有している。

それに加え、多額の年金が受給されたら迷惑ではないだろうか。

自分はお金持ちになっても、日本が財政破綻したら、

今までのようなサービスは受けられなくなる。

お金が紙くずになりかねない。

私自身も日本が財政破綻するくらいなら、年金の受取を拒否する。

年金の原資を財政再建に当てるなり、若者の負担を減らすようにしたらどうだろうか。

もっと、経済が活性化されて、明るくなるはずだと思う。

年金受給放棄をお年寄りの夢であり、ステータスにすればいい。

そして、現役世代も年金に頼らない経済力をつけることを

目標にすればいい。



通常の15倍カネ貰える美術品運送 「休みない」と嬉しい悲鳴


NEWS ポストセブン 5月28日(火)7時5分配信







 アベノミクス効果による景気回復を実感できない人もいれば、実際に恩恵を受けている人もいる。都内の天然皮革の輸入業者は「突然忙しくなった」と白い歯を見せた。



「ウチは国産の高級財布ブランドに牛革を卸しているんですが、最近、注文が殺到しています。聞くところによると、お札がたくさん入る長財布に買い替える人が増えたそうで。これもアベノミクスの効果だろうって社員は喜んでます」



 この5月、日経平均株価は5年ぶりに1万5000円を突破。東証1部の上場株時価総額は昨年10月の257兆円から、今年4月には405兆円になり、約150兆円もの値上がりを見せた。



 トレーダーをはじめとした投資関係者は株高の恩恵を享受しているのは当然のこと。ただし、バブルは彼らだけのものではない。「カネは経済の血液」といわれる。本誌がその血液の流れを徹底的に追っていくと、冒頭の皮革業者のように意外なところにも行き着いていることがわかった。



 都内のある小規模運送会社も「休みがない」と嬉しい悲鳴を上げる。この業者は引っ越しなどを請け負う他に、美術品などの輸送も手がけている。



「絵画や浮世絵、高価な壺などの骨董品を買う人が増えて、美術品運送を頼まれることが多くなりました。専門のスタッフが細心の注意を払って運ぶので手間がかかりますが、通常の荷物運送の15倍程度の料金なので利益率がすこぶるいい。



 ウチのお得意様の美術商にいわせると、『国内の美術品の価値はまだまだ株高ほど上がっていない。バブル期の10分の1程度の値で買える今こそ、仕込みのチャンス』らしいです。高級マンションの自宅に運ぶケースも多いので、株で儲けたセレブも増えている実感があります。皆さん、いいお客さんですよ」



※週刊ポスト2013年6月7日号










http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130528-00000001-pseven-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



ツール起業塾 298,000円


南関キング地方競馬予想ソフト【終身ライセンスソフト】もうすぐ値上げ!!


7月21日(日) 【セミナー】金持ちサラリーマン育成講座




豪ドル、小動き=対ユーロで1年半ぶり安値〔シドニー外為・債券〕(27日)

年金受給放棄制度はあるのだろうか?

最近の株価の低迷の原因は、アベノミクスの第三の矢がしょぼすぎる

からだと、私は読んでいる。

「これでは、財政再建できない。」

そこで、思いついたのが、年金受給放棄制度。

裕福なお年寄りは、年金受給を望んでいない。

日本は、財政破綻寸前だけど、個人の金融資産は1400兆円。

そのほとんどを65歳以上のお年寄りが所有している。

それに加え、多額の年金が受給されたら迷惑ではないだろうか。

自分はお金持ちになっても、日本が財政破綻したら、

今までのようなサービスは受けられなくなる。

お金が紙くずになりかねない。

私自身も日本が財政破綻するくらいなら、年金の受取を拒否する。

年金の原資を財政再建に当てるなり、若者の負担を減らすようにしたらどうだろうか。

もっと、経済が活性化されて、明るくなるはずだと思う。

年金受給放棄をお年寄りの夢であり、ステータスにすればいい。

そして、現役世代も年金に頼らない経済力をつけることを

目標にすればいい。


【シドニー、ウェリントン・ロイターES=時事】週明け27日のシドニー外国為替市場の豪ドル相場は、対ユーロで1年半ぶり安値水準に下落したほか、対米ドルでは約1年ぶり安値よりも高い水準を維持した。市場はリスクセンチメントの悪化を警戒している。
 豪ドルは0521GMT時点で1豪ドル=0.9627米ドルと小動き。24日ニューヨーク市場では0.9645米ドルだった。先週付けた約1年ぶり安値の0.9593米ドルに依然としてかなり近い水準にある。
 ユーロが対豪ドルで1ユーロ=1.3460豪ドルと、11月以来の高値に上昇する中、豪ドルの貿易加重指数は1年ぶり低水準近辺の74.3。
 シンガポールのロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)のストラテジスト、グレッグ・ギブス氏は市況について「(A)欧州危機をめぐる懸念が大幅に減少したことと、(B)中国の見通しの悪化」が影響していると説明。ユーロが1ユーロ=1.4000豪ドルに向け上昇すると予想する。
 ユーロの対豪ドル相場は直近で1ユーロ=1.3418豪ドル。米国と英国がこの日祝日で休場になることから、商いは通常より閑散としている。
 ユーロは4月上旬以来10%近く上昇しており、さらに5、10、20日移動平均が上向きである中、この勢いが反転することを示唆する材料はほとんどない。
 トレーダーらによると、ストップロスが1.3500豪ドル超の水準に設定されており、これを上抜ければ、2011年11月の高値1.3809豪ドルに向けた上昇に道が開かれるという。
 豪ドルは米ドルに対しては今月7%下落。米連邦準備制度理事会(FRB)が近く景気刺激策を縮小するとの臆測が背景。
 米商品先物取引委員会(CFTC)によると、投機筋による豪ドルのショートポジション(ネットベース)は先週、その前の週の1万3450枚から、3万2409枚に急増した。
 豪ドルの主要な下値支持線は12年の安値0.9581米ドルとみられており、これを割り込むと、11年10月以来の安値0.9388米ドルへの下落に向け道が開く。直近の上値抵抗線は0.9700米ドル。
 ニュージーランド(NZ)ドルは対米ドルで1NZドル=0.8074米ドルと、取引序盤の0.8106米ドルから軟化。先週は8カ月半ぶり安値の0.8006米ドルを付けた。今月に入って5%超下落している。
 市場関係者は、FRBが量的緩和策を早期に縮小するとの臆測に端を発した米ドルの強気相場は行き過ぎのように見えるが、NZドル相場を圧迫し続ける公算が大きいと述べた。
 豪債券先物相場は堅調で、3年債先物は0.02ポイント高の97.420、10年債先物は同程度上伸し、96.710。(了)
..
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20130527-00000071-jijnb_st-nb
※この記事の著作権は配信元に帰属します



【BBFカウンタートレード】FXマニュアル|毎日数千円~数万円をコンスタントに稼ぐ!逆張り裁量トレードマニュアルの決定版


【大予言チャート】FXでこれからの値動きを高い確率で予想できます。


カリスマ主婦「池辺雪子」のFXトレーダー育成教材




焦点:明るい見通し失せる中国経済、今年7.5%目標達成危ぶむ声も

年金受給放棄制度はあるのだろうか?

最近の株価の低迷の原因は、アベノミクスの第三の矢がしょぼすぎる

からだと、私は読んでいる。

「これでは、財政再建できない。」

そこで、思いついたのが、年金受給放棄制度。

裕福なお年寄りは、年金受給を望んでいない。

日本は、財政破綻寸前だけど、個人の金融資産は1400兆円。

そのほとんどを65歳以上のお年寄りが所有している。

それに加え、多額の年金が受給されたら迷惑ではないだろうか。

自分はお金持ちになっても、日本が財政破綻したら、

今までのようなサービスは受けられなくなる。

お金が紙くずになりかねない。

私自身も日本が財政破綻するくらいなら、年金の受取を拒否する。

年金の原資を財政再建に当てるなり、若者の負担を減らすようにしたらどうだろうか。

もっと、経済が活性化されて、明るくなるはずだと思う。

年金受給放棄をお年寄りの夢であり、ステータスにすればいい。

そして、現役世代も年金に頼らない経済力をつけることを

目標にすればいい。



焦点:明るい見通し失せる中国経済、今年7.5%目標達成危ぶむ声も


ロイター 5月27日(月)12時27分配信










焦点:明るい見通し失せる中国経済、今年7.5%目標達成危ぶむ声も


5月24日、中国経済の勢いが失速していることを示すさまざまな兆候が出る中、アナリストの中国経済に対する見方もここ5カ月で変化している。2011年3月撮影(2013年 ロイター/Jason Lee)





[北京 24日 ロイター] - 中国経済の勢いが失速していることを示すさまざまな兆候が出る中、アナリストの中国経済に対する見方もここ5カ月で変化している。これまでの緩やかな回復見通しから様変わりし、今や7.5%という今年の成長率目標の達成を危ぶむ声も出始めた。



中国の景気に対する悲観的見方は、23日に発表されたした5月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)をきっかけに表面化した。PMI速報値は49.6と、7カ月ぶり低水準を記録した。



BNPパリバのエコノミスト、ケン・ペン氏は「7.5%という成長目標は危うくなっている。中国には景気後退(リセッション)はないが、回復もない」と指摘する。



中国の成長エンジンにゆらつきが見られた場合に政府が大規模介入を行ったこれまで数年と今回は状況が異なる、とエコノミストはみている。2008─09年の金融危機を受けた4兆元規模の景気刺激が講じられることはなく、指導部は、政府支援を必要としない、ゆっくりとしたペースの質の高い成長に中国経済を調整していく方針のようだ、とエコノミストは指摘する。



関係筋がロイターに明らかにしたところによると、中国政府が進める都市化プロジェクトをめぐり、地方政府の債務を拡大させ、不動産バブルを加速させるとの懸念が指導部の間で広がっており、都市化計画に遅れが出る可能性がある。



政府の措置なしでどの程度成長が鈍化するかを見極めるのは難しいが、相次いで発表されるさえない経済指標を受け、2013年の成長率が7%を割り込むとの最悪シナリオを予想する向きもある。



タオ・ワン氏は「投資家は、7%近くにまで成長率が鈍化するほど中国の現在の状況は悪いかどうかを心配している」と指摘。同氏は2013年の成長率予想を8%から7.7%に下方修正している。



<相次ぐ成長率予想の引き下げ>



2012年に7.8%と13年ぶり低成長を記録した経済が、2013年には8%に小幅回復すると予想されていたが、今や、成長率は、政府目標の7.5%は上回るが、8%には達しないとの見方が中心となっている。



前回中国の成長率が7.5%を下回ったのは、わずか3.9%の伸びを記録した1990年。



5月の中国PMIが23日に発表される前からも多くの金融機関は既に 2013年の成長率予想を引き下げており、今後も下方修正が続く見通し。



バンクオブ・アメリカ・メリルリンチは今月、成長率予想を8%から 7.6%に下方修正した。スタンダード・チャータード(スタンチャート)銀行は 8.3%から7.7%に、INGは9%から7.8%に引き下げた。



BNPパリバ、クレディ・スイス、ソシエテ・ジェネラルは成長率予想の見直しを行っている。



成長鈍化の要因について、アナリストの間には様々な見方があり、状況を複雑にしている。



5年ぶり低水準で推移する賃金の伸びが消費を圧迫しているとの声もあれば、無駄な公共投資を抑制する政府の取り組みが小売り売上高に影響しているとの指摘もある。



米経済に回復の兆しがみられるものの、世界的に需要低迷が続いており、 ユーロ圏のリセッションは長期化している。



エコノミストの間での数少ない合意点は、政府が沈静化を目指す業界のひとつ不動産セクターは皮肉ながらも回復しているとの見方だ。また、2桁成長の時代は終わり、内需を投資に代わる成長のエンジンにするための経済構造改革が必要、との点でもエコノミストの見解は一致している。



IHSのエコノミスト、アリスター・ソーントン氏は「中国の成長モデルは既に 使い果たされてしまい新たな成長モデルが必要だ、ということがここ数カ月で明かになった」と述べた。



(Koh Gui Qing記者;翻訳 伊藤恭子 ;編集 吉瀬邦彦)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130527-00000034-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



乱獲FX2ダブルトラップ


覇王FX


■改訂版・THEグローバルFX(動画・テキスト)■sarah×RANIXコラボレーション企画




今週の米株は調整が一時的か見極めへ、先週の下落受け

年金受給放棄制度はあるのだろうか?

