Twitterアプリ

最新ネットワークビジネス セミナー対策

ネットワークビジネス9つの嘘

ネットワークビジネスは、出来高報酬型広告ビジネス

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?
ビジネスといえば、出来高報酬が当たり前です。

つまり、売れなければ1円も入ってこない。

トヨタにしても、シャープにしても商品が売れなければ、1円も入ってこない。

そうなると社員にも給料が支払えなくなって、倒産します。

ビジネスには、もう一つパターンがあって、それがテレビや新聞、雑誌などの広告ビジネスです。

世の中のすべてのビジネスは、どちらかに当てはまります。

そこで問題。

ネットワークビジネスはどちらでしょうか?

答えは、広告ビジネスです。

だから、ネットワークビジネスというと、胡散臭く聞こえるけれども、

出来高報酬型広告ビジネスというと、まともに聞こえるのです。

ネットワークビジネスでは、普通の人は何がなんだかわかりません。

しかし、出来高報酬型広告ビジネスというとなんとなくイメージできるのです。

実際にネットワークビジネスをやっている人が、このことをほとんど知りません。

それが、なかなか成功できない理由だと思っています。

ネットワークビジネスが出来高報酬型広告ビジネスだと理解できると、

考え方が変わります。

テレビにしても新聞、雑誌にしても、収入源は広告だけど広告がメインではありません。

番組なり記事なり、コンテンツがメインです。

そうです。

ネットワークビジネスは、自分自身がコンテンツなのです。

商品の販売は、普通しません。

自分がなんらかのコンテンツを提供して、商品とビジネスを紹介するだけです。

そして、紹介した相手が商品を使って、同じように他の誰かにコンテンツを提供して

商品とビジネスを紹介する。

その連鎖が、うまく回り出せば成功する。

多くの広告ビジネスと違う点は、出来高報酬というだけです。

しかし、テレビなら視聴率、新聞なら発行部数がないと誰も広告は出してくれません。

視聴率や発行部数を稼いで初めて、広告を出してもらえるのです。

お金と時間がむちゃくちゃ掛かります。

ところがネットワークビジネスなら、このサイクルを早く作ることができるのです。

しかも、個人でです。すごくないですか?

問題は、コンテンツですよね。

同レベルの友人に提供できるコンテンツを持っていますか?

難しいですよね。

しかし、それをインターネットが解決してくれました。

インターネットは、今や立派なメディアになったのです。




ブーム去って8年、低迷する泡盛にようやく復活の兆し

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?
ネットワークビジネスのセミナーに参加して、

「すごい。」と感激する素直な方はまれです。

「おまえは、お金儲けのために、俺を利用するのか。」

と怒り出す友人。

「おまえ、騙されているぞ、悪いことは言わん、やめとけ。」

と説教し出す、知人。

そして、参加すればアップラインの人間性も見えてきます。

「結局、自分が稼ぎたいだけか。」

とがっかりすることもあります。

今まで、ベールに包まれていた人間の本性が透けて見えてくるのです。

だから、ネットワークビジネスをやると、逆に人間性が磨かれるのです。

人間性が磨かれるから、お金も集まるのです。

それは、やり続ければの話です。

多くの方は、挫折して人間不信、信用も落としておしまい。

ネットワークビジネスでビジネスの基本を学ぼう。

それは、離婚をきっかけにわかったこと。

そのときは、まだネットワークビジネスを知らなかった。

それがニュースキンのセミナーということは、セミナーに参加してわかった。

ニュースキンのセミナーには、キャッシュフローゲーム会の主催者からの誘いで、

参加することになった。

離婚のきっかけは、このセミナーの参加を妻に止められたこと。

そして、セミナーに参加するなら離婚を覚悟するよう言われた。

今、考えるとその理由がよくわかる。

それは、ビジネスの基本を知らなかったからだ。

長年務めた会社を辞め、妻に内緒でナポレオン・ヒルの教材をローンで買い、

妻の母親に借り手始めたインターネット広告代理店の仕事は失敗。

ビジネスの基本とは信頼関係。

そう、当時の私には、信頼がまったくなかった。

ネットワークビジネスは、ビジネスの基本である信頼をつくるには、絶好の機会だと思う。

なぜなら、自分に信頼がなければ、ネットワークビジネスは参加すらできないからだ。

そして、ネットワークビジネスは、ビジネスの基本である信頼を得るトレーニングでもある。

たとえば、ニュースキンと言っても、ほとんどの人は知らない。

テレビCMやってるわけでもないし、コンビニに売っているわけでもない。

知らない物を流通させるには、自分への信頼しかない。

ネットワークビジネスがむずかしいのは、友人や知人という政治空間に貨幣空間を持ち込むから。

お金を政治空間に持ち込むと、人間関係を壊してしまう。

それは、人間の遺伝子に組み込まれているから、どうにもならない。

「友達をお金儲けの手段に使うのか!」と罵倒される理由はそこにある。

信頼があっても、お金儲けの意図を気づかれたら嫌われる。

信頼を得るのがネットワークビジネスの目的なのに、

それが原因で信頼を壊したら何にもならない。

それを解決するのが、インターネット。

インターネットは、低コストのコミュニケーションツールなのだ。


ブーム去って8年、低迷する泡盛にようやく復活の兆し


J-CASTニュース 3月31日(日)10時0分配信










ブーム去って8年、低迷する泡盛にようやく復活の兆し


「泡盛」にようやく復活の兆し





 沖縄の「泡盛」の出荷量が低迷している。2012年は前年比0.5%減の2119万3975リットルで、ピークだった2004年から8年連続で減少。当時と比べると、23.5%も減少した。



 泡盛は、1990年代の沖縄ブームに乗って県外出荷を拡大、さらに2002~04年ごろの焼酎ブームと相まって「泡盛ブーム」を巻き起こしたが、それ以降はさっぱりだ。



■減少傾向に歯止めがかかったのか



 沖縄県酒造組合が2013年3月25日に発表した12年の泡盛出荷量と製成(生産)数量(アルコール度数30度換算)によると、出荷量は前年比0.5%減の2119万3975リットル。このうち、沖縄県内への出荷は1794万7407リットルで0.7%減だったが、県外出荷はほぼ前年並みの0.1%増の324万6568リットルだった。



 ここ数年の全体の減少幅は3~5%台で推移してきたが、県外出荷がプラスに転じたことで0.5%まで縮小。この日、沖縄県庁で記者会見した酒造組合の平良正諭輝会長は「13年1月の出荷状況をみると、減少傾向は底打ちした」とみている。



 12年の出荷量を月ベースでみると、県内外とも8月以降は前年同月を上回っており、13年1月は全体で5.8%の増加だったという。



 また、製成(生産)数量は前年比5.7%増の2176万9051リットルで、7年ぶりに増加した。



 泡盛が減少している背景には、若年のアルコール離れや飲酒運転の取り締まり強化、景気の低迷などがあり、焼酎ブームの終焉とともに泡盛の出荷量も落ち込んだ。



 需要が伸び悩むなか、2010年度には泡盛の県外出荷の拡大に向けて販売をテコ入れを試みた。居酒屋などでも提供しやすい泡盛カクテルを開発、東京や大阪、名古屋など大都市圏で泡盛セミナーや試飲会・商談会を開催して、新たな顧客層の掘り起こしを図ってきた。



 酒造組合ではこうした取り組みが功を奏したとみている。減少傾向に、ようやく歯止めがかかってきたようだ。








前へ12


2ページ中1ページ目を表示





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130331-00000000-jct-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



レンジをとらえてトレンドも追う!月間7000pipsの実力を確認せよ!■シンプルフォースFX EUR/JPYペア用■


レンジをとらえてトレンドも追う!月間7000pipsの実力を確認せよ!■シンプルフォースFX USD/JPYペア用■


レンジをとらえてトレンドも追う!月間7000pipsの実力を確認せよ!■シンプルフォースFX 全5通貨ペア コンプリートセット■




揺れる消費増税 5→8% あと1年 2%成長視野も景気懸念

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?
ネットワークビジネスのセミナーに参加して、

「すごい。」と感激する素直な方はまれです。

「おまえは、お金儲けのために、俺を利用するのか。」

と怒り出す友人。

「おまえ、騙されているぞ、悪いことは言わん、やめとけ。」

と説教し出す、知人。

そして、参加すればアップラインの人間性も見えてきます。

「結局、自分が稼ぎたいだけか。」

とがっかりすることもあります。

今まで、ベールに包まれていた人間の本性が透けて見えてくるのです。

だから、ネットワークビジネスをやると、逆に人間性が磨かれるのです。

人間性が磨かれるから、お金も集まるのです。

それは、やり続ければの話です。

多くの方は、挫折して人間不信、信用も落としておしまい。

ネットワークビジネスでビジネスの基本を学ぼう。

それは、離婚をきっかけにわかったこと。

そのときは、まだネットワークビジネスを知らなかった。

それがニュースキンのセミナーということは、セミナーに参加してわかった。

ニュースキンのセミナーには、キャッシュフローゲーム会の主催者からの誘いで、

参加することになった。

離婚のきっかけは、このセミナーの参加を妻に止められたこと。

そして、セミナーに参加するなら離婚を覚悟するよう言われた。

今、考えるとその理由がよくわかる。

それは、ビジネスの基本を知らなかったからだ。

長年務めた会社を辞め、妻に内緒でナポレオン・ヒルの教材をローンで買い、

妻の母親に借り手始めたインターネット広告代理店の仕事は失敗。

ビジネスの基本とは信頼関係。

そう、当時の私には、信頼がまったくなかった。

ネットワークビジネスは、ビジネスの基本である信頼をつくるには、絶好の機会だと思う。

なぜなら、自分に信頼がなければ、ネットワークビジネスは参加すらできないからだ。

そして、ネットワークビジネスは、ビジネスの基本である信頼を得るトレーニングでもある。

たとえば、ニュースキンと言っても、ほとんどの人は知らない。

テレビCMやってるわけでもないし、コンビニに売っているわけでもない。

知らない物を流通させるには、自分への信頼しかない。

ネットワークビジネスがむずかしいのは、友人や知人という政治空間に貨幣空間を持ち込むから。

お金を政治空間に持ち込むと、人間関係を壊してしまう。

それは、人間の遺伝子に組み込まれているから、どうにもならない。

「友達をお金儲けの手段に使うのか!」と罵倒される理由はそこにある。

信頼があっても、お金儲けの意図を気づかれたら嫌われる。

信頼を得るのがネットワークビジネスの目的なのに、

それが原因で信頼を壊したら何にもならない。

それを解決するのが、インターネット。

インターネットは、低コストのコミュニケーションツールなのだ。


揺れる消費増税 5→8% あと1年 2%成長視野も景気懸念


産経新聞 3月31日(日)7時55分配信










揺れる消費増税 5→8% あと1年 2%成長視野も景気懸念


実質国内総生産(GDP)成長率(写真:産経新聞)





 平成26年4月に予定される5%から8%への消費税率の引き上げまであと1年。政府は、予算編成に間に合うよう10月をめどに引き上げの判断を行うが、その際の重要な「ものさし」となるのが4~6月期の実質国内総生産(GDP)成長率(年率換算)が2%となることだ。安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」に伴う円安で企業業績が改善し、条件をクリアする可能性は高い。ただ、消費者の景気回復の実感が薄い中での増税は、増税前の駆け込み需要とその後の反動減で将来の景気に悪影響を及ぼしかねず、今夏の参院選の争点にもなりそうだ。



 政府が8月に公表される4~6月期のGDPを判断材料にするのは、本来前提とすべき7~9月期の公表が11月中旬で間に合わないからだ。24年10~12月期のGDP改定値は、実質で前期比0・04%増、年率換算で0・2%増となり、3四半期ぶりにプラス成長に転換。製造業を中心に生産活動が持ち直しているためで、1~3月期もプラス成長が確実視されている。



 4~6月期も回復期待が強い。「24年度補正予算による公共投資の拡大に加え、輸出の回復による生産増が見込まれる」(第一生命経済研究所の熊野英生首席エコノミスト)からだ。4~6月期の実質GDP成長率について、日本総研の山田久シニアエコノミストは「年率換算で3%程度伸びる」と予想。他の民間シンクタンクの調査でも軒並み2~3%前後のプラスと予測され、引き上げの条件を満たす可能性が高い。



 もっとも、SMBC日興証券の試算では、25年度の成長率は消費増税前の駆け込み需要で実質2・8%となるが、増税後の反動減で消費が落ち込むとして26年度は0・2%にとどまる。実体経済の回復が遅れる中で増税すれば、景気回復の腰を折りかねない。



 参院選で過半数獲得を目指す安倍政権も、税率引き上げの判断基準が揺らいでいる。安倍首相は、27日の参院財政金融委員会で「景気に悪影響を及ぼすということになってしまっては、(消費増税で税収増を目指すという)本来の趣旨に反する」と述べ、GDP成長率だけでなく他の経済指標を含めて総合的に判断する考えを示した。



 日本の債務残高は約1千兆円で、GDP比では200%。債務危機に揺れるギリシャ(160%)を上回り、主要国で最悪の水準だ。消費増税は1%の引き上げで2兆7千億円の税収効果がある。増税が先送りされれば、景気にはプラスだが借金の依存度が高まるだけに、安倍首相は厳しい判断を迫られている。