最近の株価の低迷の原因は、アベノミクスの第三の矢がしょぼすぎる

からだと、私は読んでいる。

「これでは、財政再建できない。」

そこで、思いついたのが、年金受給放棄制度。

裕福なお年寄りは、年金受給を望んでいない。

日本は、財政破綻寸前だけど、個人の金融資産は1400兆円。

そのほとんどを65歳以上のお年寄りが所有している。

それに加え、多額の年金が受給されたら迷惑ではないだろうか。

自分はお金持ちになっても、日本が財政破綻したら、

今までのようなサービスは受けられなくなる。

お金が紙くずになりかねない。

私自身も日本が財政破綻するくらいなら、年金の受取を拒否する。

年金の原資を財政再建に当てるなり、若者の負担を減らすようにしたらどうだろうか。

もっと、経済が活性化されて、明るくなるはずだと思う。

年金受給放棄をお年寄りの夢であり、ステータスにすればいい。

そして、現役世代も年金に頼らない経済力をつけることを

目標にすればいい。



今週の米株は調整が一時的か見極めへ、先週の下落受け


ロイター 5月27日(月)9時28分配信










今週の米株は調整が一時的か見極めへ、先週の下落受け


5月26日、米株式市場は先週、上昇が途切れた。市場関係者の間では、相場が転換点を迎えたのか、一時的な調整なのかを見定めようとする動きが広がっている。ニューヨーク証券取引所で23日撮影(2013年 ロイター/Brendan McDermid)





[ニューヨーク 26日 ロイター] - 米株式市場は先週、上昇が途切れた。市場関係者の間では、相場が転換点を迎えたのか、一時的な調整なのかを見定めようとする動きが広がっている。



ただ、今週は27日が夏の始まりとされるメモリアルデーで休場となるため、先行きの予測が難しくなる可能性もある。



先週は主要3指数がそろって週間ベースで下落した。週間ベースの下落は4月中旬以来初めて。



市場は、連邦準備理事会(FRB)の量的緩和の行方に注目している。先週発表となった連邦公開市場委員会(FOMC)議事録では、一部のメンバーが6月の量的緩和縮小に前向きな姿勢を示していたことが明らかになった。



22日の議事録公表後、23─24日の出来高は急増した。



コザド・アセット・マネジメントの投資アドバイザー兼ポートフォリオマネジャー、ブライアント・エバンズ氏は「市場はおそらく売りの口実を探している。う。5月に売り逃げろという格言もある」と述べた。



今回の株高局面では出来高が一貫して平均水準を下回っているが、出来高の増加は市場心理の変化を示している可能性がある。



<一時的な調整か>



今回の株高の期間と範囲については、ベテラン市場関係者からも驚きの声が上がっており、近い時期の相場反落を予想する声が出ている。



騰勢が鈍る兆しも出ている。先週の下げで、S&P500は一時14日移動平均線を割り込んだ。ただ、終値では同平均線を上回った。



複数のオプションストラテジストによると、先週末には、iシェアーズMSCIエマージング・マーケッツ・ファンド<EEM.P>とバンガードFTSEエマージング・ファンド<VWO.P>のプットが大量に購入されており、新興国株式の下落に備えたヘッジの動きが出ているとの指摘もある。



ウェドブッシュ・セキュリティーズのマネジングディレクター、マイケル・ジェームズ氏は「これまでは買うしか選択肢がなかった。買い疲れ感が出始めているのは間違いない。利益確定の売りが出始めると考えても不思議ではない」としながらも、上昇基調が終わったわけではないとの見方を示した。



<債券市場の動向>



これまでの株高は、債券市場からの資金流入が一因となっていた。



ゴールドマン・サックスは、10年国債の実質利回りが4%を超えた場合や2%を下回った場合は、株価のバリュエーションが低下する傾向にあるとのリポートをまとめた。「債券の実質・名目利回りは現在の低水準から段階的に上昇する見込み」としている。



米10年国債利回りは先週末2%を超え、2カ月ぶりの高水準となった。市場関係者は、今後、景気の拡大やFRBのタカ派的スタンスの強まりで金利が上昇するかに注目している。



経済指標は引き続き強弱まちまちで、先行き不透明感が増している。



今週は28日に5月のコンファレンス・ボード消費者信頼感指数、30日に第1・四半期米GDP改定値、31日に4月の個人所得・消費支出、5月のミシガン大消費者信頼感指数確報値、5月のシカゴ地区購買部協会景気指数が発表となる。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130527-00000012-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



【6/2まで 限定特別価格でご提供中】+15pipsスキャルFX ~帰宅後・家事の合間の限られた時間で何度か+15pipsを狙うやさしいスキャルピング手法~


【6/2まで 限定特別価格でご提供中】+15pipsスキャルFX ~帰宅後・家事の合間の限られた時間で何度か+15pipsを狙うやさしいスキャルピング手法~


投資先進国アメリカ発 CURRENSEE スターターマニュアル「カレンシーFX」




株価乱高下、長期金利上昇は“アベノリスク”?割れるメディアの評価

年金受給放棄制度はあるのだろうか?

最近の株価の低迷の原因は、アベノミクスの第三の矢がしょぼすぎる

からだと、私は読んでいる。

「これでは、財政再建できない。」

そこで、思いついたのが、年金受給放棄制度。

裕福なお年寄りは、年金受給を望んでいない。

日本は、財政破綻寸前だけど、個人の金融資産は1400兆円。

そのほとんどを65歳以上のお年寄りが所有している。

それに加え、多額の年金が受給されたら迷惑ではないだろうか。

自分はお金持ちになっても、日本が財政破綻したら、

今までのようなサービスは受けられなくなる。

お金が紙くずになりかねない。

私自身も日本が財政破綻するくらいなら、年金の受取を拒否する。

年金の原資を財政再建に当てるなり、若者の負担を減らすようにしたらどうだろうか。

もっと、経済が活性化されて、明るくなるはずだと思う。

年金受給放棄をお年寄りの夢であり、ステータスにすればいい。

そして、現役世代も年金に頼らない経済力をつけることを

目標にすればいい。



株価乱高下、長期金利上昇は“アベノリスク”?割れるメディアの評価


Business Journal 5月27日(月)6時52分配信







 日経平均株価が5月23日、1143円安という13年ぶりの急落を記録した。翌24日は午前に買い戻す動きがあり、一時は500円を超える反発を見せたが、午後は一転して1万4000円を割り込むという乱高下。終値こそ128円高(1万4612円)となったが、安倍政権発足以来、初めて市場が大荒れになっていることもあり、各メディアがその原因を分析している。



 24日付けの日本経済新聞などが報じているように、ひとつのきっかけになったと見られるのは「中国景気」の下振れリスクが明らかになったことだ。



 23日の朝方は、外国為替市場での円安・ドル高を受けて、日経平均が300円超上げる場面もあった。しかし、10時40分すぎに5月の中国の「製造業購買担当者景気指数(PMI)」の悪化が伝わったのを機に、株価指数先物に売り注文が相次ぎ、日経平均は急落している。



 日経新聞のまとめによると、発表されたPMIは前月比で0.8ポイント低い「49.6」ポイントで、好不況の判断の境目となる「50」を7カ月ぶりに下回った。ロイターは23日、そのことで「海外大口投資家が大量の売りを日本株に持ち込み、これが日経平均株価とドル/円下落のきっかけになったようだ」という邦銀関係者のコメントを紹介。甘利明経済再生担当相も、今回の株価急落は中国経済の悪化をきっかけに利益確定の売りが集中したためで、「日本経済は堅調に回復している。うろたえる必要はない」(ロイター)と述べている。



 中国政府が発表する経済統計には強気の数字が並ぶものの、5月2日の日経新聞によると、米ヘッジファンドの有力運用者であるジム・チェイノス氏は「中国の統計は額面通りに受け取ることができない」「中国の経済成長は鈍っている」との見方を示している。産業素材の価格下落が続き、プラスチックなど石油化学製品の基礎原料であるナフサ(粗製ガソリン)は、2月の高値から19%下落。衣料品や自動車の内装品に使うポリエステル長繊維の取引価格も下落し、2月に比べて6%下がった(同紙)。中国国内の需要減も伝えられており、やはり成長の鈍化と景気の下振れを懸念する声は大きいようだ。



 一方、それと並んで日経平均急落の要因になったと見られているのが、金利の上昇だ。



 23日の日本国債市場では先物価格が急落、相場安定化のための制度・サーキットブレーカーが発動し、一時売買が停止されている。同時に、国債価格と対の関係にある長期金利が昨年4月以来、1%の大台に。24日のブルームバーグは、金利上昇で不動産と金融という“アベノミクス相場の先頭バッター”が息切れを起こしているとして、市場全体の変動性が高くなり、「当面はジグザグの動きになるのではないか」というインベスコ投信投資顧問の杉尾邦彦CIOのコメントを紹介している。



 24日付の朝日新聞は、「日銀が押さえ込むはずだった長期金利が急騰。頼みの綱の株価も13年ぶりの暴落となった。試練は安倍政権の想定より早くやってきたのではないか」と、「金融緩和偏重」のアベノミクスを修正すべきだと提言。民主党の輿石東参院議員会長の「『アベノミクス』でなく、『アベノリスク』になったら困る」という発言を取り上げるなど、相変わらず安倍政権の金融政策に厳しい目を向けている。



 今後の展望について、24日付の日経新聞は「アベノミクスや企業業績の改善という日本株の長期的な強気ストーリーが否定されたわけではない」(メリルリンチ日本証券の神山直樹チーフストラテジスト)、「米国株市場が崩れない限りは日本株も緩やかな上昇基調へと向かっていくだろう」(みずほ投信投資顧問の清水毅チーフストラテジスト)と、楽観的な見方を紹介している。



 一方で、24日のブルームバークが「歴史的暴落のダメージが残り、荒い値動きの中で調整が続く。日米長期金利の急上昇が景気の楽観ムード、世界的な流動性相場への期待に水を差し、目先積極的なリスクを取りづらくなった」と報じているように、さらに相場の荒れ模様が続くとみる向きもある。



 今回の株価急落は一時的なものなのか、あるいはアベノミスクが抱えるリスクが顕在化したものなのか。その判断には、まだ時間がかかりそうだ。





blueprint







http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130527-00010001-bjournal-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



出会いテンプレート


南関キング地方競馬予想ソフト【終身ライセンスソフト】6月1日59800円に値上げします!!


7月21日(日) 【セミナー】金持ちサラリーマン育成講座+懇親会




夜の街にアベノミクス効果 株高と交際費復活 潤う高級店

ライアーゲームの本質
ある日、1億円とライアーゲームの招待状が届く。

1億円は、ライアーゲームの参加料、参加しなければ、

その1億円が没収の上、1億円の借金が残る。

だから、ライアーゲームに参加するしかない。

ゲーム会場に集まった人数は20人、賞金は20億円。

ルール

椅子取りゲーム、最初は椅子が15個、椅子が取れなければ脱落。

そして、親を選ぶ投票、投票には脱落者も参加できる。

選ばれた親は、椅子を1個削除できる。毎回、1名づつ脱落者が出て、

最後に残った椅子の持ち主が優勝者となる。

全員に渡される自分の名前入りのコイン20枚。

優勝者のコインだけが、1枚、1億円の価値を持つことになる。

「このゲームの本質は、椅子取りゲームじゃない。国盗りゲームだ。」

ようするに、投票で親に選ばれ続ければ、勝てる。

問題は、どうやって?



一方、今の日本は、資本主義社会。

一部の資本家が限られた労働力を使って、価値を提供しリターンを得るゲーム。

ところが、ネットワークビジネスの出現で、個人でもゲームに参加できるようになった。

そして、インターネットの普及で、多くの労働者が自分もゲームに参加できることを知るようになった。

そして、価値も多様化。今までは、わかりきった価値を提供すればよかったけど、

今では、何が価値なのかわからない。

昔は、限られた米の生産量を奪い合うゼロサムゲーム。

資本主義社会になって、価値の生産量を競い合うゲームに変化。

今では、何が価値なのかわからない状態で価値を提供するゲームに更に変化。

そういった今の状況でゲームに勝ち残るには、どうすればいいのか?

もしかしたら、ライアーゲームよりおもしろいかもしれない。
そのヒントは、ここにある。


夜の街にアベノミクス効果 株高と交際費復活 潤う高級店


産経新聞 5月26日(日)7時55分配信










夜の街にアベノミクス効果 株高と交際費復活 潤う高級店


夜の大阪・北新地のネオン街で行列をつくるタクシー。アベノミクス効果で消費者心理が改善され、外食や娯楽への支出も増えている=15日、大阪市北区(松永渉平撮影)(写真:産経新聞)





 高級腕時計や宝飾品などの高額品消費を呼び込んでいる安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」の効果が、東京・銀座など夜の歓楽街にも波及してきた。老舗すし店や高級クラブに客足が戻り、タクシーチケットも復活の兆しがみえる。ただ、足元で乱高下する株価と同様、安定した回復局面とまではいえず、大多数の飲食店は、かつてのにぎわいとはほど遠く、依然厳しい実情も垣間見える。



 「シャンパン、ありがとうございます!」。ホステスの声とともに、店内に拍手が鳴り響いた。東京・銀座7丁目の高級クラブ「クラブ 稲葉」。3人のホステスに囲まれた男性の席に、1本8万5千円のボトルが運び込まれた。



 ママの白坂亜紀さんは「ワンランク上のボトル注文に、躊躇(ちゅうちょ)しないお客さまが増えた」と風向きの変化を感じとる。昨年までは2次会需要が売り上げの柱だったが、今年は午後11時を過ぎてからの3次会需要も復活。「他のクラブに『いってらっしゃい』と送り出す回数も増えました」と話す。



 酒類販売大手カクヤスが構える銀座のワインセラーには、周辺のクラブから5万円超の高級ワイン「シャトー・ムートン」の注文が相次ぐ。首都圏営業部の橘内秀朗課長は「最近は深夜0時過ぎでもオーダーが入る。はしご酒が増えている証拠」と手応えを語る。



 景況に左右されないといわれる高級料理店にも恩恵が及ぶ。著名人の多くも足を運ぶ老舗すし店「銀座 久兵衛」は、午後6時すぎには予約客で席が埋まる。今田洋輔社長は「景気で大きく変わった実感はない」と話すが、厨房(ちゅうぼう)の一角につるされたカレンダーには、3月、4月と進むにつれ、目標数値を大きく上回る日販額が記されている。



 今期の本業のもうけを示す営業利益が6年ぶりの高水準を見込むトヨタ自動車のおひざ元・名古屋。系列企業が接待に使う「錦3丁目」は3月以降、「週末のタクシー乗り場に、乗車待ちの車列がなくなる回数が増えた」(名古屋市内のタクシー運転手)。タクシーチケットの利用客も増加傾向にあるという。



 歓楽街が潤う背景には、アベノミクスによる株高で恩恵を受けた個人投資家の需要と一部企業の交際費復活がある。「昨年まで領収書を切るのは、主にITベンチャー企業の社長だったが、最近は大企業も戻ってきた」。銀座のダイニングバー「水響亭」の佐々井朗店長は口元を緩める。ジェーシービー(JCB)によると、銀座の1~3月の法人カード決済額(高級飲食店や接客業)は前年同期比27・7%増で、4月は41・6%増と大幅に伸びた。



 交際費の復活は企業側の景況感の改善が大きい。SMBC日興証券の集計で、東京証券取引所1部に上場する平成25年3月期決算の企業全体の最終利益は、前期比24・1%増。今期も同48・4%増の大幅な増益が見込まれる。



 中小企業にも追い風が吹く。従来は交際費の上限額は年間600万円で、税金のかからない損金として認められるのは90%までだった。しかし25年度税制改正で上限額が年間800万円に引き上げられた上、全額を損金算入できるようになった。下村昇治税理士は「仕事をとるために営業を活発化させる企業にとって改正は追い風」と話す。もっとも、国内の個人金融資産に占める有価証券の比率は約13%にすぎず、今のところ株高の恩恵を受ける飲食店は、一部の高級店などにとどまる。



 大阪を代表する繁華街・北新地(大阪市北区)の老舗バー「ダナ」。創業40年の歴史を誇る趣あふれる店内は、平日でも客足が絶えない。だが、北新地の情報提供サービスを行う「キック」の今井利充社長(65)は「人通りは倍増しているが、客足は安い居酒屋に流れている」と危機感を口にする。上客としてならしたパナソニックやシャープなどが軒並み業績を落とし、「交際費が増えることはない」(家電大手)。



 設備関連の企業を経営する男性(65)は「大阪全体に効果が波及するのは1~2年後。自分だって、会社や社員がもうかってから接待する」と、静かにグラスを傾けた。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130526-00000068-san-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



「FXの全て」10個の簡単なこと ~Mr.I Secret Manual ~音声全10本 305分大容量


FXレボリューション


あなたのトレードにブレークスルーが起きる 劇的14日間プログラム




牛丼の「底打ち」で景気は回復に向かう! 「すき家」会長がユニークな経済理論

ライアーゲームの本質
ある日、1億円とライアーゲームの招待状が届く。

1億円は、ライアーゲームの参加料、参加しなければ、

その1億円が没収の上、1億円の借金が残る。

だから、ライアーゲームに参加するしかない。

ゲーム会場に集まった人数は20人、賞金は20億円。

ルール

椅子取りゲーム、最初は椅子が15個、椅子が取れなければ脱落。

そして、親を選ぶ投票、投票には脱落者も参加できる。

選ばれた親は、椅子を1個削除できる。毎回、1名づつ脱落者が出て、

最後に残った椅子の持ち主が優勝者となる。

全員に渡される自分の名前入りのコイン20枚。

優勝者のコインだけが、1枚、1億円の価値を持つことになる。

「このゲームの本質は、椅子取りゲームじゃない。国盗りゲームだ。」

ようするに、投票で親に選ばれ続ければ、勝てる。

問題は、どうやって?



一方、今の日本は、資本主義社会。

一部の資本家が限られた労働力を使って、価値を提供しリターンを得るゲーム。

ところが、ネットワークビジネスの出現で、個人でもゲームに参加できるようになった。

そして、インターネットの普及で、多くの労働者が自分もゲームに参加できることを知るようになった。

そして、価値も多様化。今までは、わかりきった価値を提供すればよかったけど、

今では、何が価値なのかわからない。

昔は、限られた米の生産量を奪い合うゼロサムゲーム。

資本主義社会になって、価値の生産量を競い合うゲームに変化。

今では、何が価値なのかわからない状態で価値を提供するゲームに更に変化。

そういった今の状況でゲームに勝ち残るには、どうすればいいのか?

もしかしたら、ライアーゲームよりおもしろいかもしれない。
そのヒントは、ここにある。


牛丼の「底打ち」で景気は回復に向かう! 「すき家」会長がユニークな経済理論


J-CASTニュース 5月26日(日)10時0分配信










牛丼の「底打ち」で景気は回復に向かう! 「すき家」会長がユニークな経済理論


「すき家」の牛丼





 安倍政権の経済政策「アベノミクス」を反映してか、政府が発表する経済指標の好転が目立っている。内閣府が5月16日発表した今年1~3月期の国内総生産(GDP)は実質年率換算で3.5%増と2期連続のプラス成長になり、20日の5月の月例経済報告は景気の基調判断を「緩やかに持ち直している」と、2カ月ぶりに上方修正し、「一部に弱さが残る」との表現を削除した。



 景気回復は企業決算や株価の上昇からも裏付けられるが、サラリーマンの実感は今ひとつ。ところが牛丼の売れ行きも景気回復を裏付けているというから、サラリーマンも驚きだ。



■鉱工業生産指数に約半年遅れで連動



 店舗数で国内最大の牛丼チェーン「すき家」を展開するゼンショーホールディングス(HD)の小川賢太郎会長兼社長は2013年3月期の連結決算発表で、「牛丼はこの3月、4月で底を打ち、(アベノミクスで)総じてよい影響が出ている」と述べ、売上高の伸びに期待を示した。小川社長によると、すき家の既存店売上高は、経済産業省が発表する鉱工業生産指数に約半年遅れで連動し、回復する傾向があるという。



 経産省によると、鉱工業生産指数の「生産」は2012年9月の86.5(2005年=100)が直近の底となっている。これに対して、すき家の既存店売上高は、2013年2月が前年比89.9%、3月(速報)が88.5%で、底を打ったとみられている。まさに鉱工業生産指数に対して、ほぼ半年遅れの回復というわけだ。



 同様に吉野家HDの既存店売上高が2012年12月に94.0%で底を打ち、その後は回復傾向にある。ゼンショーの小川社長の理論通りであれば、牛丼の売上高は底を打ち、今後は景気回復とともに売り上げ増が期待されることになり、2014年3月期はゼンショーHDが引き続き増収増益を予想、吉野家HDも前記の減収減益から増収増益への転換を見込んでいる。




景気ウォッチャー調査「景気は持ち直している」と総括


 牛丼業界以外も、飲食業で景気回復を予感させる声が増えている。内閣府が全国のスーパー店長やタクシー運転手、製造業経営者らに景気動向を尋ねる「景気ウォッチャー調査」では、高級レストランと一般レストランの経営者・店員やスナック経営者らに景気動向を聞いている。5月10日発表の4月の景気ウォッチャー調査は、現状判断DIが前月比0.8ポイント低下の56.5と、6カ月ぶりに低下したが、「景気は持ち直している」と総括された。



 飲食業では「ディナーで高いコースが出るようになった」(九州の高級レストラン)、「まだ会社関係の宴会はゼロに等しいが、個人、家族の客は多少増えている」(北関東の一般レストラン)、「まだ客の出足は悪いが、1、2月のようなひどさではなくなった。忙しい日が時々あり、少し展望が良くなっている」(東北の一般レストラン)など、景気回復をうかがわせる声が現場から寄せられている。



 円安・株高の一方で、賃金上昇にはなお時間がかかるとされるが、アベノミクスの「大胆な金融緩和」「機動的な財政政策」の効果は現れているようだ。今後「民間投資を喚起する成長戦略」が進められる中で、牛丼の底打ちが外食産業に全体にどのように波及していくのか、あるいはポシャってしまうのか、景気分析の手法としても興味が尽きない。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130526-00000000-jct-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



プレシャスFX 【安定した実績、収益】 月平均+400PIPSを獲得しているFXトレードシステム!


スキャルプロ ポンドマスターFX


投資系アフィリエイトブログ用【オリジナル】記事コンテンツ自動生成ツール【FXA-Master】




日本電産、スマホ景気に乗れず大幅減益…今期V字回復宣言の狙いと勝算

ライアーゲームの本質
ある日、1億円とライアーゲームの招待状が届く。

1億円は、ライアーゲームの参加料、参加しなければ、

その1億円が没収の上、1億円の借金が残る。

だから、ライアーゲームに参加するしかない。

ゲーム会場に集まった人数は20人、賞金は20億円。

ルール

椅子取りゲーム、最初は椅子が15個、椅子が取れなければ脱落。

そして、親を選ぶ投票、投票には脱落者も参加できる。

選ばれた親は、椅子を1個削除できる。毎回、1名づつ脱落者が出て、

最後に残った椅子の持ち主が優勝者となる。

全員に渡される自分の名前入りのコイン20枚。

優勝者のコインだけが、1枚、1億円の価値を持つことになる。

「このゲームの本質は、椅子取りゲームじゃない。国盗りゲームだ。」

ようするに、投票で親に選ばれ続ければ、勝てる。

問題は、どうやって?



一方、今の日本は、資本主義社会。

一部の資本家が限られた労働力を使って、価値を提供しリターンを得るゲーム。

ところが、ネットワークビジネスの出現で、個人でもゲームに参加できるようになった。

そして、インターネットの普及で、多くの労働者が自分もゲームに参加できることを知るようになった。

そして、価値も多様化。今までは、わかりきった価値を提供すればよかったけど、

今では、何が価値なのかわからない。

昔は、限られた米の生産量を奪い合うゼロサムゲーム。

資本主義社会になって、価値の生産量を競い合うゲームに変化。

今では、何が価値なのかわからない状態で価値を提供するゲームに更に変化。

そういった今の状況でゲームに勝ち残るには、どうすればいいのか?

もしかしたら、ライアーゲームよりおもしろいかもしれない。
そのヒントは、ここにある。


日本電産、スマホ景気に乗れず大幅減益…今期V字回復宣言の狙いと勝算


Business Journal 5月26日(日)8時4分配信







 円安を追い風に、3月期決算会社の好決算ラッシュに沸く。だが、円安の恩恵を最も受けるとされる輸出企業の決算は、実はまだら模様なのだ。こうした中、カリスマ経営者・永守重信氏が率いる日本電産は、業績不振を逆手に取って今期のV字回復を高らかに宣言して、株価を反転・上昇させた。



 日本電産は4月23日、2014年3月期の連結決算(米国会計基準)の業績予想で営業利益は前期(13年同期)比4倍の700億円、最終利益は6.3倍の500億円になると発表した。主力のパソコン向けハードディスク駆動装置(HDD)用モーターは伸び悩むが、生産拠点の再編を柱とする構造改革が奏功。M&A(合併・買収)や円高修正も加わり、V字回復するとぶち打ち上げた。



 日本電産がV字回復を前面に押し出したのには事情がある。電子部品大手6社の業績は、スマートフォン(スマホ)やタブレット端末の需要の波にうまく乗れた企業と、そうでない企業とで、収益力の回復のスピードに大きな差が出た。13年3月期決算で村田製作所や日東電工が4割の最終増益になった一方、アルプス電気は構造改革費用の計上もあって最終赤字に転落した。電子部品大手の決算、スマホ向けの比率の高低で明暗を分けた。



 HDD用モーターが主力の日本電産は、スマホ景気にまったく乗れず、大苦戦に陥った。13年3月期連結決算の売上高は前期比3.9%増の7092億円、営業利益は同75.9%減の176億円、最終利益は同80.4%減の79億円と大幅な減益となった。HDD用モーターなどパソコン関連部品の需要減に加え、生産拠点の見直しの構造改革費用として370億円を計上したことが響き、最終利益は2年連続の減益となり、株主配当は1株90円から85円に5円減らした。



 14年3月期は、HDD用以外の精密小型モーターが風力発電など新分野向けに伸びると予想。前期に買収した海外6社の利益も通期で貢献するとみて、増収増益を見込む。これに円安が加わる。想定為替レートは1ドル95円に設定。前期は1ドル83円。ユーロの想定レートの見直しと合わせ、単純計算で、営業利益を100~130億円押し上げる効果を見込む。



 何でも1番でないと気が済まない永守社長は、大阪市内で開いた決算発表会見の席で声を荒らげる一幕があった。「こんな業績で我慢している人間じゃない。永守をなめてくれるなよ」と吠えた。



 アベノミクスで株高が進むなか、日本電産株の上昇は自動車や不動産に比べて、大きく劣っているのが我慢ならなかったのだ。だからというわけではないが、今期の業績のV字回復宣言を、市場関係者は株価対策と受け止めた。



 V字回復宣言の効果はすぐに出た。ゴールデン・ウイーク明けの5月8日の東京市場で日本電産株は7100円の年初来の高値をつけた。年初来安値4975円(1月29日)の1.4倍にようやく持ち直した。しかし、1万円クラブ(株価1万円)の常連だった日本電産の株価の上昇はまだまだだ。



「次は車載用モーター分野を中心にM&Aを考えている。1兆円の売り上げ、1000億円の営業利益を出すための第1ステップの仕上げとなる」と永守社長は言っている。車載モーター関連事業の売上高は16年3月期に現在の3倍以上の3000億円を目指す。このうち半分をM&Aによる会社の買収で賄う。グループで無段変速機用コントロールバルブなど自動車部品を手掛ける日本電産トーソクを10月1日までに完全子会社にして上場廃止にするのも、脱HDD戦略の一環だ。



 車載モーターを次の主力事業に育てるために、M&Aのプロもスカウトした。日産自動車の連結子会社で大手部品メーカーのカルソニックカンセイの社長だった呉文精(くれ・ぶんせい)氏を、6月25日付で取締役副社長執行役員に迎え入れる。



 呉氏は旧日本興業銀行(現・みずほコーポレート銀行)出身。米ゼネラル・エレクトリックの日本の金融子会社の社長をやっており、M&Aのノウハウを持つ。カルソニックに招かれ、08年6月に社長兼CEO兼COOに就任した。



 折も折、日本電産では永守社長の後継者選びが始まった。「呉氏は後継者候補の一人」と見る向きもある。





編集部







http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130526-00010003-bjournal-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



プチセレFXオートボット・セカンドシーズン


Multi Logic Interaction FX System-MLI


自動売買ツールより確実!?外国為替攻略!!FXチャートツールの決定版<FXGrapher>




高級ブランド品、販売増と値上げのワケ…強気ヴィトンに百貨店も驚き

ライアーゲームの本質
ある日、1億円とライアーゲームの招待状が届く。

1億円は、ライアーゲームの参加料、参加しなければ、

その1億円が没収の上、1億円の借金が残る。

だから、ライアーゲームに参加するしかない。

ゲーム会場に集まった人数は20人、賞金は20億円。

ルール

椅子取りゲーム、最初は椅子が15個、椅子が取れなければ脱落。

そして、親を選ぶ投票、投票には脱落者も参加できる。

選ばれた親は、椅子を1個削除できる。毎回、1名づつ脱落者が出て、

最後に残った椅子の持ち主が優勝者となる。

全員に渡される自分の名前入りのコイン20枚。

優勝者のコインだけが、1枚、1億円の価値を持つことになる。

「このゲームの本質は、椅子取りゲームじゃない。国盗りゲームだ。」

ようするに、投票で親に選ばれ続ければ、勝てる。

問題は、どうやって?



一方、今の日本は、資本主義社会。

一部の資本家が限られた労働力を使って、価値を提供しリターンを得るゲーム。

ところが、ネットワークビジネスの出現で、個人でもゲームに参加できるようになった。

そして、インターネットの普及で、多くの労働者が自分もゲームに参加できることを知るようになった。

そして、価値も多様化。今までは、わかりきった価値を提供すればよかったけど、

今では、何が価値なのかわからない。

昔は、限られた米の生産量を奪い合うゼロサムゲーム。

資本主義社会になって、価値の生産量を競い合うゲームに変化。

今では、何が価値なのかわからない状態で価値を提供するゲームに更に変化。

そういった今の状況でゲームに勝ち残るには、どうすればいいのか?