【用語解説】消費税率引き上げの判断



 消費税増税法は、自民、公明、民主の3党合意の末、昨年8月に成立した。努力目標として、名目3%、実質2%のGDP(国内総生産)の経済成長率を明記。経済環境が急変したときには増税を見送る「景気条項」を盛り込んだ。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130331-00000059-san-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



レンジをとらえてトレンドも追う!月間7000pipsの実力を確認せよ!■シンプルフォースFX GBP/USDペア用■


レンジをとらえてトレンドも追う!月間7000pipsの実力を確認せよ!■シンプルフォースFX EUR/USDペア用■


レンジをとらえてトレンドも追う!月間7000pipsの実力を確認せよ!■シンプルフォースFX GBP/JPYペア用■




「純と愛」のラストはよかった

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


NHKの朝ドラ「純と愛」の最終回を見て、感激しました。

最後まで目が覚めなかった愛くん。

純ちゃんがキスをすると、手がピクっと動く。

そして、テーマ曲と眠り姫の絵本が流れてエンド。

愛くんがずっと目を覚まさなくても、

ホテルを守りぬくと誓う純ちゃんの姿は映画「風と共に去りぬ」を思い出す。

なんか、すごく勇気と感動を受け取った最終回でありました。

純と愛」は、人間の本性をテーマした作品で、

主人公の純ちゃんは、自分が正しいと思ったことは、

何の遠慮もなく行動する性格。

そういう裏表のない純ちゃんに惹かれる愛くん。

愛くんは、人の本性が見えてしまって、人の顔がまともに見れない。

「ほとんどの人に、他人にはさらけ出したくない醜い裏の顔がある」

ということだろう。

でも、純と愛が衝突しながらも、さまざまな人の裏の顔をあぶりだしていく。

そして、人々に気づきを与え、本当の信頼を勝ち得ていく。

これは、ネットワークビジネスにも通じる精神ではないだろうか。

ネットワークビジネスのセミナーに参加して、

「すごい。」と感激する素直な方はまれです。

「おまえは、お金儲けのために、俺を利用するのか。」

と怒り出す友人。

「おまえ、騙されているぞ、悪いことは言わん、やめとけ。」

と説教し出す、知人。

そして、参加すればアップラインの人間性も見えてきます。

「結局、自分が稼ぎたいだけか。」

とがっかりすることもあります。

今まで、ベールに包まれていた人間の本性が透けて見えてくるのです。

だから、ネットワークビジネスをやると、逆に人間性が磨かれるのです。

人間性が磨かれるから、お金も集まるのです。

それは、やり続ければの話です。

多くの方は、挫折して人間不信、信用も落としておしまい。


ネットワークビジネスがむずかしいのは、友人や知人という政治空間に貨幣空間を持ち込むから。

お金を政治空間に持ち込むと、人間関係を壊してしまう。

それは、人間の遺伝子に組み込まれているから、どうにもならない。

「友達をお金儲けの手段に使うのか!」と罵倒される理由はそこにある。

商品がいいからとか言っても、お金儲けの意図を気づかれたら嫌われる。

それを防ぐには、友人や知人にとって、あなたはメンター的存在になる必要がある。

ネットワークビジネスで成功を志す人にとって、「純と愛」は

とても、気づきを得られた作品でした。




アベノミクス 注目すべき貴金属は“金”ではなく“○○”〈週刊朝日〉

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?

ネットワークビジネスのセミナーに参加して、

「すごい。」と感激する素直な方はまれです。

「おまえは、お金儲けのために、俺を利用するのか。」

と怒り出す友人。

「おまえ、騙されているぞ、悪いことは言わん、やめとけ。」

と説教し出す、知人。

そして、参加すればアップラインの人間性も見えてきます。

「結局、自分が稼ぎたいだけか。」

とがっかりすることもあります。

今まで、ベールに包まれていた人間の本性が透けて見えてくるのです。

だから、ネットワークビジネスをやると、逆に人間性が磨かれるのです。

人間性が磨かれるから、お金も集まるのです。

それは、やり続ければの話です。

多くの方は、挫折して人間不信、信用も落としておしまい。


ネットワークビジネスがむずかしいのは、友人や知人という政治空間に貨幣空間を持ち込むから。

お金を政治空間に持ち込むと、人間関係を壊してしまう。

それは、人間の遺伝子に組み込まれているから、どうにもならない。

「友達をお金儲けの手段に使うのか!」と罵倒される理由はそこにある。

商品がいいからとか言っても、お金儲けの意図を気づかれたら嫌われる。

それを防ぐには、友人や知人にとって、あなたはメンター的存在になる必要がある。

そう、友人や知人と同レベルでは、玉砕されて終わり。

メンター的存在になって、一目置かれる存在になろう。

自分は教師なのだ。友人や知人と同レベルの人間ではない。

そういった意識が絶対、必要だということを知っておこう。



アベノミクス 注目すべき貴金属は“金”ではなく“○○”〈週刊朝日〉


dot. 3月30日(土)11時49分配信







 日銀新総裁の誕生で、ますます期待が高まっている「アベ相場」。「中長期」で期待でき、資源・農業関連で注目されているのが、白金だという。



 マネーとキャリアのコンサルティング会社「プラチナ・コンシェルジェ」に所属する村岡里香ファイナンシャルプランナー(FP)、経営コンサルティングなどを行う「スキラージャパン」の伊藤亮太副社長、ともに「NEXT FUNDS日経・東工取白金指数連動型上場投信」を推す。日経・東商取白金指数に連動する投信だ。



 このほか村岡氏は「純プラチナ上場信託」「純パラジウム上場信託」といった白金商品にも注目している。「白金は、自動車の排ガスに含まれる有害な成分をなるべく無害にする触媒に使われています。米国を中心とした景気の回復で自動車の販売台数が伸びており、需要の増加が期待できます」(伊藤氏)。



 中国では大気汚染が深刻になっていることから自動車の排ガス規制に動けば、さらに追い風が吹くという。「白金の生産量は金の20分の1しかないと言われています。希少価値が高いため、値動きはしっかりしやすい」(村岡氏)。



 貴金属と言えば金だが、これはどうだろう。「一般的に『有事の金』と言われるだけあって、リスク回避の資金が向かいやすい。世界経済には不安要素が依然としてあるので、資産全体の5~10%は保有してもいいかも」(村岡氏)。



※週刊朝日 2013年4月5日号

    










http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130330-00000002-sasahi-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FX Professional Trading


【東証株券オプション】で 一歩進んだ投資家になれる 基礎から実践まで徹底解説 2時間でわかる かぶオプ入門 日本でやっと身近になった 一般個人投資家のためのオプション取引


逆転FX「Multi Getter KIWAMI」(マルチゲッター「極」)




贈与税減税、所得税・相続税は増税…新年度税制

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?

ネットワークビジネスのセミナーに参加して、

「すごい。」と感激する素直な方はまれです。

「おまえは、お金儲けのために、俺を利用するのか。」

と怒り出す友人。

「おまえ、騙されているぞ、悪いことは言わん、やめとけ。」

と説教し出す、知人。

そして、参加すればアップラインの人間性も見えてきます。

「結局、自分が稼ぎたいだけか。」

とがっかりすることもあります。

今まで、ベールに包まれていた人間の本性が透けて見えてくるのです。

だから、ネットワークビジネスをやると、逆に人間性が磨かれるのです。

人間性が磨かれるから、お金も集まるのです。

それは、やり続ければの話です。

多くの方は、挫折して人間不信、信用も落としておしまい。


ネットワークビジネスがむずかしいのは、友人や知人という政治空間に貨幣空間を持ち込むから。

お金を政治空間に持ち込むと、人間関係を壊してしまう。

それは、人間の遺伝子に組み込まれているから、どうにもならない。

「友達をお金儲けの手段に使うのか!」と罵倒される理由はそこにある。

商品がいいからとか言っても、お金儲けの意図を気づかれたら嫌われる。

それを防ぐには、友人や知人にとって、あなたはメンター的存在になる必要がある。

そう、友人や知人と同レベルでは、玉砕されて終わり。

メンター的存在になって、一目置かれる存在になろう。

自分は教師なのだ。友人や知人と同レベルの人間ではない。

そういった意識が絶対、必要だということを知っておこう。



贈与税減税、所得税・相続税は増税…新年度税制


読売新聞 3月30日(土)9時22分配信







 2013年度税制改正法が29日の参院本会議で可決・成立した。



 贈与税などが減税される一方、所得税や相続税は増税となる。



 4月から15年末まで、祖父母が孫などに将来の教育資金をまとめて贈与する場合、1500万円までなら贈与税がかからない。信託銀行に受取口座を開設し、贈与を受ける孫らが入学金や授業料などの支払いを証明する領収書を信託銀行に提出すれば、お金を受け取れる。



 14年4月の消費税率引き上げをにらみ、13年末に期限が切れる住宅ローン減税(住宅ローンの残高に応じて所得税などを減らせる制度)は17年末まで4年延長される。14年4月~17年末に入居する人は年間で最大40万円(10年間で最大400万円)の減税となる。



 従業員の給与総額を増やした企業が、増加額の10%分の法人税を減らせる制度も、4月から3年間の時限措置で始まる。報酬引き上げや雇用増につなげ、景気回復を後押しする狙いだ。



 一方、所得税は、15年分の所得から、現在40%の最高税率が45%に上がり、課税対象所得で「4000万円超」に適用される。



 相続税は、法定相続人の数に応じて課税対象額を減らせる「基礎控除」が少なくなる。夫が亡くなり、妻と子供2人が相続する場合、現在は遺産額が8000万円以下なら相続税は発生しないが、15年1月からは4800万円を超えると相続税がかかる可能性がある。





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130330-00000305-yom-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



スマートフォンアフィリエイトセミナースマホミクス


購入者特典のパーフェクト配布ツール=109ten.info(30日間ライセンス)


ロト7予想ソフト ロト7パーフェクト




2012年の仏財政赤字対GDP比、政府目標に届かず

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?

ネットワークビジネスのセミナーに参加して、

「すごい。」と感激する素直な方はまれです。

「おまえは、お金儲けのために、俺を利用するのか。」

と怒り出す友人。

「おまえ、騙されているぞ、悪いことは言わん、やめとけ。」

と説教し出す、知人。

そして、参加すればアップラインの人間性も見えてきます。

「結局、自分が稼ぎたいだけか。」

とがっかりすることもあります。

今まで、ベールに包まれていた人間の本性が透けて見えてくるのです。

だから、ネットワークビジネスをやると、逆に人間性が磨かれるのです。

人間性が磨かれるから、お金も集まるのです。

それは、やり続ければの話です。

多くの方は、挫折して人間不信、信用も落としておしまい。


ネットワークビジネスがむずかしいのは、友人や知人という政治空間に貨幣空間を持ち込むから。

お金を政治空間に持ち込むと、人間関係を壊してしまう。

それは、人間の遺伝子に組み込まれているから、どうにもならない。

「友達をお金儲けの手段に使うのか!」と罵倒される理由はそこにある。

商品がいいからとか言っても、お金儲けの意図を気づかれたら嫌われる。

それを防ぐには、友人や知人にとって、あなたはメンター的存在になる必要がある。

そう、友人や知人と同レベルでは、玉砕されて終わり。

メンター的存在になって、一目置かれる存在になろう。

自分は教師なのだ。友人や知人と同レベルの人間ではない。

そういった意識が絶対、必要だということを知っておこう。



2012年の仏財政赤字対GDP比、政府目標に届かず


ロイター 3月29日(金)18時48分配信







[パリ 29日 ロイター] フランス国立統計経済研究所(INSEE)は29日、2012年における同国の財政赤字が対国内総生産(GDP)比で4.8%となり、前年の5.3%から低下したと発表した。政府が目標としていた4.5%には届かなかった。



仏政府はこれまで、仏・ベルギー系銀行デクシア<DEXI.BR>の救済コストが発生するため、目標を達成できない可能性があるとして、財政赤字の対GDP比は4.6%になると指摘していた。



仏経済・財務省は目標に届かなかったことについて、デクシア救済だけでなく、欧州連合(EU)予算への貢献や景気の低迷が要因だとしている。



仏政府は既に、景気の伸びが予想を下回るとして、今年の財政赤字を対GDP比で3%に抑えるという目標は達成できない見通しだと表明しており、EU加盟国に対し、時間の猶予を求めている。



INSEEによると、2012年のフランスの公的債務残高は対GDP比90.2%に上昇し、過去最悪の水準となった。政府の目標は89.9%だった。前年は85.8%。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130329-00000110-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