もしかしたら、ライアーゲームよりおもしろいかもしれない。
そのヒントは、ここにある。
header.png



高級ブランド品、販売増と値上げのワケ…強気ヴィトンに百貨店も驚き


Business Journal 5月25日(土)8時27分配信




















写真を拡大
写真を拡大


高級ブランド品、販売増と値上げのワケ…強気ヴィトンに百貨店も驚き



写真を縮小
写真を縮小


高級ブランド品、販売増と値上げのワケ…強気ヴィトンに百貨店も驚き

フランス・パリのルイ・ヴィトン本店(「Wikipedia」より)




 ルイ・ヴィトン・ジャパンは2月15日に、バッグなど一部商品について平均で12%という過去最大の値上げに踏み切った。高級宝飾品のティファニーは4月10日から、ハリー・ウィンストンも4月22日から一部商品を値上げした。



 円安が勢いを増している。2012年後半に1ドル=80円台だった円相場は、景気浮揚を狙うアベノミクス効果で、年明けには一気に90円台半ばまでに下落。日本銀行の黒田東彦・新総裁による「異次元の金融緩和」で4月に入って90円台後半まで円安が進み、5月10日には09年4月以来の1ドル=100円台に突入した。



 海外ブランドの高額品の販売価格は、円安の影響を受けやすい。輸入コストの上昇に直面する。そこで宝飾品や時計など、海外の高級ブランドの多くは、4月から円安を理由に相次いで値上げした。



 2月に入って、大手百貨店の宝飾品や腕時計などの高額品の売り場に活気が戻ってきた。これは、はっきり言って、海外の高級ブランド品が値上げする前の駆け込み需要だった。



「超富裕層が500万円以上の高額品を買うよりも、年収700万円から1000万円の中間層が100万円前後の腕時計を買うケースが多い」。百貨店関係者はこう指摘する。この発言が駆け込み需要を裏付けている。14年4月には、消費税率が8%に引き上げられる予定だ。消費マインドの好転に背中を押され、増税を見越した駆け込み需要も増えてきた。



 当然、駆け込み需要には反動減がくる。海外の高級ブランドにとって、その時が正念場になる。超富裕層は値上げを気にはしないが、顧客の多数派を占める中間層は値上げされたら買うのをあきらめるかもしれない。高級ブランド各社にとって由々しき事態だ。というのも、彼らにとって日本は有力な市場だからだ。



 08年のリーマン・ショックの影響で、国内景気は低迷が続いた。高級ブランド品の売り上げも落ち込んだ。高級ブランド各社は、中国など急速に経済成長を遂げている新興国市場に視線を向けた。とはいっても<コンサルティング会社ベイン・アンド・カンパニーによると、12年の日本での高級品の売上高は約200億ユーロ(約2.5兆円)で依然として米国に次ぐ世界2位の市場>(ブルームバーグ3月12日付)なのである。



 世界展開する高級ブランドメーカーは、為替変動リスクをどのように回避しているのだろうか。最も注目されているのは、値上げの先陣を切ったルイ・ヴィトン・ジャパンである。「若い女性の5人に1人がルイ・ヴィトンのバッグを持っている」との伝説があるほど、日本で最も有名な高級ブランドだ。フランスのコングロマリット(多国籍複合企業)であるLVMHモエ・へネシー・ルイ・ヴィトンS.A.の傘下にある。



 LVMHはファッション、化粧品・香水、ウォッチ・ジュエリーなど有名ブランドを、数多く持っている。ファッションではクリスチャン・ディオール、ロエベ、セリーヌ、ケンゾーもそうだ。11年にはイタリアの高級宝飾品ブランド・ブルガリをグループに組み入れ、話題をさらった。高級シャンペンの代名詞「ドンぺリ」のドン・ペリニヨンもグループに属する。



 ユーロ相場は昨年、欧州債務危機のあおりで大幅に下落したが、日本の追加金融緩和観測から円安・ユーロ高に振れた。ルイ・ヴィトンの日本での販売価格は、円とユーロの為替相場に連動している。円の支払いはLVMHの12年の売上高の8%を占めており、今回、為替水準に合わせて価格を改定した。



 円高・ユーロ安の局面で値下げした事例は極めて少ない。だが、ユーロ高が進むと、各メーカーとも連続して値上げする。



 ルイ・ヴィトン・ジャパンは01年から今年2月まで14回、価格を改定した。値下げは2回(累積値下げ率12%)で、値上げが12回(累積値上げ率68%)だ。値下げしたのは、円高に振れた04年に平均5%下げた時と、リーマン・ショック直後、ユーロ相場が大幅に下落した08年に平均7%値下げした時の2回のみ。あとは、為替変動に合わせて小幅な値上げを繰り返してきた。しかも、超円高の局面では一度も値下げをしていない。



 今回は、過去最大となる平均12%の値上げに踏み切った。一気に2ケタの値上げだ。「ルイ・ヴィトンは強気だ」と評判になった。「12%というのは、あまりにも大胆」と高級ブランド品を扱う百貨店の担当者を驚かせた。



 ルイ・ヴィトンの値上げ幅が大きいため、顧客が他のブランドに乗り換えるリスクは小さくない。



 駆け込み需要が一服した後、「次に円高・ユーロ安になるまで、ルイ・ヴィトンを買うのを待ってみよう」というのが賢い消費者なのかもしれない。



 3、4月と百貨店の高額商品の売れ行きは好調だが、個人消費全体には一服感が出てきた。日本百貨店協会が5月20日に発表した4月の全国百貨店売上高(既存店ベース)は、前年同月比0.5%減と、4カ月ぶりに前年割れとなっている。





編集部







http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130525-00010004-bjournal-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



トレーディングフィードバックオートマティックインパルス-TFAI


6年間負け無し!FXスキャルピングの最終型「PF-MAX」


FX風林火山 別冊




日経平均株価の暴落、元凶はアベノミクスか=中国報道

ライアーゲームの本質
ある日、1億円とライアーゲームの招待状が届く。

1億円は、ライアーゲームの参加料、参加しなければ、

その1億円が没収の上、1億円の借金が残る。

だから、ライアーゲームに参加するしかない。

ゲーム会場に集まった人数は20人、賞金は20億円。

ルール

椅子取りゲーム、最初は椅子が15個、椅子が取れなければ脱落。

そして、親を選ぶ投票、投票には脱落者も参加できる。

選ばれた親は、椅子を1個削除できる。毎回、1名づつ脱落者が出て、

最後に残った椅子の持ち主が優勝者となる。

全員に渡される自分の名前入りのコイン20枚。

優勝者のコインだけが、1枚、1億円の価値を持つことになる。

「このゲームの本質は、椅子取りゲームじゃない。国盗りゲームだ。」

ようするに、投票で親に選ばれ続ければ、勝てる。

問題は、どうやって?



一方、今の日本は、資本主義社会。

一部の資本家が限られた労働力を使って、価値を提供しリターンを得るゲーム。

ところが、ネットワークビジネスの出現で、個人でもゲームに参加できるようになった。

そして、インターネットの普及で、多くの労働者が自分もゲームに参加できることを知るようになった。

そして、価値も多様化。今までは、わかりきった価値を提供すればよかったけど、

今では、何が価値なのかわからない。

昔は、限られた米の生産量を奪い合うゼロサムゲーム。

資本主義社会になって、価値の生産量を競い合うゲームに変化。

今では、何が価値なのかわからない状態で価値を提供するゲームに更に変化。

そういった今の状況でゲームに勝ち残るには、どうすればいいのか?

もしかしたら、ライアーゲームよりおもしろいかもしれない。
そのヒントは、ここにある。
header.png



日経平均株価の暴落、元凶はアベノミクスか=中国報道


サーチナ 5月25日(土)11時36分配信







 今年の世界資本市場でもっとも好調だった日本の株式市場が雪崩のように暴落し、アジア太平洋の株式市場が全面安となった。中国網日本語版(チャイナネット)は24日、株価暴落を受け、日本で大々的に推進されているアベノミクスの効果が疑問視されたと報じた。以下は同記事より。



**********



 人びとの予想を裏切り、日経平均株価は23日の取引で、穴の開いた気球のように真っ逆さまに墜落し、取引終了時も持ち直す気配が見られなかった。同日の取引で株価は1100円超も反落した。



 アジア太平洋の株式市場も、日本の暴落を受け全面安となった。株価暴落の危機が生じたように見えるが、市場ではその明確な原因が確認されていない。一部のアナリストは、「HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)が悪化し、経済成長率の減速ムードにより市場がリスク回避態勢となり、日本の株価が暴落した」と推測した。しかし中国の株式市場は情報公開後に変動が生じず、日本の株価暴落後に下落が始まった。



 さまざまな原因が伝えられているが、日本株式市場の突然の暴落は「アベノミクス」が原因の可能性がある。銀河期貨有限公司の首席マクロ経済コンサルタントの付鵬氏は「量的緩和策の副作用は、国債の利回りの上昇だ。これは日本の債務問題を引き起こす。日本がこの利回りをコントロールできなかった場合、また大量の資本が海外に流出した場合、日本のみならずアジア全体を金融の津波が襲うだろう」と指摘した。



 中国人エコノミストで、書籍『貨幣戦争』の著者である宋鴻兵氏は、日本株式市場の暴落について言及した際に、「紙幣の超過発行は資産インフレを引き起こす。通貨が崩壊した場合、国債・株式市場が影響を被る」と主張した。(編集担当:米原裕子)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130525-00000004-scn-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



◆ PASTA FX triple method ◆ サクっとスキャルで手堅く20pips。トレンドキャッチで100pips。3つの手法でチャンスを逃さない。


津島式FXトレード塾


投資系アフィリエイトサイト・ブログ記事自動生成ツール【FXA-Master】&【FXA-Grande】と【フラクタル・アフィリ】




14年度成長率、消費税上げで減速…民間予測

ライアーゲームの本質
ある日、1億円とライアーゲームの招待状が届く。

1億円は、ライアーゲームの参加料、参加しなければ、

その1億円が没収の上、1億円の借金が残る。

だから、ライアーゲームに参加するしかない。

ゲーム会場に集まった人数は20人、賞金は20億円。

ルール

椅子取りゲーム、最初は椅子が15個、椅子が取れなければ脱落。

そして、親を選ぶ投票、投票には脱落者も参加できる。

選ばれた親は、椅子を1個削除できる。毎回、1名づつ脱落者が出て、

最後に残った椅子の持ち主が優勝者となる。

全員に渡される自分の名前入りのコイン20枚。

優勝者のコインだけが、1枚、1億円の価値を持つことになる。

「このゲームの本質は、椅子取りゲームじゃない。国盗りゲームだ。」

ようするに、投票で親に選ばれ続ければ、勝てる。

問題は、どうやって?



一方、今の日本は、資本主義社会。

一部の資本家が限られた労働力を使って、価値を提供しリターンを得るゲーム。

ところが、ネットワークビジネスの出現で、個人でもゲームに参加できるようになった。

そして、インターネットの普及で、多くの労働者が自分もゲームに参加できることを知るようになった。

そして、価値も多様化。今までは、わかりきった価値を提供すればよかったけど、

今では、何が価値なのかわからない。

昔は、限られた米の生産量を奪い合うゼロサムゲーム。

資本主義社会になって、価値の生産量を競い合うゲームに変化。

今では、何が価値なのかわからない状態で価値を提供するゲームに更に変化。

そういった今の状況でゲームに勝ち残るには、どうすればいいのか?

もしかしたら、ライアーゲームよりおもしろいかもしれない。
そのヒントは、ここにある。
header.png



14年度成長率、消費税上げで減速…民間予測


読売新聞 5月25日(土)8時59分配信










14年度成長率、消費税上げで減速…民間予測


読売新聞





 主な民間調査機関による2013~14年度の経済見通しが出そろった。



 13年度の実質国内総生産(GDP)成長率の予測平均は2・7%、14年度は0・5%となった。



 個人消費の伸びや公共投資による押し上げ効果で13年度は高い伸び率となる。14年度は消費税率引き上げの影響で成長が減速するとの見方が多い。



 13年度の実質成長率が2月に閣議決定された政府経済見通し(2・5%)を上回ったのは、「円安、緊急経済対策の効果、消費税率引き上げ前の駆け込み需要などから、高めの成長が続く」(ニッセイ基礎研究所)との見方が背景にある。



 一方、14年度については、消費増税前の駆け込み需要の反動もあり、伸びは鈍化するとの予測で一致している。ただ、輸出の増加が見込まれることなどから、「景気が後退局面に入ることは避けられる」(第一生命経済研究所)とのシナリオが大勢だ。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130524-00001327-yom-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FX-29


■■もしトレFX■■


FXプライベート運用システム「Forex Private Banker」




JAL再生を支えた「費用の門番」 その手腕〈AERA〉

ライアーゲームの本質
ある日、1億円とライアーゲームの招待状が届く。

1億円は、ライアーゲームの参加料、参加しなければ、

その1億円が没収の上、1億円の借金が残る。

だから、ライアーゲームに参加するしかない。

ゲーム会場に集まった人数は20人、賞金は20億円。

ルール

椅子取りゲーム、最初は椅子が15個、椅子が取れなければ脱落。

そして、親を選ぶ投票、投票には脱落者も参加できる。

選ばれた親は、椅子を1個削除できる。毎回、1名づつ脱落者が出て、

最後に残った椅子の持ち主が優勝者となる。

全員に渡される自分の名前入りのコイン20枚。

優勝者のコインだけが、1枚、1億円の価値を持つことになる。

「このゲームの本質は、椅子取りゲームじゃない。国盗りゲームだ。」

ようするに、投票で親に選ばれ続ければ、勝てる。

問題は、どうやって?



一方、今の日本は、資本主義社会。

一部の資本家が限られた労働力を使って、価値を提供しリターンを得るゲーム。

ところが、ネットワークビジネスの出現で、個人でもゲームに参加できるようになった。

そして、インターネットの普及で、多くの労働者が自分もゲームに参加できることを知るようになった。

そして、価値も多様化。今までは、わかりきった価値を提供すればよかったけど、

今では、何が価値なのかわからない。

昔は、限られた米の生産量を奪い合うゼロサムゲーム。

資本主義社会になって、価値の生産量を競い合うゲームに変化。

今では、何が価値なのかわからない状態で価値を提供するゲームに更に変化。

そういった今の状況でゲームに勝ち残るには、どうすればいいのか?