レパトリEA


FXテクニカルマスター


FXの構造的な隙間を狙った方法論 秘密のサービスガイドブック




今年の米自動車販売、買い替え需要で拡大へ=北米トヨタ新社長

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


ネットワークビジネスのセミナーに参加して、

「すごい。」と感激する素直な方はまれです。

「おまえは、お金儲けのために、俺を利用するのか。」

と怒り出す友人。

「おまえ、騙されているぞ、悪いことは言わん、やめとけ。」

と説教し出す、知人。

そして、参加すればアップラインの人間性も見えてきます。

「結局、自分が稼ぎたいだけか。」

とがっかりすることもあります。

今まで、ベールに包まれていた人間の本性が透けて見えてくるのです。

だから、ネットワークビジネスをやると、逆に人間性が磨かれるのです。

人間性が磨かれるから、お金も集まるのです。

それは、やり続ければの話です。

多くの方は、挫折して人間不信、信用も落としておしまい。




今年の米自動車販売、買い替え需要で拡大へ=北米トヨタ新社長


ロイター 3月29日(金)9時45分配信










今年の米自動車販売、買い替え需要で拡大へ=北米トヨタ新社長


3月28日、北米トヨタの新社長に就任するジム・レンツ氏は、消費者の買い替え需要で今年の米自動車市場が引き続き拡大するとの見方を示した。ニューヨーク自動車ショーで撮影(2013年 ロイター/Lucas Jackson)





[ニューヨーク 28日 ロイター] 北米トヨタの新社長に就任するジム・レンツ氏は28日、消費者の買い替え需要で、今年の米自動車市場が引き続き拡大するとの見方を示した。ニューヨーク国際自動車ショーに出席後、インタビューに応じた。



同氏によると、トヨタは今年の米自動車業界全体の販売台数が1530万台となり、昨年の1450万台を上回ると予測。半年前の時点では、「財政の崖」問題を考慮し、今年の自動車販売を1470万台と予想していた。



同氏は「景気拡大を慎重ながら楽観しているが、まだ不透明要因が多く、消費者の心理が変わる可能性もある」と発言。



ただ、消費者が現在保有する車の使用年数は平均11年以上と過去最高水準にあり、買い替え需要が期待できるとの見方を示した。住宅価格や株価も上昇し、消費者心理も改善する見通しという。



同氏は「401kをみれば、値下がりしていないばかりが、値上がりし始めている。これは消費者心理全体に非常に良い影響を及ぼす」と述べた。



今年の「トヨタ」「レクサス」「サイオン」ブランドの販売は約220万台と、昨年の208万台を上回る見通し。



レンツ氏は、来月2日に発表となる3月の米自動車販売が年率1540万台前後になり、5カ月連続で1500万台を超えるとの見方も示した。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130329-00000036-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



第3回FX攻略.com主催セミナー「本当に勝っているプロの超実戦的テク Vol.2」 【懇親会あり】


第3回FX攻略.com主催セミナー「本当に勝っているプロの超実戦的テク Vol.2」 【懇親会なし】


★フォワードで証明!【1年版】FX為替予想GIMMIC リスク分散型自動売買システムーGIMMICAUTO付き!2012年よりフォワード成績で実力を証明!★NEW!!!フォワード6ヶ月にてシステム利用の費用対効果 【 ★+ 2,800%★ 】達成!!!




油断は禁物 アベノミクス第2の関門

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


ネットワークビジネスのセミナーに参加して、

「すごい。」と感激する素直な方はまれです。

「おまえは、お金儲けのために、俺を利用するのか。」

と怒り出す友人。

「おまえ、騙されているぞ、悪いことは言わん、やめとけ。」

と説教し出す、知人。

そして、参加すればアップラインの人間性も見えてきます。

「結局、自分が稼ぎたいだけか。」

とがっかりすることもあります。

今まで、ベールに包まれていた人間の本性が透けて見えてくるのです。

だから、ネットワークビジネスをやると、逆に人間性が磨かれるのです。

人間性が磨かれるから、お金も集まるのです。

それは、やり続ければの話です。

多くの方は、挫折して人間不信、信用も落としておしまい。


「出動」から「再建」
ロケットスタートに成功したアベノミクス。対ドルで円安は20%進み、日経平均は40%上昇した。賃上げする日本企業も出てきた。デフレで冷え込んだ日本経済にようやく春が訪れている。

日銀の黒田総裁は28日、参院で「市場の期待を裏切らないように大胆な緩和を行っていく」と述べ、「2%の物価安定目標が達成されるまでやっていく」と強いコミットメントを表明した。

日本メディアはアベノミスク一の矢「大胆な金融緩和」に焦点を当てた。一方、英紙フィナンシャル・タイムズは、黒田総裁が「増大する政府債務は持続可能ではない」と述べたと伝えている。

国際通貨基金(IMF)は今年、日本の政府債務は国内総生産(GDP)の245%に達すると予測している。

積極緩和派の黒田総裁も政府の債務レベルに「高すぎる」「異常だ」と警戒感を示した。

20年物国債の金利は過去10年で最低の1・41%。日銀が国債を大量購入するため、「日本売り」で荒稼ぎしたい欧米ヘッジファンドも退散、買い相場になっていることが背景にある。

長期金利が低下する中、麻生副総理は27日の記者会見で、「こういったものは一瞬で変わる」と指摘した。

「国債に対する信用がなくなれば、いきなり今度は売られる可能性が十分にある」と財政再建に取り組む姿勢をにじませた。

GDPの245%に達した政府債務を減らすのは並大抵の苦労ではない。英国は大戦後、250%前後の政府債務を解消するため、塗炭の苦しみを味わった。

竹中平蔵氏の採点
「産業競争力会議」のメンバー、竹中平蔵・慶応大学教授は25日、ムンバイでの講演で、アベノミクスの将来を占った。

(1) 大胆な金融緩和

一の矢は放たれた。物価上昇に賃金上昇が追いつかなければ、国民の不満がたまる。安倍首相は財界に異例の賃上げ要請を行った。

(2) 機動的な財政出動

短期的には補正予算を組んで、景気刺激策を打った。しかし、中・長期的な財政再建の道筋はまだ示していない。二の矢は道半ばだ。

(3) 成長戦略

三の矢は議論の真っ最中。「小さな政府、規制緩和」派と「政府が産業界に介入」派に分かれている。

竹中氏は「一の矢と二の矢は政治リスクが少なく、簡単に放てるが、三の矢は痛みを伴う」と指摘する。

産業競争力会議でも、官僚が産業界への影響力を拡大しようと虎視眈々で、「規制緩和派の私はマイノリティー」と語った。

竹中氏は、アベノミクスは「3つの矢」という戦国武将・毛利元就(もとなり)の故事から来ていることを紹介した。

「3つの矢を束ねれば、強くなって折ることはできない。アベノミクスも3つの矢が一つになって初めて、効果を発揮する」

また、特権商人の独占を排した楽市・楽座を取り上げ、「日本のサムライ社会には規制がなかった」とユーモアたっぷりに語った。

円安はさらに進む
会場から、「アベノミクスは通貨戦争を引き起こす」などの疑問が寄せられた。

竹中氏は過去5年間、対ドルで50%、対韓国ウォンで60%も円高が進んだと指摘。2007年には1ドル=120円超だったことを考えると「まだ円安が進む余地がある」と予測した。

環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加は「必要不可欠」で、構造改革、規制緩和の引き金になると評価した。

交渉のカギとなる農業について「日本の農産物はとてもおいしい。輸出産業に転換する底力がある」と逆転の発想を示した。

リーダーシップ
IMFは今年、世界経済の成長率を3・5%(昨年3%)と予測。EU(欧州連合)のマイナス0・2%を除き、米国2・2%、中国8・2%、インド5・9%と順調に回復している。

一方、日本経済についてはIMFと日本政府の見通しが異なり、不確実だという。

順調に船出した安倍首相が長期政権を築くためには、夏の参院選で勝って衆参両院で過半数を獲得する必要がある。

竹中氏は「安倍首相も小泉首相のようなリーダーシップを発揮できれば、日本経済を再生できる」とエールを送った。

一の矢も難しい
しかし、一の矢について、リフレの代表格、英紙フィナンシャル・タイムズの経済コラムニスト、マーティン・ウルフ氏はコラムで「しばらくの間、もっと過激な方法が必要なのかもしれない」と警告している。

1997年から年率2%のインフレが続いていれば、物価は今より3割高かった。年3%の成長が続いていれば、名目GDPは今の4割増だったと、ウルフ氏は指摘する。

このギャップを解消しようと思うなら、想像を絶する過激な緩和策が必要だという。ウルフ氏は選択肢として財政ファイナンスも排除していない。

「過ぎたるは及ばざるがごとし」と言われるが、及ばざればデフレから脱却できず、過ぎたれば財政が発散するリスクが生じる。

景気良く聞こえるアベノミクスに油断は禁物だ。

(おわり)

http://bylines.news.yahoo.co.jp/kimuramasato/20130329-00024122/
※この記事の著作権は配信元に帰属します



◆【Hyper Click FX 】HyperClickセット◆(EA対応版+インジケーター対応版)


◆【Hyper Click FX 】HyperClickセット◆(EA対応版+インジケーター対応版)


◆【Hyper Click FX 】インジケーター対応版◆




FRBハト派が債券購入支持、中立派は規模縮小の可能性示唆

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


ネットワークビジネスのセミナーに参加して、

「すごい。」と感激する素直な方はまれです。

「おまえは、お金儲けのために、俺を利用するのか。」

と怒り出す友人。

「おまえ、騙されているぞ、悪いことは言わん、やめとけ。」

と説教し出す、知人。

そして、参加すればアップラインの人間性も見えてきます。

「結局、自分が稼ぎたいだけか。」

とがっかりすることもあります。

今まで、ベールに包まれていた人間の本性が透けて見えてくるのです。

だから、ネットワークビジネスをやると、逆に人間性が磨かれるのです。

人間性が磨かれるから、お金も集まるのです。

それは、やり続ければの話です。

多くの方は、挫折して人間不信、信用も落としておしまい。




FRBハト派が債券購入支持、中立派は規模縮小の可能性示唆


ロイター 3月28日(木)10時52分配信










FRBハト派が債券購入支持、中立派は規模縮小の可能性示唆


3月27日、米連邦準備理事会(FRB)の3人の地区連銀総裁が景気拡大のための債券購入を強く擁護。写真はFRB本部。昨年8月撮影(2013年 ロイター/Larry Downing)





[シカゴ/クリーブランド 27日 ロイター] 米連邦準備理事会(FRB)の3人の地区連銀総裁が景気拡大のための債券購入を強く擁護したが、通常は中立的な立場を取るとみられていたクリーブランド地区連銀のピアナルト総裁が買い入れ規模について、雇用市場がそれほど大幅な回復をみせなくても縮小は正当化されるとの考えを示した。



ピアナルト総裁は現在の購入ペースを維持する必要性について、慎重な見方を示した。これは、FRB内のコンセンサス形成に対する変化を示しているかもしれない。



同総裁はCFA協会主催の昼食会に出席し、「資産買い入れペースの鈍化は、労働市場見通しの大幅な改善の結果として実施される場合、金融政策の歓迎すべき方向性となる」と指摘。「今はまだこうした状況にはなっていないが、それほど遠くない将来になる可能性がある」と述べた。



バーナンキFRB議長は先週の記者会見で、債券購入のペースについて、目先の変更の可能性は示唆せずに、調整が可能だと強調したが、ピアナルト総裁の発言は議長発言よりも若干踏み込んだものとなっている。



ピアナルト総裁は過去5カ月で、雇用が毎月平均約20万人のペースで増加していると指摘。あと数カ月、20万人というペースが続けば雇用市場の状況に対する見通しがかなり上向いたと判断でき、そうなれば、資産買い入れペース鈍化の根拠になるだろうと述べた。



ピアナルト総裁は今年の米連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持たない。



<ハト派は量的緩和の規模が適切との見方>



一方、FRB内のハト派は量的緩和の規模が適切で、資産バブルや将来的なインフレといったリスクにつながるとの懸念をあまり重視していない。



ボストン地区連銀のローゼングレン総裁は「資産買い入れの効果はいかなる妥当な想定コストも上回る」 とし、「われわれの金融政策が現時点で金融安定に関する大きな問題を生み出している証拠はない」と述べた。



シカゴ地区連銀のエバンズ総裁も記者団に対し、早期に債券購入規模を縮小するリスクを警告。「資産買い入れ縮小に伴う影響を慎重に検討したい」とし、「決定が時期尚早と受け取られないことをしっかりと確認したい」と述べた。



ミネアポリス地区連銀のコチャラコタ総裁はさらに、現行の金融政策が十分に緩和的ではないとの見方さえ示している。同総裁は今年のFOMCで投票権を持たない。



FRBの超緩和的な政策が無意識のうちに資産バブルを再び招く状況を作り出しているとの批判があり、バーナンキ議長も債券購入プログラムを擁護する傍らで、このリスクを真剣に受け止めることを明言している。



ローゼングレン総裁は、資産購入が不安定化につながる危険性をあまり重視せず、「大半の市場で金利が低下し、資産価格が上昇している。これは想定されることで、より通常の状態に迅速に戻ることを促進するFRBの取り組みの結果だ」と述べた。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130328-00000050-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FXリスク限定オプション用インディゲーター パワー投資ACTION