もしかしたら、ライアーゲームよりおもしろいかもしれない。
そのヒントは、ここにある。
header.png



JAL再生を支えた「費用の門番」 その手腕〈AERA〉


dot. 5月25日(土)7時9分配信







 京セラの稲盛和夫氏(81)の手腕により、再生を果たしたJAL。社員の意識を変えた方法のひとつが、京セラ仕込みのアメーバ経営だ。大組織を独立採算で運営する小集団に分け、リーダーを任命し、共同経営のような形で会社を動かしていく。JALには組織図上の部・課ごとに約1千のアメーバがつくられた。



 路線統括本部の笠松薫(44)は自称「費用の門番」。11年末に収支統括グループのマネジャーに就いて以来、乗務員のホテル代や地方空港の業務の外部委託費などに次々とメスを入れてきた。他部署から見れば煙たい存在だろう。だが、「新生JALにはそんな人間が絶対必要」。その思いは、過去の苦い教訓から来ている。



 笠松は旧日本エアシステム(JAS)の出身。2002年にJALと経営統合し、最初の配属先が経営企画室だった。世の多くの企業でも、事業計画を司る経営企画の存在感は大きいが、かつてのJALでは際立っていた。



 経営企画の背番号が付いた人間は他部署に出てもまた戻り、自らを「企画系」と呼んで勢力を拡大。労務、営業と並ぶ三大派閥の一角を占め、社内の権勢を競っていた。



 だが、その経営企画が舵取りしたJALは、燃油や機内食代の支払いも見通せなくなり破綻する。理由は明快だった。採算意識の欠如だ。



「予算は消化するものという官僚的な思考が染み付き、収入の落ち込みに応じて費用を減らす、という当たり前の営みができていなかった」



 破綻当時は名古屋の関連会社に出向していたが、電話で話したかつての同僚はこう漏らした。



「管財人にいろいろ求められ、自分たちが思うような絵は描けなくなった」



 破綻は、経営企画の失墜なのだと悟った。



 アメーバ経営は権限の一極集中を排し、各部・課、全社員に採算意識を持つことを求める。路線統括本部はその扇の要だ。運航便のメーカーとなって、必要な航空機や乗務員、整備士を各本部から仕入れ、対価を払う。完成させた便は営業に売る、という社内取引を繰り返す。各本部は収支目標を自ら立てるが、「収入」にあたる対価は事業環境に応じて半年ごとに見直される。下がることもあるため、利益を確保しようと「費用」の削減に努める。費用が減れば、全社の利益が増える。



「門番」の手腕が試されるのはそこだ。月ごとに上がってくる各本部の採算表をにらみ、高止まりする費用項目はないか、特定の月だけ増えていないか、などをつぶさにチェックする。異常なシグナルを感じたら、担当者と膝詰めで議論を重ねる。反発も受ける。



 航空業界は、景気変動や紛争などイベントリスクに業績を左右されやすい。それでも大崩れしないように、経営のカルテをしっかりつける。それが今の、自分の使命だと思っている。



※AERA 2013年5月20日号



    










http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130525-00000001-sasahi-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



ついにFXの金のクモの糸が販売開始!ゴールデンスパイダーFX 5年~10年と使える一生物の宝 【述べ5000人が愛用しているゴルスパFX】


【限定価格】鬼ヶ島FX


HeartsCry-FX




<東証>午前は大幅反発 米株価の下落限定的で

ライアーゲームの本質
ある日、1億円とライアーゲームの招待状が届く。

1億円は、ライアーゲームの参加料、参加しなければ、

その1億円が没収の上、1億円の借金が残る。

だから、ライアーゲームに参加するしかない。

ゲーム会場に集まった人数は20人、賞金は20億円。

ルール

椅子取りゲーム、最初は椅子が15個、椅子が取れなければ脱落。

そして、親を選ぶ投票、投票には脱落者も参加できる。

選ばれた親は、椅子を1個削除できる。毎回、1名づつ脱落者が出て、

最後に残った椅子の持ち主が優勝者となる。

全員に渡される自分の名前入りのコイン20枚。

優勝者のコインだけが、1枚、1億円の価値を持つことになる。

「このゲームの本質は、椅子取りゲームじゃない。国盗りゲームだ。」

ようするに、投票で親に選ばれ続ければ、勝てる。

問題は、どうやって?



一方、今の日本は、資本主義社会。

一部の資本家が限られた労働力を使って、価値を提供しリターンを得るゲーム。

ところが、ネットワークビジネスの出現で、個人でもゲームに参加できるようになった。

そして、インターネットの普及で、多くの労働者が自分もゲームに参加できることを知るようになった。

そして、価値も多様化。今までは、わかりきった価値を提供すればよかったけど、

今では、何が価値なのかわからない。

昔は、限られた米の生産量を奪い合うゼロサムゲーム。

資本主義社会になって、価値の生産量を競い合うゲームに変化。

今では、何が価値なのかわからない状態で価値を提供するゲームに更に変化。

そういった今の状況でゲームに勝ち残るには、どうすればいいのか?

もしかしたら、ライアーゲームよりおもしろいかもしれない。
そのヒントは、ここにある。
header.png



<東証>午前は大幅反発 米株価の下落限定的で


毎日新聞 5月24日(金)11時31分配信







 前日の急落から一夜明けた24日午前の東京株式市場は、米株価の下げ幅が限定的だったことなどを受けて投資家の不安心理が後退し、大幅に反発した。日経平均株価の上げ幅は一時、前日比500円を超え、1万5000円台を回復。午前10時時点は前日終値比408円83銭高の1万4892円81銭。全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は同29.11ポイント高の1217.45。



 前日の米ニューヨーク市場のダウ工業株30種平均は、取引開始直後に100ドルを超えて値下がりしたが、その後は好調な住宅販売などを好感した買い戻しが入り、終値は約12ドルの小幅下落にとどまった。



 米景気の底堅さが確認されたことや、世界的な株安連鎖への警戒感が後退したことなどを受け、外国為替市場では円売り・ドル買いが進行し、24日午前の円相場は1ドル=102円台半ばまで下落。東京株式市場では、円安で採算改善が期待できる自動車・電機株や証券株を中心に、東証1部全体の約8割の銘柄が値を上げ、ほぼ全面高の展開となった。



 市場では、大規模な金融緩和の継続や企業業績への回復期待は変わっていないとして「一時的な株価下落は絶好の買い場」(大手証券)との声が出る一方、「まとまった売り注文が出れば、一気に下がる可能性がある」(エコノミスト)との警戒感もあり、24日午前の日経平均株価は取引開始直後に1万5000円台を付けた後は、1万4900円を挟んで一進一退となった。甘利明経済再生担当相は24日の閣議後会見で「うろたえる必要はない。アベノミクスは順調に進展をしている」と強調した。



 午前10時時点の円相場は前日午後5時比43銭円安・ドル高の1ドル=102円36~39銭。株価上昇に伴い、長期金利の指標となる新発10年物国債の利回りは一時、前日終値比0.07%高い0.905%まで上昇(価格は下落)する場面があった。【山口知】










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130524-00000032-mai-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



デイトレで20pipsから50pips狙う ストキャスティクス MT4カスタムジンジケーター


デイトレで20pipsから50pips狙う ストキャスティクス MT4カスタムジンジケーター


Will Power FX




中小企業の「円安倒産」が増える恐れ 輸入業者の4割が赤字

ライアーゲームの本質
ある日、1億円とライアーゲームの招待状が届く。

1億円は、ライアーゲームの参加料、参加しなければ、

その1億円が没収の上、1億円の借金が残る。

だから、ライアーゲームに参加するしかない。

ゲーム会場に集まった人数は20人、賞金は20億円。

ルール

椅子取りゲーム、最初は椅子が15個、椅子が取れなければ脱落。

そして、親を選ぶ投票、投票には脱落者も参加できる。

選ばれた親は、椅子を1個削除できる。毎回、1名づつ脱落者が出て、

最後に残った椅子の持ち主が優勝者となる。

全員に渡される自分の名前入りのコイン20枚。

優勝者のコインだけが、1枚、1億円の価値を持つことになる。

「このゲームの本質は、椅子取りゲームじゃない。国盗りゲームだ。」

ようするに、投票で親に選ばれ続ければ、勝てる。

問題は、どうやって?



一方、今の日本は、資本主義社会。

一部の資本家が限られた労働力を使って、価値を提供しリターンを得るゲーム。

ところが、ネットワークビジネスの出現で、個人でもゲームに参加できるようになった。

そして、インターネットの普及で、多くの労働者が自分もゲームに参加できることを知るようになった。

そして、価値も多様化。今までは、わかりきった価値を提供すればよかったけど、

今では、何が価値なのかわからない。

昔は、限られた米の生産量を奪い合うゼロサムゲーム。

資本主義社会になって、価値の生産量を競い合うゲームに変化。

今では、何が価値なのかわからない状態で価値を提供するゲームに更に変化。

そういった今の状況でゲームに勝ち残るには、どうすればいいのか?

もしかしたら、ライアーゲームよりおもしろいかもしれない。
そのヒントは、ここにある。
header.png



中小企業の「円安倒産」が増える恐れ 輸入業者の4割が赤字


NEWS ポストセブン 5月24日(金)7時6分配信







 奇しくも日経平均株価が前日比1143円安の1万4483円となった大暴落となった5月23日、全日本トラック協会と都道府県トラック協会が出したこんな意見広告が新聞紙上に踊った。「もう運べません 燃料高騰でトラックが止まる!」。



 両協会によれば、トラックの燃料に使われる軽油価格がリーマンショク後の2009年3月と比べて約40円上昇し、運送業界全体で年間約6800億円ものコスト増になっていると悲鳴を上げる。



 円相場は1ドル100円を突破し、およそ4年ぶりの円安水準で推移している。自動車業界をはじめ、多くの輸出企業は利益増に沸いているが、その一方で原材料の多くを輸入に頼る企業にとっては喜んでばかりもいられない。



 円安が1円進むと年間30億円の営業利益が増えるという輸出企業の東芝ですら、1ドル=90円を超える円安になると、輸入部品の調達コストがかさみ、利益は半減してしまうとのこと。



 まだ東芝ぐらいの企業規模があれば、急激な為替変動も乗り越えられよう。それよりも深刻なのは、全企業数の99%以上を占める中小企業だ。折しも5月23日に帝国データバンクが発表した「輸入企業の実態調査」によると、零細企業の4割が赤字に喘いでいるとの衝撃的な結果が出た。



 同調査を担当した帝国データバンク東京支社情報部の内藤修氏が解説する。



「調査した4月時点はまだ円安の影響をもろに受ける前だったのに、年商1億円未満の赤字比率が高まっています。このまま急速な円安が進めば、体力のない中小の輸入企業は原燃料価格の高騰を製品価格にも転嫁できず、より一層の収益悪化が懸念されます」



 すでに輸入企業を取り巻く不安材料は表面化している。内藤氏が続ける。



「岡山県にある老舗板紙メーカーの山陽板紙工業が、5月15日に負債50億7500万円を抱えて民事再生法の適用を申請しました。従来から燃料費の高騰などで採算は悪化していたのですが、ここ最近の円安が追い打ちをかけました。こうした“円安倒産”は今後も相次ぐ可能性があります」



 では、どんな業種に輸入取り引きが多く、円安デメリットをもたらしてしまうのか。同調査では電気機械、アパレル、食品関連の卸売業が目立ち、中でも「婦人・子供服卸、小売り」や「生鮮魚介類」などの赤字比率が高かったという。



 いまのところ円安を追い風に業績回復を遂げている自動車メーカーも、いつまでも安穏とはしていられないはず。経済ジャーナリストの永井隆氏が話す。



「自動車は2~3万点にも及ぶ部品から成っており、それらは日本のみならず世界各国から調達して組み立てるルートがすでに出来上がっています。また、鉄鉱石価格や工場を動かすための燃料価格などが上昇すれば業績に響くでしょう。何よりもガソリン価格が上がると、われわれユーザーの家計を直撃します」



 国民生活への影響は、食品の相次ぐ値上げ発表でじわじわと消費者を苦しめている。食用油、マヨネーズ、小麦粉、食パン、シーチキン、マーガリン、ソーセージ……。このままでは消費者の購買意欲も削がれてしまいかねない。



「そのうちトイレットペーパーやおむつなど国民の生活必需品を扱っているようなメーカーも痛手を被って値上げに踏み切るかもしれませんし、原材料のほぼすべてを輸入に頼って国内生産しているビールメーカーなども価格を維持するのが難しくなってくるかもしれません」(前出・永井氏)



 円安による企業の好業績が働く人の給料に還元されないうちに、原材料高が物価高を招いて庶民を苦しめる。こんな悪循環で誰もが実感する景気回復が本当に果たせるのだろうか。










http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130524-00000004-pseven-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



【太郎丸の基礎から学ぶFXテクニカルトレード入門(2012年版】


FXミリオネア竹井佑介のNEXT LEVEL FX


FXリバーストレードダメトレ君




焦点:米国債の売りは「序の口」か、景気回復を背景に

ライアーゲームの本質
ある日、1億円とライアーゲームの招待状が届く。

1億円は、ライアーゲームの参加料、参加しなければ、

その1億円が没収の上、1億円の借金が残る。

だから、ライアーゲームに参加するしかない。

ゲーム会場に集まった人数は20人、賞金は20億円。

ルール

椅子取りゲーム、最初は椅子が15個、椅子が取れなければ脱落。

そして、親を選ぶ投票、投票には脱落者も参加できる。

選ばれた親は、椅子を1個削除できる。毎回、1名づつ脱落者が出て、

最後に残った椅子の持ち主が優勝者となる。

全員に渡される自分の名前入りのコイン20枚。

優勝者のコインだけが、1枚、1億円の価値を持つことになる。

「このゲームの本質は、椅子取りゲームじゃない。国盗りゲームだ。」

ようするに、投票で親に選ばれ続ければ、勝てる。

問題は、どうやって?