エスカレーターFX製品版


せどり秘伝書




ニトリとIKEAに逆風 円安で超高収益体質や販売手法に異変も

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


ネットワークビジネスのセミナーに参加して、

「すごい。」と感激する素直な方はまれです。

「おまえは、お金儲けのために、俺を利用するのか。」

と怒り出す友人。

「おまえ、騙されているぞ、悪いことは言わん、やめとけ。」

と説教し出す、知人。

そして、参加すればアップラインの人間性も見えてきます。

「結局、自分が稼ぎたいだけか。」

とがっかりすることもあります。

今まで、ベールに包まれていた人間の本性が透けて見えてくるのです。

だから、ネットワークビジネスをやると、逆に人間性が磨かれるのです。

人間性が磨かれるから、お金も集まるのです。

それは、やり続ければの話です。

多くの方は、挫折して人間不信、信用も落としておしまい。




ニトリとIKEAに逆風 円安で超高収益体質や販売手法に異変も 


NEWS ポストセブン 3月28日(木)7時6分配信







 寝具6点セット、ワークデスクにチェア、カーテン&レース、電子レンジまでついて2万2000円――。大手家具チェーンの『ニトリ』が単身の新生活者向けに提案する“格安家具セット”だ。



 度重なる「値下げ宣言」に象徴される低価格路線でデフレの勝ち組となったニトリ。昨年2月期決算では売上高3310億円、25期連続の増収増益を記録した。いまでは店舗数が300を超え、数ある国内の家具チェーンの中でも敵なしの規模を誇る。



 儲け度外視ともいえる商品の大幅値下げを繰り返し、なお好業績を続けられる秘密は何か。



「自社で企画した商品、いわばプライベートブランド(PB)の家具を多く扱っているため、品揃えが豊富にでき、他社と価格競争になることはありません。また、中国など海外の自社工場で原料の調達や生産をしているため、徹底したコスト削減が図れます。製造から小売りまで一貫して行うことで、販売価格も自由にコントロールできるのです」(経済誌記者)



 同社の直近の四半期決算を見ると、粗利益率はなんと約44.7%。つまり、単純に1000円の家具を売ったら440円の儲けが出る計算だ。通常、家具店の粗利益率は30%台の後半にのれば御の字と言われる中、いかにニトリが高収益体質を確立しているかがうかがえる。



 だが、折からの円安基調は、輸入販売に頼るニトリにとっては逆風だ。「輸入品の調達コストは昨年の同月に比べて20%近く上がった」(中小家具メーカー)との声もあり、大手企業にとっては、なおさら頭の痛い問題だ。



 ニトリホールディングスの似鳥昭雄社長は「適正な品質の低価格商品に顧客ニーズがある限り、円安でも値上げはしない」と宣言するが、消費税増税も控えてどこまで我慢できるか。こればかりは景気動向と消費者の財布のヒモを注視するしかない。



 ニトリと同じく「他社の同等商品より最低20%安く提供する」ことをモットーに日本で7店舗を展開するスウェーデン発の家具チェーン『IKEA(イケア)』は、これまで低価格を実現させてきた独特の販売方法を見直している。



「IKEAの特徴といえば、倉庫のような店内で商品のセレクトから購入後の組み立てまで購入者に任せる受動的な販売方法でコスト削減をしてきました。それが昨年末から工務店と組んでキッチン設備の売り込みをしたり、UR(都市再生機構)の賃貸マンションで家具の選び方指南をするサービスを始めたりするなど、能動的な販売スタイルを模索しています」(前出・経済誌記者)



 景気回復により住宅需要が旺盛になれば、家具の“大口顧客”も増える。販売価格の是正を含めて家具チェーンの綱引きは続く。『大塚家具』や『東京インテリア』といった高級輸入家具チェーンの販売も堅調だといい、可処分所得が増え出した消費者は価格に関係なく高級路線へと動き出した感もある。



 となれば、為替に左右されず、高品質な国産家具に人気が集まってもおかしくない。日本家具産業振興会の広報担当者に聞いてみると、残念ながら純粋な国産家具そのものが減っているのだという。



「木製家具に適している広葉樹は日本に少なく、頑丈で長持ち、キズがつきにくく表面がキレイ……という日本人が好む家具をつくるには木材を輸入に頼るしかありません。主な輸入先は中国、ベトナム、台湾、インドネシアなどです」



 同振興会がまとめた完成された家具の輸出入額(2011年)は、輸出額73億円に対して輸入額は2710億円と、輸入依存は一目瞭然だ。



「ただ、素材は海外でも国内で良質な家具をつくっていこうという中小メーカーや家具店はたくさんあります。日本の職人がつくれば、強度試験やシックハウス対応をしっかり行うなど、根拠のある品質のいい国産家具がたくさん生まれて市場ももっと活性化するはずです」(前出・広報担当者)



 長年使う家具だからこそ慎重に選びたい。気持ちを新たにこだわりの家具を探し歩くには、絶好のシーズンである。










http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130328-00000005-pseven-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



FX&BO『ドット・ウィン』3セット


FXkousui-Dswing -高精度トレンドフォローEA-【フリー口座版】


★フォワードで証明!★FX★GIMMIC★SELECT★リスク分散型完全自動売買システムーGIMMICAUTO付き!2012年よりフォワード成績で実力を証明!★NEW!!!フォワード6ヶ月にてシステム利用の費用対効果 【 ★+ 2,800%★ 】達成!!!




円安でルイ・ヴィトンに続きiPhoneやルンバも値上がり?

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


ネットワークビジネスのセミナーに参加して、

「すごい。」と感激する素直な方はまれです。

「おまえは、お金儲けのために、俺を利用するのか。」

と怒り出す友人。

「おまえ、騙されているぞ、悪いことは言わん、やめとけ。」

と説教し出す、知人。

そして、参加すればアップラインの人間性も見えてきます。

「結局、自分が稼ぎたいだけか。」

とがっかりすることもあります。

今まで、ベールに包まれていた人間の本性が透けて見えてくるのです。

だから、ネットワークビジネスをやると、逆に人間性が磨かれるのです。

人間性が磨かれるから、お金も集まるのです。

それは、やり続ければの話です。

多くの方は、挫折して人間不信、信用も落としておしまい。




円安でルイ・ヴィトンに続きiPhoneやルンバも値上がり?


nikkei TRENDYnet 3月27日(水)12時3分配信


















円安でルイ・ヴィトンに続きiPhoneやルンバも値上がり?
円安の影響で輸入品価格が上昇、意外なものも値上げに!




 この記事は「日経トレンディ2013年4月号(3月4日発売)」から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。 円安が勢いを増している。12年後半に1ドル=80円台だった円相場は、金融緩和の強化を背景に、年明けには一気に90円台半ばにまで下落した。こうした急速な円安の影響を受けやすいものの一つが、高級輸入製品の販売価格だ。2月に入ってから、すでに高級ブランドの「ルイ・ヴィトン」が、革小物やアクセサリーなどの販売価格を平均12%値上げ。アップルも人気のノートパソコン「MacBook Air」など、パソコン製品の多くを数千円以上も値上げした。今後、同社の「iPhone」などデジタル製品全般にも波及していく可能性がある。

【詳細画像または表】

「買い」のタイミングはいつ?



 徐々に輸入品の値上がりが始まっているなかで、「買い」のタイミングはいつなのか。上がり始めた価格は反落するのか、それとも当面は上昇を続けるのか。



 結論から言えば、当面は円安基調が続く可能性が高い。すなわち、輸入品の価格が引き続き上がる可能性があるということだ。GCIキャピタルの山岡和雅チーフ・ストラテジストは、「米国の景気が腰折れしなければ、当面は円安基調が続くだろう」とみる。為替市場関係者の間では、1ドル=100円前後までの円安進行はあり得るとの見方が多い。



 さらに14年4月には、消費税率が8%に引き上げられる見通し。輸入車に関しては減税幅の拡大が見込まれるので、あまり大きな影響が出ない可能性が高い。だが、高級ブランド品やロボット掃除機「ルンバ」のような輸入家電、輸入住宅設備などは、駆け込み需要が見込まれそうだ。人気商品は品薄になる可能性もあるので、もし購入を考えている輸入品があるなら、増税前になるべく早く決断したほうが得策といえる。



100円ショップ値上がりで家計を圧迫!? 



 輸入品といっても高級品ばかりではない。円安による素材や原材料、部品などの価格上昇は、各方面から家計を圧迫する要因になる。今後は原油価格が上昇し、電気料金やガソリン価格、プラスチックなどの価格が上がる。大豆や小麦といった輸入農産物も値上がりするだろう。100円ショップや格安居酒屋、ファストファッションなど、これまで幅を利かせてきたデフレ業態の価格にも、円安は影響してきそうだ。



(文/瀧本大輔=日経トレンディ)










http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130327-00000003-trendy-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



秘密の完全自動売買 シリーズ第8弾 FX24時間完全自動売買 FX業者指定なし WallStreet FOREX Robot(ウォールストリートフォレックスロボット)攻略マニュアル


秘密の完全自動売買 シリーズ第8弾 FX24時間完全自動売買 FX業者指定なし WallStreet FOREX Robot(ウォールストリートフォレックスロボット)攻略マニュアル


【FXトレーサーシステム】★1分足で短時間決済★毎日着実に利益を増やすスキャルピングの定番




外国人買い継続、日経平均は年末1万5000円も

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


ネットワークビジネスのセミナーに参加して、

「すごい。」と感激する素直な方はまれです。

「おまえは、お金儲けのために、俺を利用するのか。」

と怒り出す友人。

「おまえ、騙されているぞ、悪いことは言わん、やめとけ。」

と説教し出す、知人。

そして、参加すればアップラインの人間性も見えてきます。

「結局、自分が稼ぎたいだけか。」

とがっかりすることもあります。

今まで、ベールに包まれていた人間の本性が透けて見えてくるのです。

だから、ネットワークビジネスをやると、逆に人間性が磨かれるのです。

人間性が磨かれるから、お金も集まるのです。

それは、やり続ければの話です。

多くの方は、挫折して人間不信、信用も落としておしまい。




外国人買い継続、日経平均は年末1万5000円も


東洋経済オンライン 3月27日(水)8時0分配信




















写真を拡大
写真を拡大


外国人買い継続、日経平均は年末1万5000円も



写真を縮小
写真を縮小


外国人買い継続、日経平均は年末1万5000円も

外国人買い継続、日経平均は年末1万5000円も




27日から相場は実質新年度入り。目先は欧州の問題が燻り続けているが、今後の相場はどうなるか。マネックス証券チーフ・ストラテジストの広木 隆氏に聞いた(聞き手:松崎 泰弘)。

■ アベノミクスへの期待は容易に終わらない

【詳細画像または表】

 ――黒田東彦総裁の下で日銀の新体制が始動しました。



 これから強力な金融緩和がスタートする。「株価にはすでに織り込まれている」との指摘もあるが、そうは思わない。1回限りのイベントではなく当面、緩和状態が続くからだ。これで材料出尽くしとはならないだろう。



 岩田規久男副総裁は「リフレ派」の代表格だ。黒田総裁も金融緩和論者の1人だ。緩和を続けることでインフレを起こせるかどうかをめぐっては、いまだに理論的な説明がなされていないものの、ある程度はすでに成功したといえるのではないだろうか。円安・株高の進行がその証しだ。



 円相場の下落に伴い、駆け込みの旅行需要も増加している。輸入品を扱う店には、「いつ値上げするのか」との問い合わせが来ている。一方、企業側も賃上げを本格的に検討し始めた感がある。なかでも、真っ先に手を挙げたのがローソン。従業員の給料が上がらなければ消費も盛り上がらない。



 だから、率先して従業員に利益を還元することで、消費意欲を高めようとの判断がありそうだ。マーケットだけでなく、企業や消費者にもインフレ期待がジワジワと出てきているのだ。「アベノミクス」によってもたらされた期待は、さらに膨らむだろう。





 ――株高を支えているのは「アベノミクス」への期待だけでしょうか。

 

 先高感が勢いを増しているのは、「アベノミクス」期待に、米国を中心とする世界規模での経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)改善、という好材料が重なっているからだ。 



 なかでも、米国景気は住宅市場の底入れや雇用回復などを背景に、個人消費が底堅さを取り戻した感がある。企業業績も堅調に推移している。だが、過度には強くない「ゴルディロックス・エコノミー」の状態といえる。このため、米連邦準備制度理事会(FRB)は金融緩和策を継続。こうした当局のスタンスがニューヨークダウの史上最高値更新の一因だ。



■ 5月前後の調整局面入りはあるのか



 ――「5月に売れ(セル・イン・メイ)」の格言通り、国内企業の3月期決算の発表がピークを迎えた後に、日本株の調整局面入りを予測する市場関係者も少なくありません。



 円安進行によって、日本企業の業績がどの程度改善するかが相場の先行きを占うカギになる。4月末から5月中旬に本格化する決算発表で来2014年3月期見通しを確認し、それを好感して上昇した後は、いったん調整をするかもしれない。



 もっとも、今年は例年と異なり、「小休止」程度にとどまるだろう。というのも、来年4月の消費税増税を控え、政府には夏場の景況感を強めに保っておきたいとの意向があると見られるからだ。 







前へ123


3ページ中1ページ目を表示





http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130327-00013430-toyo-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



4月21日(日) 『リスクフリーネットビジネス』+懇親会


4月21日(日) 『リスクフリーネットビジネス』


4月20日(土) 『リスクフリーネットビジネス』+懇親会




三越伊勢丹の富裕層狙いに大丸松坂屋は大衆志向で二極化進む

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


ネットワークビジネスのセミナーに参加して、

「すごい。」と感激する素直な方はまれです。

「おまえは、お金儲けのために、俺を利用するのか。」

と怒り出す友人。

「おまえ、騙されているぞ、悪いことは言わん、やめとけ。」

と説教し出す、知人。

そして、参加すればアップラインの人間性も見えてきます。

「結局、自分が稼ぎたいだけか。」

とがっかりすることもあります。

今まで、ベールに包まれていた人間の本性が透けて見えてくるのです。

だから、ネットワークビジネスをやると、逆に人間性が磨かれるのです。

人間性が磨かれるから、お金も集まるのです。

それは、やり続ければの話です。

多くの方は、挫折して人間不信、信用も落としておしまい。




三越伊勢丹の富裕層狙いに大丸松坂屋は大衆志向で二極化進む


NEWS ポストセブン 3月27日(水)7時6分配信







 高級時計や宝飾品、ラグジュアリーブランドの売れ行き好調で、小売業界の巨人であるデパートは長い冬の時代から抜け出そうとしている。



 2012年の全国百貨店売上高は6兆1453億円(日本百貨店協会調べ)。16年連続前年割れの低迷期は何とか回避し、今年に入ってからも2か月連続でプラス成長を続けている。最近では東急線と地下鉄・副都心線が直結したおかげで、新宿3丁目の伊勢丹に客足が伸びるなど、追い風も味方する。



「新宿伊勢丹本店といえば、腐ってもファッションの本丸みたいな存在。それが景気回復期待と交通網の整備で、より大きなアドバンテージを得た」(業界関係者)と、本物の復活を予感させるコメントも相次ぐ。



 だが、このまま高額消費マインドが膨れ上がり、百貨店はバブル期のような賑わいを取り戻せるのかは、甚だ不安要素が多い。流通コンサルタントの月泉博氏がいう。



「たまたまアベノミクス効果で潤っているように見えますが、百貨店に占める美術・宝石・貴金属といった高級品の売り上げは8%に過ぎません。もし、7月の参院選、はたまた現政権の“錦の御旗”ともいえる消費税増税前にアベノミクスの化けの皮が剥がれるようなことがあれば、またデフレ時代に逆戻り。百貨店から人々の足が遠のくばかりです」



 現在、百貨店は再編を繰り返しながら主要5グループが伝統の暖簾を守り続けている。三越伊勢丹ホールディングス(伊勢丹・三越)、Jフロントリテイリング(大丸・松坂屋)、高島屋、セブン&アイ・ホールディングス(そごう・西武)、エイチ・ツー・オーリテイリング(阪急・阪神)。



 この中で、もっとも百貨店不況に強い危機感を抱き、矢継ぎ早に経営改革を進めてきたのが、Jフロントだ。大丸と松坂屋の経営統合を皮切りに、人員削減、不採算店の閉鎖、プラザ(雑貨店)やパルコ(ファッションビル)の買収、ピーコックストア(食品スーパー)の売却と、「選択と集中」を進めた結果、苦しむ他社を後目に2013年2月期の売上高1兆円超、営業利益300億円を達成しそうな勢いを見せる。



「脱・百貨店」を掲げて大丸の社長時代より16年もの間、改革に大ナタを振るったのは、奥田務会長である。トヨタ自動車元会長の奥田碩氏の実弟でもある務氏が標榜してきたのは、いわば「百貨店のショッピングセンター化」だ。月刊『BOSS』編集長の河野圭祐氏が解説する。



「専門バイヤーが商品の買い付けから品揃えまで決める従来型の『自主運営』から、ユニクロやヨドバシカメラなど大衆に人気の売れ筋テナントを入居させて集客と利益を稼ぐ『専門店ビル化』、いわば場所貸しビジネスに特化したのです」



 ショッピングモール、総合スーパーなどの台頭で小売業態の垣根がなくなっている時代だからこそ、敢えて「総合小売り(マルチリテーラー)」への変貌を目指した。古株の百貨店マンから「亜流に過ぎず、もはやJフロントは百貨店ではない」との批判も浴びたが、奥田流は確たる信念をもって貫かれた。



 その奥田氏は、「改革の基盤はできた。今後の成長は新たな経営陣で」と経営の第一線から退く意向を固めた。4月からは代表権のない取締役相談役として百貨店の将来を見守ることになる。だが、順風満帆に見えるJフロントにも課題はある。



「買収したパルコは改装する上野の松坂屋にも入る予定ですが、同業態のルミネに押されて、かつてのセゾングループの輝きはありません。Jフロントの傘の下でどれだけ相乗効果が上げられるか疑問です。また、大丸東京店の好調、銀座松坂屋の建て替えと明るい話題は多いものの、東京での存在感は在京連合の百貨店と比べてまだ一段落ちますし、さらなるブランド力の強化は必要でしょうね」(河野氏)



 前出の月泉氏は、今後の消費税増税後の景気次第では、百貨店業界に新たな再編劇が起こる可能性もあると指摘する。



「三越伊勢丹が富裕層マーケットに狙いを絞り、Jフロントは大衆志向を強くする。この2極化の流れに乗り切れず、特徴のない百貨店はいつ再編の渦に巻き込まれても不思議はありません。さらに、売り上げが伸びない電鉄系の百貨店は、どこかのグループに吸収合併されるか大同団結するしか生き残りが難しくなるかもしれません」



 事あるごとに「お客様とともに永遠に変わり続けなければ生き残れない」と語っているJフロントの奥田氏。いかに“伝統商法”に安住しない臨機応変なビジネスモデルが築けるかが、今後、百貨店には問われているのかもしれない。










http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130327-00000007-pseven-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



【4月期受講生募集中】EAプログラミング初心者でも思い通りのEAが作成できるようになる、全編5時間超の解説動画配信講座《EA作成パーフェクトマスタースクール》2ヵ月コース


【4月期受講生募集中】EAプログラミング初心者でも思い通りのEAが作成できるようになる、全編5時間超の解説動画配信講座《EA作成パーフェクトマスタースクール》1ヶ月コース


生き残る投資家の道標~眼から鱗のトレードテクニック




ドル94円前半、黒田日銀総裁発言が短期筋の円売り誘発

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


ネットワークビジネスでビジネスの基本を学ぼう。

それは、離婚をきっかけにわかったこと。

そのときは、まだネットワークビジネスを知らなかった。

それがニュースキンのセミナーということは、セミナーに参加してわかった。

ニュースキンセミナーには、キャッシュフローゲーム会の主催者からの誘いで、

参加することになった。

離婚のきっかけは、このセミナーの参加を妻に止められたこと。

そして、セミナーに参加するなら離婚を覚悟するよう言われた。

今、考えるとその理由がよくわかる。

それは、ビジネスの基本を知らなかったからだ。

長年務めた会社を辞め、妻に内緒でナポレオン・ヒルの教材をローンで買い、

妻の母親に借り手始めたインターネット広告代理店の仕事は失敗。

ビジネスの基本とは信頼関係。

そう、当時の私には、信頼がまったくなかった。

ネットワークビジネスは、ビジネスの基本である信頼をつくるには、絶好の機会だと思う。

なぜなら、自分に信頼がなければ、ネットワークビジネスは参加すらできないからだ。

そして、ネットワークビジネスは、ビジネスの基本である信頼を得るトレーニングでもある。

たとえば、ニュースキンと言っても、ほとんどの人は知らない。

テレビCMやってるわけでもないし、コンビニに売っているわけでもない。

知らない物を流通させるには、自分への信頼しかない。

ネットワークビジネスがむずかしいのは、友人や知人という政治空間に貨幣空間を持ち込むから。

お金を政治空間に持ち込むと、人間関係を壊してしまう。

それは、人間の遺伝子に組み込まれているから、どうにもならない。

「友達をお金儲けの手段に使うのか!」と罵倒される理由はそこにある。

信頼があっても、お金儲けの意図を気づかれたら嫌われる。

信頼を得るのがネットワークビジネスの目的なのに、

それが原因で信頼を壊したら何にもならない。

それを解決するのが、インターネット。

インターネットは、低コストのコミュニケーションツールなのだ。


ドル94円前半、黒田日銀総裁発言が短期筋の円売り誘発


ロイター 3月26日(火)12時32分配信










ドル94円前半、黒田日銀総裁発言が短期筋の円売り誘発


3月26日、正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べて若干ドル高/円安の94円前半。2月撮影(2013年 ロイター/Shohei Miyano)





[東京 26日 ロイター] 正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べて若干ドル高/円安の94円前半。前日急落したユーロ/円はこの日も朝方から売られ、ドル/円も一時連れ安となったが、日銀の黒田東彦総裁がデフレ脱却に向けた強い意志をあらためて示したことで短期筋主導の円売りが広がり、ドルは94円台、ユーロは121円台を回復して午前の取引を終えた。



早朝の取引では米系ファンドがユーロ/円を売り仕掛け、ユーロは一時120.73円付近まで下落した。下値では、外貨建て投信の新規設定に伴うユーロ買いフローが見られたという。



その後、日銀の黒田東彦総裁が衆院財政金融委員会で、質・量ともに大胆な金融緩和の推進が必要と述べ、デフレ脱却に向けた強い意志をあらためて示したことで、短期筋の円売りが誘発された。同総裁はまた、経済が改善し、インフレ期待が高まる中での長期金利の上昇は経済に大きなマイナスではないとの認識を示した。さらに、アベノミクスは円安誘導ではないとの見解を明らかにした。



一連の発言を受け、ドルは朝方の安値93.86円付近から一時94.46円まで、ユーロは121.57円まで上昇した。その後、短期筋の円売りが一巡し、両通貨ペアとも小幅に反落した。



この日の取引の応当日は28日となるが、「本邦勢はドル調達が十分にできているため、駆け込み的なフローは見られない。普段の期末に比べてフローの規模も小さい」(邦銀)との指摘が出ており、期末がらみのフローによる相場のブレは今年度末に限っては限定的とみられている。



<ユーログループ議長発言>



黒田総裁の発言は、「ある意味で市場の空気を読んだ発言」(FXプライム、取締役・上田眞理人氏)とされ、前日のユーログループ議長の発言とは好対照を成す。



前日の海外市場では、ユーログループのダイセルブルーム議長が、キプロス支援の下での銀行リストラ計画について、ユーロ圏銀行危機の解決に向けた新たなモデルになるとし、銀行部門を整理する必要があるその他の国もリストラを迫られる可能性があるとの考えを示した。この発言をきっかけに、金融セクターがぜい弱な他国に危機が伝播することへの懸念が市場で広がり、ユーロは大幅安となった。



この日も、フットワークが軽いドル/円とは対照的にユーロ/ドルは小動きで、4カ月ぶりの安値圏となる1.28ドル後半を中心とするもみあいが続いた。また、現行水準より上ではユーロの売りオーダーが並んでいるとされ、ユーロの上値は重い。



<NY連銀総裁>



市場では、4月5日に発表が予定される2月米雇用統計に関心が集まりつつあるが、米ニューヨーク連銀のダドリー総裁は25日、米経済全般は一定の改善が見られるものの労働市場の状況は「健全な状態から程遠い」として、連邦準備理事会(FRB)は非常に緩和的な金融政策を維持する必要があるとの考えを示した。



同総裁はニューヨーク市内で講演し、このところ比較的大幅な増加が続いている非農業部門雇用者数について、「米国の経済活動の成長率からみて大き過ぎる」と指摘し、「労働市場の見通しが短期的に大幅に改善するという判断を下すのは時期尚早だ」とした。



この日の講演でダドリー総裁は、月額850億ドルの資産買い入れプログラムをめぐり取りざたされている懸念事項を1つ1つ否定。量的緩和第3弾(QE3)は当初の予想を超える効果を発揮していると述べた。 一方、増税や急激な歳出削減など財政政策の引き締めが景気の足かせになるとの認識を示し、これにより米国の今年の国内総生産(GDP)伸び率が1.75%ポイント押し下げられるとの見通しを示した。



FRBは前月、QE3の規模を維持することを決定。ただ、FRB内部では大規模な買い入れの継続により金融市場が不安定になり、資産バブルの発生やインフレの萌芽につながるとの懸念も出ている。



(ロイターニュース 森 佳子)



ドル/円<JPY=>   ユーロ/ドル<EUR=>  ユーロ/円<EURJPY=>



正午現在     94.25/27  1.2865/69  121.26/30



午前9時現在   93.93/95  1.2856/60  120.76/80



NY午後5時  94.16/18  1.2852/53  120.98/02










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130326-00000069-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



ドンペリ塾


スタートフリーバイナリーメジャー MT4


【4月期受講生募集中】EAプログラミング初心者でも思い通りのEAが作成できるようになる、全編5時間超の解説動画配信講座《EA作成パーフェクトマスタースクール》4ヵ月コース