一方、今の日本は、資本主義社会。

一部の資本家が限られた労働力を使って、価値を提供しリターンを得るゲーム。

ところが、ネットワークビジネスの出現で、個人でもゲームに参加できるようになった。

そして、インターネットの普及で、多くの労働者が自分もゲームに参加できることを知るようになった。

そして、価値も多様化。今までは、わかりきった価値を提供すればよかったけど、

今では、何が価値なのかわからない。

昔は、限られた米の生産量を奪い合うゼロサムゲーム。

資本主義社会になって、価値の生産量を競い合うゲームに変化。

今では、何が価値なのかわからない状態で価値を提供するゲームに更に変化。

そういった今の状況でゲームに勝ち残るには、どうすればいいのか?

もしかしたら、ライアーゲームよりおもしろいかもしれない。
そのヒントは、ここにある。
header.png



焦点:米国債の売りは「序の口」か、景気回復を背景に


ロイター 5月23日(木)13時44分配信










焦点:米国債の売りは「序の口」か、景気回復を背景に


5月22日、ここ数週間軟化している米国債価格について、一部のストラテジストは長い下落局面の始まりにすぎないとみている。写真はニューヨークのウォール街。2011年5月撮影(2013年 ロイター/Shannon Stapleton)





[ニューヨーク 22日 ロイター] 米国債価格はここ数週間、軟化しているが、一部のストラテジストは長い下落局面の始まりにすぎないとみている。



彼らが指摘するのは、米国経済の相対的な強さ、予想以上に堅調な労働市場、小売売上高の増加、約6年ぶりの高水準に上昇した消費者信頼感などだ。その上、米国の財政赤字も驚くべきペースで縮小している。



S&P総合500種<.SPX>指数がことし17%上昇して過去最高値を更新したことで、株式市場が実体経済を反映しているか否かをめぐる議論が一部で持ち上がっている。しかし著名ストラテジストの中には、実体経済から足を踏み外しているのは株式市場ではなく債券市場だとの声もある。



ウェルズ・キャピタル・マネジメントの最高投資ストラテジスト、ジェームズ・ポールセン氏は、ジャンク債や株式などリスク性資産を押し上げてきた投資家信頼感が、間もなく米国債の売りにも波及すると予想。「10年債利回りの上昇が2%で止まるとは思わない。年末には2%より3%に近い水準になっているだろう」と述べた。



しかし方程式を構成する重要な要素は、米連邦準備理事会(FRB)による毎月850億ドルの債券購入だ。この債券需要が金利を低く抑えてきた。



FRB幹部は最近、月々の購入額を縮小する可能性について、以前より少し自由に口にするようになった。バーナンキ議長は22日の議会証言で、拙速な金融引き締めはすべきでないと釘を差しながらも、「景気の勢いが維持されていることが分かれば、今後数回の会合で債券購入ペースを落とす決定することもあり得る」とも述べた。



アライアンスバーンスタインのチーフ米国エコノミスト、ジョゼフ・カーソン氏は「バーナンキ議長が率いるFRBが素早く(債券購入を)縮小することはないだろう。しかし夏にそのことに言及し始め、早ければ9月にも購入を縮小し始めれば、10年国債利回りは年末までに2.5%に、来年前半には3%に達するだろう」と述べた。



10年物米国債利回りはバーナンキ議長の発言を受けて22日に2%を付け、5月初めに比べ35ベーシスポイント(bp)ほど上昇した。一部証券会社は年末までに2.5─3%を付けると予想している。



ソシエテ・ジェネラル(ニューヨーク)の米国債トレーダー、ショーン・マーフィー氏は「現在の財政問題やインフレ・デフレ見通しが成長を著しく損なうかどうか、見極める時間がもっと必要だ」と話す。



投資家は非常にわずかながら、米国債に対する弱気見通しに傾き始めている。米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、大手投機筋は2012年7月以来、概ね債券をロングにしてきたが、先週は3月以来初めて10年国債について小幅なショートポジションに転じた。



ゴールドマン・サックスは20日のノートで、債券利回りにゆがみが生じているとし、米10年国債利回りの「適正水準」を2.5%とした。債券利回りは「成長率・インフレ予想との歴史的な相関関係」に照らし、少なくとも50bp低い水準だという。



<FRB幹部の発言を読む>



FRB幹部らのコンセンサスは、国債買い入れを減らす方向にわずかに傾いているようだ。サンフランシスコ地区連銀のウィリアムズ総裁とシカゴ地区連銀のエバンズ総裁はいずれも「ハト派」と見なされてきたが、労働市場がが改善を続ければ年末までに買い入れプログラムを停止する可能性があると述べた。



一方でニューヨーク連銀のダドリー総裁は21日、資産購入の減少を決定する前に「(米景気が)重大な財政面の制約をどのように切り抜ける」かを見極める必要があると述べた。



セントルイス地区連銀のブラード総裁はやはり21日、経済指標に基づき買い入れペースを調整しながらも、買い入れは継続すべきとの考えを示した。



プルデンシャル・フィクスト・インカムの最高投資ストラテジスト、ロバート・ティップ氏は「FRBは長らく待ち望んできた状況を目にし始めたばかりだ。つまり成長が潜在成長率をわずかに上回り、雇用創出もそこそこ強い」と指摘。「FRBは第4・四半期に買い入れを縮小する可能性があるが、あまりに早い段階でそのシグナルを送ると火遊びになってしまう」と話した。



(Ellen Freilich記者)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130523-00000075-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



マルチヒットバイナリーBO_FX


『チリ積もFX』~負けないことに特化した堅実投資法~【軍資金(10数万円)作り方&6種の億万長者付】


FX THE -RULE- Pro




アベノミクスに見るわが国の経済構造転換の必要性=中国

ライアーゲームの本質
ある日、1億円とライアーゲームの招待状が届く。

1億円は、ライアーゲームの参加料、参加しなければ、

その1億円が没収の上、1億円の借金が残る。

だから、ライアーゲームに参加するしかない。

ゲーム会場に集まった人数は20人、賞金は20億円。

ルール

椅子取りゲーム、最初は椅子が15個、椅子が取れなければ脱落。

そして、親を選ぶ投票、投票には脱落者も参加できる。

選ばれた親は、椅子を1個削除できる。毎回、1名づつ脱落者が出て、

最後に残った椅子の持ち主が優勝者となる。

全員に渡される自分の名前入りのコイン20枚。

優勝者のコインだけが、1枚、1億円の価値を持つことになる。

「このゲームの本質は、椅子取りゲームじゃない。国盗りゲームだ。」

ようするに、投票で親に選ばれ続ければ、勝てる。

問題は、どうやって?



一方、今の日本は、資本主義社会。

一部の資本家が限られた労働力を使って、価値を提供しリターンを得るゲーム。

ところが、ネットワークビジネスの出現で、個人でもゲームに参加できるようになった。

そして、インターネットの普及で、多くの労働者が自分もゲームに参加できることを知るようになった。

そして、価値も多様化。今までは、わかりきった価値を提供すればよかったけど、

今では、何が価値なのかわからない。

昔は、限られた米の生産量を奪い合うゼロサムゲーム。

資本主義社会になって、価値の生産量を競い合うゲームに変化。

今では、何が価値なのかわからない状態で価値を提供するゲームに更に変化。

そういった今の状況でゲームに勝ち残るには、どうすればいいのか?

もしかしたら、ライアーゲームよりおもしろいかもしれない。
そのヒントは、ここにある。
header.png



アベノミクスに見るわが国の経済構造転換の必要性=中国


サーチナ 5月23日(木)9時56分配信







 日本政府が景気判断を上方修正するなど、安倍政権が放った「3本の矢」の効果は鮮明だ。今年の日本株式市場は活況で、これまでに株価が4割以上も上昇した。これは経済緩和政策と大きな関係がある。一方で2013年1-3月期の経済成長率は3.5%と、輸出だけでなく、内需の消費支出も好調だ。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。



 ただ、日本の経済刺激策が長期的に有効か疑問を抱くエコノミストも少なくない。「ミスター円」こと榊原英資氏は経済サミットで、「為替レートは安倍政策の重点ではない。日銀が積極的な金融政策をさらに推し進める可能性は低い。アベノミクスでより重要なのは拡張的財政政策と投資刺激で、それこそが日本の経済構造を決めるカギになる」と述べた。



 榊原英資氏が指摘するように、アベノミクスが成功するかのカギは経済構造の調整が成功するかにかかっている。成功すれば、日本経済は成長の原動力が確立されるだろう。



 最新情報によると、欧州連合(EU)が現在実施している34件の反ダンピング(不当廉売)調査のうち、18件が中国を対象とし、中国の太陽光パネルに対する税徴収も待ったなしの状況にある。また、米国の中国に対する貿易救済(アンチダンピング)の圧力も強い。中国政府が積極的に出てきて仲裁・協議するほかに、より長期的に問題を改めて見直す必要がある。こうした貿易摩擦の形勢は今後も長期にわたって続き、中国経済の構造転換のなかにおいて不可避な問題といえる。



 中国が質の高い持続可能な成長を追及するには経済構造の転換を加速するしかない。中国政府の投資や刺激をあてにしたこれまでのような経済成長にはもはや可能性は小さい。市場メカニズムの原動力を生み出し、真の政府職能転換を進め、経済構造転換を効率よく推し進めなければ、中国が経済成長を維持するのは難しいだろう。



 いま世界は経済構造の再調整を進めている。構造調整は必ず痛みをともなうが、どんなに困難でも耐えるしかない。構造調整を優先し、経済構造の転換・グレードアップに着眼すれば、中国経済の成長ポテンシャルが発揮される。今後の中国経済にもっとも必要なことは、経済の質と効果を重視し、経済構造のグレードアップを図ることだといえそうだ。(編集担当:米原裕子)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130523-00000007-scn-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



マルチヒットバイナリーBO_FX


『チリ積もFX』~負けないことに特化した堅実投資法~【軍資金(10数万円)作り方&6種の億万長者付】


FX THE -RULE- Pro




NY市場サマリー(22日)

ライアーゲームの本質
ある日、1億円とライアーゲームの招待状が届く。

1億円は、ライアーゲームの参加料、参加しなければ、

その1億円が没収の上、1億円の借金が残る。

だから、ライアーゲームに参加するしかない。

ゲーム会場に集まった人数は20人、賞金は20億円。

ルール

椅子取りゲーム、最初は椅子が15個、椅子が取れなければ脱落。

そして、親を選ぶ投票、投票には脱落者も参加できる。

選ばれた親は、椅子を1個削除できる。毎回、1名づつ脱落者が出て、

最後に残った椅子の持ち主が優勝者となる。

全員に渡される自分の名前入りのコイン20枚。

優勝者のコインだけが、1枚、1億円の価値を持つことになる。

「このゲームの本質は、椅子取りゲームじゃない。国盗りゲームだ。」

ようするに、投票で親に選ばれ続ければ、勝てる。

問題は、どうやって?



一方、今の日本は、資本主義社会。

一部の資本家が限られた労働力を使って、価値を提供しリターンを得るゲーム。

ところが、ネットワークビジネスの出現で、個人でもゲームに参加できるようになった。

そして、インターネットの普及で、多くの労働者が自分もゲームに参加できることを知るようになった。

そして、価値も多様化。今までは、わかりきった価値を提供すればよかったけど、

今では、何が価値なのかわからない。

昔は、限られた米の生産量を奪い合うゼロサムゲーム。

資本主義社会になって、価値の生産量を競い合うゲームに変化。

今では、何が価値なのかわからない状態で価値を提供するゲームに更に変化。

そういった今の状況でゲームに勝ち残るには、どうすればいいのか?

もしかしたら、ライアーゲームよりおもしろいかもしれない。
そのヒントは、ここにある。
header.png



NY市場サマリー(22日)


ロイター 5月23日(木)7時14分配信







(カッコ内は前営業日比、%は利回り)



ドル/円     終値   103.16/18



始値    103.10/13



前営業日終値    102.49/51



ユーロ/ドル   終値    1.2860/62



始値    1.2922/23



前営業日終値    1.2904/08



30年債<US30YT=RR>



(2105GMT)   93*14.00(‐1*19.00) =3.2178%



前営業日終盤    95*01.00(+0*26.00) =3.1317%



10年債<US10YT=RR>



(2105GMT)   97*13.50(‐0*30.50)=2.0368%



前営業日終盤    98*12.00(+0*10.00)=1.9298%



5年債<US5YT=RR>



(2105GMT)    98*22.25(‐0*11.75) =0.8957%



前営業日終盤   99*02.00(+0*02.75) =0.8190%



2年債<US2YT=RR>



(2105GMT)   99*24.25(‐0*00.75) =0.2504%



前営業日終盤    99*25.00(+0*00.25) =0.2380%



ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>



終値 15307.17(‐80.41)



前営業日終値   15387.58(+52.30)



ナスダック総合<.IXIC>



終値 3463.30(‐38.82)



前営業日終値   3502.12( +5.69)



S&P総合500種<.SPX>



終値 1655.35(‐13.81)



前営業日終値   1669.16( +2.87)



COMEX金(6月限)(ドル/オンス)<2GCM3><GCM3><0#GC:>



終値    1367.40(‐10.20)



前営業日終値 1377.60( ‐6.50)



COMEX銀(7月限)(セント/オンス)<2SIN3><SIN3><SIcv1><0#SI:>



終値    2247.2( +1.7)



前営業日終値  2245.5(‐12.7)



北海ブレント原油先物(7月限)(ドル/バレル)<LCON3><LCOc1><0#LCO:>



終値    102.60(‐1.31)



前営業日終値 103.91(‐0.89)



米WTI原油先物(7月限)(ドル/バレル)<2CLN3><CLN3><CLc1><0#CL:>



終値    94.28(‐1.90)



前営業日終値    96.18(‐0.75)



CRB商品指数(ポイント)<.TRJCRB>



終値    286.3310(‐1.5936)



前営業日終値    287.9246(‐0.8568)



<為替> バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言を受け、FRBが向こう数カ月以内に資産購入プログラムの縮小を開始するとの観測が広がり、ドル/円が一時103.73円と2008年10月以来4年半ぶりの高値に上昇した。バーナンキ議長は議会証言で、資産購入プログラムを当面維持する方針を示しながらも、仮に経済情勢の改善が続けば資産購入を「今後数回の会合で縮小する」可能性があると付け加えるとともに、金利をあまりにも長期間にわたって過度に低い水準に保つことにはリスクを伴うと警告した。だが、その後公表された連邦公開市場委員会(FOMC)議事録で、資産購入の縮小を開始する時期をめぐり活発に議論が交わされたことが明らかになり、FOMC内部での意見の隔たりが示唆されたため、ドルは上げ幅を縮小した。