出光興産、米国シェール革命に乗る

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


ネットワークビジネスでビジネスの基本を学ぼう。

それは、離婚をきっかけにわかったこと。

そのときは、まだネットワークビジネスを知らなかった。

それがニュースキンのセミナーということは、セミナーに参加してわかった。

ニュースキンセミナーには、キャッシュフローゲーム会の主催者からの誘いで、

参加することになった。

離婚のきっかけは、このセミナーの参加を妻に止められたこと。

そして、セミナーに参加するなら離婚を覚悟するよう言われた。

今、考えるとその理由がよくわかる。

それは、ビジネスの基本を知らなかったからだ。

長年務めた会社を辞め、妻に内緒でナポレオン・ヒルの教材をローンで買い、

妻の母親に借り手始めたインターネット広告代理店の仕事は失敗。

ビジネスの基本とは信頼関係。

そう、当時の私には、信頼がまったくなかった。

ネットワークビジネスは、ビジネスの基本である信頼をつくるには、絶好の機会だと思う。

なぜなら、自分に信頼がなければ、ネットワークビジネスは参加すらできないからだ。

そして、ネットワークビジネスは、ビジネスの基本である信頼を得るトレーニングでもある。

たとえば、ニュースキンと言っても、ほとんどの人は知らない。

テレビCMやってるわけでもないし、コンビニに売っているわけでもない。

知らない物を流通させるには、自分への信頼しかない。

ネットワークビジネスがむずかしいのは、友人や知人という政治空間に貨幣空間を持ち込むから。

お金を政治空間に持ち込むと、人間関係を壊してしまう。

それは、人間の遺伝子に組み込まれているから、どうにもならない。

「友達をお金儲けの手段に使うのか!」と罵倒される理由はそこにある。

信頼があっても、お金儲けの意図を気づかれたら嫌われる。

信頼を得るのがネットワークビジネスの目的なのに、

それが原因で信頼を壊したら何にもならない。

それを解決するのが、インターネット。

インターネットは、低コストのコミュニケーションツールなのだ。


出光興産、米国シェール革命に乗る


東洋経済オンライン 3月26日(火)6時0分配信




















写真を拡大
写真を拡大


出光興産、米国シェール革命に乗る



写真を縮小
写真を縮小


出光興産、米国シェール革命に乗る

出光興産、米国シェール革命に乗る




 海外戦略を加速している出光興産が、シェール革命による米国産天然ガスの大幅値下がりを活用し、得意の石油化学製品で一気に世界シェアを引き上げる方策を打ち出した。

【詳細画像または表】

 出光は三井物産と折半出資で合弁会社を米国に設立し、成長性の高い石油化学製品とされるアルファ(α)オレフィンの製造販売事業を行うことで基本契約を締結した。さらに両社は、米国最大の化学メーカーであるダウ・ケミカルと、同事業の原料となるエチレンの調達と製品の一部販売で基本合意に達した。生産能力は年産33万トンで、2014年1~3月に最終投資決定を行い、16年中に稼働する予定。総投資額は未定だが、数百億~1000億円に達する見込みだ。



■ 独自技術の強みを生かし海外市場で攻勢



 αオレフィンの用途は、ポリエチレンなど合成樹脂の添加剤(強度向上)や洗剤、高機能潤滑油、製紙用薬剤など多岐にわたる。世界需要は年間300万トン(約5000億円)を超え、今後も世界のGDP(国内総生産)成長率を1~2%上回る伸びが見込まれている。



 出光はαオレフィン製造で独自技術を持ち、国内ではリーダー格。千葉工場で年間5.8万トン(売上高100億円弱)を生産している。ただ、世界市場ではシェル(12年のシェア34%)、シェブロンフィリップスケミカル(同32%)、イネオス(15%)、サソール(同11%)の海外4社で90%以上のシェアを占めており、出光のシェアは2%弱にとどまる。それに、出光が売り上げの半分を依存する国内市場は、成熟化で需要が頭打ちの状態にある。



 出光にとって、独自技術を生かしてシェアを上げるには、海外市場を開拓するしかない。それには原料を安く調達し、消費地に近い場所で生産することによってコスト競争力を高める必要がある。その手段として決断されたのが、今回の提携だ。





 ダウはテキサス州フリーポートやルイジアナ州セントチャールズに大規模なエチレン工場を持ち、シェール革命で大幅に値下がりした米国産天然ガスに含まれるエタンからエチレンを製造している。フリーポートでは17年稼働に向け世界最大級のエチレン工場(エタンクラッカー設備)を増設する予定にある。合弁会社は、ダウから製造コストベースでのエチレンの引き取り権を確保する。



■ 原料コストを最大2分の1に圧縮も



 「現在、千葉工場では石油由来のナフサを原料とするエチレンからαオレフィンを製造しているが、米国産天然ガスを原料とするエチレンから製造すれば、原料コストは3分の1から2分の1程度削減できる」と、出光興産の機能材料部AO・AO誘導品グループリーダーの岡田憲夫氏は見積もる。



 αオレフィンの原料コストは製造コスト全体の約半分を占めており、半減できれば競争力と採算性は大きく改善する。また、合弁会社の17年時点での世界シェアは約8%に達し、4強に次ぐ地位を確立する。出光単独としても、販売額とシェアが倍以上に拡大する見込みだ。



 販売先は、年産33万トンのうち7割程度が北米向けで、合弁会社が販売する。残りは欧州と中国を含むアジアで、この輸出販売については三井物産が担当する。三井物産は、ダウとはテキサス州で電解工場を合弁設立するなど以前からパートナー関係にあり、出光ともαオレフィンを含めて海外販売で協力関係にある。



 一方、ダウは合弁会社に対して原料のエチレンを供給するのに加え、合弁会社から製品であるαオレフィンの一部供給を受ける。ポリエチレンなどの原料を安価で確保するためだ。今回の3社の提携は、各社が強みを持ち寄って、独自のメリットを追求しようという3社の思惑が一致したものと言える。







前へ12


2ページ中1ページ目を表示





http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130326-00013401-toyo-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



スタートフリーバイナリーメジャー MT4


スタートフリーバイナリーメジャー MT4


【FXトレーサーシステム】★1分足で短時間決済★毎日着実に利益を増やすスキャルピングの定番




<特集>埋もれた割安株を発掘せよ(3)=はるやま―低PBRに加え3月期末一括配当も魅力

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


ネットワークビジネスでビジネスの基本を学ぼう。

それは、離婚をきっかけにわかったこと。

そのときは、まだネットワークビジネスを知らなかった。

それがニュースキンのセミナーということは、セミナーに参加してわかった。

ニュースキンセミナーには、キャッシュフローゲーム会の主催者からの誘いで、

参加することになった。

離婚のきっかけは、このセミナーの参加を妻に止められたこと。

そして、セミナーに参加するなら離婚を覚悟するよう言われた。

今、考えるとその理由がよくわかる。

それは、ビジネスの基本を知らなかったからだ。

長年務めた会社を辞め、妻に内緒でナポレオン・ヒルの教材をローンで買い、

妻の母親に借り手始めたインターネット広告代理店の仕事は失敗。

ビジネスの基本とは信頼関係。

そう、当時の私には、信頼がまったくなかった。

ネットワークビジネスは、ビジネスの基本である信頼をつくるには、絶好の機会だと思う。

なぜなら、自分に信頼がなければ、ネットワークビジネスは参加すらできないからだ。

そして、ネットワークビジネスは、ビジネスの基本である信頼を得るトレーニングでもある。

たとえば、ニュースキンと言っても、ほとんどの人は知らない。

テレビCMやってるわけでもないし、コンビニに売っているわけでもない。

知らない物を流通させるには、自分への信頼しかない。

ネットワークビジネスがむずかしいのは、友人や知人という政治空間に貨幣空間を持ち込むから。

お金を政治空間に持ち込むと、人間関係を壊してしまう。

それは、人間の遺伝子に組み込まれているから、どうにもならない。

「友達をお金儲けの手段に使うのか!」と罵倒される理由はそこにある。

信頼があっても、お金儲けの意図を気づかれたら嫌われる。

信頼を得るのがネットワークビジネスの目的なのに、

それが原因で信頼を壊したら何にもならない。

それを解決するのが、インターネット。

インターネットは、低コストのコミュニケーションツールなのだ。

紳士服大手のはるやま商事<7416>を狙いたい。PBRは0.3倍台と割安感が際立っている。13年3月期の連結業績は、売上高545億円(前期比5.8%増)、営業利益23億円(同43.0%増)、純利益4億2000万円(同65.8%増)の予想を据え置いている。第3四半期(12年4-12月)決算は、売上高360億900万円(前年同期比0.6%増)、営業損益5億2100万円の黒字(前年同期は2億1500万円の赤字)、最終損益2億1200万円の黒字(同5億4800万円の赤字)だった。

 11日に発表した2月単体の月次データによると、既存店ベースで売上高が前年同月比0.5%減、客数が同8.8%減、客単価が同9.2%増だった。売上高は2カ月ぶりに前年同月を下回ったものの、客単価はプラスを維持している。利益面では、仕入れ先や商品の集約、コーディネート販売戦略が奏功しているとみられ、売上高総利益率も前年同期の53.8%から57.7%に上昇し、着実に収益体質の強化が進んでいる。同社はボーナス商戦の12月や新社会人セール実施の3月に売上のウエートが高まる傾向があるが、足元で景気への期待感が高まっていることも、追い風となりそうだ。

 株価は11日に昨年来高値619円を付けたあと、利益確定売りに押されたが、600円前後の高値圏で推移している。期末一括配当は15.5円を計画し、22日終値591円に対する配当利回りは2.62%で、東証1部平均の1.69%に比べ高い利回りも魅力。


http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20130325-00010004-biz_mos-nb
※この記事の著作権は配信元に帰属します



デイトレで30銭から50銭を狙う RSI MT4カスタムインディケーター


デイトレで30銭から50銭を狙う RSI MT4カスタムインディケーター


【BBFカウンタートレード】FXマニュアル|毎日数千円~数万円をコンスタントに稼ぐ!逆張り裁量トレードマニュアルの決定版




米企業、景気回復で採用ペース加速-トルティーヤメーカーも

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


米企業、景気回復で採用ペース加速-トルティーヤメーカーも


Bloomberg 3月25日(月)12時7分配信







  3月25日(ブルームバーグ):建設会社の米インダストリアル・ビルダーズのポール・ディードリック社長は年内に約10%増員を計画している。





同社長は「米景気は回復軌道にあり、当社は受注済みのプロジェクトを幾つか抱えている」と語った。管理職のポジションで既に2人採用したが、7-8月の繁忙期接近を受け季節従業員を含めたスタッフを300人超の規模に増やす考えだという。





これはインダストリアル・ビルダーズに限った動きではない。フォード・モーターからカリフォルニア州のトルティーヤメーカーに至る企業が景気回復に伴い採用を強化しつつある。UBSセキュリティーズのモーリー・ハリス氏とディシジョン・エコノミクスのアレン・サイナイ最高経営責任者(CEO)は、その結果として雇用者数の伸びが月20万人程度のペースに加速しつつあると指摘する。昨年7-12月(下期)の増加ペースは平均16万7000人だった。





サイナイCEOは「ニューノーマルは20万人だ」と述べ、3月は21万6000人増える可能性があると予想。2月は23万6000人増え、昨年11月以来の高い伸びだった。





アメリプライズ・ファイナンシャル(デトロイト)のシニアエコノミスト、ラッセル・プライス氏は今年の企業の採用者数を250万人と予想しているが、「この数字は若干保守的かもしれない」とも指摘している。昨年の雇用者数は220万人増加。ブルームバーグが集計したデータによると、同氏は1月末まで2年間の雇用者数予想精度ランキングでトップとなっている。





原題:Payrolls Vault to Higher Pace for Companies From Ford toGeico(抜粋)





記事に関する記者への問い合わせ先:ワシントン Rich Miller rmiller28@bloomberg.net;ワシントン Shobhana Chandra schandra1@bloomberg.net





記事についてのエディターへの問い合わせ先:Chris Wellisz cwellisz@bloomberg.net





Rich Miller/Shobhana Chandra




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130325-00000015-bloom_st-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



ワードプレス自動更新&ブログ量産運営型アフィリエイト(楽天市場攻略版)楽天市場アフィリエイト記事が自動増加+ブログ量産運営可能マニュアル


Webプログラマー養成講座


月30万円を目指す BUYMIL

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?




花見商戦にアベノミクス効果 弁当、飲料の売れ行き好調

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


花見商戦にアベノミクス効果 弁当、飲料の売れ行き好調


SankeiBiz 3月25日(月)8時15分配信







 各地で桜が満開を迎える中、百貨店では弁当など花見向け商戦が佳境を迎えている。円安・株高による景気回復ムードの高まりで、昨年に比べて高価格の商品の売れ行きが好調だ。



 「いつもよりぜいたくに」。松坂屋上野店(東京都台東区)地下の食品売り場。夜桜見物に出かける女性会社員(25)は、京都・山城産のタケノコをぜいたくに使った1890円の花見弁当を買い求めた。



 桜の名所、上野公園に近い同店では今月13日に特設売り場を設置。安倍政権の経済政策「アベノミクス」効果で積極的となりつつある消費者心理を見込み、弁当の種類を昨年より2割多い100種類に増やした。この結果、1000円前後だった売れ筋の価格帯が「今年は豪華な2000円弱の弁当に移った」(担当者)。



 そごう・西武も21日までの1週間で、行楽弁当などの売り上げが前年比約24%増。4000円台後半の豪華弁当にも予約が多数入った。酒類も高価格帯のスパークリングワインが好調で、担当者は「まさにアベノミクス効果」とほおが緩ませる。



 銀座三越(東京都中央区)は、アウトドア用のグリルなどをそろえ、「スタイリッシュなお花見」を提案。“ワンランク上”の花見需要の増加に対応した。



 アサヒグループホールディングスの花見に関する意識調査では、「必ず行く」「行くつもり」と回答した人の割合が4年ぶりにプラスに転じた。1人当たりの予算も「1000円台」が減り、「2000円台」が増え、消費意欲の高まりがうかがえる。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130324-00000001-fsi-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



ケツ叩き通信教育 基本徹底叩き込み編


朝7時30分に確認するだけ!完全無裁量FXシステムトレードツール 『TimeManagement FX』


LAVASビッグバンFX FX初心者が勝ちにこだわる投資法

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?




輸出減少は一時的なのか、構造的なのか 日本経済の行方はここにかかっている

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


輸出減少は一時的なのか、構造的なのか 日本経済の行方はここにかかっている


J-CASTニュース 3月24日(日)17時0分配信







 日本の国際収支の悪化が止まらない。2013年1月の国際収支速報(財務省まとめ)によると、モノ・サービスなど海外との取引状況を示す経常収支の赤字は3648億円だった。



 現行方式の統計が始まった1985年以降では初めての3カ月連続赤字だ。赤字額は過去2番目の大きさだが、政府がミャンマーに対する延滞債務を解消したことに伴い、帳簿上で発生する返済額1585億円を計上したという特殊要因がなければ赤字額は5000億円を超え、2012年1月の4556億円を上回る過去最大になっていた計算。円安・ドル高が進んだことで燃料や原材料価格が上昇し、輸入額が膨らんだことが響いた。



■円安で輸入が膨らみ、貿易赤字が拡大



 輸出入を差し引きした貿易収支が1兆4793億円という過去最大の赤字になったのが経常赤字の最大に理由。特に、輸入が前年同月比6.6%増の6兆1254億円に増えたためで、円安・ドル高のため円換算の輸入が膨らんだ。例えば、円換算の原油価格は1年前より約1割上昇している。原発の停止に伴う火力発電所向け液化天然ガス(LNG)の輸入増も赤字額を押し上げた。一方の輸出も米国向けの回復や東南アジア諸国連合(ASEAN)向けの好調で、全体では6.7%増の4兆6461億円と伸びたが、赤字の拡大には到底、追いつかなかった。このほか、旅行や輸送などの動向を示すサービス収支は1802億円の赤字、企業などが海外投資から受け取る利子や配当などの所得収支の黒字は6.8%増えて1兆2284億円と堅調だった。



 経常収支は2012年通年で、黒字額が4兆7036億円。LNG輸入急増を主因に、前年より半減し、1985年以降では過去最少を更新したが、黒字は確保している。これが、年末からは、アベノミクスに伴う円安で輸入が膨らみ、貿易赤字を拡大し、経常収支を赤字に転落させているわけだ。



 もちろん、経常赤字が必ずしも悪いというわけではない。赤字によって、直ちに経済成長がマイナスになるとか、失業率が上昇するといった国民経済的なマイナスが起きるわけではない。ただ、問題は国内の資金不足の心配だ。経常赤字で国内の資金が海外に流出しているということで、巨額の財政赤字を抱える国にとって、赤字の補てんを海外に依存せざるを得なくなる。もちろん、現在は基本的に国内資金で財政赤字を賄えているからいいが、高齢化の進展で貯蓄が減っていけば、国内資金だけで賄えなくなり、日本の国債の国際的な信認が問われ、海外の資金を吸収できなければ財政に穴が開き、具体的には国債金利の高騰という局面がおとずれるかもしれない。ただし、それはまだ先の話。








前へ12


2ページ中1ページ目を表示





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130324-00000003-jct-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



【FXサイトマスター】 誰でも簡単にFXアフィリエイトのサイトを運営できるプロの技!


日経225先物”資産構築型”トレードシステム『トライデント225』


『3クリックFX』勝ち続けるなら王道!利大損小の極意!ラインで炙り出すたった3つのクリックポイント!勝ち続けるトレーダーになるために必須なのは相場力。辿り着いた真実のライントレードノウハウ公開!

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?




期限切れ迫る金融円滑化法 複合的な中小支援で懸念払拭へ

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


期限切れ迫る金融円滑化法 複合的な中小支援で懸念払拭へ


SankeiBiz 3月23日(土)8時15分配信







 政府は22日、金融機関に貸し付け条件の緩和努力を求めた中小企業金融円滑化法が今月末で期限切れとなることを受け、対応策を検討する関係省庁会議の初会合を開いた。



 円滑化法の期限切れで企業倒産が増えれば、安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」で回復しつつある景況感に冷や水をかけかねない。このため、政府は複合的な中小企業支援で、懸念の払拭に努める。



 官邸でこの日開いた「中小企業金融等のモニタリングに係る副大臣等会議」には財務、経済産業省などの副大臣らが出席した。議長の世耕弘成官房副長官は「政府として借り手が不安を感じることのないよう説明、周知を行い、官民をあげて総合的な対策を推進する」考えを強調した。



 民主党政権誕生直後の2009年12月に施行された円滑化法は、当時の亀井静香金融相が提唱した。倒産は沈静化したものの、返済が滞る企業に対する特例措置は「モラルハザード(倫理の欠如)につながる」(全国銀行協会)と反発もあった。



 政権奪還した安倍政権は円滑化法の延長を見送り、政策の転換を図った。だが、これにより中小企業の資金繰りが悪化すれば、景気回復やデフレ脱却の大きな障害になる。



 今夏の参院選を前に、倒産急増という最悪の事態を避けるためにも、行政による「要請」という形で中小企業支援を継続する。



 金融庁によると、円滑化法を利用したのは30万~40万社。施行から昨年9月末時点の申込件数は約370万件で、金融機関はこのうち9割以上の返済猶予に応じてきた。



 そうした中、日本航空の再生などを担った「企業再生支援機構」を「地域経済活性化支援機構」に改組し、中小企業支援を強化。また、全国にある中小企業再生支援協議会は経営相談担当者を増員するなど、政府は期限切れ後の多面的な支援を強化する。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130322-00000010-fsi-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



ロシア語 サバイバル・フレーズブック Survival Russian  語学の道は一日にして成らず・・・ だけど今すぐ必要だという皆様のための、ライフジャケットのような緊急性と利便性を備えた、ロシア語会話集


ポルトガル語 サバイバル・フレーズブック Survival Portuguese  語学の道は一日にして成らず・・・ だけど今すぐ必要だという皆様のための、ライフジャケットのような緊急性と利便性を備えた、ポルトガル語会話集


イタリア語 サバイバル・フレーズブック Survival Itarian  語学の道は一日にして成らず・・・ だけど今すぐ必要だという皆様のための、ライフジャケットのような緊急性と利便性を備えた、イタリア語会話集

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?




外資も若者も群がる、活況のREIT市場

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


外資も若者も群がる、活況のREIT市場


東洋経済オンライン 3月23日(土)6時0分配信




















写真を拡大
写真を拡大


外資も若者も群がる、活況のREIT市場



写真を縮小
写真を縮小


外資も若者も群がる、活況のREIT市場

外資も若者も群がる、活況のREIT市場




 アベノミクス効果が株式市場だけでなく、不動産投資信託(REIT)市場にも波及してきた。全体の値動きを示す東証REIT指数は、年明けから3カ月半で30%も上昇。2008年7月以来、4年半ぶりに1400ポイント台を回復した。

【詳細画像または表】

 相場上昇の牽引役は個人投資家だ。「個人が指数連動型のREIT投信を積極的に買っている。証券会社主催のREITフェアでは、60代に加えて、最近は20~30代の夫婦の姿も目立つようになった」(バークレイズ証券の田沢淳一アナリスト)。



 空室率の低下などオフィス市況改善への期待感が膨らんでいるだけでなく、政府が市場育成に前向きな姿勢を見せていることもあり、新たにREITを購入する投資家が増えているという。





 海外の機関投資家も存在感を増しつつある。以前であれば、日本のREITには見向きもしなかったが、「問い合わせが増えているだけでなく、年金基金などの上級幹部が面談に訪れるようになった」(田沢アナリスト)。彼らが食指を動かし始めた背景には、新機軸を打ち出した外資系REITの新規参入がある。



 初値は公募価格の3割増し──。2月14日に新規上場した日本プロロジスリート投資法人の初値は70万円と公募価格を大きく上回り、約1000億円を調達した。設立母体である米プロロジス・グループは、日本を含め世界各国で大型の先進物流施設を開発・運営してきたパイオニアだ。同REITには、プロロジスが日本で展開する31の物流施設のうち12物件、資産規模にして1730億円が組み込まれた。



 昨年12月には、シンガポール政府系デベロッパーで、日本でも83物件を保有するグローバル・ロジスティック・プロパティーズが母体となったGLP投資法人が上場した。約1100億円を調達し、12年の上場では最大規模となった。



■ 投資家目線が売り



 両REITが投資家を引き付ける理由の一つは、物流施設への投資に特化した“身持ちの堅さ”だ。オフィスビルは契約期間が2~3年と短いうえ、景気変動の影響を受けて賃料の振れ幅が大きいのに対し、物流施設は5~7年と長く、賃料も安定している。



 成長余地も大きい。流通加工の機能を備えた先進物流施設の国内普及率は2%前後しかなく、「ネット通販や3PL(物流業務の外部委託)の拡大で、まだまだ需要増が見込める」(プロロジスの谷住亜紀シニアバイスプレジデント)。SMBC日興証券の鳥井裕史シニアアナリストは「もともと長期的に安定賃料の見込める物流施設に対する投資家のニーズは高かった。そこへ業界2強が参入した意義は大きい」と語る。







前へ12


2ページ中1ページ目を表示





http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130323-00013345-toyo-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



Basic FX(ベーシックFX)


Basic FX(ベーシックFX)


中央競馬Y式投資法

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?




エコをお題目にした成長戦略の危うさ

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


エコをお題目にした成長戦略の危うさ


WEDGE 3月22日(金)12時47分配信







青息吐息のシャープ、パナソニック。家電業界支援のために実施された家電エコポイント事業が皮肉にも彼らの経営判断を狂わせ、深刻な経営難に陥らせた。日本経済再生のための「3本目の矢」として注目される成長戦略だが、厳しい国際競争の現実を直視せず、「エコ」というマジックワードの力で安易に政策を進めると、悪夢は繰り返されることとなる。



 * * *



 第二次安倍内閣が「日本経済再生に向けた緊急経済対策」を発表し、総額13兆円を超える補正予算を決定した。大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略を3本の矢にたとえて、日本経済の復活という目標を射止めることを目指している。



 東日本大震災からの復興の遅れ、原発停止によるエネルギー供給問題、デフレと円高を背景とした景気の低迷、若年層の雇用問題、老朽化したインフラの問題、温室効果ガス排出への対策等々、日本は多様な問題を抱えている。今回の政策からは、「強い経済」を取り戻すことこそが、これら相互に関係する複雑な問題を解決するための何よりの近道なのだという強い主張が感じられる。社会への分配を考える前に、分配の原資を大きくしなければならない。原資が増えて足腰さえしっかりすれば、多くの問題は解決可能なはずである。財政収支悪化に対する懸念はあるものの、民主党政権時代の政策よりは、シンプルでわかりやすい。



 総論としては今回の緊急経済対策に異を唱える人は少ないと思う。しかし肝心なのは各論である。特に具体的な施策である「成長による富の創出」が本当に実現できるかどうかに、対策全体の成否がかかっている。



■エコポイントは企業をダメにした



 この点で、近年の政府の政策を振り返ると、筆者のような経営学者の頭を、ある心配事がよぎる。経済・産業政策への多額の税金投入は、それが、日本を基盤とする企業の国際競争力の向上を後押しし、企業が継続的に付加価値を創出して、投入した税金以上の見返りが富として還元されて長期的に正当化される。このような政策効果の因果連鎖を、具体的な企業の行動や企業間の競争のレベルで十分に理解して政策が練られているのだろうか。これが経営学者の心配事である。



 例えば、自民党の麻生政権下でスタートした「エコポイントの活用によるグリーン家電普及促進事業(以下、家電エコポイント事業)」がある。家電エコポイント事業は、2009年度の補正予算において成立し、その後、民主党政権下で11年3月末まで延長された。6900億円の予算の8割が省エネテレビの購入補助にあてられて、実質的には薄型テレビの購入促進事業であった。







前へ12345


5ページ中1ページ目を表示





http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130322-00010002-wedge-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



旋風FX


猿でもわかるFX~初心者の為の失敗しない上達マニュアル~


Gorgeous FX System(ゴージャスFXシステム)!

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?