<債券> 国債利回りが急上昇し、指標10年債利回りは節目の2%を上回った。バーナンキFRB議長の議会証言を受け、米経済が一段と改善すれば年内に債券買い入れが縮小される可能性があるとの観測が強まった。バーナンキ議長は上下両院合同経済委員会での証言の冒頭発言で、FRBの現行政策は大きな効果をもたらしており、早計に解除すれば経済に悪影響が及ぶと指摘、早期の緩和解除に慎重な姿勢を示した。これを受けて米国債価格はいったん上昇した。しかしその後、議長が質疑応答で、米経済が持続的な成長軌道にあることが指標で示された場合、今後数回の会合で債券買い入れを縮小することもあり得るとの立場を示したことで、米国債は急速に値を削った。午後に発表された4月30─5月1日のFOMC議事録はハト派的なトーンとなったものの、米国債は安値を維持した。議事録によると、債券買い入れプログラムの縮小へと移る前に、米景気が回復していることを示す一段の裏付けが必要との認識を多くのメンバーが示した。



<株式> 反落した。この日発表されたFOMC議事録から、一部メンバーが6月にも資産買い入れの規模を縮小することに前向きな姿勢を示していたことが明らかになった。S&P総合500種は3週間ぶりの大幅な下げで、構成する10セクター全てがマイナス圏で取引を終えた。とりわけエネルギー、公益事業株の下げがきつく、エネルギー株指数<.SPNY>は1.2%、公益事業株指数<.SPLRCU>は1.6%それぞれ値下がりした。個別銘柄では、ディスカウントストア大手ターゲット<TGT.N>が4%下落した。春先に気温が低かったことなどが影響して第1・四半期(5月4日終了)の米既存店売上高が減少し、2013年の利益見通しを引き下げた。トール・ブラザーズ<TOL.N>は2.9%高。住宅販売の拡大や価格上昇を追い風に第2・四半期(2―4月)決算が46%の増益となり、住宅市場の回復が業界全体に広がっていることを示した。



<金先物> バーナンキFRB議長の議会証言を受けて、量的緩和の早期縮小をめぐる思惑から続落した。バーナンキ議長はこの日、上下両院合同経済委員会の公聴会で証言し、失業率が高止まりしインフレが抑制された環境では「高度に緩和された金融政策が必要」と指摘。このため、市場ではいったん量的緩和継続期待が強まり、買いが台頭。電子取引では一時1400ドルの大台に浮上した。しかし、同議長がこの後、雇用の持続的改善を前提とした年内の資産購入縮小の可能性にも言及。これをきっかけに、外為相場ではドルが対ユーロで切り返した。ドル建てで取引される金塊相場は割高感に圧迫され、朝方の上げ幅を帳消しにしマイナス圏に沈んだ。



<米原油先物> 米量的緩和早期縮小観測やガソリン在庫の急増を背景に売られ、続落した。FOMC議事要旨では、複数の参加者が米経済の改善状況次第では、6月会合での資産購入の縮小が可能だと述べていたことがわかった。これを受けて、米量的緩和の早期縮小観測が広がったことから米株価が下落に転じ、原油もつられて売りが出た。さらに、米エネルギー情報局(EIA)が発表した週間在庫統計では、ガソリン在庫が前週比300万バレル増と、横ばいを見込んでいた市場予想に反して大幅な増加となった。夏の行楽シーズンを控えて潤沢なガソリン在庫が嫌気され、相場の重しとなった。また、原油在庫が30万バレル減と、市場予想と比べて小幅な取り崩しにとどまったことも、売り材料だった。



[東京 23日 ロイター]










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130523-00000038-reut-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



7月21日(日) 【セミナー】金持ちサラリーマン育成講座+懇親会


7月21日(日) 【セミナー】金持ちサラリーマン育成講座


7月20日(土) 【セミナー】金持ちサラリーマン育成講座+懇親会




日銀、「量的・質的金融緩和」政策の継続を決定

ライアーゲームの本質
ある日、1億円とライアーゲームの招待状が届く。

1億円は、ライアーゲームの参加料、参加しなければ、

その1億円が没収の上、1億円の借金が残る。

だから、ライアーゲームに参加するしかない。

ゲーム会場に集まった人数は20人、賞金は20億円。

ルール

椅子取りゲーム、最初は椅子が15個、椅子が取れなければ脱落。

そして、親を選ぶ投票、投票には脱落者も参加できる。

選ばれた親は、椅子を1個削除できる。毎回、1名づつ脱落者が出て、

最後に残った椅子の持ち主が優勝者となる。

全員に渡される自分の名前入りのコイン20枚。

優勝者のコインだけが、1枚、1億円の価値を持つことになる。

「このゲームの本質は、椅子取りゲームじゃない。国盗りゲームだ。」

ようするに、投票で親に選ばれ続ければ、勝てる。

問題は、どうやって?



一方、今の日本は、資本主義社会。

一部の資本家が限られた労働力を使って、価値を提供しリターンを得るゲーム。

ところが、ネットワークビジネスの出現で、個人でもゲームに参加できるようになった。

そして、インターネットの普及で、多くの労働者が自分もゲームに参加できることを知るようになった。

そして、価値も多様化。今までは、わかりきった価値を提供すればよかったけど、

今では、何が価値なのかわからない。

昔は、限られた米の生産量を奪い合うゼロサムゲーム。

資本主義社会になって、価値の生産量を競い合うゲームに変化。

今では、何が価値なのかわからない状態で価値を提供するゲームに更に変化。

そういった今の状況でゲームに勝ち残るには、どうすればいいのか?

もしかしたら、ライアーゲームよりおもしろいかもしれない。
そのヒントは、ここにある。
header.png



日銀、「量的・質的金融緩和」政策の継続を決定


読売新聞 5月22日(水)13時4分配信







 日本銀行は22日、金融政策決定会合を開き、世の中に供給するお金の量(マネタリーベース)を2倍にすることを柱とする「量的・質的金融緩和」の継続を、政策委員(正副総裁3人と審議委員6人の計9人)の全員一致で決めた。



 日銀は公表文で、「マネタリーベースが年間約60~70兆円に相当するペースで増加するよう金融市場調節を行う」と明記し、お金の供給量を2014年末に270兆円と12年末の2倍に増やす。



 景気の現状判断について、「我が国の景気は持ち直しつつある」とし、1月以降、5か月連続で上方修正した。黒田東彦(はるひこ)総裁が22日午後、記者会見し、決定内容について説明する。



 金融市場では、量的・質的緩和を背景に株高が進み、投資家の資金が国債から株式に移りやすくなって長期金利の不安定な動きが続いている。会見で黒田総裁が最近の金利の動向についてどのような認識を示すかが注目される。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130522-00000641-yom-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



■ウェーブキャッチFX EUR/JPYペア用■全5通貨ペアで月間獲得約8000pips!爆発的利益の連続を覚悟できますか?ナンピン・リペイントなし!取引数量指定なし!検証結果で爆益を確認!メール&サウンド通知機能付


■ウェーブキャッチFX USD/JPYペア用■全5通貨ペアで月間獲得約8000pips!爆発的利益の連続を覚悟できますか?ナンピン・リペイントなし!取引数量指定なし!検証結果で爆益を確認!メール&サウンド通知機能付


■ウェーブキャッチFX 全5通貨ペア コンプリートセット■月間獲得約8000pips!爆発的利益の連続を覚悟できますか?ナンピン・リペイントなし!取引数量指定なし!検証結果で爆益を確認!メール&サウンド通知機能付




異次元緩和による波及経路の見直し

ライアーゲームの本質
ある日、1億円とライアーゲームの招待状が届く。

1億円は、ライアーゲームの参加料、参加しなければ、

その1億円が没収の上、1億円の借金が残る。

だから、ライアーゲームに参加するしかない。

ゲーム会場に集まった人数は20人、賞金は20億円。

ルール

椅子取りゲーム、最初は椅子が15個、椅子が取れなければ脱落。

そして、親を選ぶ投票、投票には脱落者も参加できる。

選ばれた親は、椅子を1個削除できる。毎回、1名づつ脱落者が出て、

最後に残った椅子の持ち主が優勝者となる。

全員に渡される自分の名前入りのコイン20枚。

優勝者のコインだけが、1枚、1億円の価値を持つことになる。

「このゲームの本質は、椅子取りゲームじゃない。国盗りゲームだ。」

ようするに、投票で親に選ばれ続ければ、勝てる。

問題は、どうやって?



一方、今の日本は、資本主義社会。

一部の資本家が限られた労働力を使って、価値を提供しリターンを得るゲーム。

ところが、ネットワークビジネスの出現で、個人でもゲームに参加できるようになった。

そして、インターネットの普及で、多くの労働者が自分もゲームに参加できることを知るようになった。

そして、価値も多様化。今までは、わかりきった価値を提供すればよかったけど、

今では、何が価値なのかわからない。

昔は、限られた米の生産量を奪い合うゼロサムゲーム。

資本主義社会になって、価値の生産量を競い合うゲームに変化。

今では、何が価値なのかわからない状態で価値を提供するゲームに更に変化。

そういった今の状況でゲームに勝ち残るには、どうすればいいのか?

もしかしたら、ライアーゲームよりおもしろいかもしれない。
そのヒントは、ここにある。
header.png


5月20日の政府による月例経済報告によると基調判断は「景気は、緩やかに持ち直している。」とし、4月の「景気は、一部に弱さが残るものの、このところ持ち直しの動きがみられる。」から上方修正された。

この月例経済報告関係閣僚会議に出席した黒田東彦日銀総裁は、「日本の5年債、10年債の金利は一度低下したが、株高や米金利上昇で上昇している」、「いずれの国の長期金利も上昇しているが、引き続き低位の動きだ」、「経済・物価の先行き見通しの改善で徐々に金利が上昇していくのは当然だが、日銀の巨額の国債買い入れによる強力な金利低下圧力の下で、長期金利が大きく跳ね上がるとは考えていない」と述べたそうである(ロイター)。

この発言内容を見る限り、4月4日の異次元緩和以降の日本の債券市場の動きは、「経済・物価の先行き見通しの改善」による自然な流れとの認識のようである。また、株高や米金利上昇で日本の国債の利回りが上昇(価格は低下)したとしている。

4月12日の講演で黒田日銀総裁は次のように述べていた。

「買入れの平均残存期間を、現状の3年弱から国債発行残高の平均並みの7年程度に延長しました。これまでのような短めの金利だけでなく、イールドカーブ全体の金利低下を促すことにより、経済・物価への働きかけを強めていくためです。」

異次元緩和のトランスミッション・メカニズム(波及経路)には、日銀が大胆な国債買い入れを行って国債のイールドカーブ全体の金利低下を促すことにより、経済・物価への働きかけを強めていくというのがあったはずだが、これはどこに行ってしまったのであろうか。

この点については、静岡県立大学教授・内閣官房参与である本田悦郎氏が書かれた本「アベノミクスの真実」では違う説明があった。ここでは日銀の金融政策の働きかけが、いきなり投資家にきている。「緩やかなインフレ期待形成」により、実質金利が低下し、円安・株価上昇・不動産価格の上昇を促すとしている。そこから企業部門に働きかけていくとしている。

つまりは1980年台後半のバブル発生時と同様に、1985年のプラザ合意後の円高に対しての積極的な金融緩和が、不動産や株のバブルを生んだ。この際に物価はさほど上昇しなかったが、今回と同様に景気回復への期待が強まっていたことは確かである。

4月12日の講演で黒田日銀総裁は、また次のように発言している。

「これまで長期国債の運用を行っていた投資家や金融機関が、株式や外債等のリスク資産へ運用をシフトさせたり、貸出を増やしていくことが期待されます。これは、教科書的にはポートフォリオ・リバランス効果と言われるものです。長期国債の買入れの平均残存期間を思い切って延長したのは、この効果を意識したものです。」

これについては4月の債券市場における投資家の動向が参考になりそうである。異次元緩和を受けて、国債を売却していたのは都銀であったが、これはポートフォリオ・リバランスを意識したものとではなく、期初ということも手伝っての利益確定売り、さらにはその後の価格変動が大きくなってのリスク回避を意識しての売りとみられた。

生保・損保の超長期への買い越しは574億円に止まっていた。発表された生保の運用の見直しによると、そのほとんどは確かに国内債を抑制し、外債を積み増すとしていた。4月に生保は確かに外債を購入していたが、ネットでは日本の投資家は外債を買っていたのではなく、売却していた。

4月の動きを見る限り、ポートフォリオ・リバランスが起きていたとは考えづらい。国債から株式への資金シフトについては、個人の金融資産の預貯金の一部から、投資信託を経由、もしくは直接に株式投資に振り向けることはあったかもしれないが、国内機関投資家はそう簡単にリバランスを行うことなどできず、ここにきての株高・債券安はむしろそれぞれの理由があって生じたものとみるべきではなかろうか。つまりは自然な流れということであろうか。

いずれにしても、異次元緩和による物価上昇に働きかけるというトランスミッション・メカニズム(波及経路)は、ますます見えなくなってきている。円安・株高が進行している間は、それで良しとなるのかもしれないが、期待に働きかけるためにしてしまったことが、いずれ違うかたちで波及するリスクもある。異次元緩和は何にどのように働きかけをするのか。あらためて考えておく必要がありそうである。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/kubotahiroyuki/20130522-00025124/
※この記事の著作権は配信元に帰属します



「Venus」※EA教本付き【プログラマー&トレーダー相互支援スキーム協賛システム】


「Venus」※EA教本無し【プログラマー&トレーダー相互支援スキーム協賛システム】


FX基本の「キ」~簡単スキャルピングマスター~




ダウ・S&P500種終値が最高値、FRB当局者発言受け

ライアーゲームの本質
ある日、1億円とライアーゲームの招待状が届く。

1億円は、ライアーゲームの参加料、参加しなければ、

その1億円が没収の上、1億円の借金が残る。

だから、ライアーゲームに参加するしかない。

ゲーム会場に集まった人数は20人、賞金は20億円。

ルール

椅子取りゲーム、最初は椅子が15個、椅子が取れなければ脱落。

そして、親を選ぶ投票、投票には脱落者も参加できる。

選ばれた親は、椅子を1個削除できる。毎回、1名づつ脱落者が出て、

最後に残った椅子の持ち主が優勝者となる。

全員に渡される自分の名前入りのコイン20枚。

優勝者のコインだけが、1枚、1億円の価値を持つことになる。

「このゲームの本質は、椅子取りゲームじゃない。国盗りゲームだ。」

ようするに、投票で親に選ばれ続ければ、勝てる。

問題は、どうやって?