自動車やハイテクなどが下落、キプロス懸念で円安一服

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


自動車やハイテクなどが下落、キプロス懸念で円安一服


サーチナ 3月22日(金)10時24分配信







 日産自動車 <7201> 、ブリヂストン <5108> 、東京エレクトロン <8035> などが下落している。キプロス支援の先行き不透明感からリスク回避の動きが活発化し、1ドル=95円を割り込むなど円が対主要通貨で上昇した。自動車株では、最高裁が神奈川県の企業税を違法とし、勝訴が確定した原告側のいすゞ自動車 <7202> もさえない。



 足元でドル・円は95円前後での推移が続いているが、三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、一段と円安・ドル高が進む条件に、米国の景気回復と長期金利の上昇をあげ、住宅ローン金利やガソリン価格の上昇を踏まえると、米長期金利の上昇には時間がかかる可能性があるとみた。また、「円安=株高」を想定する投資家が多いため、円安が一巡した場合は日本株も調整する可能性があるという。(編集担当:宮川子平)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130322-00000015-scn-biz
※この記事の著作権は配信元に帰属します



●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate Ver.1,5(アンリミテッドアフィリエイトVer.1,5)」


楽勝ちFX


FXらくらくトレーダーくん【プロの手法を使いFXで狙って勝つ】

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?




3月PMIは欧州さえず、米中は底堅い内容

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


3月PMIは欧州さえず、米中は底堅い内容


ロイター 3月22日(金)7時3分配信










3月PMIは欧州さえず、米中は底堅い内容


3月21日、3月の購買担当者景気指数(PMI)は、欧州の総合PMIが悪化する一方、米中の製造業PMIは底堅い内容となった。写真は浙江省の工場で2月撮影(2013年 ロイター/William Hong)





[ロンドン/ニューヨーク 21日 ロイター] 21日発表された3月の購買担当者景気指数(PMI)は、欧州の総合PMIが悪化する一方、米中の製造業PMIは底堅い内容となった。



ユーロ圏購買担当者景気指数(PMI)速報値は、総合指数が46.5となり、市場予想に反して前月の47.9から低下した。市場予想は48.2。過去19カ月では、1カ月を除いて景況の改善・悪化の節目となる50を下回っている。



調査では、キプロス議会が預金課税を否決する前に大半の回答を得ている。



INGのエコノミスト、マルティン・ファンフリート氏は「指数の低下は、ユーロ圏のリセッション(景気後退)が早期に終了するとの期待に水を差した」と指摘。「キプロスを取り巻く状況がさらに悪化すれば、せっかく見え始めた回復の動きが鈍る恐れもある」と述べた。



一方、米製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値は54.9と、前月の54.3から上昇した。市場予想は55.0。雇用に関する指数も上昇し、製造業部門が第1・四半期国内総生産(GDP)の伸び拡大に寄与する可能性を示唆した。



マークイットの首席エコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は、製造業が景気全体の先行指標となるため、第1・四半期米国内総生産(GDP)の伸びは「かなり改善する」との見方を示した。エコノミストは第1・四半期GDPの伸びが昨年第4・四半期のプラス0.1%から2%程度に加速すると予想している。



また、中国製造業購買担当者景気指数(PMI、季節調整済み)速報値は51.7となり、旧正月連休の影響で落ち込んだ2月の50.4から上昇した。ただ、2年ぶり高水準となった1月の52.3は下回った。



クレディ・アグリコル・CIB(香港)のダリウス・コワルチェック氏は、「足元の指標はGDPで前年比8%近い成長に沿った動きとみられる」と述べた。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130322-00000042-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate Ver.1,5(アンリミテッドアフィリエイトVer.1,5)」


楽勝ちFX


FXらくらくトレーダーくん【プロの手法を使いFXで狙って勝つ】

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?




2月の貿易収支 8カ月連続の赤字 2月としては過去最大の赤字

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


2月の貿易収支は、円安と中国の春節の影響で輸出額が減少し、2月としては過去最大、8カ月連続の赤字となった。
財務省が発表した2月の貿易統計によると、中国景気の減速と春節の影響で、輸出額は前の年の同じ月よりも2.9%減少し、5兆2,841億円になった。
一方、輸入額は原発停止にともなう火力発電の燃料需要が膨らんだことなどから、4カ月連続で増加し、6兆0,615億円となった。
この結果、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は、7,775億円の赤字で、赤字額は、2月としては過去最大となった。
また、8カ月連続の貿易赤字は、1979年7月から14カ月連続で続いた時以来、34年ぶり。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20130321-00000594-fnn-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



二階堂重人のFXトレード商材 TL4X6手法


ゾーンFXシステム×5通貨★デイトレード版◆勝者の【心理学的システムトレード】◆メガ・ヒット第4弾!


市場の流れを先読みする!FXタイムテーブル&指南書

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?




大幅続伸=米株高を好感〔東京株式〕(21日前場)

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


大幅続伸=米株高を好感〔東京株式〕(21日前場)


時事通信 3月21日(木)12時0分配信







 【第1部】前日の米国株高を好感して買いが優勢となり、日経平均株価は前日比149円78銭高の1万2618円01銭、東証株価指数(TOPIX)も同12.18ポイント高の1058.07と、ともに大幅続伸して午前の取引を終えた。出来高は18億8354万株。

▽1万2600円回復

 朝方から自動車や銀行といった主力銘柄が買いを集めた。日経平均株価は2008年9月8日以来およそ4年半ぶりに1万2600円を回復。一時は前営業日比182円03銭高の1万2650円26銭まで上昇した。市場関係者からは「株価上昇が新たな買い手を呼ぶ好循環に入っている」(中堅証券)との声が聞かれた。

 米連邦準備制度理事会(FRB)が現行の金融緩和政策維持を決めたことを好感し、20日のダウ工業株30種平均が取引時間中としての史上最高値を更新。東京市場では、米国景気回復への期待感や日銀による大幅緩和の思惑が一段と高まり、株価を押し上げた。為替が円安に動いたことも買い安心感を生んだ。(了)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130321-00000009-jijc-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



まじかるライン FX メタトレーダー用EA


勝率へのこだわりを捨てろ!あなたは勝ちたいのか? それとも儲けたいのか? 「ブレードFX」


『Victory FX』==3種類のFX自動売買プログラムでポートフォリオマネジメント==

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?




円反落、96円絡み=FOMC声明後のドル買いで〔NY外為〕(20日)

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


円反落、96円絡み=FOMC声明後のドル買いで〔NY外為〕(20日)


時事通信 3月21日(木)7時0分配信







 【ニューヨーク時事】20日のニューヨーク外国為替市場では、米金融緩和策の維持決定を受けてドル買い意欲がおう盛となり、円は大幅反落した。午後5時現在は1ドル=95円97銭~96円07銭と、前日同時刻(95円11~21銭)比86銭の円安・ドル高。

 朝方から円はキプロス動向を警戒したリスク回避目的の買いが一服し、ドルに対して軟調に推移。同国議会による預金課税法案の否決で今後の協議の行方に市場の関心が向いたほか、米国の金融政策決定を午後に控えて積極的な商いは見送られ、取引半ばにかけて95円台半ば近辺をもみ合った。

 米東部時間午後2時、注目の連邦公開市場委員会(FOMC)声明が発表されると、市場はいったん円買い・ドル売りで反応。当局が雇用など最近の指標改善を認めつつも量的緩和の継続方針を示したことについて、「もう少しタカ派的なトーンを期待していた」(邦銀筋)投資家から失望のドル売りが出たもよう。ただ、緩和維持による景気の下支え効果期待を手掛かりにあと円を売ってドルを買う動きが加速した。円の安値は96円13銭。

 ユーロは反発。財政難に直面するキプロスに対し、新たな支援策が見出されるとの楽観的な見方が台頭したほか、欧州中央銀行(ECB)が同国への資金供給を当面続ける方針を明らかにしたことが支えとなった。同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.2928~2938ドル(前日午後5時は1.2878~2888ドル)、対円では同124円15~25銭(同122円55~65銭)。(了)










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130321-00000004-jijc-brf
※この記事の著作権は配信元に帰属します



まじかるライン FX メタトレーダー用EA


勝率へのこだわりを捨てろ!あなたは勝ちたいのか? それとも儲けたいのか? 「ブレードFX」


『Victory FX』==3種類のFX自動売買プログラムでポートフォリオマネジメント==

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?




オランダ自転車市況、欧州景気低迷で前年比13.3%減

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


オランダ自転車市況、欧州景気低迷で前年比13.3%減


レスポンス 3月20日(水)16時9分配信







自転車産業振興協会は、RAI(オランダ車両工業会)、及びBOVAG(オランダ自動車自転車商業組合)の情報をもとに2012年のオランダ自転車市況を公開した。



それによると、長引く欧州危機による景気低迷と、それにともなう消費者の購買意欲の低下により、2012年のオランダ自転車市場の新車販売台数は、前年比13.3%減の103万9000台となり、過去5年間減少を続ける中でも一層の落ち込みを見せた。



販売金額は、2012年は7万5400ユーロで前年比14.2%減。販売台数と同様に2012年は大幅に落ち込んだ。



販売台数、金額ともに厳しい数値となった一方で、国内生産台数については、前年と同じ120万台を維持した。



新車販売台数が年々減少を続ける中でも、単価の高い電動アシスト自転車(EPAC)の販売の堅調に支えられ、2011年までは上昇を続けてきた平均販売価格であったが、2012年には自転車販売業全体で、前年比2.8%減の725ユーロ(8万9900円)と、前年比で減少に転じた。



《レスポンス 平泉翔》










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130320-00000029-rps-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



トレーダーズ・メソッド セット  【トレコミュ】


【リッチ番長】月収20万円を安定して稼げる勝率100%の実践投資術!


インスタントFXシステム【ポンド円トレール】

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?




アジア景況指数、第1四半期は65に上昇

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?


アジア景況指数、第1四半期は65に上昇


ロイター 3月20日(水)13時11分配信










アジア景況指数、第1四半期は65に上昇


3月20日、トムソン・ロイターがINSEADと共同で実施した第1・四半期のアジア企業景況調査では、特に中国、日本、韓国の主要企業が慎重な見方を示した。中国湖北省で2月撮影(2013年 ロイター)





[シンガポール 20日 ロイター] トムソン・ロイターがINSEADと共同で実施した第1・四半期のアジア企業景況調査では、特に中国、日本、韓国の主要企業が慎重な見方を示す一方、東南アジア諸国では国内消費の強さを背景に楽観ムードが目立った。



調査では、世界的な景気先行き不透明感が引き続き事業に対する最大のリスクとして挙げられた。



第1・四半期(3月調査)のアジア企業景況指数は65と、第4・四半期(12月調査)の63から上昇した。同指数は50が景況の改善と悪化の分岐点。



政府主導のインフラ投資や堅調な国内支出に支援され、東南アジアの景況感が最も楽観的となった。マレーシアとフィリピンはそれぞれ100と最も見通しが明るかった。



プライベートバンク、クーツのゲリー・デューガン中東・アジア担当最高投資責任者(CIO)は「今年に入って一貫性が見られていることは良いニュースだ。マレーシアとフィリピンの国内総生産(GDP)予想は小幅な上方修正が続いており、インドネシアもある程度上方修正されている」と指摘。「これまでと同様に引き続き成長が予想を上回り、その結果、企業の業績が予想以上の好調な内容となっている」と語った。



東南アジアに関しては国内消費の伸びと資金調達力が景況感を押し上げている。



モルガン・スタンレーの東南アジア諸国連合(ASEAN)担当株式ストラテジスト、ホゼファ・トピワラ氏は「ASEANのほとんどの加盟国で国内消費が非常に強く、これが国内企業の信頼感の主因とみられる」と語った。



中国、日本、韓国の企業の景況指数は50と楽観的な見方の中でも最小となった。中国は第4・四半期の64から大幅に低下した。



調査ではコスト上昇が事業に対する2番目に大きなリスクと認識された。規制をめぐる不透明感、政局不安、為替相場の変動がその後に続いた。



金融セクターの景況指数は1年ぶりの高水準に上昇。4社が楽観的な見方を示した一方、悲観的な見方を示す企業はゼロだった。不動産セクターと資源セクターの景況感も楽観的だった。



食料・飲料セクターの景況指数は88と、他のセクターを上回り、2009年の調査開始以来最高となった。



調査は現代重工業<009540.KS>、東芝<6502.T>、ブミ・リソーシズ<BUMI.JK>などアジア太平洋の11カ国の企業100社を対象に3月4―15日に実施。93社から回答を得た。このうち69%は見通しについて「中立」と回答。約30%は「良い」、1%は「悪い」と回答した。



インド企業の景況指数は12月時点の100から80に低下した。コスト高が最大の課題として挙げられた。



一方、調査では日本企業の景況感がやや改善した。ただ、12月につけた2012年の最低水準から大きく回復するには、世界経済の状況や為替相場の変動などが引き続き主な障壁となっている。










http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130320-00000044-reut-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します



【FX】プロの仕掛け所抽出ソフト『FX逆張りくん』


トレーダーズメソッド・ベーシック  【トレコミュ】


トレーダーズ・メソッド アドバンス【トレコミュ】

誰も辞めないネットワークビジネス会社の正体とは?




次のページ