一方、今の日本は、資本主義社会。

一部の資本家が限られた労働力を使って、価値を提供しリターンを得るゲーム。

ところが、ネットワークビジネスの出現で、個人でもゲームに参加できるようになった。

そして、インターネットの普及で、多くの労働者が自分もゲームに参加できることを知るようになった。

そして、価値も多様化。今までは、わかりきった価値を提供すればよかったけど、

今では、何が価値なのかわからない。

昔は、限られた米の生産量を奪い合うゼロサムゲーム。

資本主義社会になって、価値の生産量を競い合うゲームに変化。

今では、何が価値なのかわからない状態で価値を提供するゲームに更に変化。

そういった今の状況でゲームに勝ち残るには、どうすればいいのか?

もしかしたら、ライアーゲームよりおもしろいかもしれない。
そのヒントは、ここにある。
header.png



ダウ・S&P500種終値が最高値、FRB当局者発言受け


ロイター 5月22日(水)6時7分配信










ダウ・S&P500種終値が最高値、FRB当局者発言受け


5月21日、米国株式市場は反発し、ダウとS&P総合500種が終値で最高値を更新した。写真はニューヨーク証券取引所(2013年 ロイター/Brendan McDermid)





[ニューヨーク 21日 ロイター] 21日の米国株式市場は反発。ダウとS&P総合500種が終値で最高値を更新し、ナスダックも2000年10月以来の高値で引けた。



一部米連邦準備理事会(FRB)当局者の発言を受け、FRBが資産買い入れの規模を縮小し始めるのではないかとの懸念がやや後退した。



ダウ工業株30種<.DJI>は52.30ドル(0.34%)高の1万5387.58ドル。



ナスダック総合指数<.IXIC>は5.69ポイント(0.16%)高の3502.12。



S&P総合500種<.SPX>は2.87ポイント(0.17%)高の1669.16。



ダウとS&P総合500種は前日に続き、取引時間中の過去最高値を更新。ナスダックも1年ぶり高値を更新した。



中小型株の指標であるラッセル2000指数<.TOY>終値はほぼ横ばいの998.78。1000ポイント水準にあるテクニカル抵抗線に引き続き阻まれているものの、終値ベースの最高値近辺で推移した。



この日は、米セントルイス地区連銀のブラード総裁が欧州での講演で、欧州中央銀行(ECB)はインフレ低下と景気低迷への対応として、FRBが実施しているような量的緩和プログラムの導入を検討してみる必要があるとの考えを表明。



また、ニューヨーク連銀のダドリー総裁はジャパンソサエティー(日本協会)で行った講演で、経済見通しが不確かであることを踏まえると、FRB当局者が今後資産買い入れを拡大するか縮小するかは不透明と述べた。株価は午後に入り、ダドリー総裁の発言を受けて一段高となった。



ホーム・デポ<HD.N>が2.5%高。一時79.46ドルまで上昇し取引時間中の最高値をつけた。米住宅市場が回復し始めたことを反映し、第1・四半期(5月5日終了)決算が増収増益となった。



JPモルガン<JPM.N>は1.4%高。一時53.67ドルまで上昇し、1年ぶり高値を更新した。株主総会で行われた投票で、会長職と最高経営責任者(CEO)職の分離求めた株主の提案が否決され、ジェイミー・ダイモン氏が両職を引き続き兼務することを支持する結果となった。



アップル<AAPL.O>は0.7%安。ティム・クック最高経営責任者(CEO)は米議会上院の公聴会で証言し、アップルは米国有数の高額納税企業であるとし、連邦法人税に関する同社の姿勢の正当性を主張した。20日に公表された上院の報告書でアップルは、税金支払いを回避するため、アイルランドの子会社に数十億ドルの利益を蓄えていた疑いがあると指摘されていた。



主要株価指数は年初から約17%上昇しており、投資家は相場の今後の上値余地を見極めようとしている。



ゴールドマン・サックスは20日付の顧客向けノートで、S&P総合500種の年末時点の目標水準を1750、1年後の目標水準を1825としている。



同社のエコノミストは、2014年に米国内総生産(GDP)伸び率が6年ぶりにトレンド水準を超えると予想している。



市場は22日に行われるバーナンキFRB議長の上下両院合同経済委員会での米経済見通しに関する議会証言に注目している。22日には4月30日─5月1日の連邦公開市場委員会(FOMC)議事録も発表される予定で、FRBの資産買い入れの方向性を探る手掛かりとして注目が集まっている。



ニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所、ナスダックの3市場の出来高は約 61億5000万株と、年初来の1日平均である約63億4000万株をやや下回った。



騰落銘柄比率は、ニューヨーク証券取引所が8対7。ナスダックは約13対12となった。



*内容を追加して再送します。



(カッコ内は前営業日比)



ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>



終値       15387.58(+52.30)



前営業日終値    15335.28(‐19.12)



ナスダック総合<.IXIC>



終値       3502.12(+5.69)



前営業日終値    3496.43(‐2.54)



S&P総合500種<.SPX>



終値       1669.16(+2.87)



前営業日終値    1666.29(‐1.18)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130522-00000024-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



トレンドラインによる5ステップ売買手法 ユーロドル15分足 OptimFX


トレンドラインによる5ステップ売買手法 ユーロドル15分足 OptimFX


◆MT4自動売買必須アイテム◆利益増幅アシスト装置【Hyper Click FX】




デフレ脱却へ「一部に変化の兆し」 5月月例、景気判断を上方修正

ライアーゲームの本質
ある日、1億円とライアーゲームの招待状が届く。

1億円は、ライアーゲームの参加料、参加しなければ、

その1億円が没収の上、1億円の借金が残る。

だから、ライアーゲームに参加するしかない。

ゲーム会場に集まった人数は20人、賞金は20億円。

ルール

椅子取りゲーム、最初は椅子が15個、椅子が取れなければ脱落。

そして、親を選ぶ投票、投票には脱落者も参加できる。

選ばれた親は、椅子を1個削除できる。毎回、1名づつ脱落者が出て、

最後に残った椅子の持ち主が優勝者となる。

全員に渡される自分の名前入りのコイン20枚。

優勝者のコインだけが、1枚、1億円の価値を持つことになる。

「このゲームの本質は、椅子取りゲームじゃない。国盗りゲームだ。」

ようするに、投票で親に選ばれ続ければ、勝てる。

問題は、どうやって?



一方、今の日本は、資本主義社会。

一部の資本家が限られた労働力を使って、価値を提供しリターンを得るゲーム。

ところが、ネットワークビジネスの出現で、個人でもゲームに参加できるようになった。

そして、インターネットの普及で、多くの労働者が自分もゲームに参加できることを知るようになった。

そして、価値も多様化。今までは、わかりきった価値を提供すればよかったけど、

今では、何が価値なのかわからない。

昔は、限られた米の生産量を奪い合うゼロサムゲーム。

資本主義社会になって、価値の生産量を競い合うゲームに変化。

今では、何が価値なのかわからない状態で価値を提供するゲームに更に変化。

そういった今の状況でゲームに勝ち残るには、どうすればいいのか?

もしかしたら、ライアーゲームよりおもしろいかもしれない。
そのヒントは、ここにある。
header.png



デフレ脱却へ「一部に変化の兆し」 5月月例、景気判断を上方修正


SankeiBiz 5月21日(火)8時15分配信







 甘利明経済再生担当相は20日、5月の月例経済報告を関係閣僚会議に提出した。景気の基調判断を「緩やかに持ち直している」と2カ月ぶりに上方修正した。安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」に伴う円安で輸出が改善したためだ。物価についても、輸入物価の上昇を背景に政権交代後初めて、デフレ脱却に近づいたと受け取れる表現を盛り込んだ。ただ政府が目標とするデフレ脱却の軌道に乗ったと判断するには材料不足。賃金改善で家計の支出増という好循環を生み出せるかが実現の鍵を握る。



 ◆「V字で回復」



 5月の基調判断では、4月の「一部に弱さが残るものの、このところ持ち直しの動きがみられる」から「弱さ」という文言を削った。



 個別項目では、米国向け自動車などが好調な輸出は「持ち直しの兆しがみられる」と2カ月連続で上方修正した。生産も「緩やかに持ち直している」、企業収益も「大企業を中心に改善の動きがみられる」とそれぞれ判断を2カ月ぶりに引き上げた。先行きは「次第に景気回復へ向かうことが期待される」と予想している。



 5月の月例経済報告で基調判断を上方修正したことで、今年は4月を除いて毎月上方修正したことになる。



 安倍政権が発足して、景気対策を最優先に取り組む姿勢を明確に打ち出したことで、円安・株高が進み、企業・消費者マインドを改善させていることが大きな要因だ。



 このため甘利担当相は20日の会見で「異次元の政策投入による異次元の景気回復への歩みが始まった。(日本経済は)V字で回復している」と述べ、アベノミクスの成果に胸を張った。



 物価動向についても「一部に変化の兆しもみられる」との表現を追加し、4月の「緩やかなデフレ状況」という表現を変えた。円安で輸入価格が上昇、エネルギーや生鮮食品などを除いた消費者物価指数の下落が緩やかになったとの判断を反映させた。政府が月例経済報告で、物価に関する判断を変えたのは昨年4月以来13カ月ぶりだ。



 ◆国内投資及び腰



 ただ、日本経済を15年以上苦しめてきたデフレからの脱却は容易ではない。スーパーなどの小売業では値下げ競争が激しく輸入物価の上昇分を末端価格に十分転嫁しきれていない。



 今後の焦点は、円安で業績が改善した企業が設備投資の拡大や賃上げの実施に踏み切るかどうかだ。ただ、多くの企業は、生産の海外移転に注力し、国内投資には及び腰だ。コスト増につながる賃上げにも慎重だ。



 このため政府は、企業の設備投資を増やし、雇用や賃金が上昇する環境をつくろうとして、成長戦略の立案と実行を急ぐ。



 SMBC日興証券の牧野潤一チーフエコノミストは「デフレ脱却にはまだ時間が必要だ」と話す。また、第一生命経済研究所の熊野英生・首席エコノミストは「6月には消費者物価指数がプラスに転換するだろうが、電力値上げや輸入物価上昇などによるもの。賃金が増えて、購買力が上がったからではない」と指摘。「企業の成長は家計に反映されておらず、デフレ構造は変わっていない」と強調する。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130520-00000002-fsi-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



うねりFX


終身雇用FX


新世代 FX王 No.1




富士ゼロックスが新興国向けサービス強化 16年度までに海外売上高比率6割へ

ライアーゲームの本質
ある日、1億円とライアーゲームの招待状が届く。

1億円は、ライアーゲームの参加料、参加しなければ、

その1億円が没収の上、1億円の借金が残る。

だから、ライアーゲームに参加するしかない。

ゲーム会場に集まった人数は20人、賞金は20億円。

ルール

椅子取りゲーム、最初は椅子が15個、椅子が取れなければ脱落。

そして、親を選ぶ投票、投票には脱落者も参加できる。

選ばれた親は、椅子を1個削除できる。毎回、1名づつ脱落者が出て、

最後に残った椅子の持ち主が優勝者となる。

全員に渡される自分の名前入りのコイン20枚。

優勝者のコインだけが、1枚、1億円の価値を持つことになる。

「このゲームの本質は、椅子取りゲームじゃない。国盗りゲームだ。」

ようするに、投票で親に選ばれ続ければ、勝てる。

問題は、どうやって?



一方、今の日本は、資本主義社会。

一部の資本家が限られた労働力を使って、価値を提供しリターンを得るゲーム。

ところが、ネットワークビジネスの出現で、個人でもゲームに参加できるようになった。

そして、インターネットの普及で、多くの労働者が自分もゲームに参加できることを知るようになった。

そして、価値も多様化。今までは、わかりきった価値を提供すればよかったけど、

今では、何が価値なのかわからない。

昔は、限られた米の生産量を奪い合うゼロサムゲーム。

資本主義社会になって、価値の生産量を競い合うゲームに変化。

今では、何が価値なのかわからない状態で価値を提供するゲームに更に変化。

そういった今の状況でゲームに勝ち残るには、どうすればいいのか?

もしかしたら、ライアーゲームよりおもしろいかもしれない。
そのヒントは、ここにある。
header.png



富士ゼロックスが新興国向けサービス強化 16年度までに海外売上高比率6割へ


SankeiBiz 5月21日(火)7時0分配信







 複合機大手の富士ゼロックスは20日までに、現在40%台の海外売上高比率を2016年度までに60%に高める方針を明らかにした。中国や東南アジアでは経済発展に合わせ、オフィス関連機器の需要増加が見込まれており、現地向けに開発した製品の投入やサービス事業の強化などで、売り上げの拡大を目指す。



 山本忠人社長がフジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、明らかにした。海外売上高比率は11年度が43%、12年度も40%台になったもようで、山本社長は「13年度は50%に持っていきたい。成長とともに新興国では当社の製品が必要となるだけに、販売を伸ばさないといけない」と意気込みを語った。



 新興国では機能を絞った低価格の複合機のニーズが高いことを踏まえ、同社は12年4月に中国の上海に商品開発拠点を設置。中国に続き、インドネシアなどでも現地向けの新製品を順次開発し、投入する。



 同社は12年10月に、公共料金の請求書の出力・配送や顧客企業の請求業務の電子化などを手掛ける事業を豪企業から買収しており、サービス事業も展開を加速する。山本社長は同事業を「全販売会社に広げる」と述べ、シンガポールや香港、フィリピンなどの英語圏を皮切りに世界各地の営業拠点で展開していく考えを示した。



 さらに米国の景気回復や中東などの経済成長を背景に、複合機の米国への輸出や他メーカーへのOEM(相手先ブランドによる生産)供給なども伸ばし、海外売上高を拡大する方針。



 また、同社の製品は約9割を中国の2工場で生産しているが、需要の増加に対応するためベトナムに工場を新設し、11月に稼働を始める。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130521-00000502-fsi-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FX伝承~タムラ式マンツーマンコンサル&レッスン~


【簡単投資】イージーバイナリーオプション


SECURITY FX【セキュリティFX】




次のページ